【スターターキット】GeekVape Aegis Legend「イージスレジェンド」レビュー

この記事は 約11分で読めます。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

GeekVape「ギークベイプ」のVAPEスターターキット、Aegis Legend「イージスレジェンド」のレビューです。

IP67規格の防塵防水性能高い耐衝撃性能を搭載したタフネスな18650デュアルバッテリーテクニカルBOX MOD「Aegis Legend」と、メッシュコイルを採用した爆煙クリアロマイザー「Aero Mesh」をキットにしたスターターです。

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

 

 

スポンサーリンク
べプログショップべプログショップ

GeekVape Aegis Legendの開封

それではAegis Legendキットの詳細を見ていきます。まずはパッケージを開封していきます。

パッケージ

ちょっと大きめなサイズのパッケージはGeekVapeらしいデザイン。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

前面には製品イラストなどが入り、背面には商品の情報などは書かれています。防水防塵であることはあまりクローズアップされていない印象。裏面に小さく書かれています。その裏面には偽造防止のセキュリティーコード入りステッカーと、中身すり替え防止のホログラムステッカーが貼られています。

 

内容品

パッケージから製品を取り出します。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

内容品一覧

  • GeekVape Aegis Legend MOD本体
  • Aero Mesh sub ohm tankクリアロマイザー本体
  • 0.2Ωコイル(アトマイザーに装着済み)
  • 0.15Ωコイル
  • MODパーツ(パッキン、ネジ)
  • アトマイザーパーツ(Oリング、コイル、510DTアダプター)
  • microUSBケーブル
  • マニュアル、ワランティーカード、ワーニングカード

Aegis Legend テクニカルMOD本体に、AeroMeshタンク、そして各予備部品に充電用のケーブル、マニュアル類などが収納されています。書類は全て英語で書かれていました。

 

 

 

GeekVape Aegis Legendの詳細

それでは製品の詳細です。Geekvape Aegis Legendスターターキット。

ボリューム感のあるボディーには高い防水防塵性能と、耐ショック性能が搭載されているのが最大の特徴です。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

このAegis Legendキットは、同コンセプト製品の最新バージョンです。

【テクニカルMOD】Aegis TC Box MOD「イージス」(GeekVape/ギークベイプ) レビュー
GeekVape(ギークベイプ)のべイプMOD バッテリー、Aegis TC Box MOD「イージス」のレビューです。 ミルスペック(MIL STD 810G-516.6)の耐衝撃性と、高い防塵防水性(IP67)を謳うテクニ...

geek vapeでは旧作と同じIP67規格の防水性能(防水、最大30分間浸漬に耐え、最大1メートルの深さ。)を搭載し、旧作を超える耐ショック性能を搭載しているとアナウンスしています。

 

高い耐ショック性能

しかし、旧作はミルスペック(MIL STD 810G-516.6)を取得していましたが、今作ではこの表記はありません。恐らくこの規格を通すためには期間と費用がかかることから見送ったものだと思われます。

Aegis Legendも旧作同様に分厚いラバー系の素材で本体が覆われているので、対ショック性は十分に兼ね備えていると予想できます。

そして、どれだけ耐ショック性に優れていても「外見上の問題が発生しても機能には問題がない」のであって「破損します」落とせばどこかが破損するのので、壊れた外見のまま使っていくのはちょっと苦しいと思います。

この実験の様子はこちらからご覧いただけます。

【テクニカルMOD】Aegis TC Box MOD「イージス」(GeekVape/ギークベイプ) レビュー
GeekVape(ギークベイプ)のべイプMOD バッテリー、Aegis TC Box MOD「イージス」のレビューです。 ミルスペック(MIL STD 810G-516.6)の耐衝撃性と、高い防塵防水性(IP67)を謳うテクニ...

緊急的な性能なので、そこまで耐ショック性を気にする必要はないと感じます。

 

 

IP67規格の防水防塵性能を搭載

むしろ重要なのは防水性能。今作Aegis Legendも防水防塵に関してはIP67規格を謳っています。このIP67とは

防塵防水性 IP67について

国際電気標準会議(IEC)の定める保護等級。6等級の防塵性能と、7等級の防水性能を持つという意味。

6等級の防塵性能は最もレベルが高く、「粉塵が内部に侵入しない」とされています。そして7等級の防水性能は最高レベルの8より一段階低く「規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない」とされています。

  • IP6X:粉塵が内部に侵入しない
  • IPX7(防浸形)IPX7は、水中への浸漬に対する保護を規定している。水深1mの水槽に、電気機器を30分間没し、浸水がないことを確認する。防水仕様の携帯電話など、一時的な水没に対して保護されている電気機器は、IPX7以上の性能を持たせている。常時水没する場所でIPX7の性能は不足のため、IPX8または特殊機能が必要となる。

スマートフォンで言うと、iPhone7/7 Plusが同等級に対応しています。

 電気設備の知識と技術より

水濡れどころか水没、そしてアウトドアでもガンガン使える高い性能は重宝しますね。タフネスなテクニカルMODです。

 

デュアル18650バッテリー対応

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

搭載バッテリーのスペックがデュアルバッテリーになり、よりハイワッテージ出力に対応しています。それに伴いボディーサイズが大型化していますが、厚みが薄くスリムになった為に、持った時の収まりの良さはむしろAegis Legendのほうが良いと感じます。

それでもデュアルバッテリーMODの中でも大型なボディーです。

 

セパレートタイプ

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

もちろん、Aegis Legend MODとAero Meshタンクは510スレッドで接続されているので、取り外しが可能です。

それでは、それぞれの詳細を見ていきます。

 

 

 

Aegis LegendテクニカルMODの詳細

キットの名前にも用いられているAegis Legend MODです。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

geek vape AEGISシリーズのデュアルバッテリーMOD。特徴はタフネス性能。

本体が分厚いラバー系の素材で覆われており、これにより落下などの衝撃から本体機能を守っています。

そして各部にはシーリングがされていて、水や砂などの混入を防ぐIP67規格の防水防塵性能も搭載しています。

タフネスさを持ち合わせたことで筐体サイズが大きくなっていますが、ヘビーデューティーなツール好きにとってはたまらないアイテムなのではないでしょうか。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

ラバー系の素材は耐衝撃性に優れた素材ですが、日常使いできになる点としては布の繊維などがつきやすいことで、ポケットなどに入れて持ち運ぶ際に、着衣の素材によってはケバケバがたくさん付着してしまうのが気になります。今回の撮影時にはホコリなどの付着物をテープやブロアーで念入りに取り除いています。

全てがラバー系の素材で覆われているのではなく、一部に金属製のフレームなどの異素材を採用することで、シンプルすぎないルックスを獲得しています。ただ、落とした時はここから壊れることが前回製品の実験で証明されているので、ルックスと性能のトレードオフですね。

ただ、ビジュアルも譲れないのでこの仕様は良いと思います。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

そして金属フレームの中はレザーのような素材が採用されていて、これも見た目のポイントです。今回のカモフラージュ柄やヘビ柄など色々なバリエーションのフェイクレザーが用いられています。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

この金属フレーム、外してみるとワンピース構造でした。前作では2ピース構造だったので、このフレーム部も耐久性が向上しているように見えます。フェイクレザー部分は接着されているので簡単に交換することはできません。

 

 

スペック

デュアルバッテリーを採用したことで、最大出力が200Wへと向上。気になるのは許容最高抵抗値が素材ごとに違う点。

保護機能として抵抗値保護が搭載されているのでこれを超える抵抗値でも保護機能が働くとは思いますが、RBAを搭載する時には気をつけたいポイントです。

サイズH 90.5×W58.5×D30.6mm
重量202g
電圧範囲0.1 – 9V
ワット数範囲5 – 200W
温度範囲200 – 600F/ 100 – 315℃
許容最低抵抗値0.05Ω
許容最高抵抗値3.0Ω (POWER , Bypass)
0.8Ω (NI200)
1.1Ω (TI)
1.65Ω (SS316)
モードVW /温度-Ti系/温度-Ni系/温度-SS316 / TCR / VPC(カーブモード)
スレッド510 (スプリングコンタクト)
充電ポートmicroUSB (DV5V 1A)
バッテリー18650デュアルバッテリー(別売り)
保護機能・自動カットオフ(10秒)
・基板温度保護(85度)
・短絡保護
・抵抗値保護
・バッテリー電圧保護

geek vape公式サイトより

 

 

アトマイザー取付部

それでは各所の詳細を見ていきます。まずはアトマイザーの取り付け部分から。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

510スレッド。スプリングコンタクト使用で、ピンには金メッキ。

MODの厚みが30mmですが、USBコネクターまでの距離が13mmしかないので、搭載可能サイズは26mmまでと考えた方が良さそうです。ただ、このUSBコネクターのカバーを気にしなければ搭載可能サイズに制限はありません。

カバーをアトマイザーで塞いでしまうので、充電などが大変そうですけどね…

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

充電やファームウェアアップデート用のmicroUSB端子には、防水防塵のための分厚いゴムキャップが用いられています。一部が本体と繋がっているので、外れることはなく、紛失する心配がありません。このキャップは予備が1つ付属します。

 

 

ボタンとディスプレイ

操作系統です。大きな変更点はカラーディスプレイを採用したこと。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

ボタンや液晶画面は全てAegis Legendの側面に集約されています。ボタンは全部で3つ。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

パフボタンは一番プッシュするメインのボタンなので大きく押しやすい形状で、樹脂製のパーツが用いられています。ボタン部分がシーリングされているので一般的なMODとは若干押し心地が異なり、弾力性を感じますが、フィーリングや実用性に問題は感じません。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

このメインボタンの下にはカラー液晶画面を搭載しています。明るさ調整もできて視認性は十分。正直モノクロ液晶に対する機能的優位性は全く感じませんが、ルックス的にはモノクロよりも良いと感じます。情報量も十分です。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

そして細かい設定をするためのサブボタンを2つ液晶画面の下に備えています。このボタンを操作して、出力ワッテージや温度設定などを変更します。このボタンもパフボタンと同じ樹脂素材が持ちられていて、押し心地も同様です。

 

 

バッテリー収納部

Aegis Legendではバッテリー収納部にはスライドロック式バッテリーカバーを採用しています。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

スレッドロック式に比べて、簡単にバッテリー交換ができる反面、しっかりとロックできるという点においては劣っていますが、本体充電するための端子にゴムカバーがついていて気軽に充電できるデバイスではないので、使い勝手を優先させた結果だと言えます。

ただし、一般的なVAPEテクニカルMODに用いられている蓋自体をスライドさせる機構ではなく、スライドボタン式を採用しているので不意に開いてしまうリスクは低いと感じます。

このスライドロック部分、結構硬いので開閉にコツがいる印象ですが、勝手に開いてしまうより全然良いと思います。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

カバー側面はゴムでシーリングされていて、水や砂塵などの混入を防ぎます。このバッテリーカバーには外側からの水や埃は防ぎながらも、きちんとベントホールも設けられていて安全性にも配慮されています。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

内側にはバッテリー収納方向がわかりやすく書かれていました。

 

 

Aero Mesh sub ohm tank クリアロマイザーの詳細

Aegis Legendスターターキットに付属のアトマイザーは、カートリッジ式プリメイドコイル交換タイプのAero Mesh sub ohm tank クリアロマイザーです。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

今VAPEデバイスメーカー各社からリリースが相次ぐメッシュコイルを採用した爆煙タイプのクリアロマイザーです。キット付属アトマイザーということもあり、構造や性能に特記すべきてんのない「キットクリアロマイザー」です。

 

Aero Mesh sub ohm tank クリアロマイザーのスペック

直径25mm (タンク28mm )
高さ38.2mm (DT,スレッド除く)
重量57.7g (実測)
リキッド容量5ml
ネジタイプ510
ドリップチップ専用ワイドボア
コイルプリメイド交換式
エアフローボトムエアーフロー
リキッドチャージトップ
素材ステンレス、ガラス

geek vape公式サイトより

分解

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー左から ベース / コイル / タンク / ドリップチップ

分解すると写真のようなパーツ構成です。

  1. ボトムエアフローの調整リングを備えたベースパーツ
  2. カートリッジ式のプリメイドコイル
  3. チムニーがコイル上に設けられているので、逆さまにしてこのチューブ部分より水位が低ければリキッドがタンクに残っていてもコイル交換可能な構造のタンクは直径28mm リキッド容量 5mlのバブルタンクの他に、26mmのストレートガラスタンクも付属します。
    チムニー内径 17.5mm
    トップキャップのドリップチップ取り付け部分の直径 17.85mm
  4. ハーフインチ規格(810DT)のドリップチップ 全長12mm , 露出部7mm , 外径16.5mm , 内径8mm

 

トップフィルリキッドチャージ

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

90度ロック式のトップキャップは、ベースとキャップの凹凸を合わせてロックします。トップキャップ側のシリコンシールによって簡単にロックが解除されない具合に調整されていて実用上問題ありません。

リキッドチャージホールが大きく2カ所。スポイトボトルなど先が太い容器でも全く問題なくリキッドチャージできました。

 

ポジティブピン

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

ポジティブピンはかなり突起しています。実測1.17mm。ただし、ゴム系絶縁パーツにはまっているフローティング構造なのでスプリングコンタクトを持つMOD以外での使用は危険なのでやめたほうが良いと思います。

 

プリメイドコイル

付属のプリメイドコイルは2つです。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

予備ではなく、違うスペックのコイルが付属。

  • 0.2Ω  30-90W Best 60-80W (アトマイザーに装着済み)
  • 0.15Ω 60-80W

アトマイザーに初期セットされている0.2オームコイルは今流行りのメッシュコイル。カンタルメッシュがコイル内に配置されています。もう一つはより低抵抗の4コアコイルです。どちらも推奨ワッテージは同じぐらいです。DL向けのミスト量多めのコイルですね。

 

 

 

GeekVape Aegis Legend の使い方

それでは実際にAegis Legendの使い方を見ていきます。まずは本体キットとは別に18650バッテリーを2本用意して収納します。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

ここでデュアルバッテリーMODの注意点です。

バッテリーは同ロット、同銘柄の新品バッテリーを用いましょう!

バッテリーの銘柄が異なると性能が違います。そして、使用を繰り返したバッテリーは内部抵抗が増大しており、異なる銘柄、使用頻度のバッテリーを使用すると、どちらかに負担がかかってしまうため大変危険です。

次にバッテリーの充電を行います。

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

このAegis Legendでバッテリーの充電を行うことができます。しかし、端子部分にゴムカバーがされていて使い勝手がイマイチなので、別売りのバッテリーチャージャーを使うのが運用上良いと感じます。

 

使い方・操作方法

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

液晶がカラーになったものの、操作は以前までのgeek vapeテクニカルMODと全く同じです。前からgeek vape製品を愛用しているユーザーは違和感なく使えると思いますし、カーブモードやTCR温度管理を搭載しているMODとしてはシンプルでわかりやすいメニューで直感的に使える印象です。

  • 電源ON/OFF …パフボタン5クリック
  • サブボタンロック …サブボタン2つを同時長押しで操作無効
  • 液晶明るさ変更… パフボタンとサブボタン同時押し(どちらでも)
  • ファームウエア確認… 電源OFF時にサブボタン2つを同時長押し
  • 設定初期化… 電源OFF時にファームウエア確認画面で全ボタン同時長押し
  • モード選択 …電源ON時にパフボタン3クリック
    → サブボタンでモード遷移
    →モード変更時にパフボタンで移行しそれぞれ設定値変更可能です。
BYPASS抵抗値ロック可能
POWER抵抗値ロック可能
TC-NI抵抗値ロック、ワッテージ変更可能
TC-SS抵抗値ロック、ワッテージ変更可能
TC-TI抵抗値ロック、ワッテージ変更可能
TC-TCR抵抗値ロック、ワッテージ変更、TCR値変更可能
VPCP1~P5まで1Sごとのワッテージ設定が可能モード

 

 

GeekVape Aegis Legendのまとめ

GeekVape Aegis Legend「ギークベイプ イージスレジェンド」レビュー

タフネス性能が最大の特徴!防水防塵と高い耐ショック性能を持ったスターターキット!

実用上のスペックを求めて購入を検討するユーザーもいると思います。キャンプなどのアウトドアや、アクティビティーなどのシーンに携帯できる安心感。

それ以外にも、実際に潜ったり、落としたりすることなんて関係なく、オーバースペックのギアが欲しい!実用以上のハイスペックを求めるのは男のロマン

もちろんアトマイザーにはガラスパーツなどが使われているので注意が必要です。

一般的なデバイスに比べて大きく重いですが、この独創性に価値を感じて愛着を持てるユーザーには唯一無二の存在なのではないでしょうか。

通販はこちらから!

→ AEGIS Legend 200W スターターキット【GEEK VAPE(ギークベイプ)】 [べプログショップ]

商品購入サイトはこちら

3000円以上購入送料無料です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で