WISMEC R80 レビュー|18650シングルPOD!510アダプター標準装備でMODにもなる!

WISMEC R80 レビュー

WISMEC(ウィスメック)のVAPEスターターキット、R80「アール80」のレビューです。

18650シングルバッテリーMOD POD!
出力調整機能に最大80W出力の高性能デバイス!

510アダプター標準装備で、MODとしても使えます。

特徴や使い勝手など詳細をレビューしていきます。

商品提供:VapeSourcing

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク

WISMEC R80とは?

WISMEC R80 レビュー

WISMECのバッテリー交換が可能なハイスペックPODデバイスがR80「アール80」です。

以前はPODと言えば、簡易的な機能で簡単便利に使えるデバイスが主流でした。

しかし昨年2019年から、これまでのペンタイプデバイスを抑えVAPEスターターキットのメインストリームに取って代わると、多種多様に進化しました。

その中でも、ハイスペックモデルとしてデバイスブランド各社がリリースしているのが『MOD POD』と呼ばれる、テクニカルMODと同等の機能を持つ製品です。

WISMEC R80 レビュー

PODデバイスとしては大きめのボディー、その理由は「バッテリー交換可能」なことです。

MOD製品で一般的な18650バッテリーを収納できるのが最大の特徴で、バッテリー寿命に依存しないで製品を使い続けられること、スペック(最大出力・容量など)に優れているなどが挙げられます。

WISMEC R80の特徴

  • 18650シングルバッテリー仕様
  • 最大80W出力の高性能デバイス
  • カラーディスプレイ搭載
  • 510アダプター標準装備 テクニカルMODとしても使用可能

そして!なんと!510アダプターが付属するので、テクニカルMODとしても使えるのがWISMEC R80です。

ディティールを確認する前に、デバイスの特徴を見ていきましょう。

18650シングルバッテリー仕様

出典:WISMEC

WISMEC R80のバッテリーは、内蔵ではなく別売りです。

テクニカルMODで一般的な18650バッテリーをシングルで搭載可能です。
これによって、スペックに優れるだけでなく、バッテリー交換にも対応。

複数本バッテリーを持ち歩く運用はもちろん、バッテリー寿命に依存せずデバイスを使い続けることができます。

最大80W出力の高性能デバイス

出典:WISMEC

18650バッテリーを採用することによって、高スペック化を実現。

PODデバイスとしては超高出力、最大80W出力が可能です。

ただし、最高出力と安全性はバッテリースペックに依存しますので、WISMECでは放電電流25A以上のバッテリーを推奨しています。

カラーディスプレイ搭載

出典:WISMEC

POD MOD製品において、デバイス各社が採用するカラーディスプレイを採用。

しかも、大型でデザイン性にも優れたものを採用しています。

510アダプター標準装備 テクニカルMODとしても使用可能

出典:WISMEC

POD MODジャンルの製品としては、後発となるだけに、人気製品やトレンドなどの分析から、ユーザーの嗜好に合わせた製品に。

510アダプターが付属します。

PODの代わりに使うことによって、テクニカルMODとしても使用可能。
通常の510スレッド搭載のアトマイザー用として使うこともできます。

カラーバリエーション

出典:WISMEC

全5種類のバリエーション。

それぞれ、名前に合わせたスキンが採用されています。

  • クラシックレジェンド(Classic Legend)
  • 流星群(Meteor Shower)
  • オーロラ(Northern Lights)
  • オーシャンスター(Ocian Star)
  • 量子世界(Quantum World)

スペック

出典:WISMEC

サイズH 116.2× W32× D31.5mm
重量111g
出力
VW(1w – 80W)
リキッド容量4ml
リキッドチャージPODボトムフィル
エアフローボトムエアフロー(調整可)
コイルプリメイドコイル交換式
充電ポートUSB-C(5V2A)
バッテリー18650シングルバッテリー(別売)
保護機能
  • 過充電保護
  • 過放電保護
  • 自動カットオフ(10秒)
  • 短絡保護
  • 過電流保護
  • 温度保護

パッケージ・内容品

WISMEC R80 レビュー

内容品一覧

  • WISMEC R80d バッテリー本体
  • WISMEC R80 Podカートリッジ
  • プリメイドコイル(WV-M 0.3Ω)
  • プリメイドコイル(WV01 0.8Ω)
  • 510アダプター
  • USB-C 充電用ケーブル
  • ユーザーマニュアル(日本語表記あり)・ワランティーカードなど

WISMEC R80の詳細

WISMEC R80 レビュー

スティック型のスリムなデザイン。提供カラーは『流星群(Meteor Shower)』

ボディー部分はメッキ仕上げ(鏡面)、質感は悪くありませんが、皮脂汚れや指紋が目立ちます。

WISMEC R80 レビュー

丸みを帯びた三角柱に近い形状、持ちやすさや転がり防止を考慮したフォルムです。

パネル部分のグラフィックは若干チープさがあります。

WISMEC R80 レビュー

写真で見るとかなりコンパクトなサイズなのかな?と感じるのですが、実物はかなり大きく、シングルバッテリーMODと比べても大型なサイズ感。

PODに携帯性と小ささを求めるユーザー向けではないでしょう。

それもそのはず、ハイスペック&バッテリー交換式ですから、仕様に合わせた大きさです。

 バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:18650シングルバッテリー(別売)
  • 出力モード:VW(1-80W)
  • パフ操作:マニュアル(ボタン式)
  • 充電ポート:USB-C(2A)
  • 保護機能:
    • 過充電保護
    • 過放電保護
    • 自動カットオフ(10秒)
    • 短絡保護
    • 過電流保護
    • 温度保護

WISMEC R80 レビュー

テクニカルMODの操作部分に準じた3ボタン仕様。

  • パフボタン 電源ON/OFなど
  • サブボタン 出力調整など

機能やスペックは、「ほぼテクニカルMOD」と遜色のない仕様になっていますから、可変出力などの設定がしやすくなっています。

ボタンは、本体と同じ金属製で、これも同じくメッキ仕上げで統一感があります。

WISMEC R80 レビュー

全面パネル部分に集約されたボタンと液晶パネル。

カラーディスプレイは、0.96inch TFTとかなり大型でインパクトがあります。

惜しいのは、照度(明るさ)が暗めなので、視認性がイマイチな点。
室内では問題ないものの、屋外(特に直射日光下)では見にくく感じました。

できれば明るさ調整機能がついているとなお良かったですね。

WISMEC R80 レビュー

大型カラーディスプレイというだけでなく、表示デザインもかっこいいですね。
好みに合わせたカラーテーマ(赤・黄色・青)が選べます。

また、表示項目も十分、5項目(バッテリー残量・ワッテージ・抵抗値・パフ時間・パフ回数)を表示します。

モードの詳細

  • VW駆動のみ(1W – 80W)

なお、駆動モードは1種類です。

WISMEC R80 レビュー

バッテリー収納部はボトムにあります。

スクリュー式キャップには、可能式。ハンドル付き。ツールなど不要で、ハンドルを引き起こすだけで、キャプの開閉ができます。

そして、コインなどを差し込む溝もあるので、キャップが堅く閉まってしまった場合などにも便利。もちろん、ベントホールも空いています。

WISMEC R80 レビュー

バッテリー交換に対応。18650(放電電流25A以上)を1本収納可能です

キャップとバッテリー収納部にはそれぞれ、バッテリー収納方向の記載あり。

WISMEC R80 レビュー

2A急速充電に対応。また、UBS-Cでケーブルを挿入するときの方向について心配する必要はありません。

WISMEC R80 レビュー

ストラップホールも装備。ネックストラップは付属しませんが、別途用意すれば首からぶら下げたりと活用できます。本体にストラップホールがあると安心ですね。

WISMEC R80 レビュー

510アダプター標準付属(Version 2キットのみ)マグネット式で簡単に着脱できます。

WISMEC R80 レビュー

28mmまでのサイズをオーバーハングなしで搭載可能。

もちろん、スプリング内蔵のオートアジャスト方式です。

アダプターはバッテリーからはみ出さない作りなので、アダプターを外したいときは取り付けたアトマイザーを引っ張るなどしないと外れません。

510スレッドを持つアトマイザーに対応します。

対応するサイズが28mmまでですから、標準的なサイズのアトマイザーであればほぼほぼ大王できるサイズです。

ということは、このR80のサイズも大きい、ということになります。

POD

PODスペック
  • リキッド容量:4ml
  • マウスピース:POD一体型
  • リキッドチャージ:ボトムフィル(プラグ式)
  • エアフロー:ボトムエアフロー(調整可)
  • コイル:プリメイド交換型(WISMEC WV)

WISMEC R80 レビュー

PODはマグネット着脱式。つまんで引っ張り上げるだけで簡単に着脱できます。

強めのマグネットで、不意に外れてしまうこともなさそうです。

なお、PODカートリッジの素材は公開されていませんでした。

WISMEC R80 レビュー

カバーキャップが付属。ダストカバーとして機能します。

マウスピース部分にカポッとはまるタイプです。

WISMEC R80 レビュー

PODカートリッジ一体型のマウスピース(交換不可)

5.7mm→8.5mm(逆テーパー)

WISMEC R80 レビュー

差し込み式のコイル。簡単に着脱できます。

WISMEC R80 レビュー

リキッドチャージはボトムフィル、リキッドチャージ時はPODカートリッジを外す必要あり。ゴムプラグ式です。

リキッド容量は4ML、ライバル機種などと比べてもかなり大きなタンク容量です。

WISMEC R80 レビュー

プリメイドコイルは新規格『WISMEC WV head』です。

WISMEC R80 レビュー

付属プリメイドコイル

  • WV-M 0.3ohm Coil Kanthal(カンタルメッシュ) 25-40W
  • WV01 Single 0.8ohm Coil Nicr(ニクロムワイヤー) 12-20W

DL向け・MTL向け2種類のバリエーションが付属します。

今の所、RBAユニットは用意されていないみたいですが、POD MOD製品ですから、リビルド可能なPODカートリッジなりコイルなりが用意されても面白いですよね。

WISMEC R80 レビュー

エアフローコントロールが一体化したコイルデザイン。
別体パーツではなく、一体化しています。

ボトム部分のAFCを回してドロー変更可能。
コイル抵抗値に合わせたサイズのエアホールを備えています。

WISMEC R80 レビュー

ボトムエアフローデザインのコイル、空気導入口は本体側面のエアホールから。

WISMEC R80の使い方・操作方法

WISMEC R80 レビュー

フル機能…ではなく、機能は限定的。ワッテージ変更の他にはカラーテーマ変更、ボタンロックが可能です。

  • 電源ON/OFF… パフボタン5クリック
  • 出力変更… 電源ON時にサブボタンで操作
  • カラーテーマ変更… 電源ON時にパフボタン3クリック
  • ボタンロック… 電源ON時にマイナスボタンとプラスボタンを同時長押し
  • Vaping… マウスピースを咥えてパフボタンを押しながら吸い込む

感想

WISMEC R80 レビュー

ドローに関しては、どちらも最適化されているんですが、MTL向けコイルはもう少しドローが絞れるとなお良かったですね。AFCの精度的に劇絞りはできません。

味は「なかなか」です。と言っても、最近リリースされるデバイスの中で、飛び抜けて美味しいわけでも、劣っているわけでもない「普通レベル」の味わい。

というのも、VAPEデバイスのレベルが上がってきて、「どれを吸っても及第点以上の美味しさ」は実現できているんですよ。差が出にくいというか、飛び抜けて美味しくないとというハードルが上がりまくっているわけです。

悪くないですよ。むしろ美味しい。でも、飛び抜けてすごい!っていうわけでもないです。

まとめ

『PODとしても使えるし、テクニカルMODにもなる!完璧じゃん!』と思いますよね

しかし、『PODとしてもMODとしても大型』であることを忘れてはいけません。

WISMEC R80 レビュー

人気のシングルバッテリーMODと比較しても、大きめです。

そして同じWISMECのMODと比べて機能も限定的ですから、『MODとしてのみ使いたい』と用途が最初から決まっている場合は、MOD製品の方が軽量コンパクトで多機能です。

WISMEC R80 レビュー

ただ、R80にも良さがあります。

それは「コスパの良さ」と「高性能・多機能POD MOD」という点です。

1W – 80W 出力機能は有していますから、機能は必要十分。
シングルバッテリーMODと比べて、かなり低価格で買える製品というのも良いですね。

PODとしてがメインで、気が向いたら他のアトマイザーでも使いたい用途にはぴったり。

PODに飽きても、バッテリー交換式ですから、長く使える製品。
「安くて遊べる製品」です。

通販はこちらから!

→ Wismec R80 Pod Mod Kit 80W [Vape Sourcing]

提供ショップの通販サイトはこちら!※クーポンコードR80Kで$23.99で購入可能です。

コメント