WISMEC

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

この記事は 約7分で読めます。

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

LOST VAPE(ロストベイプ) のベイプテクニカルMOD、THERION DNA75Cのレビューです。

evolvがリリースするベイプ専用基板DNAシリーズの最新バージョン、カラー液晶搭載の”DNA75C”をマスプロダクツとしては最速で搭載してきた本機。ハイエンドMODでもちらほら出たしたDNA75Cはどうなのか?

早速レビューしていこうと思います。

 

商品提供:GearBest

 

 

スポンサーリンク
べプログショップ

VAPEテクニカルMOD LOST VAPE/THERION DNA75C のパッケージと内容品

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

パッケージはエンボスのような特殊加工が施されたもので、サイズ感はTherion DNA75のものと同様にサイズになっています。

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー 【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー 【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

内容品一覧

  • THERION DNA75C テクニカルMOD本体
  • microUSBケーブル
  • ユーザーマニュアル
  • ワランティーカード

microUSBケーブルですが、Therion DNA75に付属した巻取りタイプから変更になり、「取り敢えずついているだけ」のコストを抑えた仕様に変更になっているように見受けられます。

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

ワランティカード、マニュアルは図解入り、英語で記載されたものが付属します。

 

 

VAPEテクニカルMOD LOST VAPE/THERION DNA75C の詳細

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

LOST VAPEがリリースするテクニカルMOD、THERION DNA75Cはその名の通り、アメリカのVAPE関連ブランド、evolvがリリースする汎用基板、DNA75Cを搭載しています。

DNA基板はテクニカルMOD黎明期から続くシリーズで、アップデートを繰り返し、実績のあるVAPE専用基板。

 

基板だけで販売されていることから、個人製作者が製作するハンドメイドMOD(価格が高額なのでハイエンドMODとも呼ばれる)から、本製品のような企業がリリースする製品まで様々な製品に搭載されており、汎用性と拡張性(カスタマイズ製)に優れた基板になっています。

DNA75CはDNAシリーズとしては始めてカラー液晶モニターを採用しており、コストパフォーマンス的にモノクロモニターを採用しているVAPE製品が今までは多かったのですが、これからはカラー時代になっていくのか?と感じさせる仕様にもなっています。

また、今まではメインボタンとサブボタン(+,-)、3ボタンの操作系統が、1ボタンを増やし、4ボタンになり、日進月歩で多機能化するテクニカルMODの操作性を向上させていることも特徴になっています。

サイズ24 x 47 x 88 mm
基板evolv DNA75 Color
温度管理範囲200 – 600F
出力範囲 (W)1~75W
出力範囲 (V)0.2 – 9V
出力範囲 (A) 0.5 – 30.0 A
最少カンタルの抵抗 0.25ohm
最少温度管理機能の抵抗 0.15ohm

Lost Vape公式サイトより

性能は搭載されているevolv社のVAPE専用基板、DNA75Cに依存します。

温度管理モードのプリセットが多く、デフォルトではNickel200/Titanium/SS316/SS30/Nifethal30に対応します。プリセットを8つまでセットできます。
また、温度管理非対応、温度による抵抗値変化の少ないKanthal/Nicromeワイヤーモードも用意されています。
そして、パソコンと接続し、専用ソフト「eScribe」で操作することで、更に様々な温度管理ワイヤーに対応します。

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー 【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

重量の実測は92gで、Therion DNA75よりも若干重量が増しています。

 

LOST VAPE/THERION DNA75Cの外見的特徴

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

外見デザインはLOST VAPE Therionシリーズ共通デザイン。ほぼ使いまわしとも思える外装系です。今まで購入してない人には良いと思いますが、変化がないため、過去製品を購入者は再度同じようなMODを購入する、しないを迷ってしまうのは問題かもしれませんし、変わらぬ優れたデザインで、内部のみをアップデートしていくのはこだわりなのかもしれません。

提供いただいたものはカーボン調のパネル素材ですが、ヘビ革やオーストリッチなどのエキゾチックレザーを使用したバッテリーパネルを採用しているものも販売されています。

 

 

LOST VAPE/THERION DNA75Cのアトマイザー取付部

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

アトマイザー取付部は510スレッドになっており、中央のコンタクトピンをアトマイザーのポジティブピンに接続することでプラス側の通電を確立します。マイナス側はスレッド部で確保します。

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

コンタクトピンはスプリング式になっており、アトマイザーのスレッドやポジティブピンの長さを自動で吸収して、通電を確保する仕様になっています。手動調整はいりません。

アトマイザー取付部のサークル部分を横から見ると、MOD本体からでてはいない仕様になっています。

 

 

LOST VAPE/THERION DNA75Cの底面

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

MOD底面には基板冷却やベントホールなどは設けられていません。万が一バッテリー加熱などにより、ガス噴出した際には、マグネット式のバッテリーパネルが外れる設計思想のようです。

 

 

 

LOST VAPE/THERION DNA75Cの操作系統

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

操作系統はMOD前面に集約されており、メインのパフボタンとLEDインジケーター、カラー液晶、3つのサブボタンと、PC接続およびバッテリー充電用のmicroUSBが集約されています。

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

八角形形状のメインボタン(パフボタン)、下にLEDインジケーター。そしてカラー液晶パネルです。LEDインジケーターのON/OFFなどはPCソフトで制御することが出来ます。

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

液晶画面の下には3つのサブボタンと、microUSB端子が設けられています。

 

 

LOST VAPE/THERION DNA75Cのバッテリー収納部

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

バッテリー収納部はマグネット式で、適度な力で着脱できるようになっています。

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

内部にはバッテリーの収納方向が書いてあるので、表示に従って別売りのバッテリーを収納します。LOST VAPE通りこまれたリボンはバッテリーを外す際に引っ張ることで脱着を容易にしています。

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

デュアルバッテリーMODの注意点です。

バッテリーは同じロットの同銘柄の新品バッテリーを用いましょう!

バッテリーの銘柄が異なると性能が違います。そして、使用を繰り返したバッテリーは内部抵抗が増大しており、異なる銘柄、使用頻度のバッテリーを使用すると、どちらかに負担がかかってしまうため大変危険です。

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

 

 

 

 

VAPEテクニカルMOD LOST VAPE/THERION DNA75C の使い方、操作方法

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

使い方の詳細はEvolvサイトに記載されていますし、PCでのカスタマイズの柔軟性が売りの汎用基板の為、詳細な使い方の説明は避けますが、ここでは初期状態での基本的な使い方に触れておこうと思います。

専用PCソフト、EScribe(Windows専用)でのカスタマイズも可能。

 

 

操作方法の詳細

  • 電源ON …パフボタン5クリック
  • モード選択 …電源ON時にサブボタン(真ん中)をクリック
    → モード表示反転後、上下サブボタンでモード変更
    →各モードの設定はそれぞれ設定可能

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

Nickrome温度管理非対応 ワッテージ(W)可能
Kanthal温度管理非対応 ワッテージ(W)可能
Nickel200ニッケル200 ワッテージ(W),温度設定可能
Titaniumチタン  ワッテージ(W),温度設定可能
SS 316ステンレス316  ワッテージ(W),温度設定可能
SS 430スレンレス430  ワッテージ(W),温度設定可能
Nifethal30Nife30  ワッテージ(W),温度設定可能

 

  • Settings セッティング詳細
    →各モード最下層の”Settings”を選択でセッティングメニュー表示

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

各種セッティングの閲覧や設定が可能。

 

 

ここでEVOLV EScribeの画面を少々見てみましょう。

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

新たに増えたメニューとしては、『テーマ』項目。

これは、液晶表示の見た目を変更するもので、他人が作製し、配布したテーマをそのまま適応できたり、自分で細かく作成可能になっています。

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー 【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

著作権関連に厳しい自分が紹介するのもアレなのは重々承知していますが、こんなテーマも…詳細は下記ブログを見てみてください。

⇒ DNA75c テーマデザイナー[電タバ関連つらつらと・・・]

 

 

 

VAPEテクニカルMOD LOST VAPE/THERION DNA75C にアトマイザーを載せてみました

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

【アトマイザー】Artisan RTA「アルチザンRTA」 (Envii/エンヴィ) レビュー
Envii(エンヴィ)のアトマイザー、Artisan RTA「アルチザンRTA」のレビューです。 このメーカーは、ハイエンドMODの中でも特に入手困難でプレミアム価格もついている"Lochness"のデザインコンセプトを受け継...

 

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

【アトマイザー】VAPOROUS RDA「ヴァポラス」 (Wotofo/ウォトフォ) レビュー
Wotofo(ウォトフォ) のベイプアトマイザー、VAPOROUS RDA「ヴァポラス」のレビューです。 爆煙ユースのRDA、ドリッパーアトマイザーです。WotofoにはFreakshow v2 RDAやThe Tro...

 

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

【アトマイザー】Gold RDTA「ゴールドRDTA」 (Limitless リミットレス) レビュー
Limitless(リミットレス)のGold RDTA「ゴールドRDTA」をレビュー!! USAデザインで、ルックスが良いながらも、コストパフォーマンスも追求した爆煙RDTAです。 Limitlessといえば、ijoyと契約...

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

ルックス的には過去にレビュー済みのTherion DNA75とほぼ変わりません。レビューして頂いたカラーはシルバー&ブラックのカラーリングのため、どのようなテイストのアトマイザーともマッチングが良い印象。

サイズですが、25mmだと若干角のラウンド柄はみ出しますが問題は感じません。

これ以上のサイズ、26mm以上だと厳しい印象です。

 

 

 

VAPEテクニカルMOD LOST VAPE/THERION DNA75C のまとめ

【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー 【テクニカルMOD】THERION DNA75C (LOST VAPE/ロストベイプ) レビュー

性能的な部分意外にあまり興味がない筆者ですので、基本性能があまりDNA75から進化していないと思われる本機にあまり興味がありませんでしたが、弄ってみると非常に楽しい!今まで触ってきたMODの中で、ダントツにガジェット感を感じ、新しい”おもちゃ”を手に入れた感にワクワクしてしまいます。

テーマ機能もそうですが、プリセットの増加など基本機能も充実しています。

今はまだ高額で、搭載されているMODも少ないですが、これからもっと増えてきて、かかくもこなれてくるのではないでしょうか。

使っている上で、性能的に特別優れた点はあまり感じませんが、特にPCを接続して、いじくり倒したい人にはおすすめしたいテクニカルMODでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で