geek vape L200 レビュー|防塵防水耐ショック!より軽量になった第2世代イージスレジェンド!

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

geek vape(ギークベイプ)のVAPEスターターキット、L200「Aegis Legend 2」のレビューです。

イージスレジェンドの後継機!第2世代のタフネスデュアルバッテリーMOD!
より強固になった防塵防水耐ショック性能と軽量ボディーを両立!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:Flavor-Kitchen

スポンサーリンク
スポンサーリンク

geek vape L200(Aegis Legend 2)とは?

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

geek vapeのデュアルバッテリーMOD&アトマイザーのスターターキット、L200「Aegis Legend 2(イージスレジェンド2)」です。

L200と言うけど、イージスシリーズそっくりの見た目!?と思ったら、後継機でした。

タフネスVAPEのパイオニア、ギープベイプ イージスシリーズがセカンドジェネレーション(第二世代)になって、よりタフネスに!しかも軽量になってリニューアルしました。

geek vape L200(Aegis Legend 2)の特徴

  • IP67相当の防塵防水デュアルバッテリーMODは暑さ寒さにも強い!
  • 第二世代のイージスシリーズは、デザインもスペックも進化!

それでは、geek vape L200の概要から見ていきましょう。

IP68相当の防塵防水デュアルバッテリーMODは暑さ寒さにも強い!

blank

出典:geek vape

タフネスMODはよりタフネスに!防水性能が一段階向上しました。

  • 第一世代:IP67(粉塵が内部に侵入しない・水深1mに30分水没しても浸水がない)
  • 第二世代:IP68(粉塵が内部に侵入しない・水深2mに30分水没しても浸水がない)
  • IP68相当の防塵防滴性能
    • 粉塵が内部に侵入しない・30分水没しても浸水がない
  • レベルの耐衝撃性を備えている

地味な性能アップですが、規格的にはワンランクアップ。実はすごいことです、これ!

blank

出典:geek vape

そして、作動温度範囲もさらに幅が広がりました。

作動温度範囲: -20度 〜 50度

第二世代のイージスシリーズは、デザインもスペックも進化!

blank

出典:geek vape

デザインはシリーズとして統一感を感じる第一世代の優れた点を踏襲しつつも、ゴムシーリングが露出しないように、より優れたルックスへと進化しました。

これはデザインだけでなく、ポケットに入れておくとゴム部分に細かい糸くずなどがつくやすかった第一世代のデメリットを払拭する仕様変更でもあります。機能も向上!

blank

出典:geek vape

そして、軽量コンパクトになりました。(サイズ15%・重量30%ダウン)

めちゃくちゃ重厚で、これでもかと言う頑丈さはそのままに。
これでいつでも携帯できますね!

カラーバリエーション

blank

出典:geek vape

ゴムが露出しなくなってさらにボディーカラーが充実しました。全7色です。

geek vape L200のカラーバリエーション

  • Classic Blackクラシックブラック
  • Silver シルバー
  • Gray グレー
  • Black ブラック
  • Blue ブルー
  • Red レッド
  • Rainbow レインボー

geek vape L200スペック

サイズH 140×54.12×D29mm
出力範囲5 – 200W
抵抗値0.1-3.0ohm
スレッド510 (スプリングコンタクト)
充電ポートUSB-C
バッテリー18650デュアルバッテリー
保護機能
  • ショートサーキット保護
  • 自動カットオフ(10秒)
  • オーバーヒート保護
  • 過電流保護
  • 過充電と過放電保護

パッケージ・内容品

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

内容品一覧

  • geek vape L200 テクニカルMOD本体
  • geek vape Z Subohm 2021 Tank クリアロマイザー
  • Geekvape Z Series Coil (0.2Ω 70~80W)
  • Geekvape Z Series Coil (0.25Ω 45~57W)
  • アトマイザースペアパーツ・コイルツール
  • USB-C充電ケーブル
  • ユーザーマニュアル(英語表記)

geek vape L200 with Z Subohm 2021 Tankの詳細

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

デザインは「第一世代イージスシリーズ」とあまり変わっていないように感じます。
でも!シリーズとして共通感があるのに別物と呼べるほど大きく進化しているんです!

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

デザインはAegis Legendとほぼ同じように感じますよね!?

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

blank
【スターターキット】GeekVape Aegis Legend「イージスレジェンド」レビュー
GeekVape「ギークベイプ」のVAPEスターターキット、Aegis Legend「イージスレジェンド」のレビューです。 IP67規格の防塵防水性能と高い耐衝撃性能を搭載したタフネスな18650デュアルバッテリーテクニカルB...

しかし、よくよく見ると第一世代のAegisシリーズは、タフネスが売りが故に大きくて重たく、しかも分厚いゴムでシーリングされていました。

これが、レビュー時に撮影するにも厄介で、細かいゴミがめちゃくちゃくっつくんです。
撮影するときは常にめちゃくちゃ配慮しても.. 大変だったんですよね。

それが、L200(第二世代)では、ゴム部分は底と端子部だけでほぼなくなりました。

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

さらに!デザインは同様ですが、レザーグリップ部もよりスタイリッシュに進化。

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

そしてサイズもかなり小さくなっています。

メーカー曰く15%ダウンとのことですが、実際持ってみると、スペック以上に小さく、そして軽く感じます。これなら大きく重かった初代と違って気軽に持ち出せそうです。

geek vape L200の詳細

510スレッド

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

ヘアライン仕上げのパネルで装飾された510スレッド部分、29mm厚のサイズからオーバーハングなしでマウントできるアトマイザーサイズに余裕があります。

スプリングコンタクト(オートアジャスト)搭載

調整いらず。自動でポジティブピンの長さにアジャストする機構。
メカニカルで一般的な「ハイブリッド接続」に対応しない仕様のアトマもマウント可能。

より安全性に配慮したスペックです。

ボタン・液晶パネル

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

ボディー(筐体)は進化しましたが、表示はgeek vape伝統のもの。

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

逆に変える必要がないと判断したのでしょう。十分に見やすく、わかりやすい表示です。

モードの詳細

  • POWER  ワッテージモード(VW)
  • TC-NI  温度管理ニッケル
  • TC-SS  温度管理ステンレス
  • TC-TI  温度管理チタン
  • TC-TCR  温度管理TCR
  • VPC カーブモード
  • Bypass バッテリー電圧直接出力モード(擬似メカニカル)

モードなども第一世代と同様で、温度管理にカーブモードまで搭載されています。

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

ボタン類で違うのは、側面に物理スライドボタンが追加されている点で、持ち運び時などにワンタッチでロックできる利便性を考えられてのことです。

これ、めちゃくちゃ便利です!

そして、地味に「GEEK VAPE」のロゴのフォントまで変わっています。
製品だけかと思ったら、公式サイトのロゴまで変更されてました。

バッテリー収納部

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

バッテリー収納部は「スライドスイッチ」式のロック、結構硬めで不意に開かないようになっていますし、スライド部は若干硬いですがワンタッチで開閉できる利便性と実用性が考えられた仕様です。

でも、個人的にはこのディティール、嫌いです。ぶつけた時などにバッテリーが開きそうで怖い。こればっかりは好みですから。でも便利です。

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

内部には色でわかりやすくバッテリーの極性表示があります。もちろん、内部は絶縁素材で覆われていて、バッテリーのシュリンク破れによるショートを防ぐ仕様です。

でも、デュアルバッテリーでバッテリー同士が触れ合う作りですから、必ず収納時にはバッテリーのシュリンク(ビニール)に破れがないか確認するのは必須です。

バッテリー充電端子 USB-C

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

そして、第一世代ではわかりやすく「端子カバー」だったゴムパーツが、L200ではデザインの一部になって、デザイン性が向上しています。

充電スペック

  • バッテリー容量:18650デュアルバッテリー
  • チャージポート:USB-C
  • 充電電流:非公開

もちろん、バッテリーの本体充電にも対応しています。

パネル

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

パネルはL200でもネジを外せば取り外しできます。

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

そして、かなり細かく分解できます。内部構造が初代シリーズと随分異なります。
これでタフネス仕様を実現しながらも、軽量コンパクトを実現しているんですね!

装飾パネルを外せば、内部構造体はかなり軽量です。

ただ、分厚いゴムに覆われていないので、耐ショック性能はおそらく初代シリーズより劣るでしょう。しかし、初代シリーズも落とせば壊れますから(使えるけどボロボロになるのは実験済み)

アトマイザーのフィッティングと使用例

geek vape L200の使い方

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

使い方はgeek vapeテクニカルMOD共通です。

  • 電源ON/OFF …パフボタン5クリック
  • ボタンロック …側面スライドスイッチで操作
  • 液晶明るさ変更… パフボタンとサブボタン同時押し(どちらでも可 100段階調整)
  • ファームウエア確認… 電源OFF時にサブボタン2つを同時長押し
  • 設定初期化… 電源OFF時にファームウエア確認画面で全ボタン同時長押し

それぞれのモードで設定可能な項目は以下の通りです。

  • モード選択 …電源ON時にパフボタン3クリック
    → サブボタンでモード遷移
    →モード変更時にパフボタンで移行しそれぞれ設定値変更可能です。
  • BYPASS抵抗値ロック可能
    POWER抵抗値ロック可能
    TC-NI抵抗値ロック、ワッテージ変更可能
    TC-SS抵抗値ロック、ワッテージ変更可能
    TC-TI抵抗値ロック、ワッテージ変更可能
    TC-TCR抵抗値ロック、ワッテージ変更、TCR値変更可能
    VPCP1~P5まで1Sごとのワッテージ設定が可能モード

geek vape Z Subohm 2021 Tankの詳細

geek vape Geekvape Z Subohm 2021 Tank

付属アトマイザーは「Z Subohm 2021 Tank」で、コイルはZ Series Coilです。

blank
geek vape ZEUS Sub Ohm レビュー|専用メッシュコイル採用!漏れないクリアロマイザー!
geek vape「ギークベイプ」のVAPEアトマイザー、ZEUS Sub Ohm「ゼウス サブオーム」のレビューです。 人気のトップエアフローリークレスタンクがそのままクリアロマイザーになりました。メッシュコイル採用の爆煙仕様です。

これは、Zeusシリーズのクリアロマイザー同様のコイルで、作りもそれに準じています。

geek vape Geekvape Z Subohm 2021 Tank

おそらく「Z」はZeusの頭文字から取ったもので、名前は違えどほぼ一緒の作りです。

ドリップチップ

geek vape Geekvape Z Subohm 2021 Tank

810DTを採用。汎用品も使うことができます。

810DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

付属品は1つ、樹脂製ドリップチップで逆テーパーデザインです。

タンク

geek vape Geekvape Z Subohm 2021 Tank

回転ロックのトップキャップ、トップフィルでリキッドチャージできる利便性の高い仕様。

トップフィルとは

アトマイザー上部からリキッドチャージが可能な構造。
多くのアトマイザーでは、スクリュー式やスライド式などが用いられる。

上部パーツを操作するだけでリキッドが注げるので、他の方式(ボトム・サイド)に比べてリキッドチャージが簡単にできるのが最大のメリット。

ちなみに、ボトムフィルには非対応。
タンクにリキッドが残っていると、コイル交換できません。

トップエアフロー

geek vape Geekvape Z Subohm 2021 Tank

AFCでドロー調整可能なトップエアフロー構造。
ボトム部分にホールがないので、事実上リキッド漏れのリスクなしで使えます。

プリメイドコイル

geek vape Geekvape Z Subohm 2021 Tank

利便性の高い差し込み式のコイル。
スクリュー式のように捻って固定する必要がありません。

geek vape Geekvape Z Subohm 2021 Tank

コイルは2種類用意されていて、2つともキットに付属します。

付属コイルバリエーション

  • Geekvape Z Series Coil 0.2Ω 70~80W
  • Geekvape Z Series Coil 0.25Ω 45~57W

どちらもメッシュコイルです。

感想とまとめ

geek vape L200(ギークベイプ Aegis Legend 2)レビュー

キープコンセプトで軽量コンパクトに!ルックスも大幅に進化!

見た目がほぼほぼ一緒なので「どこが変わったの?」と一見思われそうですが、こうやって見るとかなり大幅に進化していますよね!特にディティールや小型軽量がウリです。

大きく重たい初代シリーズは持ち出すのにためらってしまうぐらいでしたが、L200は普通のデュアルバッテリーMOD同様のサイズと重量なので問題なし。

それでいてタフネス性能は向上していますから。今流行りのアウトドアにもぴったり!

通販はこちらから!

GEEK VAPE L200

通販サイトはこちら!

コメント