WISMEC

【アトマイザー】Kayfun V5 RTA「ケイファン・ファイブ」/ SvoëMesto スヴォエメスト  レビュー

この記事は 約7分で読めます。

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

SvoëMestoのアトマイザー、Kayfun V5 RTA「ケイファン・ファイブ」のレビューです。

最初に言っておきます。

このアトマイザー、かなり良いです!!

購入してからずっと使用しており、レビューのために写真を撮るのも惜しいぐらい使い込んでおりました。

 

意を決して撮影しましたので早速レビューしていきます。

 

スポンサーリンク
べプログショップ

Kayfun5のスペック

直径22m
全長60mm 本体のみ
重さ65g
リキッド容量ステンレスタンク 5ml , ガラスタンク 4ml
ネジタイプ510
ドリップチップ510
リキッドチャージトップフィル
コイルRBA シングル
エアフローボトム
素材本体  ステンレス 316L
タンク  ステンレス 316L , クォーツガラス
 Silver

・シングルビルドのRBAアトマイザー。
・精度の高い仕上がり。made in Germany

 

 

Kayfun5のパッケージング

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

パッケージングはかなりシンプル、コンパクト。貼り箱ではない普通の化粧箱ですが、開封部にステッカーによる封印が施してあり、

高級感を感じるパッケージングです。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

箱を開けるとまた箱が。箱のなかに2つの箱が入っています。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

本体と付属品が別々に収納されています。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

開けてみます。付属品は

・Kayfun 5本体
・アンチヒートPOM-Cドリップチップ
・クォーツガラスタンク
・ステンレスタンク
・予備Oリング
・予備ネジ

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

ステンレスタンクは運用的にもルックス的にもボクは使わないと思いますが参考までに撮影しました。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

仕上がりはかなり良いです。質感がかなり良く、高級品だなぁと所有欲を満たしてくれます。

 

 

 

 

Kayfun5の詳細 細部を見てみる

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

開封後、早速ガラスタンクに交換します。やはり、このルックスですね!運用的にもリキッド残量が見えたほうが良いですよね。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

ドリップチップとチムニーにSvoëMestoメーカーロゴがエングレービングされており、この質感も高級感を感じます。

 

 

 

早速分解していきましょう。

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

おおまかに分解するとこのようになります。6パーツに分解でき、ベースパーツはさらに分解可能です。

 

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

分解した各パーツを並べてみます。写真からもわかるこのクオリティ!クオリティ高い製品は撮影の時もテンション上がります!

 

 

上部のパーツから順番に見ていきましょう。

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

ドリップチップも専用品が付属するのが嬉しい所。内径はおよそ5.5mm。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

ドリップチップにはSvoëMestoメーカーロゴがエングレービングされており、高級感を感じます。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

アンチヒートPOM-Cドリップチップと名前が付いているドリップチップは、2ピース構造。

下がステンレス、上はナイロン?デルリン?ネジ式になっており外すこともできます。

 

 

ドリップチップとトップパーツをネジって外すとリキッドチャージホールがお目見え。

楽々リキッドチャージできるトップフィル方式を採用しています。

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

チャージホールは7つ空いており、エアホールは一段高くなっているので、ラフにリキッドを入れても下のタンクに落ちるようデザインされています。

 

 

次にチムニーパーツを見てみましょう。

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

美しい仕上がりのチムニーパーツ。このチムニーパーツ、ジュースコントロール機能も兼ねています。

 

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

チムニーパーツをねじることで開閉できます。この写真は全閉状態。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

この写真が全開状態です。このジュースホールは全部で6箇所、等間隔に空いており、コットンにリキッドを供給します。

ジュースコントロールが付いているアトマイザーは初めてですがかなり便利ですね!

これで持ち運び時などのリキッド漏れの心配も減ります。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

はDT側はかなり内径が細くなっており、その手間はテーパーしているのがわかります。

 

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

チムニーパーツを内部から見てみます。この仕上げもかなり綺麗ですね。

 

 

チムニーパーツとデッキパーツを並べておいて見ます。こう見ると、リキッド発生部の空間がかなり狭いことがわかりますね。

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

 

 

最後にデッキパーツです。

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

下部にエアフローがあります。デッキ部分はかなり小さいですね。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

中央部のスリットとチムニー部のジュースコントロールが合うことで、スリットにリキッドが供給され、そこからは縦に開いているホールで、

デッキまで圧力差にとってリキッドを供給するシステムです。

 

最初どういうことか全くわかりませんでした。

チムニーとデッキパーツはOリングで密着しているので、開いている場所はこのスリットだけ。スリットまでリキッドが供給されても

デッキまでリキッドいかないよね?と思ったのですがそういうことみたいです。

この仕組を考えた人、すごい!

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

デッキパーツ下部にはエアフローコントロールリングがあり、ジュースコントロールが開いている状態で、このリングを引っ張りあげると写真のような

印が彫ってあります。●ひとつから4つまで彫ってあり、目当てのところで、エアフローコントロールリングのスリットを合わせ

引き下ろすことでエアフローを好みに調整することができます。

 

このエアフローコントロールリングの感触も、精密な機械を触っているようで質感高いんですよね。

 

 

続いてデッキ部分を見てみましょう。

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

デッキはシングル前提。真ん中のホールがエアフローホールで、コイルにエアーが直接当たる設計になっています。

かなり味でそうなデッキですね。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

デッキの底面にはブランドロゴのプリントロット番号?

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

ポジティブピンは調整不可。調整可能に思えですが、緩めるとベースパーツが分解してしまいます。

 

 

さて、ベースパーツを分解してみます。

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

分解はポジティブピンをマイナスネジで回してやります。これはすんなり回ってくれました。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

分解すると底部のパーツが取れます。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

そしてエアフローリングも取れます。これ以上は分解することはないでしょう。デッキ部はさらに分解できると思います。

 

 

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

 

 

ビルドしてみます

さて、早速ビルドしてみます。

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

必要な物はこれぐらいで大丈夫ですね。今回はカンタル26ゲージで巻いていきます。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

2.5mm 6ラップで0.7Ω程度を目標に巻いてみます。

 

これ、最初に言っておきます。

ビルドめちゃくちゃ簡単です!!

 

構造が本当に良い!簡単すぎて笑っちゃうので、初心者にも本当にいいと思います。

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

コイルをあてがう前にネジを外れない程度に緩めておきます。

 

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

簡単な理由がここ!ネジの周りにガイドがあるんです。ここにワイヤーを通すんですよ。

やってみればわかりますがこれ、非常に便利。

 

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

通したワイヤーを反対側まで半周グルッと巻いてやり、ここでネジを仮止め。

はい、めちゃくちゃ簡単です。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

反対側の足も止めてやり、ここで切断します。

これ、半周巻いてやらないと、コイルの足がチムニーパーツと接触してショートします。

特にポジティブ側は半周巻きましょう。簡単ですから。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

取り敢えずこんな感じで巻けました。コットンをリキッドホールに付けたいので、コイルは真横向けましょう。

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

MODで焼き入れて、0.77Ω。良いのではないでしょうか。

 

 

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

コットンウィックはこのように。

割と量は少なめで、底のリッキッドホールにつくようにすればOKだと思います。

 

 

使ってみます

 

チムニーパーツを取り付ける前にリキッドを供給しておきます。

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

 

チムニー、ガラス等を取り付けてトップフィルでリキッドチャージします。

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

ここで注意!

ジュースコントロールは全閉でリキッドチャージしましょう!

トップまで全て閉じた状態だと漏れることはありませんが、空いた状態だとダダ漏れします。

数回ベチャベチャにしました…

 

Kayfun5のまとめ

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

吸ってみます。

濃厚、そして上品。チェーンしてても熱くならない。

これはいいわ。おいしい。

これが良いRTAか!!

 

ええ、めちゃくちゃおいしいです。

 

そして全長が長いせいか、ドリップチップをオールステンのものに変えても熱くならないですね。

 

このアトマイザーかなり良い!良い点がいっぱいです。

 

・仕上がりがかなり良い。ルックス。
・味がかなりおいしい。甘さがかなりです。
・漏れない。放置してもコットンワークが問題なければ放置しても持ち運んでも漏れない上に、ジュースコントロールも。
・ビルドが楽。シングルの中でもかなりやりやすい。

 

 

ネガティブな部分としては

・全長が長い(60mm)

これぐらいではないでしょうか。

 

 

これは普段使いにも便利ですね!!

お気に入りのリキッドを入れていつも持ち運びましょう!!

 

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

 

ちなみにレビューはまだ少し先ですが

【アトマイザー】「Kayfun V5 RTA」(SvoëMesto)  レビュー

ドイツ&ドイツ

dicodes買っちゃいました!!これも良い!!

かなりメニューの中身が多いのでまだ使い切れてない感があるのでこれは後日レビューいたします。

 

 

 

入手するには

ボクは実店舗で購入しましたが、今はネット通販でも購入できるようになっていました!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
RTA
スポンサーリンク
べプログショップ
VAPE Circuitをフォローする
VAPE Circuit|初心者のための電子タバコ レビューブログ