Eleaf iJust Mini レビュー|φ22mmのコンパクトテクニカルチューブ!3段階出力調整!

Eleaf iJust Mini レビュー

Eleaf(イーリーフ)のVAPEスターターキット、iJust Mini「アイジャストミニ」のレビューです。

iJust Miniは、他社製品の良いところを取り入れつつ、シンプルなボディーデザインとコスパに優れた製品としてEleafがそれを再構築した製品です。

PODデバイスは確かに便利ですが、RBAで自分でビルドしたい!というユーザーは多く、それらのアトマイザーをコンパクトに持ち運べるバッテリーとしても活躍するのはiJust Miniです。

詳細をレビューします。

商品提供:VapeSourcing

スポンサーリンク
べプログショップ

Eleaf iJust Miniとは?

Eleaf iJust Mini レビュー

iJust Miniは中国の大手VAPEブランドがリリースするVAPEスターターキットです。

1,100mAhの大容量バッテリーを搭載しながらも、コンパクトなサイズのチューブタイプバッテリーに、Eleafが新開発した『GTコイル』を採用したDL~MTLまで対応するクリアロマイザーをセットにしたチューブタイプのスターターキットです。

Eleaf iJust Mini レビュー

スーパーコンパクトサイズのペンタイプスターター、しかもバッテリーとアトマイザーがセパレートするのでそれぞれ使うことができるのも特徴です。

また、3段階に出力切り替えが可能なのも優れた点!High,Medium,Lowにボタンを3クリックするだけで出力の切り替えが可能です。

とはいえ、このiJust Miniは革新的かつ斬新な製品ではなく、既に他メーカーから同様のジャンルの製品はもう随分前に発売されていたりします。

こちらの製品も同じく出力調整機能付きで、バッテリー容量は若干少ない1,000mAHですが、iJust Miniより若干小さいサイズ(H 56×φ22mm)な上に、防水機能付き。

スペックだけ見れば完敗なのですが…

Eleafは今までにも、他社がもう製品を出しているジャンルに後出しして製品を投入して、そのジャンルのトップをかっさらうやり方をしていますが、このiJust Miniも同じことができるのか?

バリエーション

バリエーションを確認する前に『iJust』シリーズの歴史のおさらいを。
興味ない方は飛ばし読みしていただいて結構ですよ。

「iJust mini」は、2016年にリリースされたiJust 2 miniよりもかなり後にリリースされながらもナンバリングが前になるなどかなり変則的なネーミング。

シリーズとしては、Eleaf iJust 3Eleaf iJust ECMEleaf iJust 21700と、ここ最近は「爆煙向け」製品のリリースばかりでかなり大型のものばかりでしたが、今作は「小型軽量」のミニサイズ製品として久々の製品であり、その用途もMTL~DLまでとシリーズとしては「変わり種」です。

 

さて、話を戻してバリエーションの話。

出典:Eleaf

カラーバリエーションは全6色。

そのほかに、製品としてのバリエーションが3種類存在します。

  • CHILDPROOF VERSION(3ml and 2ml / 2 Coil variation)
  • BASIC VERSION(3ml Tank Only)
  • BASIC VERSION(2ml Tank Only)

「CHILDPROOF VERSION」は読んで字の通りチャイルドプルーフバージョンで、アトマイザー部分にチャイルドロック機構が採用されたもの。

このチャイルドプルーフバージョンには2種類のガラスタンクと2種類のコイルは付属します。

そして、ベーシックバージョンはチャイルドロックなしの「廉価」バージョン、タンクは1つのみで、2mlバージョンが存在するのはTPD対策でしょうね。

 

スペック

出典:Eleaf

サイズH 104 × φ22mm
重量90g
出力モードHigh , Medium , Low(3段階調整)
リキッド容量2ml , 3ml
リキッドチャージトップフィル
エアフローボトムエアフロー(調整可)
コイルEleaf GT head
充電ポートmicroUSB(DC5V)
バッテリー1,100mAh
保護機能
  • 低電圧保護(3.3v以下)
  • アトマイザーなし保護(3.0Ω以上)
  • ショートサーキット保護(0.3Ω以下)
  • 自動カットオフ(10秒)
メーカー公式サイトhttps://www.eleafworld.com/ijust-mini/

パッケージ・内容品

Eleaf iJust Mini レビュー

内容品一覧

  • Eleaf Just mini バッテリー本体
  • Eleaf iJust mini アトマイザー
  • Eleaf GT M コイル(0.6Ω メッシュコイル)
  • microUSBケーブル
  • ユーザーマニュアル(日本語表記あり)

レビュー品はベーシックバージョンなので付属品はこの通り。

他のバリエーションについてはEleaf公式サイトに付属品内容の掲載があるので参考にされたし。

Eleaf iJust miniの詳細

Eleaf iJust Mini レビュー

スタンダードなペンタイプボディー。
今ではPODデバイスが主流になっていますが、その前はこのiJust Miniのようなペンタイプ(円筒形)ボディーのスターターキットが、入門機としてのVAPEデバイスの主流でした。

バッテリーセルが円筒形なので、デバイスとしてのサイズを考えた場合に効率の良い設計ができるため、コストでも有利なデザインです。

Eleaf iJust Mini レビュー

冒頭での説明通り、iJust Miniの本体はバッテリーとアトマイザーがセパレートするため、それぞれ別々に詳細を見ていきます。

iJust Miniバッテリー

Eleaf iJust Mini レビュー

サイズ:H 57.8 × φ22mm
重量:45g

一般的なバッテリーセル18650よりも全長が短いコンパクトなサイズ、小さいだけでなく軽量。

Eleaf iJust Mini レビュー

左上:Wasp Nano RDA 右上:HOLIC MTL RDA 左下:GATE MTL RTA 右下:BERSERKER V1.5 MINI

少し前に大流行した18350 MODと似たサイジングで、キットとしてだけでなくお気に入りの22mmアトマイザーをマウントして使うこともできます。

Eleaf iJust Mini レビュー

アトマイザーマウント部分はフラットデザイン、直径22mm。
コンタクトピンはオートアジャストのスプリング式、若干スレッド部が浅く、ポジティブピンが長めなアトマイザーだと浮いてしまうものがあるのが弱点。

しかし、以前にはスターターキット付属のチューブテクニカルはコンタクトが固定式のものが多かったので、それを考えれば進化を感じられる。

Eleaf iJust Mini レビュー

エンブレムのような独特の形状のボタン、ボディー部分と違うメッキパーツが採用。

このボタンの周りにはLEDランプが配置されていて、バッテリーの残量出力モードの表示が可能です。

バッテリー残量表示

(100-60%) (59-20%) (19-0%)

バッテリー残量はパフした時に表示されます。

出力モード表示

(High) (Medium) (Low)

また、3段階に出力を可変させることができます。

ただし、出力特性(数値)は公開されていないので、どの程度の出力なのかわからないのがのがもどかしい。

Eleaf iJust Mini レビュー

そのボタンの裏には、内蔵バッテリー充電用のmicroUSB端子を備えている。

Eleaf iJust Mini レビュー

充電中はボタン部分のLEDが赤く点灯する。

Eleaf iJust Mini レビュー

ボディー部分は継ぎ目のない一体型のパーツで構成されていて、スレッド部分以外から分解することはできず、基本的にはユーザー側でバッテリー交換などのメンテナウスを行うことはできません。

iJust Miniバッテリーの底部分には安全性に配慮したバッテリーベントホールを小さいながらも装備しています。

iJust Miniアトマイザー

Eleaf iJust Mini レビュー

お次はアトマイザー部分です。

基本的にクリアロマイザーは、心臓部のコイルが味の源泉であり、ボディーはあくまでもリキッドを貯めるためのものに過ぎないため、重要なのはコイル。

コイルには新設計・新筐体の「Eleaf GT head」が採用されているのがいちばんの特徴です。

Eleaf iJust Mini レビュー

パーツ構成は一般的なクリアロマイザーと同様の作りで、特筆すべきところはありませんが、敢えて書くとすればタンク構成パーツが多い「タンク単体で成立するタイプ」なので、タンクにリキッドが残っていてもコイル交換が可能。

Eleaf iJust Mini レビュー

昨今コストのためか簡素化され続けるクリアロマイザーにおいては、しっかりとしたデザインで作られている数少ないクリアロマイザーだと言えます。

Eleaf iJust Mini レビュー

タンクのパーツが多いのでメンテナンスが面倒、かと思いきや、一部がコイルで保持されるタイプとあまりメンテナンス性は変わらない印象です。

Eleaf iJust Mini レビュー

ドリップチップの内径が4mmということからも、このアトマイザーがMTLもしくはタイト目のDL向けというのが容易に想像できます

トップキャップはスライド式で、レビュー品は「ベーシックバージョン」なのでチャイルドロック機構はない。

チャイルドプルーフバージョンのロック機構は、 Eleafサイトで確認すると、持ち上げ式のようです。

Eleaf iJust Mini レビュー

コイルは差し込み式、昔のinnokinクリアロマイザー「iSub」シリーズでよく使われていたタイプで、また最近他社機種でも採用され出したことから徐々に見直されつつある構造。

同じくベーシックバージョンなのでジュースチャンネル部分にロック機構なし。

しかし、このアトマイザーの構造aspire Tigonにそっくりですよね。

チャイルドロックといい、ジュースチャンネル部分のシャッター構造といい、コイルのマウント方法といい、パクって 参考にしたことは間違い無いんじゃないかと思います。

Eleaf iJust Mini レビュー

ポジティブピンはあまり出っ張っていません。実測0.53mm

Eleaf iJust Mini レビュー

それ以前に、ピンは完全固定されていないフローティング方式なので、スピリングコンタクト以外、特にメカニカルのハイブリッド接続で使うのは危険です。

Eleaf iJust Mini レビュー

エアホールはEleafお得意の2バリエーション。

AFCを回すことで、DL向けの長穴と、MTL向けの小さい5穴部分を選ぶことができるので、ドローの好みやコイルスペックに合わせてドローを変えることができます。

Eleaf iJust Mini レビュー

さて、新設計のGTコイル、そのスペックは?

  • Eleaf GT head (0.6Ω メッシュコイル)10-25W

別売品

  • Eleaf GT head (1.2ohm NiCrワイヤー)7-14W
  • Eleaf GT C head (1.4ohm NiCrワイヤー セラミックウィック)6-12W

ベーシックバージョンに付属するのは、流行りのメッシュコイルのみ。
その他には、ニクロムワイヤーの高抵抗コイルが2種類ラインナップされています。

このコイルを見た感想は「新設計する意味ある?」

サイズはMTL向けの「GS head」より大きく、「EC head」ぐらいなので、差し込み式にこだわらなければ既存規格で対応できたはず。

なぜ今になって差し込み式にこだわるのか?

個人的にはリキッドが残っていてもコイル交換ができるので、メリットは感じるのですが、なぜ今になって?

いろんな事情があるんでしょうね。

汎用性はないので、GT head試したければ、新アトマ買えってことですね。

iJust miniの使い方・操作方法

Eleaf iJust Mini レビュー

使い方は非常に簡単です。ワンボタンですからね。

  • 電源ON/OFF モード変更… ボタンを5回連続押す(5クリック)
  • 出力変更… 電源ON時にボタンを3回連続押す(3クリック)
  • 出力モード確認… 電源ON時にボタンを2回連続押す(2クリック)
  • パフ操作… 電源ON時にボタンを押しながらドリップチップを加えて吸い込む

 

iJust miniの感想

Eleaf iJust Mini レビュー

なんというか、他メーカーの製品のいいとこ取り、というか後出しジャンケンというか。
まぁそもそもEleafってそういうメーカーなのですが、それにしても露骨だなぁ、と。

これだけ有名になって、ヒット製品も多いのだから、業界牽引するような確認的な製品出せばいいのにって思ってしまうですよ。

普通に美味しいですね。

ただ、このぐらい味出るPODデバイスも出てきているので、そういう製品と比べてしまうと「でかいわりに、小さなPODと同じかよ」って感じてしまいますね。

メッシュコイルなので不味くないし、むしろ味出てるとは思います。
立ち上がりが鋭く、ウィックが馴染んでくるとかなり味は良いので、これで満足できるユーザーも多いはず。

出力はHigh・いちばん高い出力が最も良いですね。

ドロー

調整幅が広いので、タイトドローからかなり軽めのドローまで調整可能です。

ただ、付属メッシュコイルだと絞りすぎるど焦げるので、DLできるぐらいのドローにしとかないとすぐにコイルがダメになります。

漏れ・ジュルりなどの問題点は?

ないんですよ。これはすごく良い。

3日ほど放置しても漏れ、滲みはないし、暑いところに放置しても大丈夫。
さすが新開発のコイルだけあって、この部分に関してはしっかりと考えられてるくられているようです。

まとめ

Eleaf iJust Mini レビュー

すごく良い!これは買いだ!という部分はなく、無難に・普通に使えるベーシックな機種。

キットとしての評価はそうなってしまうのは致し方ないと思いますが、このサイズで1100mAhのバッテリーと、3段階出力調整付いているのは素晴らしい。

22mmアトマを活用するコンパクトバッテリーとして。

小さなサイズで22mmアトマを持ち運べる軽量コンパクト、そして価格に優れたバッテリーとしては優れた機種です。

通販はこちらから!

→ Eleaf iJust Mini Kit 1100mAh [Vape Sourcing]

提供ショップの通販サイトはこちら!

※当ブログオリジナルクーポンコードVC10でいつでも5%オフで購入可能です。

コメント