WISMEC

【OVNS JC01レビュー】大容量バッテリーのJUUL互換機!薄型ボディーのコンパクトデバイス

この記事は 約9分で読めます。

OVNS JC01レビュー

OVNSのVAPEスターターキット、JC01のレビューです。

なんと8mm厚の薄型ボディー!携帯性に優れたコンパクトなデバイスは、あのJUULの互換機としても使えます。小さな本体に400mAhの大容量バッテリーを内臓。もちろん、PODデバイスとして便利に使えるのは言うまでもありません。

このスターターキットの特徴

  • 大容量400mAhのバッテリーを搭載したJUUL互換機
  • リフィル可能なPODカートリッジを採用したコンパクトデバイス

利便性に優れたデバイス。味を十分に楽しめる機種ではありませんが、手軽にVAPEを楽しめるニコチンフィーダーとして優れた製品でした!

それでは詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

 

 

スポンサーリンク
べプログショップ

OVNS JC01とは?

OVNS JC01レビュー

コンパクトデバイスに定評のあるOVNSの新デバイスJC01、JUULの互換機らしいです。

出典:JUUL

JUULはスマートでコンパクトなデバイス。欧米で大ヒットしている電子タバコデバイス。

JUULの特徴は、ニコチンソルトが。”ニコチン”は単純に気化させて吸い込んでも紙巻きタバコのような吸い心地にはならないので、ニコチンに塩基を加えて”ニコチン塩”にすることで、燃やしたタバコの葉を吸うのと同じ吸い心地を出すことに成功。

これがウケて大ヒットしているデバイス。

この「ニコチンソルト」はJUULの大ヒットをきっかけに、海外リキッドメーカー各社でも同じ「ニコチンソルト」の名前で売られていますが、その実態は製法も成分も各社で異なるようです。

筆者はJUULも、他社製ニコチンソルトも使用したことがありませんが、やはり一番クチコミの評判が良いのはJUULのもので、PODを海外から個人輸入して愛用するユーザーも少なからずいるようです。

 

基本的にJUULのPODは、リキッドが密閉されているクローズドシステム(リキッドの再装填不可)ですが、そのPODを相互利用できる互換機には魅力を感じるユーザーも多いのではないでしょうか。

また、JUULのバッテリーには専用の充電アダプターが必要で、それとセットで持ち歩かなくてはなりませんが、このOVNS JC01は汎用のmicroUSBで充電可能なのも魅力の一つかもしれません。

要はJUULのPODが使えるバッテリーとしても使用可能ということです。

逆にJUULバッテリーにJC1のPODも使用可能なのかな。相互利用ができるデバイスということです。

OVNS JC01レビュー

ボックス形状のボディーは非常にコンパクトです。

実際の製品を見てみると、おそらく写真よりもコンパクトに感じるかと思います。

理由は厚みが相当薄いからです。何と8mmしか厚みがありません。

サイズの割には若干重たく感じるボディーには、サイズの割に大容量400mAhのバッテリーを搭載。

これはJUULバッテリーの2倍の容量。JUULの大容量バッテリーとしても使える魅力があります。

OVNS JC01レビュー

もちろんPODはリフィル(リキッドの再装填)が可能。一般的なPODタイプのVAPEに準じた作りになっています。

複数のPODを一緒に持ち運べば、外出先でリキッドの再装填をすることなく使用することも可能。

PODのサイズが小さいので、複数持ち歩いても邪魔にならないサイズも魅力です。

OVNS JC01レビュー

出典:OVNS

そしてカラーバリエーションがめちゃくちゃ多いのも魅力(?)の一つです。何と14色展開!これならきっとお気に入りの色があるはず。

 

OVNS JC01のスペック

OVNS JC01レビュー

出典:OVNS

サイズH 65 × W40× D8mm
重量44.8g(実測)
出力モードBypass
リキッド容量0.7ml
リキッドチャージPodトップフィル
エアフローボトムエアフロー(調整不可)
コイルPOD内蔵型 1.5Ω セラミックコイル(通常リキッド向けは2.0Ω)
充電ポートmicroUSB(DC5V)
バッテリー400mAh
保護機能・ショートサーキット保護
・バッテリー電圧保護
メーカー公式サイトhttps://ovnstech.com/portfolio-item/jco1/

 

OVNS JC01 パッケージの開封

OVNS JC01レビュー

パッケージデザインはシンプル。

前面にはOVNSのロゴと製品のイラスト。側面にはJC01のロゴ。そして背面には内容品の詳細とともに、製品偽造防止のスクラッチ式セキュリティーコードの入ったステッカーが貼られています。

OVNS JC01レビュー

内容品一覧

  • OVNS JC01 バッテリー本体
  • OVNS JC01 PODカートリッジ
  • microUSBケーブル
  • ユーザーマニュアル(英語)、ワランティーカード

内容品もシンプル。本体とPODが一つ。そして充電用ケーブルに、マニュアル類が同梱されています。

OVNS JC01レビュー

マニュアルは英語のものですね。図解が入っているので、使い方は図を見ればわかるようにはなっています。

 

OVNS JC01の詳細

OVNS JC01レビュー

OVNS JC01とOVNS SABERの大きさ比較

OVNS JC01レビュー

このOVNS JC01ですが相当にコンパクトです。同社がリリースしているSABER(写真はOEM製品である同等品)とサイズを比較してみました。

【スターターキット】EasyVAPE / RAINBOW レビュー!(SABER/OVNS)
べプログオリジナルのスターターキット、EasyVAPE  RAINBOW スターターキットのレビューです。 加熱式iQOSの販売伸び悩みが明らかになり、フィリップ・モリス株が暴落したのが記憶に新しい昨今のタバコ事情ですが、それ...

スティック型のSABERも相当コンパクトなのですが、それよりも一回り小さいサイズ感が魅力です。

OVNS JC01レビュー

PODのサイズもかなり小さいことがわかります。当然互換性はありません。

 

バッテリー部分の詳細

OVNS JC01レビュー

バッテリー部から見ていきます。

バッテリー本体の質感は、ラバーペイントのようなマットなもので、手触りに若干の弾力を感じる仕上がり。すべすべした感触で、モノとしての完成度の高さを感じさせます。

OVNS JC01レビュー

背面には”Designed & Manufactured By OVNS”のプリントが入ります。

OVNS JC01レビュー

前面にはOBNSのロゴ、そしてその下部には4つのLEDランプが設けられています。

OVNS JC01レビュー

出典:OVNS

上3つはバッテリーのインジケーターになっています。バッテリー残量をランプの点灯数で表示します。3段階表示ですね。

一番下のランプはPODを差し込んだ時や、吸っている時に点灯するランプです。

OVNS JC01レビュー

バッテリーの充電は本体底に設けられたmicroUSB端子から行います。

OVNS JC01レビュー

本体上部には無数の穴。メーカーの図を見てみるとバッテリー直上にホールが設けられているので、バッテリーベントホールとして機能するものだと思われます。

デザイン的にもワンポイントになっていますね。

POD部分の詳細

OVNS JC01レビュー

POD部分を見ていきます。

まず、リキッド残量の確認ですが、PODの上部のみがバッテリーから飛び出ているデザインで、半分ほどまでの残量は確認可能ですが、それ以下の容量はいちいち外して確認しなければなりません。

どちらかといえば、デザインやサイズ感を優先したデザインになっています。

OVNS JC01レビュー

マウスピース(口を加える部分)はPOD一体型。これは一般的なPODタイプのVAPEと同様の作りです。プラスチック製のマウスピース。仕上げは表面に凹凸感のあるものですが、触り心地はスベスベとした感触で、唇に触れた時にストレスを感じさせない作りになっています。

マウスピースの中央には、ミストが通るホールが開いています。

OVNS JC01レビュー

PODの取り外しは簡単です。PODをつまんで本体から引き抜くだけで着脱可能。

OVNS JC01レビュー

PODと本体には、側面に凹凸があり、そこが引っかかってホールドされています。

OVNS JC01レビュー

このJC01には2種類のPODが用意されています。

  • CBDリキッド用のPOD 1.5Ωセラミックコイル
  • 通常リキッド用のPOD 2.0Ω(レビュー時点で未発売)

提供元で取り扱っている本体および交換用PODは、メーカーの方ではCBDリキッド用とされている1.5Ωセラミックコイルのものになります。

1.5Ωセラミックコイルは、欧米市場を意識した仕様になっており、CBDリキッドやニコチンソルト用にチューンされていますが、もちろん通常のリキッドでも使用可能だということです。

またこのPODはJUULのPODのサイズと互換性があ理、相互にPODやバッテリーで使うことができます。JUULの予備バッテリーとして使ったり、JUULのバッテリーにJC01のPODをつけたりすることが可能です。

OVNS JC01レビュー

PODの作りは、一般的なPODタイプのVAPEと変わりありません。ボトム部分に内蔵したコイルに電気を伝えるための端子が設けられ、その間にはボトムエアフローのエアホールが設けられています。

エアホールはおおよそ1.5mmほどの大きさです。

なお、ドロー(吸い込みの抵抗感)の調整機能は搭載されていません。

OVNS JC01レビュー

リフィル(リキッドの再装填)は、マウスピース兼用のトップカバーを外して行います。

OVNS JC01レビュー

中にはゴム製のキャップがはまっているので、これを外して、PODのタンク部分にリキッドを装填することができます。

PODのリキッド容量は0.7mlと一般的なPODタイプのVAPEと比べて少なめな容量になっていますが、その分PODのサイズがコンパクトに抑えられているのが特徴です。

 

OVNS JC01のPODカートリッジの分解とリビルド

このPODカートリッジにはセラミックコイルが使われているので、同じようにリビルドするのは仕様的にも難しいのですが、中のコイルを確認するために分解してみたいと思います。

また、PODのバリエーションとして、セラミックではないコイルもラインナップされており、こちらもつくりは一緒だと予想できますので参考にされるとよろしいかと思います。

しかし、この分解およびコイルリビルドの作業は、メーカー推奨外の行為です。あくまで自己責任で作業することが求められますので、慎重に作業するのが良いかと思います。

OVNS JC01レビュー

PODの作りを見てみると、ボトム部分は接着されていないようです。中にはシリコンゴムパーツがあり、みる限りリビルド可能な構造になっているように思えます。

OVNS JC01レビュー

まずは電極部分を分解します。細い針のようなものを使って、電極を外してやります。

この電極は、シリコンゴムのようなパーツにはまっているだけなので、こじってやれば簡単に外せました。

OVNS JC01レビュー

2つの電極を外します。小さなパーツですので亡くさないように注意。なくすと再構築は不可になります。

OVNS JC01レビュー

電極パーツでコイルレッグのワイヤーを挟んでいる構造ですね。

OVNS JC01レビュー

まずは抑えにもなっている樹脂パーツを慎重に外します。

OVNS JC01レビュー

接着剤は使われていなかったので、マイナスドライバーなどを隙間に滑り込ませて外すことができました。

OVNS JC01レビュー

次に奥側に付いているシリコンゴムパーツも外します。これも簡単に外せました。

OVNS JC01レビュー

コイルです。やはり、コイル周辺にはセラミックが使われています(周囲のウィックはこのセラミックにリキッドを供給するためのもの)そのため、同様のリビルドは一般的に難しいでしょう。

ですが、通常のウィックを使ってのリビルドは可能な構造です。

しかし、筆者は縦組みコイルのリビルドが苦手なので、そのまま戻しました。リビルドにチャレンジする方はこの記事を参考になさってください。

 

OVNS JC01の使い方

OVNS JC01レビュー

オートスイッチのPODタイプデバイス。本体にスイッチは一切なく、操作を必要としません。PODを吸い込むだけで自動で電源がONになる機構で、吸い込むだけでミストが発生します。

  • 電源ON/OFF… 操作なし
  • Vaping…  PODを咥えて吸い込む

吹き戻しの誤動作について

息を吸い込むのではなく、息を強く吹き込んでしまうとスイッチが入りっぱなしになってしまう誤動作が発生します。

ただし、誤動作しても5秒後には自動で電源がオフになります(自動カットオフ)

吹き戻し後に自動カットオフになった場合、その後に吸い込んでもミストは発生しないので、一度PODを外してやる必要があります。

結構弱い力で吹き込んでもこの誤動作は発生します。

また、強制的にPODを外せばこの誤動作は解消されます。

誤って息を吹きこんだり、不意に吹いてしまって吹き戻しが発生してしまった場合には焦らずにPodを取り外し、その後再度Podを取り付ければ問題ありません。

 

OVNS JC01を使った感想

OVNS JC01レビュー

まず、小さいですね!これ本当に良いサイズです。厚みが薄いのが非常に良いです。

作りも結構良くて、使う前からテンション上がります。ガジェットとしてよくで期待つくりだと思います。

写真でその魅力が伝わっていると良いのですが。

そしてちょっと重ための重量なのですが、PODの作りが良いからか、咥えやすいかなのか、一瞬であれば咥えVAPEもできちゃいます。やっぱり重たいですけどね。

OVNS JC01レビュー

味はですね、フレーバーリキッドだとちょっと物足りないかな、という印象です。

僕は最強レベルに強いメンソールリキッドで運用していますが、それでもメンソールの清涼感はかなり抑えられてしまっているので、味を楽しむ用途には向かない印象です。

やはり利便性を追求したデバイスなので、メーカー推奨の通り、CBDオイルやニコチンソルトリキッド、そしてメンソールなどのキックのあるリキッドで運用するのが良いと思います。

 

JUUL互換機としての評価は、自分自身JUULを使ったことがないのでわからないのですが、microUSB充電可能で、バッテリー容量が2倍であれば、JUUL PODの運用も楽なのではないかな、と思います。

コンパクトな純正品か。それともバッテリー容量を取るのかの選択はユーザー次第ですね。

 

OVNS JC01のまとめ

OVNS JC01レビュー

コンパクトで携帯性に優れたPODデバイス。片手サイズに400mAhの大容量バッテリー。

筐体の作り込みが良く、ガジェットとして完成度の高い製品です。

フレーバーリキッドの味を楽しめるほど、味に優れた製品ではありませんが、ニコチンソルトやメンソール・ミントなどのキック感を楽しむには十分でしょう。

利便性を追求したニコチンフィーダーとして検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スターターキット
スポンサーリンク
べプログショップ
VAPE Circuitをフォローする
VAPE Circuit|初心者のための電子タバコ レビューブログ