HiLIQ

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 27

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

KHW MODSのVAPEアトマイザー、Dvarw RTA MTL Tankのレビューです。

名前の通りMTL 口吸い・タバコ吸いに特化したリブルタブル タンク アトマイザーです。
マスプロダクツではなく、少量生産の「ハイエンド」と呼ばれる部類の製品ながら、比較的お求めやすい価格も魅力です。

それでは詳細をレビューしていきます。

VAPEアトマイザー  KHW MODS/Dvarw MTL RTA のパッケージと内容品

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー 【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

プラスチック製で、製品を保護することと、コンパクトさに重きを置いた簡易的なパッケージング。製品名が入ったステッカーには手書き文字にてシリアルナンバーが入っています。購入した製品は100番台の製品でした。

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

付属品一覧

  • Dvarw RTAアトマイザー本体
  • ドリップチップ
  • 予備Oリング一式
  • 予備ネジ2本
  • 六角レンチ

内容品もシンプル。予備パーツが一式で入っているのはありがたいですね。また、メーカー公式サイトでは予備パーツを含め、オプションパーツも販売されています。

VAPEアトマイザー  KHW MODS/Dvarw MTL RTA のパッケージと内容品

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

KHW MODSはハンガリーのメーカーで、そのメーカーがリリースするMTLに特化したRTAがこのDvarw MTL RTAになります。

KHW MODS/Dvarw MTL RTAのスペック

リキッド容量 5ml
直径 22mm
高さ 38mm
重さ 43g
ネジタイプ 510
ドリップチップ 510DT
コイル RBA シングル
リキッドチャージ ボトムフィル
エアフロー ボトムエアーフロー


KHW MODS公式サイト
より

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

全長はメーカースペックに近い38mm程度(ドリップチップ、510スレッド含まず)

Dvarw MTL RTAの外見・デザイン

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー 【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

シンプルすぎるデザイン。飾り気のない外見に、筆者が購入したパッチではボトム部分に”Dbarw MTL”の刻印が入っていました。外見のクオリティは購入以前に見ていた写真より高く思え、仕上がりも丁寧ですが、マウスピースをつけないと本当にただの円柱形状なので、デザイン的にトップ部分などに工夫が欲しかったとも思います。

Dvarw MTL RTAを分解してみました

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

大まかに分解しました。左からドリップチップ / タンク / チャンバー / デッキ です。
タンク,チャンバー,デッキはさらに分解可能です。それでは各パーツの詳細を見ていきましょう。

Dvarw MTL RTAのドリップチップ

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

全長の長いテフロン製ドリップチップが付属します。機能的に厳選したものを付属させているとは思いますが、外見が良いとは決して思えないため、交換してしまう人がほとんどだと思います。

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

露出部の全長17mm。外径9mm。内径5mm。

Dvarw MTL RTAのタンク

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー 【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

タンクは3つのパーツで構成されています。メインパーツであるポリカーボネイト製チューブを上下金属のパーツで挟み込む構造です。

タンクの素材が樹脂、ポリカーボネートなので入れるリキッド、特にリモネンを含む柑橘系リキッドではクラックが生じるため、メンソールなどタンク攻撃性の強いリキッドを用いる場合はオプションのウルテム製タンクを同時に購入するのが良いでしょう。

Dvarw MTL RTAのリキッドフィル

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

タンクの構造からも見てわかる通り、リキッドはボトムフィリンで、一昔前の構造です。リキッドチャージはトップフィルに比べて面倒ですが、パーツ点数が少なく済むので全高を抑えられるメリットがあります。見た目にこだわりがあったのかもしれません。

Dvarw MTL RTAのミスト発生部

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

デッキからタンクを外すと、デッキにはチャンバーパーツが残ったままになっています。このチャンバーはOリングのみでデッキにはまっており、2つのパーツから構成されています。

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

スリーブとトップパーツから構成されています。かなり背が低く、ミスト発生部の容量が小さいことがわかります。トップはテーパードしており、空気の流れを考慮しているようなデザインです。

Dvarw MTL RTAのデッキ

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー 【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

デッキはシンプルな2ポール2スレッドデッキ。基本的にシングルコイル前提のデッキになります。中央にはボトムエアフローのエアホールが設けられ、コイルに直接エアーを供給します。

Dvarw MTL RTAのエアフローデザイン

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

エアフローはデッキ下から空気を取り込むボトムエアフロー。エアホールには調整用のエアフローリングは装備されていません。その為、ドロー調整は簡単には行うことができません。

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー 【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

購入時にデッキ部分には直径1.2mmのエアホールパーツが装備されており、ドローの重さを調整するにはオプションパーツを購入する必要があります。オプションパーツのバリエーションは以下の通り。

Dvarw MTL RTA AFC kit (1.5mm , 2.0mm , 2.5mm)
Dvarw MTL RTA 0,8mm AFC insert (0.8mm)

今回、3種類のパーツが付属するキットを購入しましたが、筆者は初期状態で付属する1.2mmホールで満足してしまい、そして変更するにしてもこのドローより軽くする方向へは変更しないと思われます。

Dvarw MTL RTAのポジティブピン

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー 【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

ポジティブピンはデッキ固定兼用のため調整は不可能です。

Dvarw MTL RTAのデッキを分解する

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー 【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

デッキを分解してみると、デッキに使われている5本のネジ(ポジティブピン,デッキネジ,エアフロー固定,デッキ固定)は共有のネジです。汎用性のある作りで、一本の六角レンチのみで分解可能な利便性と、ネジ紛失時にも予備パーツ2本で対応可能な実用的なデザインです。

VAPEアトマイザー KHW MODS/Dvarw MTL RTA のビルド

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

ビルドです。ビルド前に空吸いしてみるとドローはそれなりにタイト。できることならもう若干絞っても良いかな?というレベルです。ただし、0.8mmホールではタイトすぎると想像したため購入はしませんでしたが、DIYで1.0mmホールを開ける前提で購入してもよかったかもしれません。

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

今回は温度管理ワイヤーでビルドしていきます。Titan 25ゲージ , 2.5mm , 5ラップ

何度かビルドしましたが、ポール間隔的に内径3.0mmが限界である印象でした。筆者としては2.5mmがバランス良いと感じます。

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

コイル位置はボトムエアフローのセオリー通り、エアフローにできる限り近づけます。

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

コットンはNative Wicksを使用します。

【コットン】NATIVE WICKS 「ネイティブウィックス」 (PLATINUMBLEND)  レビュー
こんにちは!HIROです! 最近はコットンのを色々試しています。 コットンで味が変わるのか? 「変わります。」 ...

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

ウィッキングはまずバンザイさせたのちにチャンバーのスリーブのみを取り付けます。その後ほどほどの長さにウィックレッグを切断。

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

そのあとは程よくホールを塞げるようにウィックを折り畳んで収納してやります。あまり詰めすぎずにふわふわな程度で漏れもせず、供給が釣り合う程度でした。

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー

リキッドはボトムフィルなのでタンクを外してチャージし、その後デッキを取り付ければ使うことができます。

VAPEアトマイザー KHW MODS/Dvarw MTL RTA のまとめ

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビュー Eleaf / ASTER (18650シングル)

【テクニカルMOD】ASTER「アスター」(Eleaf イーリーフ)レビュー
iStick Picoが大ヒットしたEleafから新しいMODがリリースされました。 Eleaf ASTER テクニカルMOD...

【アトマイザー】Dvarw RTA MTL Tank / KHW MODS レビューEleaf / iStick Pico 25 (18650シングル)

【スターターキット】 iStick Pico 25 with ELLO 「アイスティック ピコ25 ウィズ エッロ」(Eleaf/イーリーフ) レビュー
Eleaf(イーリーフ)のVAPEスターターキット、 iStick Pico 25 with ELLO 「アイスティック ピコ25 ...

リキッド容量(5ml)とビルドの楽さの利便性

このタンクの評価はここに尽きると思います。タンクの容量が大きいにもかかわらず、直径22mmの汎用性の上に、全高が抑えられ、ほどほどの価格でルックスが良い。

そしてオプションも豊富で、より全高を抑えたいのであれば2mlという選択肢もあります。

なおかつビルドが簡単で、漏れずに、味も程よい。
味は特化しているというよりもバランス型で、RTAの王道的な間接的かつ柔らかく細かいミストを楽しめます。

運用の楽さと安定感、そして利便性は重要!ガンクがたまりにくいリキッドの常用タンクとして非常に優秀です。

国内での取扱店は少なく、納期的にも価格的にも基本的にKHW MODS公式サイト (https://www.khwmods.com/)から購入するのが良いでしょう。

ブログ村ランキング



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スポンサーリンク