【RIPE VAPES VCTシリーズ レビュー】人気リキッドがシリーズ化!4種の新たなフレーバー!

RIPE VAPES VCTシリーズ レビュー

RIPE VAPES(ライプベイプス)のVAPEリキッド、VCTシリーズのレビューです。

VCTにバリエーションが追加!VCTにさらにフレーバーをプラスして、4つのリキッドを作り上げた人気シリーズです。

このリキッドの特徴

  • 人気のVCTにさらにフレーバーをプラスした新リキッド 4種類
    ・VCT CHOCOLATE(ブイシーティー チョコレート)
    ・VCT COCONUT(ブイシーティー ココナッツ)
    ・VCT STRAWBERRY(ブイシーティー ストロベリー)
    ・VCT BOLD(ブイシーティー ボールド)

詳細をレビューしていきます。

商品提供:VAPE STEEZ

スポンサーリンク
べプログショップ

RIPE VAPES VCTシリーズの詳細

RIPE VAPES VCTシリーズ レビュー

RIPE VAPESはアメリカ カリフォルニア州のVAPEリキッドメーカーです。

世界的に有名なリキッドブランド。その中でも最も有名なリキッドが『VCT』(Vanilla Custard Tobacco)です。甘いバニラにクリーミーで濃厚なカスタード、その甘いフレーバーとはミスマッチに感じるタバコをブレンドしたスイートタバコ系フレーバー。

圧倒的な知名度を誇る人気のフレーバーです。そのフレーバーは、フレッシュさを感じるバニラと、濃厚でクリーミーなカスタードをミックスした甘さ溢れるフレーバーに、ローストアーモンドを感じさせる香ばしさをプラスする事で、タバコのようなニュアンスを演出したリキッド。

独特の癖が病みつきになるリキッドで、その魅力にリピートするユーザーが続出。中毒性すら感じるリキッド。

オーク樽で熟成させたスペシャルバージョンも人気です。

そのバリエーションとしてリリースされたのが、VCTシリーズです。VCTの基本フレーバーに、4つのフレーバーをプラスしたバリエーション。人気シリーズのバリエーションは気になりますよね。

スペック

生産国made in USA
内容量60ml
VG/PG75/25
ニコチン0MG ノンニコチン(本国モデルにはニコチン入りもラインナップ)
主成分植物性グリセリン/プロピレングリコール/香料
ボトルチャイルドプルーフ機能付きユニコーンボトル
ブランド公式サイトhttps://www.ripevapes.com/

 

RIPE VAPES VCTシリーズ レビュー

リキッドのスペックはVG75/PG25に調整されています。しかし、パッケージにはより細かい数字が書かれていますが、これは香料も計算されているからです。ラベルにはロットやバッチナンバー、製造された年月などがプリントされているのも特徴。製造管理がしっかり行われているのを表すものとなっています。

「This product contains nicotine which is a highly addictive substance.」
※ 欧米の法令により本製品の箱には注意書きとして「この製品には高い習慣性があるニコチンが含まれています」と書かれていますが、ニコチンは一切入っておりません。

RIPE VAPES VCTシリーズの4種類全てをレビュー!

ここでは人気シリーズ「VCTシリーズ」の全種類をレビューします。実際に吸ってみた感想を交えた詳細なレビューをご覧ください。

VCT STRAWBERRY(ブイシーティー ストロベリー)

VCT + strawberry.
ローストアーモンドに甘くてセクシーなバニラカスタードを加えた豊かな仕上がりのタバコ風味で非常に人気の高い『VCT』にさらにストロベリー風味を加えた味のリキッドです。

RIPE VAPES VCT STRAWBERRY(ブイシーティー ストロベリー)

まず香りですが、間違いなくVTCっぽさを感じます。バニラカスタードの濃厚な甘さの奥にVCT独特のクセを感じる香りが潜んでいます。そして、そこに甘酸っぱさを感じられるストロベリーが主張する、そんな香りです。

VCTのストロベリーバージョンと聞いて自然にイメージできる香りの印象です。

それでは吸います!

VCTの濃厚さとストロベリーのフレッシュさを同時に楽しめるリキッド!

しっかりVCTですね。久々に吸いましたが、やっぱりVCTは名作です!バニラカスタードの濃厚さと、ローストアーモンドのような香ばしさ、そして塩っぱさとすら感じる独特のクセが病みつきになる、あのVCTそのものです。

ストロベリーが強いのかと思いきや、ほんのり良い香りが見え隠れするバランスで、ワンポイント・アクセントになっていて、VCTにもまして中毒性を感じるフレーバー。

甘さはかなり甘いですが、ノーマルVCTに比べるとストロベリーのフレッシュさですっきりと吸える印象です。

VCT COCONUT(ブイシーティー ココナッツ)

VCT + Coconut.
ローストアーモンドに甘くてセクシーなバニラカスタードを加えた 豊かな仕上がりのタバコ風味で非常に人気の高い『VCT』に さらにココナッツ風味を加えた味のリキッドです。

RIPE VAPES VCT COCONUT(ブイシーティー ココナッツ)

香りですが、これもはっきりとVCTを感じられます。バニラカスタードの濃厚な甘さをまとった香りにローストアーモンドのアクセント、そして独特のクセ。ココナッツはほのかに香る上品さを感じる香りに留まっています。

吸います!

VCTがしっかりと下支え!ほのかなココナッツフレーバーが上品なリキッド!

これもVCTフレーバーはしっかりとしています。バニラカスタードの濃厚さと、ローストアーモンドでタバコを感じられる仕上がり、独特のクセは健在です。

このフレーバーはさっぱりですね。ココナッツはそこまで主張が強くなく、ほのかに香りを感じるバランス。南国っぽさではなく、上品さを感じられる仕上がり。香りは控えめで、ココナッツオイルのような油分を感じられます。

甘さはしっかりとしているものの控えめなのですっきり吸えます。ノーマルVCTよりもかなりさっぱりに感じます。

ココナッツは強い香りの物が多いですが、このリキッドではココナッツを上品に感じられ、カスタードと融合しているように感じられます。これもおいしい!

VCT CHOCOLATE(ブイシーティー チョコレート)

VCT + chocolate.
ローストアーモンドに甘くてセクシーなバニラカスタードを加えた 豊かな仕上がりのタバコ風味で非常に人気の高い『VCT』に さらにチョコレート風味を加えた味のリキッドです。

RIPE VAPES VCT CHOCOLATE(ブイシーティー チョコレート)

このフレーバーだけ飴色のリキッドカラー。チョコレートを連想さえる色合いです。

香りはVCTっぽさが全面に感じられます。バニラとカスタードの濃厚さの中に、ローストアーモンドの香ばしさ、そしてVCT特有のクセ。その中に若干の蜜っぽさのような甘さを感じる香りを感じます。チョコレートっぽさは正直感じません。

吸います!

上品なVCTフレーバー!濃厚さが際立った大人の雰囲気!

これはシリーズとはちょっと違う雰囲気です。はっきり「チョコレート」というストレートさではなく、ココアのようにも感じるダークチョコレートっぽさをVCTの中に融合したフレーバーです。チョコレートのようにも感じますし、ウッドチップのような奥深い味わいにも感じます。

もちろんVCTっぽさは健在で、バニラカスタードの濃厚さの中にローストアーモンドと独特のクセが際立っています。

蜜のような特徴のある甘さを感じますが、強すぎないので甘ったるくはありません。

質感のある味、ですね。雑に吸えないというか、ミストを吐き出す時にゆっくりと吐き出したい。大人の奥深い味わいを感じるリキッドです。

VCT BOLD(ブイシーティー ボールド)

VCT with a stronger tobacco taste.
従来のVCTの味をより深く、且つ濃いものに。 古典的なタバコの味の大胆さをより重視した、 豊かでフル・フレーバーのVCTバージョン。

RIPE VAPES VCT BOLD(ブイシーティー ボールド)

フレッシュなバニラが強い印象ですが、香りはまさにVCT。舐めてみるとハチミツのような独特の甘さがあります。

吸います!

確かにVCT、なんだけどちょっと違う。濃厚というよりフレッシュ感とスモーキーさをより一層感じる仕上がり

説明では『従来のVCTの味をより深く、且つ濃いものに』となっていますが、フレーバーが濃くなっている感じではありません。バニラのフレッシュさが全面に出ている仕上がりで、VCTらしさは感じるものの別バージョンといった仕上がり。

そして、後味のクセ・タバコらしいスモーキーさをより一層感じられます。

ということはフレーバーが濃くなっているとも解釈できるのですが、カスタード部分の濃厚さはノーマルと同じような印象なので、一部分が強調されている印象です。

後味がしっかりしているので、甘味が控えめに感じられてよりさっぱり吸える印象。口の中に甘さが残りません。

バニラカスタードの濃厚さは感じたいけど、甘さは控えめなVCTが欲しい人にはぴったりかもしれませんね!

まとめ

RIPE VAPES VCTシリーズ レビュー

人気リキッド『VCT』のバリエーションは、どのリキッドもベースのVCTフレーバーを活かした仕上がり。

ベースの雰囲気を壊すことなく、それぞれに違う味わいを提供するシリーズへと進化していました。個人的には爽やかな酸味が飽きずに吸える『VCT STRAWBERRY』と、大人な味わいの『VCT CHOCOLATE』がお気に入りです。

もちろんベースとなるVCTやスペシャルバージョンのPrivate Reserveもおいしいリキッドなので、試したことのないユーザーさんは、一度は吸ってみるべきリキッドです。

コメント