【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 28

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

Think Vape シンクベイプのVAPEテクニカルMOD、FinDER75C DNA75Cのレビューです。

evolv製VAPE基盤、DNA75Cを搭載!最新の基盤。カラー液晶を備えています。
4ボタンでの優れた操作性も魅力です!

同様の製品をリリースしているメーカーとしてはHcigarのVTシリーズや、Lost VapeのTherionなど有名どころもあり、筆者はこのメーカーを今回のレビューで初めて知りましたが、これらのメーカー製品よりも、低価格であるのが魅力だと思えます。

それでは詳細を見ていきます。

商品提供:GearBest

VAPEテクニカルMOD Think Vape/FinDER75C DNA75C のパッケージと内容品

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー 【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

シックな黒を基調にしたパッケージカラー。背面には製品の写真がプリントされています。

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

スリーブを外すと中箱を取り出すことができます。

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー 【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

内容品一覧

  • ThinkVape Finder75CテクニカルMOD
  • microUSBケーブル
  • ユーザーマニュアル

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

マニュアル類は全て英語で記載されているため、以下に原文と日本語直訳を記載しておきます。ブログコメントで「長文になるため不要」との声もありましたが、筆者のようにマニュアルになんと書いてあるのか気になるユーザーもいると思いますし、マニュアルの内容WEBサイトには記載されておらず、全英文を手動入力して機械翻訳しているため、必要な方もいらっしゃるとの判断です。不要な方は飛ばし読みしてくださいませ。

マニュアル内容の閲覧が必要ない方は下記リンクをクリックしてこれを飛ばすことができます。

>>次項 2 VAPEテクニカルMOD  Think Vape/FinDER75C DNA75C の詳細

マニュアル内容直訳

ThinkVape Finder75C mod Powered by Evolv DNA 75C Chip

1つのキットの内容:
* Thinkvape Finder75C本体1
* USBケーブル1 *ユーザーマニュアルl
*ギフトボックス包装

仕様:
重量:160 g
寸法:90mm * 54mm * 27mm
カラー:ブラック、シルバー
バッテリータイプ:デュアル18650バッテリー
素材:亜鉛合金、炭素繊維、本革ステンレススチール510コネクタ&強化ガラス – モッズの上下に

温度保護とUSBを備えた75ワットの可変パワーモジュール

DNA 75Cは、パーソナルベーパライザー用の電力制御デジタルスイッチモードDC-DCコンバータです。

Evolvの特許取得済みワット数制御、温度保護、予熱、フルカラーTFTスクリーン、逆極性保護、オンボードプログラマブルマルチカラーLED、防水オンボードボタン、リアルタイムクロックを搭載しています。 EvolvのEScribeソフトウェアとTheme Designerソフトウェアを使用して、インターフェイスのあらゆる側面を完全にカスタマイズし、ユーザーエクスペリエンスを監視することができます。 DNA 75Cは、リチウムポリマーまたはリチウムイオン電池1本で動作し、バッテリ監視機能と内蔵1A充電器を備えています。

表示
DNA 75Cはフルカラー80×160ピクセルのTFTスクリーンを備えています。画面はメインボードにフレキシブルケーブルで接続されているため、デバイスの設計が自由に行えます。画面のデフォルトの位置は、ボードの上、火と調整ボタンの間にあります。これにより、簡単に組み立てることができます。画面はZIFコネクタでボードに接続されているため、別の配置が可能です。スクリーンを取り扱うときは注意し、ケーブルの固定や緊張緩和のために装置を設計してください。 PCBの各側面に沿った2つのノッチは、スクリーンホルダーを収容するように設計されています。 3Dモデルは、DNA 75C用の3D印刷または射出成形スクリーンホルダーで利用できます。

エラーメッセージ
DNA 75Cは様々なエラー状態を示す。

アトマイザーなし:DNAはアトマイザーを検出しません。

アトマイザーのチェック:DNAがアトマイザーを検出しない、アトマイザーが短絡している、またはアトマイザーの抵抗が電源設定に間違っている。

バッテリーの確認:バッテリーは深く放電されているため、充電する必要があります。この場合、DNA 75Cはアトマイザーを作動させません。デバイスの起動を試みた後、数秒間、[バッテリの確認]メッセージが引き続き表示されます。ユーザーはバッテリーを取り外して交換する必要があります。

短絡:噴霧器または配線が短絡している。

Ohms Too Low:アトマイザーコイルの抵抗が現在のワット数設定に対して低すぎます。この場合、DNA 75Cは発火し続けますが、所望のワット数を提供することはできません。 Ohms Too Lowメッセージは、パフの終了後数秒間表示され続けます。

高すぎるオーム:アトマイザーコイルの抵抗が現在のワット数の設定に対して高すぎます。これが起こった場合、DNA75Cは発火し続けるが、所望のワット数を提供することはできない。オームが高すぎるというメッセージは、パフの終了後数秒間表示され続けます。

温度保護:パフの間に加熱コイルが最大許容温度に達しました。この場合、DNA 75Cは発火し続けますが、所望のワット数を提供することはできません。

弱いバッテリ:バッテリを充電する必要があります。または、より高い定格バッテリを使用する必要があります。この場合、DNA 75Cはアトマイザーを作動させ続けますが、所望のワット数を供給することはできません。パフの終了後数秒間、Weak Batteryメッセージが表示され続けます。

研究者に戻る:DNAが研究者によって設定された限界に達しました。

あまりにも暑い:DNA 75Cはオンボードの温度検知機能を持っています。内部のボード温度が過度になると、このメッセージが表示されてシャットダウンして表示されます。

逆極性保護
DNA 75Cには逆極性保護が内蔵されており、バッテリを逆挿入した場合にユーザ、ボード、デバイス、バッテリを保護します。

外部コンポーネントの推奨事項
DNA 75Cは、ユーザインタフェース用の外部ボタンを必要としない自己完結型電源レギュレータです。ただし、必要に応じて外部ボタンの使用をサポートしています。

ファイアボタン:
一時的な常時オープンタイプのスイッチまたはボタンを使用してください。標準の押しボタンスイッチが適切です。スイッチは論理機能です。すべての電源スイッチはDNAモジュール内のトランジスタで処理されるため、スイッチの定格を電源にする必要はありません。防水加工された密閉スイッチを推奨します。火のボタンのプラス側が正のバッテリ電圧に直接接続するため、注意してください。

上/下/下ボタン:
小型のオンボードボタンにより、ユーザーはインターフェースをナビゲートしてデバイス設定を変更できます。あるいは、リモートノーマリオープンタイプのスイッチまたはボタンをカスタマイズ用のUP、SELECTおよびDOWN取り付け穴に取り付けることもできます。

電池:
DNA 75Cは、単一のリチウムポリマー型電池パックまたは円形リチウムイオン18650型バッテリーからなる。 DNA75Cは、最大入力電圧が4.2ボルトである限り、並列型配線構成で複数のセルを使用することができる。

充電器
DNA 75Cには、内蔵のUSB充電器が内蔵されています。接続されているUSB電源の種類を自動的に検出するので、標準のPC USBポートまたは高性能の充電器に接続できます。

バッテリ監視
DNA 75Cには、バッテリの負荷状態とアイドル状態の両方の状態と状態を継続的に監視する完全なバッテリ管理システムが含まれています。

取り付け
DNA 75Cには、電源レベルを調整し、インターフェイスをナビゲートし、出力をアクティブにするオンボードスイッチがあります。これらの各機能には、リモートボタンを使用するためのオプションのスルーホールパッドもあります。

DNA 75Cには、PCBに3つの取り付け穴があります。これらの穴は#0ネジ用に設計されています。注意深い設計では、マウントパッドを使用してシャーシをDNA 75Cに接地させ、出力電流を流すことができますこの方法を使用する場合は、PCBが常にボードと良好に接触していることを確認してください。分割ロックワッシャとRoHSクロメート変換コーティングをシャーシに取り付けることを推奨します。

提供された穴を使用してDNAボードを固定し、デバイスに機械的に取り付けることをお勧めします。ホットグルー、エポキシ、スーパーグルー、ホビーセメントなどの接着剤の使用は推奨されていません。ボードとの接触が承認された唯一の接着剤はMG Chemicalsから入手可能な種類の非腐食性シリコーン接着剤です。

DNA基板は多層PCBを利用して複雑であり、安全性と信頼性を念頭に置いて設計されています。ボード上のコンポーネントを変更したり、オンボードボタンを取り外したり、シェービングしたり、PCBをカットまたはトリミングしたり、取り付け穴を拡大したりしないでください。そうすることで、PCB内のレイヤーを露出させる可能性があり、安全性や信頼性の問題を引き起こす可能性があります。 Evolvは、ボードのすべての変更または不適切な使用に対して保証請求を拒否する権利を留保します。

Thinkvape Finder75C mod Powered By Evolv DNA 75C Chip

One kit contents:
*Thinkvape Finder75C body 1
* USB Cable 1*User Manual l
*Gift Box Packaging

Specification:
Weight: 160 g
Dimensions: 90mm*54mm*27mm
Color: Black,Silver
Battery Type: Dual 18650 battery
Material: Zinc Alloy,Carbon Fiber,Genuine Leather Stainless Steel 510 connector & Toughened Glass-on the top and bottom of mod

75 Watt Variable Power Module with Temperature Protection and USB

The DNA 75C is a power regulated digital switch-mode DC-DC converter for personal vaporizers.

It features Evolv’s patented Wattage Control, Temperature Protection, Preheat, a full color TFT screen, Reverse Polarity Protection, an onboard programmable multicolor LED, waterproof onboard buttons and a real-time clock. Evolv’s EScribe software and Theme Designer software can be used to fully customize all aspects of the interface and monitor the user experience. The DNA 75C runs from a single lithium polymer or lithium ion battery, and features battery monitoring and an integrated 1A charger.

Operating Range 

Minmum Typical Max
Output Power 1 Watt 75 Watts
Output Voltage .2Volts 9.0 Volts
Output Current,
continuous
.5Amps 30.0 Amps
Atomizer Resistance,
temperature sensing
wire, cold
See Graph . 15Ohm See Graph
Atomizer Resistance,
Kanthal wire
See Graph .25Ohm See Graph
Temperature Limit 200°F 450°F 600°F
Input Voltage,
unloaded
3.0Volts 3.7Volts 4.2Volts
Input Current 12.0Amps 30.0Amps
Screen On Current 50mA
Quiescent Current 30mA
Power Down Current 1uA
Efficiency 85%

Specifications 

Footprint .71″ x 2.60″ / 18mm x 66mm
Thickness .32″
Screen .9″ 80 x 160 pixel Full Color TFT
Weight 15.2g

Absolute Limits

Minimum Max
Output Current, instantaneous peak 40.0 Amps
Atomizer Resistance, cold .02 Ohm 8.0 Ohm
Input Voltage 2.5 Volts 5.0 Volts
Input Current, pulse 32.0 Amps

Display

The DNA 75C has a full color 80 x 160 pixel TFT screen. The screen is attached to the main board by a flexible cable, allowing freedom in the design of your device. The screen’s default position is on top of the board, between the fire and adjust buttons. This allows for easy assembly. The screen connects to the board with a ZIF connector, so alternate placement is possible. Please use caution when handling the screen and design the device so that the cable will be secured or strain relieved in operation. The two notches along each side of the PCB are designed to accommodate a screen holder. A 3D model is available to 3D print or injection mold screen holders for the DNA 75C.

Error Messages
The DNA 75C will indicate a variety of error states.

No Atomizer: The DNA does not detect an atomizer.

Check Atomizer: The DNA does not detect an atomizer, the atomizer has shorted out, or the atomizer resistance is incorrect for the power setting.

Check Battery: The battery is deeply discharged and needs to be charged, or is damaged. If this happens, the DNA 75C will not fire the atomizer. The Check Battery message will continue to display for a few seconds after attempting to fire the device. User should remove and replace the battery.

Shorted: The atomizer or wiring are short circuited.

Ohms Too Low: The resistance of the atomizer coil is too low for the current wattage setting. If this happens, the DNA 75C will continue to fire, but will not be able to provide the desired wattage. The Ohms Too Low message will continue to display for a few seconds after the end of puff.

Ohms Too High: The resistance of the atomizer coil is too high for the current wattage setting. Ifthis happens, the DNA 75C will continue to fire, but will not be able to provide the desired wattage. The Ohms Too High message will continue to display for a few seconds after the end of puff.

Temperature Protected: The heating coil reached the maximum allowed temperature during the puff. If this happens, the DNA 75C will continue to fire, but will not be able to provide the desired wattage.

Weak Battery: The battery needs to be charged, or a higher amp rated battery needs to be used. If this happens, the DNA 75C will continue to fire the atomizer, but will not be able to provide the desired wattage. The Weak Battery message will continue to display for a few seconds after the end of the puff.

Return To Researcher: The DNA has reached a limit configured by a researcher.

Too Hot: The DNA 75C has onboard temperature sensing. It will shut down and display this message if the internal board temperature becomes excessive.

Reverse Polarity Protection
The DNA 75C includes built in Reverse Polarity Protection to protect the user, board, device, and battery in the event that a battery is inserted backwards.

External component recommendations
The DNA 75C is a self-contained power regulator which does not require external buttons for its user interface. However, it does support the use of external buttons if desired.

Fire button:
Use a momentary on, normally open type switch or button. A standard pushbutton switch is appropriate. The switch is a logic function — all power switching is handled with transistors inside the DNA module, so the switch does not need to be rated for power. A waterproof or processed sealed switch is recommended. Please use caution, as the positive side of the fire button connects directly to positive battery voltage.

Up/Select/Down buttons:
The small onboard buttons allow the user to navigate the interface and modify device settings. Alternatively, remote normally open type switches or buttons can be attached to the UP, SELECT and DOWN mounting holes for customization.

Battery:
The DNA 75C runs from a single lithium polymer type battery pack or round lithium ion 18650 type battery. The DNA 75C can use multiple cells in a parallel type wiring configuration as long as the maximum input voltage is 4.2 Volts.

Charger
The DNA 75C has a built in lA USB charger. It automatically detects the type of USB power supply it is connected to, so it can be plugged into standard PC USB ports or higher power chargers.

Battery monitoring
The DNA 75C contains a full battery management system that continuously monitors the state and health of the battery both under load and while idle.

Mounting
The DNA 75C has onboard switches for adjusting the power level, navigating the interface and activating the output. Each of these functions also has optional through-hole pads for using remote buttons.

The DNA 75C has three mounting holes on the PCB. These holes are designed for #0 screws. There is an extended mounting pad of .125″ diameter around each. These holes are electrically connected to each other and to ground. With careful design, the mounting pads can be used to ground the chassis to the DNA 75C, and pass the output current through chassis to the connector. However, if using this method, ensure that the PCB remains in good contact with the board at all times. Split lock washers and a RoHS chromate conversion coating on the chassis are recommended.

It is recommended that DNA boards be secured using the provided holes to mechanically mount them to the device. Use of glues are not suggested including hot glue, epoxy, superglue, hobby cement, etc. The only adhesive approved for contact with the board is non-corrosive Silicone adhesive such as the kind available from MG Chemicals.

DNA boards are complex, utilizing multilayer PCBs, and are designed with safety and reliability in mind. Please do not modify components on the boards, remove onboard buttons, shave, cut or trim the PCB or enlarge the mounting holes. Doing so creates the potential to expose layers in the PCB and could cause a safety and/or reliability issue. Evolv reserves the right to deny a warranty claim for any and all board modifications or improper use.

VAPEテクニカルMOD  Think Vape/FinDER75C DNA75C の詳細

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

Think Vapeは中国深センのVAPE関連商品をリリースしているメーカーで、多くの製品にevolv製汎用のDNA基盤を採用しています。

定評のある性能と、VAPE黎明期から業界を牽引してきた信頼性あるチップセットを、made in CHINAの優れたコストパフォーマンスで送り出しています。

サイズ 27 x 54 x 90 mm
重量 160g
基盤 evolv DNA75 Color
温度管理範囲 200 – 600F
出力範囲 (W) 1~75W
出力範囲 (V) 0.2 – 9V
出力範囲 (A)  0.5 – 30.0 A
最少カンタルの抵抗  0.25ohm
最少温度管理機能の抵抗  0.15ohm

Think Vape公式サイトより

性能は搭載されているevolv社のVAPE専用基板、DNA75Cに依存します。

温度管理モードのプリセットが多く、デフォルトではNickel200/Titanium/SS316/SS430/Nifethal30に対応します。プリセットを8つまでセットできます。
また通常のWattsモードの他に温度管理非対応、温度による抵抗値変化の少ないKanthal/Nicromeワイヤーモードも用意されています。
そして、パソコンと接続し、専用ソフト「eScribe」で操作することで、更に様々な温度管理ワイヤーに対応します。

Think Vape/FinDER75C DNA75C の外見

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー 【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー 【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

外見はどうしても同ジャンルの製品であるLOST VAPE/THERION DNA75Cに近いと感じてしまうのは筆者だけでしょうか。サイズ感もかなり似ており、Therionをシンプルにしたデザインだと感じてしまいます。

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー 【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

バッテリーカバーに用いられているのはリアルレザーとスペックに書かれています。しかし、蛇革のような貼り革はエンボス加工であり、ヘビの革ではありません。革の表面はメタリックな質感で、個性的というか好き嫌いがはっきり分かれそうな質感です。

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

サイドにはパンチングされた金属を使用。基盤の放熱・冷却にも考慮しています。

Think Vape/FinDER75C DNA75Cを持ってみる

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー 【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー 【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

大きさはスペック的にデュアルバッテリーMOD標準的な大きさ。コンパクトさは感じま線画、特別大きいとも感じません。

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

重量は実測で165g。

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

バッテリー2本を含めた参考重量は255g程度です。

Think Vape/FinDER75C DNA75C のアトマイザー取り付け部

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー 【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

アトマイザー取り付け部分は多くのアトマイザーに採用されている510スレッドで、近年リリースされた多くのアトマイザーに対応しています。スプリングコンタクトを採用し、アトマイザーの510スレッド長やポジティブピンの出方に関わらず、スプリングが長さを吸収し、電力を伝えます。

アトマイザー取り付け部分周囲には金属製のサークルがあり、アトマイザー底部と密着して通電性をアップ。それ以外の上部は樹脂で、光沢があるのが新品の状態では美しい反面、使っていくとキズがつきやすい素材でもあります。

Think Vape/FinDER75C DNA75C のボタン類

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

操作系統はMOD前面に集約されていて、使い勝手にこだわっています。メインボタン、カラー液晶、3つのサブボタンとバッテリー充電及びPC接続用のmicroUSB端子が設けられています。

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

角がラウンドしたスクエア形状のメインボタンは金属製。若干磨きムラがあり、曇りがあります。

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

サブボタンにもパフボタント同様の素材が採用されています。複雑な機能を3つのサブボタンで効率的に設定することができます。

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

液晶画面はDNA75Cの特徴であるTFTカラー液晶が用いられています。

Think Vape/FinDER75C DNA75Cの細部

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

MOD底部分はアトマイザー取り付け部と同様に樹脂製の素材。新品状態では光沢があるものの、使い込むごとにキズが目立ちそうな仕様です。

Think Vape/FinDER75C DNA75C のバッテリー収納部

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

バッテリー収納部はマグネット式バッテリーカバーが用いられています。本体とカバーの間には若干の隙間があり、少々精度が悪く、つまんで動かすと微妙にずれるのが気になりますが、実用できには問題ありません。

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

バッテリーカバーを掴んで引き離すとバッテリー収納部を見ることができます。

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー 【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

内部は軽量化と絶縁の意味からプラスチック素材が使われています。そして、バッテリー収納方向の記載があります。

VAPEテクニカルMOD  Think Vape/FinDER75C DNA75C の使い方と操作方法

Think Vape/FinDER75C DNA75C にバッテリーをセットする

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

本体を使用する場合は別途18650バッテリーを2本用意します。バッテリーはできるだけ信頼できるVAPEショップで購入するのをオススメします。筆者はSONY VTCシリーズを愛用しています。

デュアルバッテリーMODの注意点です。

バッテリーは同じロットの同銘柄の新品バッテリーを用いましょう!

バッテリーの銘柄が異なると性能が違います。そして、使用を繰り返したバッテリーは内部抵抗が増大しており、異なる銘柄、使用頻度のバッテリーを使用すると、どちらかに負担がかかってしまうため大変危険です。

Think Vape/FinDER75C DNA75C のバッテリーを充電する

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

バッテリーチャージャー機能が搭載されており、収納したバッテリーの充電を本体で行うことが可能です。電源接続したmicroUSBケーブルを本体端子に接続して充電を行います。

Think Vape/FinDER75C DNA75C の操作方法

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

操作方法の詳細

  • 電源ON …パフボタン5クリック
  • モード選択 …電源ON時にサブボタン(真ん中)をクリック
    → モード表示反転後、上下サブボタンでモード変更
    →各モードの設定はそれぞれ設定可能
Watts 通常モード
Kanthal 温度管理非対応 ワッテージ(W)可能
Nickrome 温度管理非対応 ワッテージ(W)可能
Nifethal30 Nife30  ワッテージ(W),温度設定可能
SS 430 スレンレス430  ワッテージ(W),温度設定可能
SS 316 ステンレス316  ワッテージ(W),温度設定可能
Titanium  チタン  ワッテージ(W),温度設定可能
Nickel200 ニッケル200 ワッテージ(W),温度設定可能
  • Views 各種データ閲覧
    →最下層のモニターマーク”Views”を選択でセッティングメニュー表示
  • Settings セッティング詳細
    →最下層のギアマーク”Settings”を選択でセッティングメニュー表示

各種セッティングの閲覧や設定が可能。

同様の基盤を搭載した製品のレビューはPARANORMAL DNA75CTHERION DNA75CVT75 COLORと行なっておりますのでそちらも参考にご覧ください。

VAPEテクニカルMOD Think Vape/FinDER75C DNA75C にアトマイザーを載せてみました

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー OUMIER / Wasp Nano RDTA (22mm)

【アトマイザー】Wasp Nano RDTA「ワスプ ナノ」 (OUMIER) レビュー
OUMIERのVAPEアトマイザー、Wasp Nano RDTA「ワスプ ナノ」のレビューです。 同メーカーがリリースした"W...

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー VandyVape / ULSE 24 BF-RDA (24mm)

【アトマイザー】PULSE 24 BF-RDA「パルス」 (VANDY VAPE/バンディーベイプ) レビュー
VANDY VAPE(バンディーベイプ) のVAPEアトマイザー、PULSE 24 BF-RDA「パルス」のレビューです。 以...

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビューijoy / Captain RTA (25mm)

【アトマイザー】Captain RTA 「キャプテン」 (IJOY/アイジョイ) レビュー
IJOY(アイジョイ)のVAPEアトマイザー、Captain RTA 「キャプテン」のレビューです。 直径25mmサイズの筐体...

VAPEテクニカルMOD Think Vape/FinDER75C DNA75C のまとめ

【テクニカルMOD】FinDER75C DNA75C / Think Vape シンクベイプ レビュー

DNA75Cを安価に体験できるデュアルバッテリーMOD

DNA75Cのカスタマイズの楽しさは同じ基盤を搭載した他製品でもお伝えしている通りで、基本的には筐体のみの違いで、性能差などは無視できるレベルのため、筐体の作りの良さ=価格に直結する部分でもあります。

本製品はコストパフォーマンスを優先させた製品であると筆者は思います。

同様の仕様であるPARANORMAL DNA75C , THERION DNA75Cと比較すると、手に持った時から質感や作りの良さはこの2つの製品に劣ります。価格が本製品の方が安いので当然だとも思えます。

つまり、筐体にはこだわらない!とにかくやすくデュアルバッテリーのDNA75 Color機を使いたい!というユーザーにはこれ!という製品!そしてもう一つの利点としてはこれらの製品中最も軽量ということ!!

しばらく使用してみましたが不具合もなく、使う上での問題は感じませんでした!!

通販はこちら!

その他販売店情報

ブログ村ランキング



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメント

  1. VAPEXON より:

    いつも楽しく見ています。
    そしてとても勉強になります。
    ありがとうございます。

    写真のライティングもとても良くまたハッキリとした写真でとても好感がもてます。
    modの魅力が良く伝わります。
    ありがとうございます。
    しかし、こんなに綺麗でわかりやすい写真を撮られているのに、いつも爪に目がいってしまいます。
    きっとご自身の指先にまで考えが行き届いていれば今よりもっと良いものになると思います。
    清潔感は一番大事だと思います。

    • Hiro より:

      お褒めいただきありがとうございます。
      バイクや自動車趣味があるので、最低限綺麗にして汚れてないないと思うのですが…
      爪が汚いという声が多ければ、手持ち写真の掲載は見合わせたいと思います。
      ご意見ありがとうございました。