スポンサーリンク
スポンサーリンク

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

OXVAのVAPEアトマイザー、Arbiter Solo RTA「アービターソロタンク」のレビューです。

MTL ~RDLに特化したトップエアフローの漏れないタンク!
独自のエアフローシステムを備え、デッキサイド&ボトムの調整が可能です!

詳細をレビューしていきます。

提供:helthcabin

スポンサーリンク
スポンサーリンク

OXVA Arbiter Solo RTAとは?

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

OXVAのアトマイザー、Arbiter Solo RTA「アービターソロタンク」です。

勢いに乗る侵攻メーカーの、をオマージュ?したトップエアフロータンク!

様々な要素をミックスし、それにオリジナルエッセンスをプラス!
高い完成度を誇るアトマイザーを完成させました。

OXVA Arbiter Solo RTAの特徴

  • 直径24mmサイズのMLT&DLユースシングルコイルタンク
  • リキッドが漏れにくいトップエアフローデザイン
  • タイトドローMTLでも使えるエアフローシステム

Arbiter Solo RTAの概要から見ていきます。

リキッドが漏れにくいトップエアフローデザイン

blank

出典:OXVA

トップエアフローデザインといえば、リークレスですよね。

つまり、ボトムにリキッドが漏れる部分が物理的にないからリキッドが漏れない。
正確に言えば、内部で漏れても外には出ないってことです。

デザインも「典型」トップエアフローの定番的な感じで、わかりやすいです。

タイトドローMTLでも使えるエアフローシステム

blank

出典:OXVA

エアフローホールのバリエーションが豊富で、MTLでも使えるしRDLでも使えます。

更には、デッキの供給部の調整もできる独自の構造で、エアフローバリエーションが豊富ですから、自分好みのドローをコントロールできてしまいます。

blank

出典:OXVA

この部分がユニークで、コイルサイドとボトムからエアーを供給できます。

カラーバリエーション

blank

出典:OXVA

5種類の色展開、定番カラーを網羅しています。

OXVA Arbiter Solo RTAのカラーバリエーション

  • BLUEブルー
  • RAINBOWレインボー
  • SSステンレススチール
  • Gunmetal ガンメタル
  • Blackブラック

スペック

リキッド容量3ml
直径22.4mm
全長45mm
重量43.6g
ネジタイプ510
ドリップチップ510DT
コイルシングルコイル(RTA)
リキッドチャージトップフィル(スクリュー式)
エアフローボトムエアーフロー

パッケージ・内容品

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

内容品一覧

  • OXVA Arbiter Solo RTA アトマイザー本体
  • エクストラパーツ(ドリップチップ・ストレートガラスチューブ)
  • 予備パーツ(Oリング・デッキネジ)
  • ツール(六角レンチ)
  • ビルド用(プリビルドクラプトンコイル・コットン)
  • ユーザーマニュアル(英語)

Arbiter Solo RTAの詳細

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

どこかで見たようなデザイン、後発ブランドですから!

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

今まで出たトップエアフローの名器をオマージュ?つまりいいところどり!
Ammitの要素と、Zeusの要素を感じませんか?

コンセプト的にも「名器の良いところ取り」ですから、デザインもそうなっちゃいます。
でも!独自の要素もしっかりありますから、最後まで見ていってください。

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

構造はスタンダード、AFCは外れません。

ドリップチップ

2種類のドリチが付属、汎用規格です。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

プリセットは「くびれ」タイプ、内径はストレート。

全長17mm、露出部の高さ12mm、内径3.8mm

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

エクストラは外径が太いタイプ、ミストを拡散するテーパードデザイン。

全長14.9mm、露出部の高さ10mm、内径5→6mm(テーパード)

タンク

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

90度ロック式のトップキャップは、側面の厚みも適切、模様が滑り止めになって操作しやすい!トップフィル対応で利便性に優れています。チャージホールも大きく実用的です。

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

3ピースで構成されたタンクはガラス交換もできます。

そして、ボトムフィルにも対応して、リキッドが残っていてもデッキアクセス可能です。

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

お椀型のチャンバー、MTL ~RDL対応のアトマイザーらしくチムニー内径は細め。

チムニー内径:4mm

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

ここがユニーク!ドリップチップ部分のダイヤルを操作することで、デッキにエアーを供給する部分の開閉ができ、エアフロー調整が可能になっています。

今までになかった構造、これは面白い!

エアフローデザイン

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

そして、トップエアフローホールのバリエーションが豊富!

エアフローホールのバリエーション
  • φ0.8mm
  • φ1.0mm
  • φ1.2mm
  • φ1.5mm
  • φ1.8mm
  • オーバルホール

MTLでも使えるスペックのエアホールが充実、シングルホールにトリミングする穴がAFCに空いていて、タイトドローでも使うことができます。

デッキ

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

デッキは「シングルコイル専用」、デザインは定番的でどこかで見たことがあるようなデザイン。

デッキサイズ:15.5mm

デッキサイズは標準的、ポスト間隔は5.5mmと余裕があります。

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

しかし、エアホールの開き方はユニークで、サイド&ボトムエアフローです。

デッキエアフローホールのスペック
  • ボトム:Φ1.5mm
  • サイド:Φ3.0mm

先に述べたように、ドリップボトムのダイヤルを回すことで、デッキエアホールへの供給を変えることができます。

その場合、「サイドを閉じる」こともできます。

ダイヤルを回すと味の出方が変わるのが面白いです。

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

MTL ~RDLの割に、リキッド供給には余裕あり。ジュースチャンネルがでかい!

ポジティブピン

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

突起具合は1.02mm、ゴールドピン仕様。外してもデッキは分解しませんが…

Arbiter Solo RTAのコイルビルド

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

それではビルドです。とりあえず付属のコイルで組んでみます。

このようなRDL向けクラプトンコイルでもデッキサイズに余裕があります。
2箇所でクランプする典型的なデッキデザイン、細線でも逃げずにクランプできます。

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

サイドエアフローがあるのでコイル位置は高めにしました。
MTLで使う場合、コイル位置を低めに置いてみても良さそうです。

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

あとはリキッドチャンネルを埋めてやるだけ。
特別簡単ではありませんが、普通に楽にビルドできます。

アトマイザーのマッチング・使用例

感想とまとめ

OXVA Arbiter Solo RTA(アービターソロタンク)レビュー

独自の構造をプラス!MTL~RDLに特化したトップエアフロータンク!

個人的には「AMMIT MTL RTA」に「ZEUS」のデザインテイストを加えて、「Wasp Nano MTL RTA」のデッキデザインをミックスしたハイブリッドのように感じました。

名作をオマージュして、うまくミックス!そして、独自の要素をプラス!
デッキエアホールの開閉機能が斬新です!これはオリジナル?これもオマージュ?

全体としては非常に完成度の高い名器だと感じました。

通販はこちらから!

→ OXVA Arbiter Solo RTA 25mm 4ml

通販サイトはこちら!

コメント