スポンサーリンク
べプログショップASLE

geek vape AEGIS SQUONK レビュー|防塵防水耐ショック性能のタフネススコンカーMOD!

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

geek vape(ギークベイプ)のVAPEテクニカルMOD、AEGIS SQUONK「イージス・スコンク」のレビューです。

防塵防滴・耐ショックを備えた人気シリーズにスコンカーMODが登場!
高いタフネス性能を持ったボトムフィーダー対応18650シングルバッテリー!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:healthcabin

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク

geek vape AEGIS SQUONKとは?

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

geek vapeの人気シリーズ、高いタフネス性能「防塵防水・耐ショック」を備えた18650シングルバッテリーテクニカルスコンクMODがAEGIS SQUONK「イージス・スコンク」です。

防塵防水でありながら、リキッドボトルから直接ドリッパーのボトムからリキッドをチャージできる機構「ボトムフィーダー」を実現。

おそらく世界初であろう性能を備えた高機能かつ付加価値の高い製品です。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

タフネス機能を備えながらも、ボディーサイズは AEGISシリーズのシングルバッテリーMOD『AEGIS SOLO』をほんの少しだけボリュームアップした程度にとどまっているのもこの製品の魅力です。

製品サイズについては『詳細』の項目で詳しく解説します。

それでは、AEGIS SQUONKの特徴を見ていきましょう。

 geek vape AEGIS SQUONKの特徴

  • IP67相当の防塵防水・耐ショック性能
  • AEGISシリーズ初のスコンカーMOD
  • 最新の制御基盤、AS-100チップセット

高いタフネス性能はAEGISシリーズ共通となっており、デザインも含めシリーズとして統一感のあるものとなっています。

IP67相当の防塵防水・耐ショック性能

出典:geek vape

AEGISシリーズといえば『防塵防水・耐ショック』です。
もちろん、AEGIS SQUONKもシリーズ共通の性能を実現しています。

  • IP67相当の防塵防滴性能
    • 粉塵が内部に侵入しない・30分水没しても浸水がない
  • ゴムシーリングボディーによる耐ショック性能

そのスペックは、IP67相当となっており、防滴を超えた防水性能を備えているので、水没も怖くはありません。

テクニカルMODは精密機器という概念を超えた高いタフネス性能は、日常使いはもちろん、アウトドアシーンなどでも活躍するであろうことはいうまでもありません。

AEGISシリーズ初のスコンカーMOD

出典:geek vape

AEGISシリーズといえば、コンセプトを共有しながらも数多くのバッテリーバリエーションを実現しているシリーズです。

そのバリエーションは現在までに6バリエーションもリリースされています。

 geek vape AEGISシリーズのバリエーション

長きにわたって人気を獲得しているのがAEGISシリーズです。

さらに追加されたのが、根強い人気のボトムフィーダー対応『スコンクMODバージョン』というわけです。

最新の制御基盤、AS-100チップセット

出典:geek vape

制御チップには、性能がアップデートされたgeek vape AS-100チップを搭載。

AEGIS Xに搭載されているAS 2.0 chipと機能を比べてみると、若干劣っている部分(詳細設定メニューが非搭載)はありますが、従来の制御チップに比べて基本性能がアップした最新版となっています。

geek vape AS-100チップの特徴

  • 応答速度(9ms)
  • 安定した出力
  • 正確な温度管理制御
  • MAX 100Wに対応

カラーバリエーション

出典:geek vape

全6色。

他のAEGISシリーズMODと同じく、タフネス性能を実現するためにボディー部分は分厚いゴムで覆われているため、ブラックカラーで統一されていて、色別の違いはフレーム部分のみとなっています。

フレーム部分は脱着可能ですが、アフターパーツは販売されていないため、購入時に気に入った色を選ぶ必要があります。

スペック

出典:geek vape

サイズH 87.7×W53.5×D30.9mm
重量141g(実測)
ワット数範囲5 – 100W
抵抗値0.05-3.0ohm
モード
  • POWER
  • TCR
  • NI / SS TI
  • BYPASS
  • VPC(カーブモード)
スレッド510 (スプリングコンタクト)
充電ポートmicroUSB(5V 1.5A)
バッテリー18650シングル
保護機能
  • 自動カットオフ(10秒)
  • ショートサーキット保護
  • 過充電&過放電保護
  • オーバーヒート保護
  • 過電流保護

付属品

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

内容品一覧

  • geek vape AEGIS SQUONK テクニカルMOD本体
  • microUSBケーブル
  • 予備スコンクボトル
  • ツール(バッテリードアオープナー・六角レンチ)
  • ユーザーマニュアル・ワランティーカード(英語)

AEGIS SQUONKの詳細

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

ルックスは今までのAEGISシリーズと共通となっていて、シリーズとして統一感があります。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

背面部分にはスコンクボトルがセットされているのを除けば、サイズ感はシングルバッテリーのボリュームアップ版となっています。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

AEGISシリーズの他機種と比較してみると、上記のような写真となります。

左から順番に

スコンクボトルを内蔵しているのにも関わらず、デュアルバッテリー版よりもコンパクトなサイズ感です。

AEGISシリーズといえば、高いタフネス性能を実現するために、ボディーサイズは若干大きめであることは否めません。

しかし、AEGIS SQUONKはスコンクMODとしては十分コンパクトなサイズ感です。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

パネル部分のデザインもシリーズ共通、ボタンを含むパネル部分。

510スレッド

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

アトマイザーマウント部分は510スレッドです。

現在VAPEアトマイザーといえば510スレッドのものが大半ですので、ほぼ全てのアトマイザーに対応します。

写真を見て「あれ?」っと思われた方も多いと思いますが、スコンクMODなのにコンタクトピンにリキッドを供給する穴が空いていません。

では、どうやってリキッドを供給するのか?というと、スレッド部分に横穴が空いていて、そこからリキッドを供給します。

つまり、供給時はスレッド全体がリキッドで満たされ、それがコンタクトピンの10時に切られた溝を通り、アトマイザーに供給される、という今までにない仕組みです。

これは、スレッド部分のシーリングが徹底されており、内部にリキッドが侵入しないという性能の裏付けであろう機構です。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

ちなみに、MODの厚みは30.9mmとなっており、金属ベースのサークル直径は25.2mmです。

防水性を確保するため、アトマイザーマウント部分にはシリコンシーリングが用いられていて、密着性を確保しています。

ボタン・液晶パネル

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

ボタンデザインもAEGISシリーズ共通の直線的なデザイン。
サブボタンが独立しているので操作しやすいです。

また、防水でありながらも、ボタンの押し心地も良く、防塵防滴MOD二ありがちなボタンの硬さもありません。

初代AEGISでは硬くかなり押しにくく感じたボタンですが、最近のAEGISシリーズでは解消されています。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

パネル部分には見やすい『0.96インチモノクロディスプレイ』を搭載。

残念ながらAEGIS Xのようなカラー液晶ではありませんが、視認性は十分。
しかもMODには珍しい照度調整機能もついていますので、直射日光下などでも見やすく、日常使いの使いやすさにこだわっています。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

駆動は7つのモード、AEGISシリーズ共通です。

  • POWER(VW)
  • 温度管理(NI , SS , TI , TCR)
  • VPC(カーブモード)
  • BYPASS

充電用端子

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

ゴムキャップで防水性を確保。充電時にはキャップを外します。

AEGISシリーズ共通でありながら、ゴムキャップ部のデザインにもこだわっているのがAEGIS SQUOKの特徴です。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

充電電流は1.5Aに対応しています。端子はmicroUSBです。

スコンクボトルとパネル部分

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

スコンクボトルは背面にセットされています。

容量は10MLとなっており、一般的なスコンクMODよりも大容量です。

片手でパフボタンとボトルを操作できる機能的な配置、ボトルはシリコン製なので柔軟で押し心地の良いものです。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

一般的なスコンクMODと違うのは、簡単にボトルが脱着できない点です。

そのため、リキッドをボトルに詰めるのはどうすれば良いのか?といえば

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

上部にスライド式のリキッドチャージホールがあります。

つまり、スコンクMODで最も面倒な作業である、リキッドチャージが簡単に行うことができるのです。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

シャッター部分にはシリコンパッキンがあり、リキッド漏れを防ぎます。

スライド式だと漏れが心配ですが、持ち運ぶのはもちろん、リキッドボトルを思い切り押しても漏れることはありませんでしたので、ここから漏れることはほぼなさそうです。

ボトルの先端を押し込むと、切れ込みが入ったパッキンの奥までユニコーンボトルの先端を挿入することができます。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

ただ、510スレッドまでの間隔があまりないため、太めのボトルを使うとリキッドチャージできない場合があります。

手持ちの60mlボトルではアトマイザーにぶつかってしまうものの、なんとかリキッドチャージはできますが、若干のやりにくさは感じます。

そのため、このサイズを超えるボトル(100mlなど)では一度アトマイザーを外さないとリキッドチャージができません。

しかし、そこまで頻繁に行う作業ではありませんので、あまり問題はないでしょう。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

予備のボトルが付属する、ということはもちろんボトル部分の分解もできます。
分解できないと交換もできませんし、リキッドを変えたい場合に洗浄もできませんからね。

取り外しはネジ4本です。トルクスですので、T6のレンチが必要です。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

パネル部分、というよりもスコンクボトルのユニットごと外れる仕組みです。
ユニットごと「パカッ」と外れる、今までにない面白い仕組みですね。

さらに面白いのがオプションパーツ。

出典:geek vape

ちなみに、スコンクボトルではなく、ボトルなしのパネルパーツも販売されているので、シングルバッテリーMODとして使うこともできます。

サイズ的にはAEGIS SOLOよりもほんの少しだけ大きい程度なので、スコンクMODに飽きてもシングルバッテリーMODとして使い続けることができるのも良いですね!

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

リキッドはボトル上部がら、MOD側に供給される仕組み。
2重のOリングでシーリングされています。

構造的に心もとなく感じますが、しばらく使ってみたのですがこの部分からも漏れることはありませんでした。

仮に漏れても、MODの基盤部分はゴムシーリングで守られているので安心です。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

ちなみに、分解組み立て時には、ネジの種類に注意!
上部と下部で違うネジが使われています。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

さらに分解すると、フレーム・ボトルマウント・ボトルに分解できます。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

ボトルを外す場合は、スライドシャッター横のシリコンパッキンを外し、付属六角レンチで2本のネジを外す必要があります。

ボトルを外すだけで、結構な手間ですから、頻繁にボトルを洗浄したいユーザーには向かないかもしれません。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

ボトルを外すと、このようなパーツに分けることができます。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

ボトルをセットするのは割と面倒、狭い間をボトルの口を通さなくてはなりません。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

もちろん、上部のパーツもネジ2本(トルクスT5)のみで分解可能です。

面倒ですが、ここまで細かく分解できるので、隅々まで洗浄可能なのは嬉しいですね。

バッテリー収納部

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

AEGISシリーズ共通のねじ込み式バッテリーキャップで防水性を確保。

キャップには可動式ハンドルがついているので、このハンドルを立ち上げれば工具いらずで取り外しできます。

もちろん、バッテリーベントホールも有。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

しかし、どうしてもキャップが固くて外れない場合には、付属のツールをハンドルに通して回すこともできますし、コインなどで開閉できる溝も掘られています。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

バッテリーキャップには収納方向の記載あり。側面にはもちろんOリングのシーリング。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

内部にも収納方向が書かれています。

アトマイザーのマッチング・使用例

AEGIS SQUONKの使い方

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

使い方・操作方法はAEGISシリーズ共通ですので、今まで使ったことがあれば違和感なく使うことができますし、基本的にはVAPEデバイス各社共通のものが多いので簡単に操作できます。

  • 電源ON/OFF  パフボタン5クリック
  • ボタンのロック  サブボタン2つを同時長押し
  • 液晶画面の明るさ変更 電源ON時にパフボタンとサブボタン(どちらでも)同時押し
  • モード変更 電源ON時にパフボタン3クリック
  • ワット数・設定温度を調整する:+/-ボタンを押すとワット数を調整できます。
  • 温度管理時のワット数変更 モード変更時にパフボタンでワット項目まで移動、サブボタンで変更。

感想とまとめ

斬新なボトル構造と安定のタフネス性能!

スコンクMODに防塵防水・耐ショックは必要なのか?と思ったのですが、リキッドが漏れた時のダメージを考えると、このジャンルにこそ最適なのでは?とも。

とはいえ、リキッド漏れは皆無でしたので、心配は無用なのですが、万が一の際にも安心できます。

必要・不必要さておき、オーバースペックもまた魅力ですよね。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

サイズも手頃だし、安心感もある良作です。

無論超コンパクトなヤツと比べてしまうと大きいことは間違い無いのですが、AEGIS SQUONKには高いタフネス性能という付加価値付きです。

それでデュアルバッテリーMODと同じぐらいのサイズ、というのは十分コンパクト。

この作りと性能でこの価格、良い時代になったものですね。

geek vape AEGIS SQUONK レビュー

特にスコンクボトルへのチャージが本当に楽なんです!

スコンカーで一番面倒なのって、ボトルチャージじゃないですか。
geek vapeでも過去には専用のチャージボトルまで販売されていましたし、みんなが面倒だと感じている部分ですから、それを構造で解決してしまうのは斬新です。

自裁は変わったんだな、としみじみ考えてしまいますね。

他社製品にもどんどんボトルチャージが楽な機種が出てきていますので、スコンクMODの標準的な仕様になっていきそう。

その中でも、スライド式シャッター方式はバツグンに楽ですね!

コメント