【HiLIQ hi-Saltレビュー】ハイリクのニコチンソルトリキッドを吸った感想について

HiLIQ hi-Saltレビュー

HiLIQ(ハイリク)のVAPEリキッド、hi-Salt「ハイソルト」のレビューです。

世界的なニコチンソルトの流行に合わせて、コスパ最強リキッドとして認知されてる中国HiLIQからもニコチンソルトリキッドのシリーズがリリースされました。

このリキッドの特徴

今回はベースリキッド(無味の高濃度ニコチンベース液で、フレーバーリキッドに混ぜて使うもの)はリリースされずに、フレーバ付きのみの5種類がリリースされたため、購入してみました。

レビュー後にニコチンソルトベース液も追加されたので、その紹介も追加しました!

早速レビューしていきます。

スポンサーリンク
べプログショップ

詳細

 

【HiLIQ hi-Saltレビュー】ハイリクのニコチンソルトリキッドを買ってみました

まずはニコチンソルトって何?というところから説明していきましょう。

簡単にいうと、紙巻きタバコのような吸い心地を実現したニコチンです。

“ニコチン”は単純に気化させて吸い込んでも普通のタバコのような吸い心地にはならないので、ニコチンに塩基を加えて”ニコチン塩”にすることで、燃やしたタバコの葉を吸うのと同じ吸い心地を出したものです。

このニコチンリキッドを世界的に有名にしたののが欧米で大ヒットしている電子タバコデバイスJUUL。JUULがヒットした最大の理由、それはニコチンソルトに他なりません。

では、そのJUULと同じ名前、ニコチンソルトとして他社がリリースしているものは全く同じ成分のものなのか?といえば答えはNo。

JUULが使っているニコチンソルトは、製法などを含め知的財産権で保護されており、全く同じ成分のものを作ることができません。

そのため、同じ「ニコチンソルト」の名前で売られていますが、その実態は製法も成分も各社で異なるようです。

今回レビューするHiLIQのニコチンソルトリキッドも、HiLIQが独自に製法を確立したものになっています。

その吸い心地は如何に?

その前にHiLIQのニコチンソルトの説明も確認しておきましょう。

ニコチンソルトとは?

【HiLIQ hi-Saltレビュー】ハイリクのニコチンソルトリキッドを買ってみました

1、ニコチンソルトについて

ニコチンソルトは自然の煙草葉に含まれる存在として、ニコチンと有機酸が反応した産物です。
フリーベースのニコチンと比較して、ニコチンソルトは状態が安定しており、血液吸収効率を高めています。(実際の煙草に近い血液吸収率)
弊社が開発したニコチンソルトは、ニコチンと食品グレードの安全のAHA/フルーツ酸で作られた物です。
ベーピングされることによって初めて吸収されるようになるという仕組みです。

2、従来のニコチンとの違い

1.吸収率が高い
従来のニコチンは「遊離アルカリ」(フリーベース)の形で存在します。つまり小分子で、精製されたニコチンです。
この小分子は血液へのニコチン輸送率が低いので、使用者が満足感を得るまで長く時間がかかります。
ニコチンソルトは血液への浸透力が強く、単位時間内により多くのニコチンを血液へ輸送できます。しかも滑らかな喉ごしで、30mgなど高濃度に作れるため、短時間でのニコチンチャージに向いています。
2.喉への刺激が弱い
ニコチンソルトを含むリキッドは、従来のフリーベースニコチンリキッドよりのどごしが滑らかでphが低いため、30mg以上の高濃度でリキッドを作っても喉への負担が少なく使用できます。
1と2の実現により、使用者が早い段階で高い満足感を得られます。

3、ニコチンソルトの安全について

ニコチンソルトはフリーベースニコチンと本質的な違いはありません。
フリーベースニコチンと比較すると経皮吸収しづらくはありますが、取り扱いの注意点は同じと考えてください。
ニコチンソルト状態ではPHレベルが低いです。
ベーピングされることによってPHレベルが高くなり、ニコチンが遊離化されて初めて吸収されるようになるという仕組みです。

4、ニコチンソルトの使用について

ニコチンソルトはPODタイプなど、低出力の器具での使用を推奨します。
ニコチンソルトの添加量が多すぎると、コイルが焦げやすくなる為注意が必要です。

✩重要
ニコチンソルトのニコチン含有成分の計算は、従来のフリーベースニコチンとは異なります。
例えば、同じく30mgと表記されている場合、ニコチンソルトの実際のニコチン含有量は少なくなります。
ニコチンソルトの製造方法によって含有量が変わる為、ニコチンソルト希釈液をリキッドに添加する前に、必ずメーカー側の添加量に関する説明をよく読み、実際のニコチン濃度を把握したうえで使用してください。

5、ニコチンソルトのメリット

● 長期間の保管に向いている。
(ニコチンソルトは分子構造が安定し酸化しにくいので、比較的長期間保管できます。)
● 満足度の高い喫煙感覚を実現する。
(フリーベースニコチンと比較すると吸収率が高いため、早い段階で吸った感を感じることができます。)
● 滑らかな喉ごし。
従来のフリーベースニコチンは酸化しやすく、酸化した副産物やphが高いため、多くの使用者にとってきつすぎるざらざらした粗い感じが出ます。ニコチンソルトは酸化しづらくphが低い為、柔らかい喉ごしです。
● 酸化しづらくリキッドの風味をあまり損なわない。
従来のフリーベースニコチンは、リキッドに添加されるとリキッド自体の味が多少変わります。ニコチンソルトは酸化しづらいため、リキッドの風味を損ないにくいです。

6、ニコチンソルトのデメリット

● 滑らかな喉ごしで、ヒットがスムーズで吸収効率が高い為、高濃度では急性ニコチン中毒の可能性が高まります。
(短時間内に大量摂取すると、めまい、吐き気、息苦しいなどの症状が出ます。吸引をやめて少し休憩すれば症状が緩和します。)
● 吸収効率及び高濃度での吸引がしやすい為、高出力デバイスでの使用は控えた方が良いです。
高出力デバイスの場合、VG高めのニコチンリキッド(3mg以下)がニコチン中毒の可能性も低く味もよく出ます。
特にフルーツ系のリキッドは、まろやかで美味しい味が出ます。
● ニコチンソルトリキッドは、デバイス、リキッド風味への要求が厳しいです。
吸収効率が高く、高濃度での吸引がしやすい為、リキッド消費の少ない環境(POD型、クリアロマイザー等)での使用を一番お勧めします。
POD型は出力が弱いので、リキッドの風味、煙量をある程度で抑えるため、美味しく吸えるフレーバーが少ないです。
単一フレーバーは表現しやすいですが、複雑なフレーバーはまだうまく表現できません。
tank/ modの組み合わせによって、バラエティーな煙り効果、リキッド風味を楽しめる従来のmod、sub-ohm tankと比較して、pod型はまだ禁煙補助手段の一種として割り切ってお使いになられることをお勧めするとのことです。

スペック

生産国China
内容量30ml
VG/PG50/50
ニコチン20MG , 30MG , 40MG
主成分植物性グリセリン/プロピレングリコール/香料
ボトルチャイルドプルーフキャップ付きユニコーンボトル
ブランド公式サイトhttps://www.hiliq.com/jp/

今回リリースされたHi-Saltシリーズのソルトニコチン濃度は、従来のニコチンリキッドと違い高濃度のもので、バリエーションは20mg,30mg,40mgとなっています。

従来のニコチンから比べると、濃度が高すぎて吸えないのでは?と感じるほどの濃度ですが、HiLIQではこのように説明しています。

リアルタバコのニコチン量、普通のリキッドのニコチン量、ニコチンソルトのニコチン量との相対関係

リアルタバコのニコチン量(mg)普通リキッドのニコチン量(mg/ml)ニコチンソルトのニコチン量(mg/ml)
0.1-0.2330mg
0.56–740mg
110–12開発中
1.512–18開発中
高濃度に思える濃度設定ですが、比較するとそこまでではないのかな?とは思いますが、デバイス次第なところもあると思うので実際に吸ってみたいと思います。

 

レビューはPODデバイスで行います

【HiLIQ hi-Saltレビュー】ハイリクのニコチンソルトリキッドを買ってみました

今回購入したのはニコチンソルト濃度40mg。

HiLIQ Hi-SaltシリーズはPODデバイスでも味やリアルタバコに近い喫煙感が楽しめるリキッドとして開発されたので、今回のレビューは全てPODデバイスOVNS JC01を使って吸っていきます。

【OVNS JC01レビュー】大容量バッテリーのJUUL互換機!
OVNSのVAPEスターターキット、JC01のレビュー なんと8mm厚の薄型ボディー!携帯性に優れたコンパクトなデバイスは、あのJUULの互換機。小さな本体に400mAHの大容量バッテリーを内臓。もちろん、PODデバイスとして便利。

JUUL互換機ですし、JUULは使ったことありませんが、そこでの感想はある程度参考になるのでは?と思います。

hi-Salt「ハイソルト」シリーズ全種類のレビュー!

CAPTAIN REDBULL キャプテンレッドブル

レッドブル&パワーモンスター2つのエナジードリンクの絶妙コラボレーション

HiLIQ hi-Salt CAPTAIN REDBULL キャプテンレッドブル レビュー

エナジードリンク風味のリキッドですね。

おそらく、レッドブルを意識した牛をモチーフにしたイラストが描かれていますが、可愛らしいデザインなので、一目では『レッドブルモチーフ』とはわかりにくいですが、名前が”CAPTAIN REDBULL”なのでそのままなネーイングではあります。

ソルトニコチンの感想については後の項目で触れるとして、この項目では味の感想を書いていきます。

まず、香りですがわかりやすいレッドブルの香りで、HiLIQ Red Bullに近い香り。はっきりとした癖のあるエナジードリンクの香りです。

それでは吸います。

確かにエナジードリンクだけど、レッドブルでもモンスターでもなくリアルゴールドに近い味

きちんとエナジードリンクしています。香りはレッドブルに近い香りなのですが、吸ってみると香りにレッドブルのような癖を感じるものの、総合的に総合的にリアルゴールドっぽい味に感じます。

香りはしっかりしており、甘みはあっさり。もっと甘みが強ければ完全にリアルゴールド。

若干の清涼感が炭酸っぽさに感じるスースー感。ほんの少しの清涼感です。

エナジードリンクの中でもフルーティーっぽさが強いのでこう感じるのかも。

具体的な銘柄の再現度としては微妙ですが、大枠にエナジードリンク風味のリキッドとしては美味しく楽しめる味です。

MISS BLUEBERRY ミスブルーベリー

爽やかで甘いブルーベリー

HiLIQ hi-Salt MISS BLUEBERRY ミスブルーベリー レビュー

ネーミング通り、ブルーベリー味のリキッドです。

他のHi-SALTシリーズのリキッドと同じテイストの、可愛らしいキャラクターのイラストが入ったラベルデザイン。

香りは濃いブルーベリーそのもの。HiLIQ ICE BLUE BERRYのようにフレッシュさも感じる強いブルーベリーの香り。お菓子などで感じる強調されたブルーベリーの香りです。

吸っていきます。

ブルーベリーガムに近いわかりやすいブルーベリー味のリキッド

やはりHiLIQ Blueberryリキッドに近い味ですね。香りは合成されたようなわかりやすいブルーベリーの香り。

日本人には有名なロッテブルーベリーガムの存在があるため、これを噛んだことがある人の多くが「ブルーベリーガムの味だ!」と感じられる味に仕上がっているように感じます。

そして程よい甘みとごく弱めの清涼感。

香りから想像される酸味に若干の嫌味を感じますが、基本的にはわかりやすい味の吸いやすいリキッドです。

DOCTOR MENTHOL ドクターメンソール

キツすぎず、弱すぎない、ちょうどいいメンソール感

HiLIQ hi-Salt DOCTOR MENTHOL ドクターメンソール レビュー

メンソール味のリキッドですね。

しろくまをモチーフにしたキュートなイラストが目印。名前はドクターメンソール。

香りですが、単純にメンソールではなく、メロン?スイカ?のような青臭さを感じます。メンソールリキッドでは感じない香りで、スイカの香りに近い香りです。

そこにハッカのようなスースー感を感じる香りがミックス。

吸います!

程よい清涼感とスイカのアクセントで吸いやすいフレーバー

香りではスイカやメロンを彷彿とさせる売り系の香りが際立っていましたが、実際に吸ってみるとあまりそれっぽさは感じません。

メインで感じるのは程よい清涼感。辛味などの雑味が抑えられた純粋なメンソールの清涼感で、強くはないものの程よい清涼感を感じます。

メンソールなのですが、若干消毒薬っぽいエタノールっぽさがあるのですが、薬っぽいというかハッカに近いようなニュアンスに感じます。

そして、優しい甘み。後味に見え隠れするスイカっぽさがアクセントになっていますね。

他のhi-SALTリキッドと同じニコチンソルト濃度でオーダーしたのですが、メンソールのためかこれが一番吸いやすく感じます。やはりメンソールはリアルタバコと同様に吸いやすくする効果があるのでしょう。

AGENT BLACK T エージェントブラックティー

ほんのりした甘み、紅茶の風味を忠実に再現したストレートティー

HiLIQ hi-Salt AGENT BLACK T エージェントブラックティー レビュー

紅茶風味のリキッドですね。

茶葉をモチーフにしたイラスト、なのですが初見は芋?なのかと思いました。どうでもいいですね。

香りですが、HiLIQ Black Tea「紅茶」に近いリアルな紅茶の香り。キャンディーなどのお菓子っぽいわかりやすくディフォルメされた紅茶の香りで、ペットボトル飲料の様な香りにも感じます。

吸います!

甘さ抑えめのストレートティーフレーバーのリキッド

やはりHiLIQ 紅茶リキッドに近い味ですね。紅茶リキッドのレビューでは、ノンニコチンでレビューしたため、舌にビリリと感じるソルトニコチンが味に影響するため、単純に味の比較ができないのですが、かなり近い味。

好評を得ているフレーバーを、そのままソルトニコチンリキッドに落とし込んでいるので、味も楽しめるリアルかつわかりやすい紅茶味リキッドに仕上がっています。

AMBER LEAF アンバーリーフ

本物のタバコを吸っているかのような味わい

HiLIQ hi-Salt AMBER LEAF アンバーリーフ レビュー

香りはリアルなタバコ葉の香り。若干癖のあるエグ味と渋みを感じる香りに、若干のシケモクのような正露丸のような漢方薬のような香りが混在しています。若干のナッツ感と甘みを感じる香りも。

吸います!

抜群のシケモク感!タバコらしさ満点の味わい!

これはあのニコチンが検出されて回収騒ぎになったTOBACCO GOLDに近い味わいだと言えるリキッドです。ただし、シケモクっぽさ全開のTOBACCO GOLDに対して、AMBER LEAFはシケモクっぽさもありながら、タバコ葉の芳醇な香りも同時に楽しめる高級感のあるセッティングになっている印象です。

最初にタバコ葉の香り、そのあとにシケモク感がやってくる印象です。

シケモクっぽさには、灰っぽさを強く感じるドライな印象。しっかりとリアルなタバコ感が演出されています。

酸味はほぼ感じないのですが、甘味は若干感じます。

これはかなりリアルなタバコリキッドです。ただ、タバコの良い部分だけではなく、灰っぽさやシケモクっぽさも内包しているので、好き嫌い分かれそうですが、リアル感を求めるユーザーには欠かせないものになりそうです。

hi-Salt A ニコチンソルトベース液

高濃度でも低刺激で吸いやすい 満足度が高い 元のリキッドの味が損なわれない

hi-Salt A ニコチンソルトベース液

hi-Salt A ニコチンソルトベース液

出典:HiLIQ

5種類のフレーバーリキッドの後にリリースされたのが、他のリキッドに添加することで、そのリキッドをニコチンソルトリキッドとして使用できるニコチンソルトベース液です。

サイズは3種類(30ml,100ml,120)で小容量より試すことができます。

パッケージボトルは3つともそのまま添加できない容器になっているので、添加するときにはシリンジ(注射器)などが必須です。若干不便ではありますが、キャップ側の裏側が盛り上がっていて、内側についた水滴が垂れにくい劇薬であるニコチンを扱うのにふさわしいボトルになっています。

添加すると、しっかりと肺にキック感を感じられる通常のニコチンとは違う満足感を感じるのが特徴に感じます。

味への影響は少なからずあり、若干口の中にヒリヒリ感・ピリピリ感を感じますが、変な辛味や苦味は抑えられているのが特徴です。

全く味に影響がないわけではないのですが、フルーツ系、タバコ系、ドリンク系などジャンルを問わずに添加してもマッチングの悪さを感じることはありませんでした。

濃度に関しては200mg/20%になっているので、通常のベース液よりも高濃度です。しかし、通常のニコチンよりも高濃度で運用するため、実際には添加するリキッドを薄めてしまうため、HiLIQリキッドに後から添加する場合には、濃度的に最初からニコチンソルトが入っているものを選んだ方が良いかもしれません。

ニコチン濃度の感想は?

今回オーダーしたのは、オーダー前にHiLIQのsuzan氏に推薦をいただいた40mgで統一しました。

到着した時に冷静になって「40mgは高濃度すぎたなぁ。吸えるのか心配」だったのですが、実際に吸ってみると普通のニコチンリキッドの40mgでは吸えたものではないと思いますが、hi-SALTシリーズの40mgについては問題なく吸えます

PODデバイスだと自信が持てなかった為、レビュー後にRDAでも吸ってみましたが、吸うことができました。普段ニコチンリキッドを吸わない筆者がこう感じるぐらいなので、強すぎるということはないと思います。

感じ方としては、普通のニコチンリキッドの8mg程度に感じます。

JUULが使用しているニコチンソルトと近いか?についてはJUULを使ったことがないためになんとも言えません。

今までに使ったニコチンベースリキッドに比べてイガイガしていないという感想。

もちろん、口内や喉にもキックを感じるのですが、肺にもキックを感じるのはニコチンソルトの方がしっかりと感じ、それとともに動悸を感じ、ニコチンが体内に取り込まれているのを感じます。

確かに普通のニコチンリキッドよりリアルタバコに近い感じというのは間違いありません。

ニコチンソルトリキッドを吸い出してしまうと、ノンニコチンフレバーリキッドが物足りなさを感じるのも頷けてしまいます。味は同じなのに、奥行きというか質感というか、満足感が増すのを感じます。

感覚的すぎてわからないかもしれませんが、ニコチンリキッドを常飲するのであれば、このhi-SALTシリーズをセレクトしたいと感じるぐらい良い印象でした。

よりタバコに近いニコチンソルトBも追加!

人気のHiLIQニコチンソルトリキッドに「ニコチンソルトB」が追加されました。

従来のニコチンソルトは「ニコチンソルトA」となり、2タイプからセレクト可能に。

では、2つのニコチンソルトの違いはといえば、感じ方が異なります。

ざっくりとまとめると

  • ニコチンソルトA
    HiLIQがが最初に発売したHi-saltシリーズ
    ダイレクトラング(DL)で吸う時に、胸が熱くなり、ずしりと重い感じを一番はっきりと感じることができる。
  • ニコチンソルトB
    より紙巻きたばこにに一番近い感覚
    喉への刺激が少なく、ニコチン吸収が素早く脳への刺激が強い。
    早い段階で喫煙感を得られる

では「ニコチンソルトA」との違いは?

  • 口当たりが柔らかく酸味が少ない
    ニコチンソルトAは天然のフルーツ酸を使っているので少しだけと酸味がある。
    ニコチンソルトBは安息香酸を使っているので、酸味が少なく、より吸いやすい。
  • ニコチン吸収がより早い
    安息香酸を添加することによって、より効率的にニコチンを血液に吸収。
    血液に溶け込んだニコチンは脳へ到達し、緊張緩和や覚醒をもたらす。
  • ガンクがたまりにくい
    ニコチンソルトAは天然のフルーツ酸を使っています。天然物を加熱すると澱が出やすく、その澱がコットンやコイルに蓄積してガンクが溜まりやすい。対してニコチンソルトBの場合、澱が出にくいため、ガンクが溜まりにくい。

実際に吸ってみると、たしかに喉への刺激が少ない上により早く喫煙感を得られるように感じます。

酸味に関してはもともと感じませんでしたが、人によっては酸味がきになる場合はニコチンソルトBをセレクトした方が良いかも知れないですね。

含気も確かにたまりにくいように感じました。

パッケージに違いはなく、貼られている透明ラベルのみの違いとなっています。

新商品 Wild Soul、Bumble Bee

新たなフレーバーとして、2種類のリキッドが発売されました。

  • Wild Soul キャラメルとバニラとコーヒー味
  • Bumble Bee 駄菓子のガムのフレーバー

こちらのリキッドのレビューは別記事で詳しくレビューしていますので、こちらをご覧ください。

【HiLIQ hi-SALT 新リキッドレビュー】Wild SoulとBumble Beeが新発売
HiLIQ(ハイリク)hi-SALT「ハイソルト」に2つの新しいリキッドWild SoulとBumble Beeが発売。hi-SALTはHiLIQの優れたコストパフォーマンス、紙巻きたばこに近いキック感のニコチンソルトリキッドです。

まとめ

【HiLIQ hi-Saltレビュー】ハイリクのニコチンソルトリキッドを買ってみました

ノーマルのニコチンリキッドよりも、さらにリアルタバコに近い体感ができるニコチンソルト。

PODデバイスでも十分にキック感が楽しめるので、リキッド消費を抑えて運用できるのでコストパフォーマンスは悪くないと思います。

個人的にはDOCTOR MENTHOLが一番吸いやすく美味しいと感じました。そして紅茶味のAGENT BLACK Tも美味しいです!

後にリリースされたニコチンソルトベース液も好評のようですよ!

ニコチンソルトが世界的に流行するのが頷けるリキッドでした。

興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

コメント