スポンサーリンク

Eleaf iStick PICO 2 レビュー|ついに!大ヒットテクニカルMODの正統後継機!!

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

Eleaf「イーリーフ」のテクニカルMOD、iStick PICO 2「アイスティックピコ2」のレビューです。

5年の時を経て、ついに大ヒットテクニカルMODの後継機がリリース!
ラグジュアリー&ゴージャスなデザイン!小幅ながら着実な進化を果たしました!

詳細をレビューします!

商品提供:VapeSourcing

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Eleaf iStick PICO 2とは?

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

EleafのテクニカルMODスターターキット、iStick PICO 2「アイスティックピコ2」

VAPE用のテクニカルMODで史上ナンバーワンヒット商品と言っても過言ではないほど、世界的な大ヒットを記録したのが Eleaf iStick Pico です。

小型軽量なボディーと、トラディショナルなデザインで一世を風靡し、2021年の現在に至るまで「定番アイテム」として愛され続ける機種がリリースされてからもう5年以上が経過しました。

その間にも、Picoシリーズとして様々なバリエーションが発売されるに至るほどの人気を誇りますが、5年が経っても後継機種は未だ出現していません。

それぐらい初代の完成度が高かったという証拠でもあるのですが、この度「2」として後継機種がようやく登場しました!!

Eleaf iStick PICO 2の特徴

  • 大ヒット製品の後継機!ラグジュアリーなデザイン!
  • 26mmアトマイザー完全対応!
  • 充実の機能!可変出力に温度管理モード搭載!
  • 「Gzeno S」はPODのように便利に使えるアトマイザー

初代のデザインを踏襲しながら、異なるイメージに仕上げた製品です。

大ヒット製品の後継機!ラグジュアリーなデザイン!

出典:Eleaf

初代PicoやPicoシリーズの「トップバッテリーキャップデザイン」はそのまま、特徴的なイメージを踏襲しながらも、よりラグジュアリーなデザインに仕上げたのがPico2です。

パネルデザインと幾何学模様を用いたベーシックデザイン、巧みな素材セレクトで高級感を演出しています。

26mmアトマイザー完全対応!

出典:Eleaf

初代Picoから続くシリーズ最大の弱点を解消したのがPico2です。

コンパクトサイズなのに26mmサイズのアトマイザーに対応し、大口径サイズもマウント可能にアップデートされました。サイズ制限が大幅に拡大したのが嬉しいですね!

充実の機能!可変出力に温度管理モード搭載!

出典:Eleaf

Eleaf伝統の充実した機能を受け継ぐPico2は、可変出力だけでなく、多種の温度管理ワイヤーに対応、プリヒートなどの付加機能までも網羅している高機能MODです。

「Gzeno S」はPODのように便利に使えるアトマイザー

出典:Eleaf

スターターキット版には、今流行のPODのように使えるクリアロマイザーが付属します。

出典:Eleaf

最近のEleaf製品に多く採用されるGZ headを採用、汎用性が高くバリエーションも豊富。

GZコイルのバリエーション

  • 0.2Ω(45-65W)DL メッシュコイル
  • 0.4Ω(20-35W)RDL メッシュコイル
  • 0.8Ω(12-18W)MTL メッシュコイル
  • 1.2Ω(7-12W)MTL ワイヤーバーチカル

Gzeno S Tankの対応は3種類(0.4Ω・0.8Ω・1.2Ω)となっていますが、コイル規格が共通なGZ headであれば何でも取り付けて使うことはできます。

カラーバリエーション

出典:Eleaf

全3種類。バリエーションとしてはちょっぴりもの足りませんが、どのカラーも魅力的。

Eleaf iStick PICO 2のカラーバリエーション

  • Rose Gold ローズゴールド
  • Matte Gunmetal マットガンメタル
  • Silver シルバー

スペック

出典:Eleaf

サイズH 71×W50×D27.5mm
重量131.2 g(実測)
ワット数範囲1 – 75W(0.5Wステップ)
許容抵抗値0.05 – 3.5Ω
モードVW / TC(Ni,Ti,SS,TCR)
スレッド510 (スプリングコンタクト)
充電ポートUSB-C (DC5V 2A)
バッテリー18650シングルバッテリー
保護機能
  • オーバータイム保護(設定可能)
  • バッテリー過充電保護
  • バッテリー過放電保護
  • 過電流保護
  • ショートサーキット保護
  • バッテリー逆挿保護
  • ノーアトマイザー保護
  • オーバーヒート保護
  • バッテリーロック

パッケージ・内容品

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

内容品一覧

  • Eleaf iStick PICO 2 テクニカルMOD本体
  • Eleaf Gzeno S アトマイザー本体
    • GZコイル 0.4Ω
    • GZコイル 0.8Ω
    • アトマイザー スクリュー用ツール
    • バブルガラスチューブ
  • USB-C 充電ケーブル
  • ユーザーマニュアル(日本語表記あり)・ワランティーカード

Eleaf iStick PICO 2の詳細

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

今までのPicoシリーズとはイメージが異なる「ギラギラ系」のラグジュアリーデザイン。

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

トラディショナルでベーシックなイメージの初代Picoとは全く印象が異なります。

「爆煙」クラウドチェイス志向に寄り添ったのがPico2なのかな?という印象です。
ゴージャス・豪華絢爛な印象、万人受けするのとはちょっぴり違うのかな?と。

これはこれで好きな人は物凄く好き!という人も多いでしょう。
ただ、基本的で万人受けして広く受け入れられた初代Picoとはかなり趣は異なります。

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

サイズ感はすごく良い!特に背の高さが低くなっているように感じます。
逆に厚みは増してしまった印象ですが、バッテリーキャップ部はすごくスリムです。

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

初代Pico・Pico 21700と比較するとこの通り。若干のボリューム増に抑えながら、26mmアトマイザーに対応するサイズの妙です。

特に全長が低く感じるのは、バッテリー部分の高さはほぼ同じなのに、本体部が低くなっているから。全長はほぼ同じなのに、かなりコンパクトに感じるんです!

デザイン

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

デザインは冒頭でも触れた通り「ゴージャス&ラグジュアリー」ギラギラしたイメージ。

ですが、ゴテゴテしているわけではないので、そこまで気にすることもありません。
また、ガンメタやシルバーであれば、ローズゴールドよりも落ち着いた印象です。

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

製品の品質は「安定のEleafクオリティー」です。

「卒がなくきれい」ではあるのですが、初代Picoが発売された5年前から代わり映えしないのは否定できず、その間に出てきた新興メーカーの方がハイクオリティーなものも散見できます。

『上の下』というのが率直な評価です。決して悪くはありません。

510スレッド

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

アトマイザーマウント部は、汎用性の高い510スレッド仕様です。

スプリングコンタクト(オートアジャスト)搭載

調整いらず。自動でポジティブピンの長さにアジャストする機構。
メカニカルで一般的な「ハイブリッド接続」に対応しない仕様のアトマもマウント可能。

より安全性に配慮したスペックです。

初代Picoより続くシリーズで、共通の弱点。

アトマイザーサイズに大きな制約があるというのを払拭すべく、26mmまでのアトマイザーをはみ出さずにマウント可能にアップデートされました。

大口径タンクにも対応し、今時らしい仕様に。

しかも!アトマイザーマウント部は太めに、バッテリー収納部は細め。
変形デザインにすることで、握り心地やボディーサイズにまでこだわっています。

ボタン・液晶パネル

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

操作ボタンは全て全面に集約され、使い勝手が向上しました。

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

最近のEleafプロダクツらしく、指が乗せやすいボタンデザイン。
パーツの素材はボディーと共通で、質感にまでこだわったディティール。

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

機能も充実、可変出力だけでなく、各種温度管理モードやプリヒート機能も搭載。

  • Power(VW) ユーザーが任意の数字にワッテージを調整
  • TEMP Ni   温度管理モード(ニッケル)
  • TEMP Ti   温度管理モード(チタン)
  • TEMP SS   温度管理モード(ステンレス)
  • TEMP M1   温度管理モード(マニュアル・TCR)
  • SET
    • SCREEN ON/OFF Vaping中の画面オンオフ
    • Pre heat    プリヒート設定(出力と時間)
    • Over Time   オーバータイム設定(5s,10s,15s,OFF)
    • M1 Set     M1のTCR値設定
    • VERN Check  バージョン情報
    • DEFAULT   工場出荷時の設定に戻す
    • VPW SET   サブパラメーター(電圧・パフ・ウェーブ)

高機能なことに変わりはありませんが、機能的には初代Picoから進化していません。

初代が出た当時、プリヒートは非搭載でしたが、その後のアップデートで実装されました。
つまり、機能的には初代と全く同じと言っても過言ではありません。

その後に出たシリーズもほぼ同じ機能でしたから、技術的には完成されているのでしょう。

液晶画面も、2021年のテクニカルMODとしてはチープな表事項も無も少ない「モノクロディスプレイ」と、他社のライバル機種と比較しても劣っている印象、初代Picoが出た時にインパクトとは程遠い仕様なのが残念です。

バッテリー収納部

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

バッテリー充電周りは大幅にアップデートされました!

充電スペック

  • バッテリー容量:18650シングルバッテリー
  • チャージポート:USB-C
  • 充電電流:2A

急速充電に対応したUSB-C端子仕様となり、日常の使いやすさが増しました。

バッテリーベントホールとは

電池は過電流などによりバッテリーへの負担がかかるとガスを発生させます。

何故この穴が必要かといえば、その際にベントホールからガスが逃げられるようにベントホールが必要です。

このようにベントホールが空いていないと、噴出したガスが内圧が高まり、ある一定の圧力にまで達すると逃げ場がないことによって炸裂(爆発)してしまいますので、そのような事故を防ぐための安全性に配慮した仕様です。

底部にはバッテリーベントホールもあって、安全性に配慮されています。

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

バッテリーキャップのデザインが一新され、より洗練されたスリムデザインに。

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

スクリュー式キャップは初代同様、内部は絶縁素材が用いられ、極性表記もあります。
保護機能に「バッテリー逆挿し保護」も追加され、より安全に使えるようになりました。

iStick PICO 2の使い方

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

伝統の操作を踏襲、Eleafユーザーであれば違和感なく操作することができるでしょう。

  • 電源ON/OFF …パフボタン5クリック
  • サブボタンロック…電源オン時にサブボタン同時長押し
  • 温度管理モードの出力調整…電源オン時にパフボタン4クリック
  • メニュー …電源オン時にパフボタン3クリック

アトマイザーのマッチング・使用例

正直言って機能的にもデザイン的にも微妙だなと思っていたんですが、色々なアトマイザーを載せてみると印象が変わりました。「バランスがよい」結構色々なアトマがマッチするんですよ。使いやすいMODだな、と思いました。

GZeno S Tankの詳細

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

着実に品質も上がっています。もちろん、アトマイザーだけでも購入できます。

GZeno Tankのスモール版、という位置付けの商品です。
大きさ、というよりもデザイン違いといった印象ですよね!?
タンク部分のガラスの露出度が大きく、デザイン的にはこちらの方がスタンダード。
ルックスが良い代わりに、ぶつけれガラスを割ったりしないように注意が必要です。

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

また、デザインだけでなくタンク部分が細かく分解できるようになっているのも利点です。
GZeno Tankはタンク部分の分解ができませんでしたから。

付属のバブルチューブに交換することもできます。

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

ウルテム樹脂のような色の510DT仕様。汎用品に交換もできますが、ベース部分が特殊。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

MTL向けらしい、内径ストレートで細めの仕様です。

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

スクリューロック式のトップキャップ、わかりやすく「OPEN」の文字が入っています。
大きなリキッドチャーホールで、スポイトボトルでも問題なくチャージできます。

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

複数の小さなエアホールが開いたボトムエアフロー方式。
AFCを回してドロー調整可能。MTL向けとRDL向けの大きなエアホールが空いています。

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

クリアロマイザーらしい、フローティング(固定されていない)ポジティブピン。

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

付属コイルは2種類です。

スターターキット付属コイル

  • GZ 0.4Ω(20-35W)RDL カンタルメッシュ
  • GZ 0.8Ω(12-18W)MTL カンタルメッシュ

実はGZコイル、バリエーションが豊富。この他にも0.2Ω・1.2Ωが別の機種には付属。
汎用性の高いコイル規格です。

感想とまとめ

Eleaf iStick PICO 2(イーリーフ アイスティックピコ2)レビュー

地味だけの着実に進化!後継機と言われると「?」だが、完成度は高い!

ファンが望んでいたのはこれか?と。多分違うというのが厳しいけど率直な感想です。

個人的には「高品質な筐体の初代Pico」「ハイクオリティーバージョン」を出せば売れるのに、と思ってしまうんですが… 廉価路線のイーリーフ的にはできないかも知れません。

初代Picoの大ヒット以来、迷走に迷走を続けている印象は否めませんが…

かといって、Pico2が悪い機種か?と言えばそうではありません!

小幅ながら着実に進化(サイズ感・26mm対応・急速充電・USB-C・バッテリー逆挿し保護など)しているので、用途がマッチすれば悪い機種ではありません。

デザインも刺さる人にとっては、他に替えがないもの!24mm以上のタンク使いにも!
購入しやすい価格も初代Pico同様なベーシック機種ですよ!

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?