AVE40
Vape Expo Japan 2018

【アトマイザー】HASTUR MTL RTA「ハスター・エムティーエル」 / Cthulhu クトゥルフ レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 29

Cthulhu HASTUR MTL RTA

Cthulhu クトゥルフのVAPEアトマイザー、HASTUR MTL RTA「ハスター・エムティーエル」のレビューです。

各社から次々にリリースされるMTL(タバコのような吸い方、口吸い,マウス・トゥ・ラング)に特化したRTA。
Cthulhuからは既にMTL RTAがリリースされていますが、今回はロングヒット作HUSTER RDAの名前を冠にした製品がリリースされました。

見た目と構造、そして味にこだわった製品!早速レビューしていきます。

商品提供:GearBest

VAPEアトマイザー Cthulhu/HASTUR MTL RTA のパッケージと内容品

Cthulhu HASTUR MTL RTA

いつもの民芸品感溢れるコンパクトなパッケージではなく、Cthulhuの独自性は残しつつも、モダンなデザインに昇華した新パッケージ。内容品が多いからか、今までのパッケージよりもサイズが大きいものが用いられています。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

背面には製品の説明とともに、製品偽造防止のスクラッチ式セキュリティーコードの入ったステッカーが貼られています。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

宝石や高級腕時計のようにヒンジ部分にバネが仕込まれており、バタンと開閉する高級感のあるパッケージの内側は黒で統一されています。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

内容品一覧

  • Cthulhu Hastur MTL RTA
  • 予備パーツ(ガラスチューブ、パッキン一式、デッキイモネジ)
  • ビルド用マイナスドライバー
  • 内径2mmドリップチップ(本体付属品は内径3.5mm)
  • エアフローパーツ一式
  • ユーザーマニュアル

Cthulhu HASTUR MTL RTA

ユーザーマニュアルは英語で記載されていますが、図解入りであり、アトマイザーの説明書なのでおおよそわかるように書かれています。

VAPEアトマイザー Cthulhu/HASTUR MTL RTA の詳細

Cthulhu HASTUR MTL RTA

Hastur MTL RTAは、MTL(口吸い・タバコ吸い)のために設計されています。
そしてそれはBrian N(CA、USA)によって設計されています。
交換可能な5つの空気抵抗(1.0mm、1.6mm、2.0mm、2.5mm、3.5mm)が付属しています。
余分な4つの空気抵抗はオプションです(1.2mm、1.4mm、1mm X 2、0.8mm X3)
。チャンバーのサイズを縮小するために大きなポスト。新しい簡単な補充システム。
2つの510ドリップチップ(エアホール直径:3.5mm&2.0mm)。
食品グレードの304ステンレス鋼。
容量3.5ml。

幅:24 mm / 0.94 インチ
高さ:43 mm / 1.69 インチ(ドリップチップなし)

Hastur MTL RTA is designed for mouth to lung and stricted lung hit vapers.
And it is designed by Brian N(CA,USA).
It comes with 5 swappable air flow resisters(1.0mm, 1.6mm, 2.0mm, 2.5mm, 3.5mm).
4 extra air flow resisters are optional (1.2mm,1.4mm,1mm X 2, 0.8mm X3)
Bigger posts to reduce the size of chamber.  New and easy refilling system.
Two 510 drip tips(airhole dia.: 3.5mm & 2.0mm).
Food grade 304 stainless steel.
3.5ml capacity.

WIDTH: 24 mm / 0.94 in
HEIGHT: 43 mm / 1.69 in (without drip tip)

Cthulhu/HASTUR MTL RTAのスペック

リキッド容量 3.5ml
直径 24mm
全長 43mm(ドリップチップ含まず)
ネジタイプ 510
ドリップチップ 510DT
コイル RBA シングルコイル
リキッドチャージ トップフィル
エアフロー ボトムエアーフロー
素材 ステンレススチール

Cthulhu公式サイトより

Cthulhu HASTUR MTL RTA

全長は約43.5mmとメーカー公称スペックよりも若干長めです。

Cthulhu/HASTUR MTL RTA の外見・デザイン

Cthulhu HASTUR MTL RTA Cthulhu HASTUR MTL RTA Cthulhu HASTUR MTL RTA

Cthulhuのロゴマークがチャンバーに入っているのを除けば、上品とも感じるエクステリアデザイン。細部の作りも良く、金属の質感は高級アトマイザーと比べてしまうと劣るものの、上質な製品と感じる出来です。

Cthulhu/HASTUR MTL RTAの分解

Cthulhu HASTUR MTL RTA

本体を大まかに分解してみました。写真左からドリップチップ / タンク /デッキ です。さらに細かく分解可能。

Cthulhu/HASTUR MTL RTAのドリップチップ

Cthulhu HASTUR MTL RTA

ドリップチップは2種類。内径の異なる同一デザイン・素材のものが付属します。取り付け部分は510規格で、汎用品に交換可能です。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

露出部の高さ9mm、外径11.5mm、内径3.5mm(口元で8.5mmまで拡散)

Cthulhu HASTUR MTL RTA

露出部の高さ9mm、外径11.5mm、内径2mm(口元で8.5mmまで拡散)

Cthulhu/HASTUR MTL RTAのタンク

Cthulhu HASTUR MTL RTA Cthulhu HASTUR MTL RTA

リキッドチャージはトップフィル。タンク上部のパーツを取り外してリキッドホールからリキッドを注ぎます。このパーツははめ込み式で、矢印部分の凹凸を合わせてはめ込み、回すことでロックします。

ロックの具合はそれなりに抵抗感があり、不意に開いてしまうことはなさそうです。

開ける場合はパーツ上部、ドリップチップはめこみ部を指でつまんで開閉できます。利便性と信頼性を感じるトップキャップの作りです。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

タンクを外してみます。外すと写真のようにガラスタンクがそのまま外れてしまうのでリキッド残量があるとデッキにアクセスできません。多少リキッドが漏れる前提でタンクと金属パーツをつまみながら外すこともできそうですが、数回試しましたがリキッドは滲んでしまいました。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

予備ガラスチューブはすりガラス。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

チャンバー部分はテーパードしてチムニーに向かっています。チムニーで絞られており、荒いミストを通さず、細かいミストを通すように厳選するようなデザインです。

Cthulhu/HASTUR MTL RTAのエアフロー

Cthulhu HASTUR MTL RTA

ボトムエアフローデザイン。コイルの下から空気を供給します。エアホールには調整用のエアフローリングが設けられ、無段階で取り込む空気量・ドローが調整可能です。

Cthulhu/HASTUR MTL RTAのデッキ

Cthulhu HASTUR MTL RTA

デッキはタンク中央に浮かぶようなデザインで、タンクの底から一段上がった位置にデザインされています。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

デッキ自体は2ポール4スレッドデザイン。コイルレッグの向きを考えずにビルドできるようにスレッドが設けられ利便性に考慮されています。デッキのポールはチャンバーを狭くするようにデザインされています。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

中央に見えるのがエアホール。ここから空気をコイルに供給します。そして両サイドにはジュースホールが設けられています。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

コイル固定部は斜めに溝が切られており、スレッドでコイルレッグを固定して行った時にワイヤーが逃げないようにデザインされています。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

このデッキデザインを初めてみた時にWotofo/SerpentSMMを思い出しましたが、ラウンドしたポール形状やスレッド周りのデザインなど独自性も感じる作りになっています。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

エアホールのホール径はオプションパーツに交換することで変更可能。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

組み込まれているものを付属のマイナスドライバーを用いて外すと、エアホールにはOリングが設けられていて、オプションのエアフローパーツがズレない仕様です。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

付属するのは5種類のパーツで、1.0mm、1.6mm、2.0mm、2.5mm、3.5mmのホールが空いており、好みのエアホール径に調整できます。

そして、メーカーによると別売りオプションパーツよって、さらに1.2mm、1.4mm、1mm X 2、0.8mm X3も選べるとのことですが、このパーツが販売されているのを見たことはありません。

このエアホールの仕様からわかるのは、DLから超タイトドローのMTLまでカバーするアトマイザーである、ということです。デッキのポール間隔、チャンバー容量的にも自由度はかなり高めです。

Cthulhu/HASTUR MTL RTAのポジティブピン

Cthulhu HASTUR MTL RTACthulhu HASTUR MTL RTA Cthulhu HASTUR MTL RTA

ポジティブピンはデッキ固定兼用で調整不可。提供品はハイブリッド接続に耐えうるほどに出っ張っていました。デッキはベース部分から取り外し可能です。

VAPEアトマイザー Cthulhu/HASTUR MTL RTA のビルド

Cthulhu HASTUR MTL RTA

デッキのワイヤー固定スレッドのイモネジは付属のマイナスドライバーで緩めることができます。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

今回はデッキのエアホールを1.0mm径にセットし、タイトドローのMTL運用に向けてビルドしていきます。今回はチタンワイヤー28G、3.0mm、6ラップ巻いています。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

3.0mm内径で巻いてもポールとの間にはこれだけの間隔があり、太線を3.5mmで巻いても余裕があります。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

ウィックのレッグはタンク底付近まで伸ばし、タンク底のリキッドまで吸い上げるように配慮しました。

Cthulhu HASTUR MTL RTA

VAPEアトマイザー Cthulhu/HASTUR MTL RTA をMODに載せてみた

Cthulhu HASTUR MTL RTA dicodes / dani box(18650single)

【テクニカルMOD】Dani Box「ダニ ボックス」(dicodes/ディコデス)レビュー
dicodes(ディコデス)のベイプMOD、Dani Box「ダニ ボックス」のレビューです。 手に入れてからしばらく...

Cthulhu HASTUR MTL RTA Smoant/Charon 218W Box Mod (18650dual)

【テクニカルMOD】Charon 218W Box Mod 「カロン」(Smoant/スモアント) レビュー
Smoant(スモアント) のテクニカルMOD、Charon 218W Box Mod 「カロン」のレビューです。 できればこのレビュ...

Cthulhu HASTUR MTL RTAEleaf/iStick Pico 25(18650single)

【スターターキット】 iStick Pico 25 with ELLO 「アイスティック ピコ25 ウィズ エッロ」(Eleaf/イーリーフ) レビュー
Eleaf(イーリーフ)のVAPEスターターキット、 iStick Pico 25 with ELLO 「アイスティック ピコ25 ...

VAPEアトマイザー Cthulhu/HASTUR MTL RTA のまとめ

Cthulhu HASTUR MTL RTA

DLからMTLまで!汎用性が高く、デザインも良いRTA!!

ビルドの項目ではタイトドローのMTL向けにビルドしました。このビルドで温度管理したところ、かなりハイレベルに美味しいです。製品名にMTLとつくのは伊達じゃないな、という印象。

そして、エアホールや各部の仕様からDLでもいけそうなので、エアホールを3.5mmに交換し、24Gで巻いてみましたがこれでも美味しい。どちらもかなりハイレベルの美味しいです。

ビルドも簡単で運用も良好。あえて言えば直径が24mmなのと、タンクの構造上、リキッドが残っているとデッキにアクセスできないのが減点ですが、これはスマートな見た目と、全長を抑え、リキッド容量を確保するのとトレードオフになっているように感じます。

MTLと名前にあるのにもかかわらず、DLでも美味しい優れた製品でした。

こちらから通販できます!!

→ Cthulhu Hastur MTL RTA  [GearBest]

その他販売店情報

ブログ村ランキング



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スポンサーリンク