BaksLiquidLab. Perique レビュー|ペリックをイメージした酸味のあるタバコフレーバー!

BaksLiquidLab. Perique レビュー

BaksLiquidLab.(バクスリキッドラボ)Perique「ペリック」 のレビューです。

タバコフレーバーを得意とする人気国産ブランドの新作リキッド。
ペリックブレンドをモチーフにした酸味のあるタバコフレーバーです。

BaksLiquidLab. Periqueの特徴

  • 酸味を感じる煙草フレーバーのリキッド

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク

BaksLiquidLab. Periqueの詳細

BaksLiquidLab. Perique レビュー

Perique「ペリック」は、国産リキッドブランドの中でも特に人気の高いBaksLiquidLab.によるタバコ味のリキッドです。

ハンドクラフト(個人制作)としてスタートし、今や確固たる地位を築いているブランド。
全てのリキッドをレビュー済みですので、よろしければ合わせてご覧ください。

ペリックの名前の由来は、アメリカンスピリットの黒箱『ペリックブレンド』から。

出典:amespi.jp

このタバコをイメージしたものとなっています。

ペリックとは?

ペリック葉とは、世界の中でも希少なタバコの一つ。

調べたところ、本物のペリックは『アメリカのルイジアナ州の一地域で栽培』されており、今は一軒の農家しか生産されていないらしく、その全てをアメリカンスピリット社が独占契約して全てを買い上げているそうです。

他の栽培者はケンタッキー州から安価なたばこ葉を買い付け、これをおなじ熟成法で処理した代替品「アカディアン・ペリク」を出荷しているとのこと。

基本的には、収穫のあとウイスキー樽で数か月熟成された独特の酸味がある煙草葉をこう呼んでいます。

ラタキア葉を主として、若干甘味のあるトスカーナタバコ、灰、木酢などをミックス。
「酸味のあるタバコ」という特徴的な味わいです。

バクスリキッドラボ代表によると、クエン酸のような攻撃的な酸味ではなくて、shirafu shirazu STOUTのような優しい酸味を目指したということです。

タバコ系リキッドを得意とするBaksLiquidLab.が、フルーツ系香料や清涼剤などを使わず、ストレートにタバコを表現したフレーバーとなっています。

バリキラボらしい一癖ある複雑系フレーバー

バリキラボファン垂涎のフレーバーのようですね!

スペック

生産国日本
内容量60ml
VG/PG50 : 50
ニコチン0MG ノンニコチン
主成分植物性グリセリン/プロピレングリコール/香料
ボトルチャイルドプルーフキャップ付きユニコーンボトル
BaksLiquidLab. Perique レビュー

ボトルは大手メーカーがリリースするリキッドに負けず劣らず、しっかりとビニールシュリンクされています。 パッケージデザインもプロに依頼するなど、パッケージデザインを含めた製品クオリティは個人制作とは思えないクオリティ。

BaksLiquidLab. Perique レビュー

ラベルに製造日のスタンプが入っているのも特徴。 また、衛生面などにも配慮されています。そして、発売しているリキッド全てを日本食品分析センターに依頼して成分分析し、有害物質であるホルムアルデヒド(発がん性物質)、ジアセチル(肺病の原因物質)、ニコチン(依存性のある劇薬)が含有されていない事が証明されているなど安全性に配慮しています。

ペリックを吸った感想

BaksLiquidLab. Perique レビュー

セッティング

このリキッドの推奨セッティングですが、ブランドからのアナウンスは以下の通り。

推奨セッティング
  • シングルコイル0.5~0.8Ω
  • 16~20W
  • コットンのほうが味がまとまります

自分が気に入ったセッティングはこちら。

個人的なオススメセッティング
  • Dvarw MTL RTA
  • シングルコイル 0.9Ω(ニクロム28ゲージ・2.5mm軸・5巻)
  • 9W(2.8V)

タバコ系リキッドですので、基本的にMTL向けです。

個人的には立ち上がりの良いニクロムワイヤーを使い、一般的な出力よりもかなり低めの出力で楽しむのが美味しく感じました。

香り

ちょっと癖のあるタバコの香り。

熟成が進んだタバコ葉の芳香とともに、ヤニ感があるというか、シケモクっぽさを感じるというニュアンス。正露丸のような漢方っぽさにも感じる香り。

タバコ「らしさ」をリアルに求めるユーザー向き?

ひとクセある複雑な奥行きのある味わいの上品なタバコ味

説明から、かなり酸味を感じるのかな?と思ったんですが、かすかな酸味が良いアクセントになっています。

香りの印象で「シケモクっぽさ」を感じましたが、吸ってみるとあまり感じません。
というのも、shirafu shirazu STOUTと同じような『灰っぽさ』とうまくマッチしているから。

味の方向性としては、Lunar Rover BLKに似ていますが、それよりもかなり「上品」で、ヤニ臭さというか、キツさが抑えられた味わいです。

程よい酸味(かなり控えめなイントネーション的な味わい)と、かすかなクリーミーさと甘さ。まさに大人の嗜好品たる風格を感じる味わい。

すごく上品なタバコフレーバーで、奥行きを感じる味わいです。

個人的には開封したてでも酸味は程よいと感じましたが、セッティングや好みによっては酸味が強く感じるようです。

開封後1週間ほどスティープして貰えれば酸味に丸みが出る

しかし、スティープが進むごとに吸いやすくなるようです。

まとめ

BaksLiquidLab. Perique レビュー

ストレートにタバコ葉の美味しさを味わえるリキッドです。

上品で吸いやすいのに、タバコの味わいは存分に楽しめるフレーバー。
味が何層にも重なる複雑な奥行きは、BaksLiuidLab.の真骨頂ですね。

ファンはもちろん、常に吸える飽きないタバコフレーバーを探している方に。
一度は試してもらいたいタバコリキッドでした。

コメント