Geekvape AEGIS SOLO レビュー|防塵防滴タフネスMODに待望の18650モデルが追加!

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

GeekVape「ギークベイプ」のテクニカルMOD、Aegis SOLO「イージス ソロ」のレビューです。

IP67規格の防塵防水性能高い耐ショック性能を搭載したタフネス性能に18650シングルバッテリーの「AEGIS SOLO」がついにリリース!

このスターターキットの特徴

  • IP67規格の防塵防滴性と高い対ショック性能を実現
  • 18650シングルバッテリーBOX MOD

詳細をレビューします!

商品提供:Sorcemore

スポンサーリンク
べプログショップ

Geekvape AEGIS SOLOの詳細

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

GeekvapeのテクニカルMOD、Aegis SOLOはユーザー待望の18650シングルバッテリーモデルです!

フォルムやデザインは共通で、スペックや機能も引き継いだタフネステクニカルMODです。

これまでのAEGISシリーズと同じコンセプトのバリエーションで、高い防水防塵性能と、耐ショック性能を実現したシリーズの最新作で、その機能をコンパクトなボディーに詰め込んだモデルです。

高い耐ショック性能


初代AEGISではミルスペック(MIL STD 810G-516.6)を取得していましたが、AEGIS SOLOではこの表記はありません。

AEGIS LEGENTAEGIS MINIと同じく、恐らくこの規格を通すためには期間と費用がかかることから見送ったものだと思われます。

しかし、このAEGIS SOLOもこれまでのシリーズと同様に分厚いラバー系の素材で本体が覆われているので、対ショック性は十分に兼ね備えていると予想できます。

 

IP67規格の防水防塵性能を搭載


むしろ重要なのは防水性能。これまでのIP67規格を謳っています。このIP67とは

国際電気標準会議(IEC)の定める保護等級。6等級の防塵性能と、7等級の防水性能を持つという意味。

6等級の防塵性能は最もレベルが高く、「粉塵が内部に侵入しない」とされています。そして7等級の防水性能は最高レベルの8より一段階低く「規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない」とされています。

  • IP6X:粉塵が内部に侵入しない
  • IPX7(防浸形)IPX7は、水中への浸漬に対する保護を規定している。水深1mの水槽に、電気機器を30分間没し、浸水がないことを確認する。防水仕様の携帯電話など、一時的な水没に対して保護されている電気機器は、IPX7以上の性能を持たせている。常時水没する場所でIPX7の性能は不足のため、IPX8または特殊機能が必要となる。

スマートフォンで言うと、iPhone7/7 Plusが同等級に対応しています。

出典:電気設備の知識と技術より

水濡れどころか水没、そしてアウトドアでもガンガン使える高い性能は重宝します。

 

カラーバリエーション


出典:Geekvape

全6色のカラーが用意されています。
ボタンとパネル、そしてレザー部分のステッチが異なるバリエーションですね。
GUNMETALだけはレザー部分が迷彩になっているのも特徴的です。

それではより詳細を確認していきましょう。

スペック

出典:Geekvape

サイズH 86.4×W41.2×D31.5mm
重量112.5g
ワット数範囲5 – 100W(0.1Wステップ)
温度範囲200 – 600F/ 100 – 315℃
許容抵抗値0.05Ω~3.0Ω
モードVW /温度-Ti系/温度-Ni系/温度-SS316 / TCR / VPC(カーブモード)
スレッド510 (スプリングコンタクト)
充電ポートmicroUSB (DV5V 1.5A)
バッテリー18650シングルバッテリー
保護機能・ショートサーキット保護
・自動カットオフ(10秒)
・オーバーヒート保護
・過電流保護
・過充電と過放電保護
・過乾燥保護(温度管理のみ)
メーカー公式サイトhttps://www.geekvape.com/project/aegis-solo/

パッケージ・内容品

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

AEGISシリーズ共通デザインで、Geekvapeのコーポレートカラー「オレンジ」を配置したカジュアルなデザインのパッケージです。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

背面にはスクラッチ式コード、内箱にはホログラム開封防止ステッカーとセキュリティー対策は万全です。

模造品の心配がある中国製品では、VAPEデバイスの多くにセキュリティーコードによる『正規品』確認コードが添付されています。
メーカーサイトのフォームにこのコードを入力することで、正規に登録されたものか分かる仕組みです。

ACROHM FUSHレビュー

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

内容品一覧

  • Geekvape AEGIS  SOLO テクニカルMOD本体
    • バッテリードア開閉ツール
    • スペアバッテリードア
    • microUSBケーブル
  • Geekvape TENGU RDA アトマイザー本体
    • エクストラパーツ(810ドリップチップ、510ドリップチップアダプター)
    • スペアパーツ一式(Oリング、デッキネジ)
    • スコンクピン
    • ツール(六角レンチ、ドライバーツール)
    • プリビルドコイル(N80ヒューズドクラプトン)、コットン
  • ユーザーマニュアル、ワランティーカード(英語)

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

マニュアル類はすべて英語、ですがかなり簡単な内容しかかいていないので、使い方を理解していれば読めなくとも全く問題ありません。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

ちなみに今回の提供品はTENGU RDA KITとなっていて、単体でも販売されているドリッパーが付属するモデルです。

こちらの製品は別記事でレビュー済みですので詳しくはそちらをご覧ください。

AEGISシリーズの大きさ比較

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

注目を集めている製品なので『AEGISシリーズはもう知ってるよ!』という方が多いかと思いますので、まずは気になるサイズと重量から見ていきましょう。

待望の18650シングルバッテリーというだけあって、多くのユーザーが待ち望んだサイズと重量に仕上がっています。

AEGIS MINIとほぼ同じサイズ感のまま、若干長く(1cm弱)なっただけのスリムなボディーが最大の魅力です。

搭載基盤や機能が似ているので、バッテリーサイズに応じたサイズ違いのバリエーションなので、『サイズ感がわかれば即買い!』と言う方は細部詳細はすっ飛ばしてポチってくださいませ。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

AEGISシリーズのサイズと重量
  • AEGIS(26650)
    H 88.0×W46.8.×D37.8mm 203.5g
  • AEGIS LEGEND(18650デュアル)
    H 90.5×W58.5×D30.6mm 202.0g
  • AEGIS MINI(内蔵バッテリー)
    H 78.0×W39.0×D31.5mm 123.1g
  • AEGIS SOLO(18650)
    H 86.4×W41.2×D31.5mm 112.5g

収納バッテリーサイズに応じたサイズ感で、サイズは大きい順に

AEGIS LEGEND > AEGIS > AEGIS SOLO > AEGIS MINI

となっているのはもちろんなのですが、これまでのAEGISシリーズのデバイスと比べて、サイズ感の割には重量が軽く仕上がっているのがAEGIS SOLOの特徴です。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

コンパクトサイズの18650シングルバッテリーMODに比べれば、防塵防滴耐ショック性を備えているAEGIS SOLOのサイズ感は大きめなのですが、片手に馴染むサイズ感は普段持ち歩くのに許せるサイズです。

デザインと各部詳細

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

デザインはAEGISシリーズ共通のものですね。

耐ショック性と防塵防滴性能を備えるのは、ボディーを分厚いゴム素材で覆っているからです。

今まで発売された3機種と同じデザイン、素材を用いた18650シングルバッテリーMODです。

何故一番普及しているはずのバッテリーを採用したモデルがシリーズ最初にリリースされないのだ?と言う疑問はさておき、汎用性のあるバッテリーに対応したモデルをリリースしてくれたGeekvapeに感謝したいところです。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

これも今までのAEGISシリーズと共通のデザインで、ただゴム素材で覆っただけでは味気ないデザインになってしまいがちなところを、パネルとレザーを配置することでデザイン性を向上させるだけでなく、形状が手に馴染み持ちやすいように工夫されています。

差し色のステッチカラーがおしゃれですね!

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

ただし、弱点もAEGISシリーズ共通で、ゴム素材で覆われたボディーは埃が付着しやすいのが難点です。

ゴムで覆われたボディーは埃が付着しやすいのが欠点

過去から取り出して、ポケットにちょっとだけ入れた程度でもうこのように埃がたっぷりと付着してしまっています。

常にMODを綺麗な状態で保ちたい!というユーザー向きではないかもしれませんね。

しかし、このAEGIS SOLOは『IP67相当』の防水性を備えているので、ジャブジャブ水洗いすることもできます!

埃がたくさんついてしまっても、ラフに水洗いできるので、すぐに落とすこともできます。

さて、実用的な部分のディティールを見ていきましょう。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

アトマイザー搭載部には510スレッドを採用。

スプリング式のオートアジャスト機構搭載なので、アトマイザーのポジティブピンの長さに合わせてコンタクトピンを手動で調整する必要はありません。

スプリングコンタクト(オートアジャスト)搭載

調整いらず。自動でポジティブピンの長さにアジャストする機構。
メカニカルで一般的な「ハイブリッド接続」に対応しない仕様のアトマもマウント可能。

より安全性に配慮したスペックです。

この部分にも防水処理が施されていて、試しにお風呂に30分ほどアトマイザーを取り付けずに沈めてみましたが全く問題ありません。

ただし、スレッドに溜まった水を取り除かずにアトマイザーをつけることはやめた方が良いと思います。

取り付け部分の土台(サークル)のサイズは26.25mmと大きめなので、汎用性の高い22mm、24mmサイズのアトマイザーはもちろん、より大口径のサイズにも対応します。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

パネル部分も今までのAEGISシリーズ同様の作りです。

今回は耐ショックテストは行いませんが、その丈夫さは初代Aegisのレビューで確認済みです。

構造が同じであれば、このパネル部分は保護カバーで、中にはシリコンゴム製のシーリングがしてあるので、パネル部分が傷ついても液晶画面が割れることはない構造です。

ただ、耐ショック性能とは「機能的には壊れずに使える」ということであって、外装は破損するのは免れませんので、雑に落としてしまうと外装がボロボロになってしまいます(過去のレビューで実証済み)

今回は勿体無いので破壊テストは行いません。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

ボタンデザインはAEGIS SOLO専用のもので、六角形をモチーフにした樹脂製ボタンを採用。サブボタンは2つがくっついたデザインで、ボタンは合計3つ。

液晶画面はモノクロで、表示されるのはgeekvapeのテクニカルMOD共通のデザインです。

ボタンの押し心地がシリーズが進むごとに改善されていて、このAEGIS SOLOでは防水性を持たない通常MODと同程度の押し心地で、ゴムのベールを被っている感じはありませんね。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

このAEGIS SOLOには充電およびファームウエアアップデート用のmicroUSB端子を備えています。

この部分はゴムキャップでシーリングされていて、水の侵入を防いでいます。

つまり、水没させるときには必ずゴムキャップを占めているのを確認する必要があります。

このゴムキャップですが使いやすい!AEGISシリーズ中最も開けやすく締めやすいです。
内蔵バッテリーのAEGIS MINIよりも使い勝手は上ですね。

開けやすいのに、閉めるときもすっとハマるだけでなく、しっかりとはまっている感覚があります。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

また、サイズも適切なので、付属品ではない一般的なサイズのmicroUSBケーブルも使用可能なのが嬉しいですね。

ゴムキャップを挿入する部分の周囲がくり抜かれているので、しっかり遠くまで挿入できるので全く問題なく使えます。

この使い心地であれば、別途バッテリーチャージャーを使うのよりも、本体充電を積極的に使おうと思える使い心地の良さです。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

バッテリーを入れるときは、本体底部からアクセスします。

ねじ式のバッテリーキャップには、バッテリーベントホールも設けられていて安全性に配慮しています。

バッテリーベントホールとは

電池は過電流などによりバッテリーへの負担がかかるとガスを発生させます。

何故この穴が必要かといえば、その際にベントホールからガスが逃げられるようにベントホールが必要です。

このようにベントホールが空いていないと、噴出したガスが内圧が高まり、ある一定の圧力にまで達すると逃げ場がないことによって炸裂(爆発)してしまいますので、そのような事故を防ぐための安全性に配慮した仕様です。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

このキャップには折りたたみ式のオープナーが内蔵されているので、別途ツールや硬貨などを用意する必要はありません。

オープナー部分を持ち上げるだけでツールいらずで開閉することができます。

オープナーは厚みのあるしっかりとした作り物ものなので、落として破損させない限り壊れることはなさそうです。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

ただ、キャップを強く締めすぎて外れない場合は、付属のツールをオープナーの隙間に通して開けることもできます。

この専用にコイルジグのようなツールが付属しますが、これだけのために持ち運ぶのもめんどうなので、精密ドライバーなどで代用することもできます。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

ねじ式バッテリーキャップの側面には、シリコンゴム製のパッキンが設けられていて防水性を確保しています。

バッテリーキャップの裏側にベントホールが貫通しているのか?と思いきやそうではありませんでした。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

バッテリーベントホールはシリコンパッキンの裏側に繋がっています。

これでしっかりとベントホールとして機能するのか?甚だ疑問ですが、ないよりはマシ程度なのでしょう。安全性を重視するのであればこのAEGIS SOLOに限らず、防水性を売りにしている機種は選択しない方が良いのかもしれませんね。

ただ「転ばぬ先の杖」ではあるものの、使い方を間違わなければバッテリーからガス噴出、なんてこのになはりませんので、そこまで気にする必要はないとも思います。

3年以上VAPEを楽しんできていますが、一度もガス噴出するようなシチュエーションにはなっていません。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

さて、バッテリー収納部にはキャップ側だけでなく、収納側にもバッテリー挿入方向のきさいがわかりやすく色分けされて入っています。

AEGIS SOLOには「バッテリー逆挿し保護」は搭載されていますが、事故防止のためにもバッテリー収納方向には気をつけましょう。

バッテリー収納部の内側は絶縁性のありフィルムで保護され、バッテリーのシュリンク破れによるショートを防ぐ仕様、なのですがバッテリー状態は収納の都度チェックするのはもちろんです。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

パネル部分はAEGISシリーズ共通で着脱可能です。

外しても交換用パーツが春ばいされているわけでもないので、特別何もないのですが、T6トルクスレンチを使って4本のネジを外すだけで簡単に外すことができます。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

パネルは樹脂製でした。
初期モデルでは金属製だったので重厚感がある反面重かったのですが、AEGIS SOLOは軽量にもこだわっているので、樹脂製となっているのでしょう。

素材的にチープになりがちなのですが、しっかりとペイントが施されて半分艶のある質感は安っぽくはない仕上がりです。

レザー部分は本体に接着されているので簡単に取り外すことはできませんが、自作派の人はカスタムにチャレンジするのも良さそうです。

アトマイザーのフィッティングと使用例

取り付け部に余裕があるので、大口径のアトマイザーをマウントできるのはもちろんですが、スリムなルックスのボディーは短いドリッパーから長いタンクにまでマッチします。

AEGIS SOLOの使い方

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

使い方は今までのAEGISシリーズ共通で、GeekvapeのテクニカルMODと同じ操作です。

  • 電源ON/OFF …パフボタン5クリック
  • サブボタンロック …サブボタン2つを同時長押しで操作無効
  • 液晶明るさ変更… パフボタンとサブボタン同時押し(どちらでも可 100段階調整)
  • ファームウエア確認… 電源OFF時にサブボタン2つを同時長押し
  • 設定初期化… 電源OFF時にファームウエア確認画面で全ボタン同時長押し

Geekvape製品に慣れている人なら、マニュアルなしでも簡単に操作できると思います。

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

それぞれのモードで設定可能な項目は以下の通りです。

  • モード選択 …電源ON時にパフボタン3クリック
    → サブボタンでモード遷移
    →モード変更時にパフボタンで移行しそれぞれ設定値変更可能です。
  • BYPASS抵抗値ロック可能
    POWER抵抗値ロック可能
    TC-NI抵抗値ロック、ワッテージ変更可能
    TC-SS抵抗値ロック、ワッテージ変更可能
    TC-TI抵抗値ロック、ワッテージ変更可能
    TC-TCR抵抗値ロック、ワッテージ変更、TCR値変更可能
    VPCP1~P5まで1Sごとのワッテージ設定が可能モード

感想

やっとでた!18650シングルバッテリーのAEGIS!

待ち望んでいた人が多いのではないでしょうか!

MINIが出た時点で「絶対18650シングルも出るやろ」と思ったものですが、案の定出てきました。

Geekvapeさん、商売上手ですね。

何故18650シングルがシリーズ最初でなかったのか?と疑問すら覚えますが…

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

期待通りというか、期待したままのやつですね。

むしろ変な色をつけずに、そのまま出してくれてありがとうなやつです。

まとめ

Geekvape AEGIS SOLO レビュー

レビューを読んでもらえばわかる通り、みんなが待っていたシングルバッテリーAEGISです。

それ以上でもそれ以下でもない。ちょうど良いやつですね。

性能は今までのAEGISシリーズそのままながら、サイズと搭載可能バッテリーが異なるバリエーションで、汎用性の高いバッテリーが使えるのが最大のメリットです。

サイズ感もちょうどよく、18650シングルバッテリーMODとしては若干大きめなものの、スリムで持ちやすく、携帯性も犠牲にしていません。

「シングルバッテリー版が出たら絶対買う!」といっていたみなさん、ポチるのは今ですよ!

コメント

  1. Ys より:

    はじめまして。いつも拝見しております。
    とても惹かれるmodなので早速購入したのですが3日ほどでアトマイザー不認識が発生し、返品交換をするも同じ症状が再現。調べたところgeekvapeフォーラムでも同様の報告が多数あるようです。(時期的にsolo以外の機種っぽいですが)

    https://www.geekvape.com/question/no-coil-detected/

    国内レビューサイトにはなかなか同様の情報がなく、もし症状改善の情報をお持ちでしたら是非ご紹介いただきたいです。

    • はじめまして、コメントありがとうございます。

      不具合が複数発生しているとの報告ありがとうございます。
      せっかく購入したのに悲しいですね…

      残念ながら当方が提供受けた個体での不具合は確認できておらず、改善策を持ち合わせておりません。
      こちらからメーカーに問い合わせてみますので、進捗があった場合は共有させていただきます。