HiLIQ

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

Cthulhu(クトゥルフ) のベイプアトマイザー、MTL RTAのレビューです。

多数のアトマイザーをラインナップするmade in CHINAブランド。
コストパフォーマンスに優れた製品を多数リリースしています。当サイトでも過去に製品レビューを行なっていますのでそちらも合わせてご覧ください。

【アトマイザー】GAIA RDTA「ガイア・RDTA」 (CTHULHU クトゥルフ) レビュー
今回レビューするのは、CTHULHU(クトゥルフ)のアトマイザー、GAIA RDTA「ガイア・RDTA」です。 CTH...
【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー
CTHULHU(クトゥルフ)のベイプアトマイザー、AZATHOTH RDA「アザトース」のレビューです。 24mmサイズ、基本...

そして本製品、MTL RTAはその名の通りMTL(マウス・トゥ・ラング/タバコ吸い/口吸い)に最適化されたRTA(リブルタブル・タンク・アトマイザー)です。

それでは詳細を見ていきます。

商品提供:GearBest

VAPEアトマイザー Cthulhu/MTL RTA  のパッケージと内容品

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

プラスチックの簡易的なパッケージング。しかし、100円均一感はないのはオリジナルのステッカーやなどでデコレートされているから。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

背面には内容物やスペックなどが記載されています。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

前面にはオーセンティック製品照明のQRコード入りステッカーが貼られています。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

内容物は専用の形状にカットされたスポンジに守られ鎮座しています。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

内容品一覧

  • MTL RTAアトマイザー本体
  • ドリップチップ(内径3mm,5mm)
  • 予備パーツ(ガラスタンク、Oリング一式、ネジ)
  • エアホール縮小ネジ(1.2mm, 1.6mm, 3mm)
  • ビルドツール(プラスドライバー)

必要最低限のものが入ったミニマムなパッケージ内容。プリメイドコイルやコットンなどは同梱されていないので別途用意する必要があります。

VAPEアトマイザー Cthulhu/MTL RTA  の詳細

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

made in CHINAのVAPEデバイスメーカー、Cthulhu(クトゥルフ)は多数のアトマイザーをリリースしており、今回のMTL RTAはその名の通り、MTLユースのアトマイザーです。

それに合わせた仕様を持ち、サイズもコンパクトで見た目も上々と使い勝手が良さそうなタンクです。

Cthulhu/MTL RTAのスペック

リキッド容量 3ml
直径 24mm
全長 39mm
※ドリップチップ含まず
ネジタイプ 510
ドリップチップ 510DT
コイル RBA シングル
リキッドチャージ トップフィル
エアフロー ボトムエアーフロー
Silve , Black , Gold

CTHULHU公式サイトより

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

クトゥルフ (Cthulhu)は神話に登場し、タコに似た頭部とイカのような触腕を無数に生やしているのが特徴。そのモチーフをタンク内のチャンバーにプリントしています。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

全高は37.7mm程度(取付部の510スレッド、ドリップチップを除く)

Cthulhu/MTL RTAを分解しました

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

タンクなのでパーツ総数は多めです。大まかに分解すると、このようなパーツ構成になります。左からエアフローリング/デッキ/タンク/トップキャップ/ドリップチップ。

デッキとタンクは更に分解可能な構造になっています。

Cthulhu/MTL RTAのドリップチップ

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

ドリップチップは2種類付属。樹脂製で色違うのドリップチップの仕様はそれぞれ異なり、主に内径が異なります。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

黒のドリップチップは内径が細く絞られたタイプ。高さ8.5mm(取付部含まず)、外径11mm、内径3mm。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

赤のドリップチップが最初からアトマイザーに取り付けられているもの。高さ8.5mm(取付部含まず)、外径11mm、内径5mm。

Cthulhu/MTL RTAのリキッドチャージはトップフィル

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

リキッドチャージは便利なトップフィル方式。スレッド式のトップキャップを回し外すと、スポイトボトルでも問題なくリキッドチャージできる大きなリキッドホールが備えられています。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

タンクは単体で保持するタイプなので、逆さまにして外せば、タンクにリキッドが残っていてもデッキにアクセスできます。
リウィッキングやコイルのリビルドも容易にできるので非常に重宝します。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

タンクを分解すると、ベース/ガラスタンク/トップの3ピースに分解可能。ガラスタンクはスペアも付属します。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

チャンバーのトップは2段階にテーパードしています。

Cthulhu/MTL RTAにはジュースコントロール搭載

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

タンクはスレッド式でデッキとドッキングします。ジュースの供給は両側に設けられた同形状のジュースホールから供給されるので、このホールの合わせ方でジュースコントロールが可能。全閉にすることで持ち運び時などの漏れを防げる仕様を搭載しています。

Cthulhu/MTL RTAのエアフローはボトムエアーフロー

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

エアフローはデッキ下、コイル下からエアーを取り込むボトムエアフローを採用。そのエアホールはエアフローリングで無段階に調整することが出来ます。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

このエアフローリングはデッキにOリングを介してはまっているだけなので、クリーニング時などは外すことが可能です。MODに取り付ければ、アトマイザーとMODで挟む形になるので外れることはありません。

Cthulhu/MTL RTAのデッキ構造

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

デッキはスタンダードな2ポールデッキで、基本シングルコイル前提のデッキデザインになっています。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

中央にはエアホール。コイル下からダイレクトにエアーを供給します。写真上下にはジュースチャンネルが設けられています。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー 【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー 【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

ポールには独特な切込みが入っていてこれがビルド時に活躍します!これはビルドの項目で説明しますが、これが非常に便利です。

そしてエアホール径を小さくするパーツも付属します。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

イモネジに 1.2mm, 1.6mm, 3mm 3種類のホールが開いたパーツが付属。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

好みのエアホール系に調整可能です。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー 【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

ポジティブピンはデッキ固定兼用で調整不可能ですが、かなり出っ張っています。

VAPEアトマイザー Cthulhu/MTL RTA  をビルドしてみました。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

それではビルドです。MTL仕様のタンクなので控えめなビルドをしていこうと思いますので今回はカンタル26ゲージ 2.5mm 7ラップ巻いていきます。

そこまでタイトフローは好みではないのでエアホール系は3.0mmにセットしました。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

コイルレッグはデッキの切込みに添わせてこのように流すだけ。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー 【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

その後このポイントでニッパーを用いてカットすれば、切断面がタンクに触れないので短絡の心配がありません。非常に楽ですね!

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

コットンにはNativeWicksを用いました。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

ジュースチャンネルに乗せる程度にウィックレッグをセットすればビルド完了です。

VAPEアトマイザー Cthulhu/MTL RTA  を使ってみました。

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー YOSTA/Livepor 160W(18650 Dual)

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー aspire/NX100(26650 Single)

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビューEleaf/iStick QC 200W(内蔵リポバッテリー)

◎価格
$40以下のコストパフォーマンスに優れた製品です。
提供先ショップではさらにディスカウント価格で入手可能です。

◎見た目とクオリティ
ミドルサイズのハイトで、機能を考えれば十分にコンパクト。
チャンバー部のCTHULHUエングレービングを除けば刻印やロゴなども入らないシンプルなデザインで、MODとのマッチングも悪くありません。
しかし、MTLユースでこのデッキサイズであれば、リキッド容量を犠牲にしてでも、22mmサイズでもよかったのではないかとも個人的には思います。

クオリティは全体を通して高く、エッジは面取りされており、素手で分解しても指を切ることはありませんでした。スレッド周りの精度にも問題は感じられません。

◎機能面と運用性
現在考えられる全ての機能が搭載されたRTAです。
ジュースコントロールまで搭載されていて、方式は最適とはいえないものの十分に機能を果たします。

運用性も良く、リキッドがタンクに残っていてもデッキにアクセス可能で、コイルもシングルコイルビルド。ウィッキングも楽で、コツはあまり要らず、長期放置でも伝い漏れも発生しませんでした。

◎ドロー
名前の通りMTLユースのRTAです。
デッキ部のエアホールをイモネジで調整可能なので、DL可能な軽いドローでも運用可能ですが、真価を発揮するのはタイトドローだと思います。

◎その他
筆者はこのアトマイザーの構造がKayfun5汎用機に感じられます。色々なRTAの良いところを参考にデザインされた印象で、デッキ構造やタンク、供給などに違いはあるものの、チャンバー構造やトップデザインなどに共通点があり、味に違いはあるもののかなり参考にして作られたことは間違いないように思えます。もちろんクローンとは全く異なる製品ですし、異なる部分も多々あります。良い悪いではなく、コスパに優れた汎用機でもここまでの構造のものがでてきたのだな、と思いました。

VAPEアトマイザー Cthulhu/MTL RTA  のまとめ

【アトマイザー】MTL RTA (Cthulhu/クトゥルフ) レビュー

名前通りMTLユースに最適化されたRTAです。

好印象なのは各種機能(ジュースコントロール、ドロー調整、タンクの構造、トップリキッドフィル)が搭載され、運用やビルドも楽な点です。

唯一イマイチなのが、MTLユースでありながら、サイズが直径24mmであること。

これは、全高を抑えつつ、リキッド容量を大きくしたい設計思想によるもので、22mmサイズだとそれこそKayfun5のように全高が高くなってしまうからでしょう。しかし、最近は24mm以上のサイズのアトマイザーが増えたので、対応するMODが増えたのであまり問題ではないかもしれません。

ウィッキングも簡単で、伝い漏れなどのリキッドリークも発生しづらいので、タバコから移行したVAPEユーザーの初めてのRTAとしてもオススメできるアトマイザーです!!

通販はこちら!

→ Original Cthulhu MTL RTA   [GearBest]

その他販売店情報

ブログ村ランキング



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スポンサーリンク