【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 19

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

CTHULHU(クトゥルフ)のベイプアトマイザー、AZATHOTH RDA「アザトース」のレビューです。

24mmサイズ、基本デュアルコイル前提のドリッパーアトマイザーですが、シングルコイルにも対応しており、エアフローもボトムとサイド2箇所設けられている調整幅が魅力です。

シンプルな外見にも好感が持てます。それでは早速レビューしていきます。

商品提供:GearBest

VAPEアトマイザー CTHULHU/AZATHOTH RDA のパッケージと内容品

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

より民芸品感が強調されたパッケージデザイン。ふさふさまでついてもうそういう方向性なのでしょう。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

ふさふさは実用的!パッケージを開閉するノブになっています。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー 【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

あら、古銭的な留めまでついちゃってます。何を目指しているのか?製品イメージとはあまり関係ないように思えるのですが。。。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

内容品一覧

  • AZATHOTH RDAアトマイザー本体
  • 予備パーツ(Oリング、イモネジ)
  • BFピン
  • ビルドツール
  • カード

VAPEアトマイザー CTHULHU/AZATHOTH RDA の詳細

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

CTHULHUがリリースするベイプアトマイザー、AZATHOTH RDAは24mm大口径のドリッパーです。自分でワイヤーからコイルをビルドするタイプで、デュアルとシングルコイルに対応、ドリップチップも810/510DTどちらにも対応し、汎用性が高いように思えます。

外見は相当違いますが、エアフロー的にもデッキ的にも同メーカーのGAIA RDTAのドリッパー版のようにも思えます。そちらは過去にレビュー済みですので過去記事をご覧ください。

⇒ GAIA RDTA「ガイア・RDTA」 (CTHULHU クトゥルフ) レビュー

AZATHOTH RDAのスペック

直径 24mm
高さ 26.5mm
ネジタイプ 510
ドリップチップ 810DT/510DT(アダプター付属)
コイル RBA デュアルコイル/シングルコイル
エアフロー ボトムエアフロー&サイドエアフロー
素材 Stainless Steel
BF対応 ○ BFピン付属
Silver , Black

CTHULHU公式サイトより

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

つるっとしたデザインに、ドーム状のトップキャップ。ウルテムのような色のドリップチップが良い印象です。ウルテム系の樹脂、特別感のあった素材ですが、最近は猫も杓子もウルテムウルテム。様々な製品に採用されています。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

全高は26.6mm(ドリップチップおよび510スレッド含まず)、背の低さが良い感じのコンパクトさです。

分解してみました

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

ざっくりと分解してみると、写真左からデッキ/トップキャップ下/トップキャップ上/ドリップチップに分解でき、デッキはさらに細かく分解できます。

トップキャップは2ピース構造ですが、これは後の項目で紹介します。

ドリップチップ

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

ドリップチップは基本ハーフインチ(810DT)規格で、トップキャップ側にOリングが設けられています。付属のドリップチップは樹脂製ワイドボアタイプで、このアトマイザーが爆煙タイプであることを表しています。

そして、510DTアダプターも付属するので、好きな510ドリップチップを接続することも可能です。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

ウルテムのようなカラーのドリップチップ(素材は不明)

全高8mm(取付部含まず)、内径10mm→13.5mm(途中で急激に広がるタイプ)

トップキャップとエアフローシステム

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

前出のGAIA RDTAのように、ボトムフローとサイドフロー、2箇所のエアホールが用意されていて、好みの味を追求できる仕様であり、全開にすることでより高い熱量のコイルで、多くのミストを発生させる事ができるようになっています。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

サイドフローはスクリュー式キャップで調整可能。キャップにはOリングが用いられていて、適度な力で調整できるようになっており、勝手に回って緩んだりしにくい構造になっています。

サイドフローは2箇所のエアホールが同時に開く仕様になっています。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

ボトムエアフローは、キャップと同型に空いたデッキのエアホールとの合わせ具合を調整することで、ドロー調整を無段階に可能にしています。

そして、キャップには3箇所エアホールが空いており、デッキ側のエアホールを片側1つ開く運用も可能で、シングルコイルビルドにも対応しています。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

キャップ裏は今流行りのドーム形状になっています。

デッキ

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

デッキは変形タイプで、2ポール4スレットデッキ。コイルレッグの高さの違いをデッキで吸収できるよう、外側2箇所と内側2箇所のスレッドの高さが異なるタイプ。コイルレッグノカタチを整える必要が無いため、楽にビルドできます。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

スレッドはマイナスネジ頭のイモネジが用いられています。画像上下にはオーバル型のボトムエアフローエアホールが設けられています。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

ジュースホールは深く、多くのリキッドを保持できそうです。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー 【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

ポジティブピンはデッキ固定兼用で調整不可です。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

BFピンに交換することでボトムフィーダー対応アトマイザーとして使用可能。ネジは正ネジで、マイナスドライバーで着脱可能です。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

ポール部分からチャージされ、デッキのジュースウェルより高い位置にあるため、ウェルにジュースが保持でき、BFボトルにリキッドが戻らない仕様になっています。

VAPEアトマイザー CTHULHU/AZATHOTH RDA をビルドしてみました

さて、ビルドです。デッキ構造の違いはあるものの、エアフロー構造、キャップ構造ともGAIA RDTAとほぼ変わらないので、同じよようにビルドしていこうと思います。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

付属のビルドツールも充分実用に耐えましたので、別途マイナスドライバーを用意する必要はなさそうです。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

ワイヤーはカンタル24ゲージ、3.0mmで6ラップ巻いていきます。

ビルド時に気がついたのは太線でもビルド可能にするためか、コイルレッグ固定部がオープンになっていますが、ベロシティのように輪っかになっているものに比べて若干組みにくく感じますが、慣れの問題でしょう。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー 【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー 【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

GAIA RDTAの記事のビルド同様、基本ボトムエアフローを活かしたビルドにしてみました。しかし、GAIA RDTAと違い、リキッドチャージホールを気にする必要が無いため、中央寄せのコイルビルドでもいけるメリットがあります。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー 【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

コットンにはFIberFreaks CottonBrendを使用。

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

ボトムエアフローにコットンが触れると伝い漏れするため注意してウィッキングしました。

VAPEアトマイザー CTHULHU/AZATHOTH RDA を使ってみました

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー aspire NX100 (26650シングル)

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー Eleaf iStick Pico 25(18650シングル)

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー Limitless LMC BOX MOD(18650デュアル)

◎見た目とクオリティ
民芸品的なパッケージデザインとは違い、シンプルなルックス。
外見上ロゴやエングレービングが入っていない主張の無さ。その為、MODとのマッチングを考える必要が無いと思えます。

キャップやドリップチップ取付部のクリアランス、エッジ部の面取り、デッキの仕上がりなど実用的なクオリティも充分です。

対して、ルックス的な部分の塗装の仕上がりはあまり高級感があるとは思えない仕上がりです。

◎価格
定価$35程度。提供先ショップではディスカウント価格で購入可能です。

◎機能面、運用性
ビルドのやりやすさには課題が残ります。太線やクラプトンを難なく巻けることを重視したせいか、単線の細線の固定時に、若干コイルレッグが逃げるのを抑える必要があり、気を使います。

運用面はBF対応もしており、ジューぅウェルの保持量も充分です。

◎ドロー
デッキ構造など一部を除き、GAIA RDTAのデザインを踏襲している為、それと同様にMTL向きではない、DL向きのドローです。

ボトム全開でDL向きの軽いドロー、サイドだけ全開でも同様。
両方とも前回すると、抵抗感ほぼなしのドローになります。
絞ることもできますが、チャンバー容積などからおすすめはできません。

◎ミストの質感、味
これもGAIA RDTAと同様の印象です。
違いは一部のデザイン。大きな違いは供給部分です。RDTAの断続的な供給ではなく、RDAなのでリキッドチャージ後は過剰供給気味、吸い続けると供給不足気味になってきます。

その部分で調整しながら微調整したい人にはドリッパーの方が向いていますが、タンク付きのRDTAの利便性には敵いません。

ボトムを殺してサイドだけでの運用でダイレクトな味と荒い質感を楽しむのが筆者の好みで、構造的にミストは細かく、上品な味になる印象。組み合わせで自分好みの味、質感に調整可能なのが魅力だと言えます。

VAPEアトマイザー CTHULHU/AZATHOTH RDA のまとめ

【アトマイザー】AZATHOTH RDA「アザトース」 (CTHULHU/クトゥルフ) レビュー

デザインこそ違えど、文中で何度も出てきた話題作GAIA RDTAのドリッパーバージョン。

シンプルなルックスでマッチングを選ばず、ミドルハイトの全高は、デュアルエアフローシステムを内包しながらも十分にコンパクトなサイジングです。

全体でGAIA RDTAとさほど変わらないサイズ感ですが、ドリッパーの味が好きな人には利便性が高く、コストパフォーマンスにも優れたアトマイザーに仕上がっています。

通販はこちら!

→ Cthulhu Azathoth RDA  [GearBest]

その他販売店情報

ブログ村ランキング



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スポンサーリンク