【Eleaf iJust 21700 レビュー】イーリーフ アイジャスト21700

【EleafF iJust21700 レビュー】イーリーフ アイジャスト21700

Eleaf(イーリーフ)のVAPEスターターキット、iJust 21700「アイジャスト21700」のレビューです。

EleafのiJustシリーズといえば、爆煙を簡単お手軽に楽しめるチューブタイプのスターターキットとして、今までに様々な形態で商品が発売されてきた人気シリーズの一つです。その最新機種が本機です。

このスターターキットの特徴

  • 爆煙チューブスターターキットの最新作
  • 21700バッテリー交換式のチューブタイプMOD
  • 漏れない構造の爆煙クリアロマイザー

こんにちは、Hiroです。

この記事は、VAPE専門レビューブログとして1200日以上ほぼ毎日更新を続けている筆者がEleafの最新機種を詳細をレビューします!

商品提供:VapeSourcing

スポンサーリンク
べプログショップ

Eleaf iJust 21700の詳細

Eleaf iJust21700の詳細

EleafのiJustシリーズ、初期の作品の頃からコンセプトは変わらずに、コスパに優れたコンパクトかつ大容量バッテリーのスターターキットという位置付けはブレません。

今までに発売された製品をまとめてみると

  • iJust start(φ16.5mm1300mAh , φ19mm1600mAh)
  • ijust 2 Kit(φ22mm×61mm 1100mAh,φ22mm×81mm 2600mAh)
  • iJust S(φ24.5mm×61mm 3000mAh)510 EC head
  • iJUST ONE(φ22mm , 1100mAh , オールインワン)
  • iJust NEXGEN Kit(φ24.5mm 3000mAh)510 HW head
  • iJust 3(φ25mm 3000mAh)
  • iJust ECM(φ25mm 3000mAh)

徐々に大型化していっていて、ついにはバッテリー交換式になってしまいました。

そして、このEleaf iJust 21700は、その名前の通り21700バッテリー対応のiJustシリーズということになります。名前そのままでわかりやすいですね!

Eleaf iJust21700を持ってみた

形状は、従来のiJustシリーズと同じチューブタイプです。円筒形のボディーが持ちやすいのが特徴ですが、やはり21700バッテリーを収納する為にサイズは大きめ(直径25mm)です。もはやペンタイプとは呼べないサイズです。

ただし、ここ最近リリースされたiJust 3iJust ECMと変わらない直径25mmサイズでバッテリー交換式になったのは大きな進化だと言えるでしょう。

ELLO DuroのコイルHW-M2 / HW-N2 Head

アトマイザーは、Eleaf爆煙クリアロマイザーのELLO Duroを採用。昔はスターターごとに新たなクリアロを開発していたEleafですが、最近はコイル規格も統一(爆煙ユースならHW head)するだけでなく、アトマイザーもバリエーションを増やすのを辞めたようです。

ユーザーとしては、スターター付属のクリアロにコストをかけられるよりも、販売価格が安い方がありがたいので良い傾向だと思います。

そして、このiJust 21700付属のELLO Duroは、今までのEleafスターターに付属するものとガイドラインは同じですが、リキッド容量が5.5mlへと大容量化しただけでなく、規格は一緒ながら専用のコイルを採用することでリキッド漏れを防ぐだけでなく、セルフクリーニング機能を搭載しています。

Eleaf HW headは、爆煙に対応するコイルなのですが、何機種か使ってみて感じたのは「リキッドが漏れやすい」ことだったので、リキッド漏れしにくくなったのは本当にありがたいですね!

出典:Eleaf

カラーバリエーションも豊富で、見栄えのするカラーリング5種類がラインナップされています。

スペック

サイズH 148×φ25mm
重量110g
出力モードBypass
MOD許容抵抗値0.1~3.0Ω
リキッド容量5.5ml(TPD版は2ml)
リキッドチャージトップフィル
エアフローボトムエアーフロー(調整可)
コイルプリメイド交換式(HW head)
充電ポートmicroUSB(DC 5V 1A)
バッテリーシングル 21700/18650
保護機能・過充電保護
・過放電保護
・過電流保護
・自動カットオフ(10秒)
・ショートサーキット保護
・バッテリー逆挿し保護
公式ページhttps://www.eleafworld.com/ijust-21700-with-ello-duro/

パッケージ・内容品

Eleaf iJust21700のパッケージ

パッケージデザインはEleafブランドとして共通性を感じるものです。大きさや素材感もおきまりのパッケージングですね。

Eleaf iJust21700の付属品

内容品一覧

  • Eleaf iJust 21700バッテリー本体
  • Eleaf ELLO Duro アトマイザー本体
  • アトマイザーコイル(HW-M2 / HW-N2 Head )
  • アトマイザー付属品(予備パッキン、ストレートガラスチューブ)
  • 18650バッテリースリーブ
  • microUSBケーブル
  • ユーザーマニュアル(日本語)

中には必要なものが全て揃っています。コイルは2種類、21700バッテリーは別売りですが、より汎用性の高い18650バッテリーを使えるアダプターが同梱されています。

アトマイザー部分の詳細

Eleaf iJust21700のアトマイザーはELLO Duro

まずはアトマイザーから見ていきます。Eleafの爆煙クリアロといえば、ELLO Duroです。最近の爆煙系スターターキットでは、当たり前のようについてくる決め打ち機種ですね。

ただし、スターターごとに異なるルックスを提供している違いもあり、このiJust 21700付属のELLO Duroも専用デザインが提供さてています。

なおかつ、リキッド容量も拡大している5.5mlバージョンとなっています。

また、バリエーションとして、チャイルドプルーフ付きとなしが存在するようです、今回のレビュー品はチャイルドロックなしでした。トップリフィル対応のスライド式トップキャップを搭載。

アトマイザーの構造などは、同機種を同梱する他のスターターキットのレビュー(Eleaf iJust 3Eleaf Lexicon , Eleaf iStick NOWOS)でご確認いただければと思います。構造的には全く同じです。

違いはタンク部分のデザイン、容量と付属のコイルです。

ELLO Duroのコイル

今回のキットに付属のELLO Duroには、革新的なLeakage-Proof&Self-Cleaning(LPSC)技術を誇る最新のHW-M2およびHW-N2コイルの2種類が付属します。

  • HW-M2(0.2Ω / 40-90W)パンチング
  • HW-N2 (0.2Ω / 40-90W)メッシュ

2つのコイルの違いは、パンチングとメッシュの違いのようです。抵抗値などは共通になります。

ELLO DuroのコイルHW-M2 / HW-N2 Head

この新たに設計されたHW-M2とHW-N2コイルは、どちらもリキッドリーク防止構造で設計されています。かなり長期間放置しても漏れることはありません。

さらに、コイルの底部は、ミストの結露を完全に吸収するためのマルチエアホールで設計されている徹底したデザイン。

そして、コイルのウィックには吸湿性材料として新しい多孔質コットンを使用しているので、リキッドをより完全かつ迅速に吸収します。

エアフローは、新しいHW-M2 / HW-N2ヘッドのセンターポールを通り、コイルとコットンに均等に向けられ、 より良い風味を備えた優れた蒸気交換体験を提供します。

出典:Eleaf

かなり漏れやすい構造で、ダダ漏れが発生することが多かったHW headの弱点を、構造的に防ぐ画期的なデザインですね。

さらにセルフクリーン機能も搭載しているらしいのですが、メーカーサイトの説明を見てもよくわからない上に、使っていても実感できるものではなかったので割愛いたします。

漏れなくなっただけでメリットは高いと思います。

バッテリー部分の詳細

Eleaf iJust21700のバッテリー

21700バッテリーを収納可能な直径25mmサイズのシンプルなテクニカルMODです。前作のiJust ECMに近いデザインで、素材感も似通っています。ただし、直径は同じですが、長さは1cm以上長い97mmもあるので、システム自体をできるだけコンパクトに抑えたい場合は、86mmと全長の短いEleaf iJust 3を選ぶのも良いかと思います。

実際に持ってみると、軽さに驚きます(55g)が、バッテリーを入れると125g程度になってしまうので、重量で選ぶのであれば前出の2機種が良いでしょう。

iJust 21700のメリットは、大きさでも重さでもなく、汎用バッテリー交換式であるということです。

シンプルかつコンパクト。そして大容量バッテリーを備えたチューブスターターのiJustシリーズはコスパを重視するため、シンプルなBypass(バッテリー電圧直接出力モード)のみで駆動します。

Eleaf iJust21700のロゴ

質感はチープなのですが、内側を見てみると金属素材が使われているのがわかるので、おそらくアルミのような軽量な金属でできているようです。

iJust ECMと同じような質感ですね。カラーリングのせいかもしれませんが、仕上がりの質感であればiJust 3の方が重厚感がある仕上がりでした。

ブラックカラーはあまり質感が良いとは言えません。また、以前はヘアライン仕上げのマットな質感の上下シルバーパーツに、クリアを吹いたような光沢感がある仕上がりに変更になっているのもチープさを感じる部分です。

Eleaf iJust21700のアトマイザー取り付け部分

ディティールを詳しく見ていきます。アトマイザー取り付け部は510スレッドですね。もう汎用規格と言って良いほど、ほぼ全てのアトマイザーが採用している規格です。

スプリングコンタクト方式。コンタクトピンは金メッキ仕様というツボを押さえたスペックを備えています。

Eleaf iJust21700にELLO Duroを取り付けてみた

直径25mmサイズのボディーには、同じく25mmサイズまでのアトマイザーをはみ出さずに搭載できることは言うまでもありません。

Eleaf iJust21700のパフボタン

上下のフレームパーツと統一感のあるスイッチデザイン。金属素材が使われていて、マットな質感のヘアライン仕上げになっています。この部分には、LEDランプが裏に仕込まれているので、スイッチオンで周辺が光るようになっています。

Eleaf iJust21700のmicroUSB端子

LEDランプは、同じく充電用端子であるmicroUSB端子部分にも透過して表示できるようになっていて、ボタンの後ろにあるLEDライトを見るだけでバッテリー寿命を簡単に確認することができます。

:100-60% オレンジ:59-30% :29-10% :9%以下
4段階表示でバッテリー残量はわかりやすいのですが、LEDランプの照度が低いのと、スイッチ側と端子側の中央部分にランプが仕込まれているため、視認性が高いとは言えないのが残念なポイントです。

Eleaf iJust21700のバッテリーベントホール

バッテリーキャップ部分には、小さいながらもバッテリーベントホールを装備。安全のために欠かせない仕様ですが、安全性のためにはもう少し大きなホールを備えているとありがたいとは感じます。

Eleaf iJust21700のバッテリー収納部分

スクリュー式のバッテリーキャップを外すと、中にはバッテリー収納方向の記載があります。この部分を確認すると、本体の素材が金属素材であることがわかります。質感が安っぽいので樹脂素材なのかと感じでしまいますが耐久性のある金属素材が使われています。

直径21mmのバッテリーを収納しながらも、素材を薄く加工することで25mmサイズに抑えています。

Eleaf iJust21700にバッテリーを入れる

21700バッテリーは付属しないので、別途用意します。18650バッテリーも使用できますが、それを使うのであればよりコンパクトなチューブスターターをセレクトする方が良いでしょう。

Eleaf iJust21700の充電

収納したバッテリーの充電はもちろんiJust 21700本体で可能です。

iJust 21700の使い方

Eleaf iJust21700の使い方

使い方はシンプルです。Bypass(バッテリー電圧直接出力)モードオンリーで駆動するため、電源オンオフ操作と、パフ操作のみで簡単に使うことができます。

  • 電源ON/OFF… 5クリック(スイッチを5回連続で押す)
  • Vaping…  ドリップチップを咥え、パフボタンを押しながら吸い込む

感想

Eleaf iJust21700の感想

21700バッテリー交換式のiJust。そのままの感想です。それ以上でもそれ以下でもないですね。バッテリー交換式でシンプルかつコンパクトにチューブMODが使いたい人向け、という位置付けの製品です

質感の仕上がりがチープになってしまっているので、以前の機種よりも安っぽさを感じるルックスになってしまっているのは残念です。

使い勝手は、普通に使えます。パフした瞬間に立ち上がる立ち上がりの良さもシリーズ共通で、0.2Ω低抵抗コイルで、お手軽に爆煙を楽しめる便利なスターターキットですね。

今回の最新機種で一番良いな、と感じたのはHW headの弱点、リキッドがダダ漏れするのを構造的に無くした点です。HW head搭載のアトマイザーをレビューしてきて、何度もダダ漏れしたと書いている通り、本当に漏れやすかったんです。Eleafちゃんとテストしているのか?と思うほど。

でも、今回のアップデートで漏れやすいことは認識していたとわかりました。

これでVG MAXなどVG比率高めのリキッドだけでなく、ちょっと緩めのリキッドでの運用も楽になりました。

肝心の味はというと、バーチカルのボトムエアフロープリメイドコイルに比べて若干薄いかな?という印象はありますが、メッシュコイルなりのミストで押してくる味は楽しめます。特別うまいという印象はなく、劣っているという印象もありません。

ただ、ドロー軽めにしてもミスト温度が高めなので、この部分で好みが分かれるかもしれません。夏場にはちょっときついかもしれませんね。

そして、2つのコイルの違いですが、あまり違いがわからないんですが、パンチングの方が感覚硬めというかシャープな印象。あまり当てはまる言葉がないのですが、リキッド次第という印象です。

HW head対応のアトマイザー用として、このコイルだけ買うのも良いと思います。漏れないというだけでメリット高いですよね!

まとめ

Eleaf iJust21700のまとめ

バッテリーの交換が可能になったおかげで、本体をバッテリー寿命関係なく使い続けられるのが最大もメリット。または、複数バッテリーを持ち運んで、充電運用なしで使うこともできます。

また、立ち上がりのストレスなく使えるチューニングと、漏れない構造のコイルを搭載したクリアロもポイント高いですね。

気になる点は多々あるものの、この価格でこの完成度はかなり良い出来です。爆煙チューブスターターの入門機としても良いと思いますよ!

通販はこちらから!

Eleaf iJust 21700 Kit 80W with ELLO Duro Atomizer  [Vape Sourcing]

提供ショップの通販サイトはこちら!

※当ブログオリジナルクーポンコードVC10でいつでも5%オフで購入可能です。

 

コメント