スポンサーリンク
べプログショップASLE

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー|ゴージャスなシングルドリッパー!

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

ARCHORDS JAPAN「アルコーズジャパン」のVAPEアトマイザー、Royal Crown RDA「ロイヤルクラウン・ドリッパー」のレビューです。

今までにないゴージャスなルックス!
王冠をイメージしたゴールドコーティング、ジルコニアをセット!

「デュアルサイドエアフロー」の定評ある味わいが楽しめるアトマイザー!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDAとは?

 

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

日本のVAPEブランド『ARCHORDS JAPAN(アルコーズ・ジャパン)』からアトマイザー第一弾商品としてリリースされたのがRoyal Crown RDA「ロイヤルクラウン・ドリッパー」です。

聞き覚えのないブランドなのはそれもそのはず、まだスタートして間もない(2019年11月29日情報解禁)ブランドなのですが、有名な日本人VAPE系YouTuber4人とベプログによるブランドになります。

ブランド名の由来
  • ARPEGGIO(分散和音)+CHORD(和音)

それぞれ独自の『音』を持った4人のYoutuberとベプログが、コードを奏でるかのようにシナジー効果でいい商品を生み出していこうという思いが込められたブランド名

著名人プロデュースということで、これからどんどん魅力的な商品がリリースされることが期待されるブランド

出典:ベプログショップ

アルコーズ・ジャパン第一弾製品は、Horick TVこーへいさんが考案したアトマイザーです。

こーへいさんといえば、過去にもメーカーコラボのアトマイザーをリリースしている実績もあります。

そんな有名YouTuberが作り上げた製品ですから、気になるのは当然ですよね。

Royal Crown RDAの特徴

  • ARCHORDS JAPANブランドの第一弾
  • Horick TVのこーへいさんがデザイン
  • MTLとDLのどちらも楽しめるるスタンダードなRDA
  • 王冠をイメージしたビューティーリング
    • 先端部分にはダイヤモンドをイメージしたジルコニア
    • 金色の部分には本物の金(18KGP)でコーティング

高い汎用性デザインにこだわった製品ですね!特に王冠をモチーフにしたビューrヒーリングが印象的で、豪華絢爛なイメージなのが非常に特徴的です。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

デュアルサイドエアフローのデッキを持つ、シングルコイル専用のRDAです。

ちなみにカラーバリエーションはゴールドのみとなっています。

スペック

直径22mm(ビューティーリング24.1mm)
高さ18mm(510スレッド・ドリップチップを除く)
重量36g
ネジタイプ510
ドリップチップ 510DT
コイルRBA シングルコイル
エアフローサイドエアフロー
BF対応○ BFピン付属

パッケージ・内容品

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

パッケージには、HorickTVこーへいさんからのメッセージ入りです。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

内容品一覧

  • ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA アトマイザー本体
  • エクストラ510ドリップチップ
  • スコンクピン
  • スペアパーツ一式(Oリング、デッキイモネジ)
  • ツール(マイナス)
  • リブルタブル用品(コットン*2、コイル*2)
  • 取扱説明書(日本語)

Royal Crown RDAの詳細

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

ゴージャスなテイストが魅力のRoyal Crown RDA、実はビューティーリングに凝った装飾が施されていますが、アトマイザー自体のデザインはシンプルです。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

ビューティーリングですから、もちろん取り外しもできますのでアトマイザー単体での仕様ももちろん可能、なのですが… 単体だとシンプルすぎて特徴のないルックスになってしまいます。

『Royal Crown(王冠)』というネーミングがついているぐらいですから、ビューティーリングを使う前提となっています。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

パーツ点数はドリッパーらしく少なく、分解・洗浄が楽に行えます。

ドリップチップ

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

510ドリップチップ規格なので汎用品ももちろんセットできます。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

付属品は2種類、どちらも黒い樹脂製で「くびれデザイン」の咥え心地にこだわったタイプ、内径サイズは共通。

左:全長14mm、露出部の高さ10mm、外径14mm、内径4mm
右:全長22mm、露出部の高さ18mm、外径14mm、内径4mm

DL・MTL両方に対応するということで、相応の内径スペックとなっています。

トップキャップ

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

エアフローコントロール兼用のトップキャップは2ピース方式、キャップ(上)には5種類のエアホールが空いていて、スリーブ(下)に空気を供給します。

つまりキャプを回して5段階にドロー調整が可能です。

エアフローバリエーション

  • 1.2mm × 2
  • 1.4mm × 2
  • 1.6mm × 2
  • 1.8mm × 2
  • 2mm × 2

MTLユースよりもDLユースにマッチしたスペックです。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

キャップを回すと両側のエアホールが連動して開閉する仕組みなので、片側だけを閉じたり開いたりすることはできません。

エアホールは若干斜め下に向けて空いています。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

スリーブのエアホールはデッキエアホールに供給される仕組みです。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

デッキとキャップには、しっかりハマる凹凸があって、ストッパーになっています。
ここをしっかり合わせてドッキングさせます。

それぞれギリギリサイズで余裕がないので、しっかりと合わせて取り付かないとうまくはまりません。

適当につけた後にクルクル回すのではしっかり取り付けられないので、若干の面倒くささを感じてしまいました。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

問題点もあって、Oリングの質があまりよくありません。
2回ほどキャップを着脱しただけでボロボロになってしまいました。

キャップを取り付ける際も固めなので、スムーズとはいえません。

しかし、通常はリキッドを塗布した状態で着脱するため、すぐにボロボロになってしまうことはないとは思いますが…

最近はOリングの質にこだわるメーカーも増えてきたので、細かい部分ですが使い勝手に直結する部分でもあるので改善してほしいポイントです。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

トップキャップ裏。エッジ部分がなだらかにラウンドしています。

デッキ

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

2ポスト2スレッド、シングルコイル専用デッキです。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

ポスト横には、エアホールが。あまり見ないデッキデザインですが、基本的には『デュアルサイドエアフロー』デザインですので、類似の製品の変形版と考えてよいでしょう。

これらのRDAのエアホールとポスト相関関係に似ていますが、ポストとエアフロー部分が別体で幅狭になることで、デッキの露出部分を大きくして、ビルドをしやすくしたものと考えられます。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

エアホールはドロップダウン(斜め下)で、コイル下に空気を供給するデザインです。

コイル冷却性能やミスト誘導性が考えられた仕様です。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

コイルクランプ部は今や定番的な仕様となっていますが、細いワイヤーでも確実にクランプできるデザイン。MTLでも使えるアトマイザーにふさわしいディティールです。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

ビルドしやすさに配慮したコイルジグガイド、高さも適正なので、コイルジグをセットすれば簡単にビルドできるように考えられています。

ポジティブピン

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

ポジティブピンの吐出具合は実測0.56mm。十分出ています。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

シングル仕様のポジティブピンは、ポジティブポスト固定ネジ兼用なので緩めて出っ張り具合を調整することはできません。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

スコンクピンも付属。

ただし、ジュースウェル底に供給されるデザインなので、コットンに染み込みきれないリキッドはスコンクボトルに戻ってしまいます。

Royal Crown RDAのビルド

ビルドしていきましょう。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

付属コイルはそこそこ太めのワイヤーで、3.0mm軸で巻いてある幅広のもの。

DL向けだと思われます。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

Ni80(ニクロム)、26ゲージ、3.0mm軸、6巻

もうちょっと細めのワイヤーで、巻き数少なめで巻いてみました。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

幅が狭いコイルでも足を広げてやれば問題なくクランプできます。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

コイルクランプ部とイモネジ にクリアランスがほぼないので、細線でも問題なくクランプできますし、ラフに締めても確実に固定できます。

また、ポストからキャップまで余裕があるため、若干長めにコイルレッグをカットしても短絡しないようになっているのも楽なポイントです。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

ウィックレッグは若干長めにカットし、ジュースウェルのそこまで届く長さにします。

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

ピントがきてない… レンズ変えてから多いんですよ… と関係ないことでした。

ビルドは「最高に楽!」レベルではないですが、難しくもありません。

今現在発売されているアトマイザーの中では「普通レベル」かな、と感じました。

アトマイザーのマッチング・使用例

感想とまとめ

ARCHORDS JAPAN Royal Crown RDA レビュー

今までにないゴージャスなドリッパー!

今までなかったですよね!こんなテイストのアトマイザーは。
王冠をイメージしたデザインだけでなく、ジルコニアまでセット!

特徴ありすぎなルックスなので、好き嫌いがはっきり分かれそうですが、MODと合わせた限り心配していた「ミスマッチ感」はあまりありませんでしたので、機種選ばずに使えそうです。

味についても『変形型デュアルサイドエアフローデッキ』ですから、美味しいのは間違いありません。

ただし、ドローはあまり絞れませんから個人的にはDL向けだな、と感じました。
重めのDLが好きであればマッチするのではないでしょうか。
ダイレクトかつウェットなミスト、ドリッパーの醍醐味が味わえます。

デザインありきなので、見た目が気に入れば!という商品ではありますが、他にない製品ですので「これじゃないと!」と感じる人なら是非!

コメント