スポンサーリンク
べプログショップ

SMOK RPM80 PRO レビュー|爆煙18650シングルバッテリーPOD!RPMコイルにも対応!

SMOK RPM80 PRO レビュー

SMOK(スモック)のVAPEスターターキット、RPM80 PRO KIT「REAL GAME CHAMGER」のレビューです。

18650シングルバッテリーのPOD MODデバイス!

PRMと新開発RGCコイルの2種類に対応!
もちろんRBAユニットも使えます。

『REAL GAME CHANGER』(本当に流れを一気に変える)とSMOKが大それた歌い込みをするほど、気合いを入れて送り出した製品、果たしてその性能は?

詳細をレビューしていきます。

商品提供:VapeSourcing

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク

SMOK RPM80 PROとは?

SMOK RPM80 PRO レビュー

中国のVAPEデバイスメーカー『SMOK』がリリースするPOD MOD VAPEが、RPM80 PROです。

RPM(Real Pod Mod)と言えば、昨年発売されて大ヒットしたRPM40が有名です。

今回アップデートバージョンとしてリリースされたRPM80 Proは、PODデバイスなのにバッテリー交換に対応したまさにPOD”MOD”と言う名前にふさわしいモデルとなっています。

SMOK RPM80 PROの特徴

  • 18650バッテリー交換式POD MOD
  • 最大出力80Wの高出力デバイス
  • 豪華で見やすいビッグサイズカラーディスプレイ
  • 2種類のコイル規格 RPM・RGC対応
  • 超爆煙仕様0.17Ω nexMESHコイル

80W高出力・新規格の爆煙コイルにも対応したモデルです。

18650バッテリー交換式POD MOD

出典:SMOK

汎用性の高い18650シングルバッテリーモデルです。

VAPEデバイスではおなじみの『18650』サイズのバッテリーを1本収納可能。

複数本バッテリーを持ち運んで使うだけでなく、バッテリーの寿命が来てもユーザーによって簡単に交換ができることによって、長い間いデバイスを愛用することができます。

最大出力80Wの高出力デバイス

出典:SMOK

RPM80 Proには、新しく開発された制御チップ『IQ-80』を搭載。

基本の保護機能だけでなく、バッテリーの性能を最大限引き出す最高出力80Wに対応しています。

豪華で見やすいビッグサイズカラーディスプレイ

出典:SMOK

POD MOD製品ではおなじみの、カラー液晶画面を採用しました。

もはや高機能PODデバイスの定番ですね。

視認性が良胃という使い勝手の面だけでなく、見た目にも鮮やかでルックスにもこだわったディティールです。RPMシリーズらしく、カラーテーマにも対応しています。

2種類のコイル規格 RPM・RGC対応

出典:SMOK

対応するコイル規格は2種類で、それぞれの専用PODが付属します。

出典:SMOK

RPMコイルも使える、ということは自分でコイルをビルドすることができるRBAユニットにも対応しているということです。

超爆煙仕様0.17Ω nexMESHコイル

出典:SMOK

新規格のRGCユニットは、これまでのコイルよりもビッグサイズ。

このコイルには、nexMeshテクノロジーを搭載した新しいRGCコニカルメッシュ0.17Ωコイルを搭載。

大量の蒸気を発生する「超爆煙仕様」、PODデバイスで爆煙が楽しめます。

カラーバリエーション

出典:SMOK

SMOKらしい豊富なカラーバリエーションは全7種類。

パネル部分だけが違うだけでなく、それに合わせたフレームカラーが採用されています。

スペック

出典:SMOK

サイズH 118× W31.5× D26mm
重量97.3g
出力
VW(1-80W)
抵抗値範囲
0.13-2.5Ω
リキッド容量5ml
リキッドチャージPODトップフィル
エアフローボトムエアフロー
コイルプリメイド交換式
充電ポートmicroUSB(5V 1.3A)
バッテリー18650シングルバッテリー(別売)
保護機能
  • インテリジェントアトマイザー認識
  • PCBA高温保護
  • ショートサーキット保護
  • 自動カットオフ(8s)
  • バッテリー電圧保護(2.4 – 4.3V)
  • バッテリー低電圧ワーニング

パッケージ・内容品

SMOK RPM80 PRO レビュー

内容品一覧

  • SMOK RPM80 Pro バッテリー本体
  • SMOK RPM80 Pro RGC Podカートリッジ
  • SMOK RPM80 Pro RPN Podカートリッジ
  • プリメイドコイル(RPM Mesh 0.4Ω)
  • プリメイドコイル(RCG Mesh 0.17Ω)
  • mimcroUSB 充電用ケーブル
  • ユーザーマニュアル(英語)・ワランティーカード

SMOK RPM40の詳細

SMOK RPM80 PRO レビュー

同じRPMシリーズのデバイスとは、若干異なるデザインコンセプト。

RPM40は、どちらかと言えば「硬派」メカっぽさを前面に出したカーボン調パネルが使われていましたが、PRM80 Proでは上品でスタイリッシュなレジン調に。

SMOK RPM80 PRO レビュー

18650バッテリーを搭載し、交換にも対応しているのでサイズは若干大きめです。

しかし、スリムなスティック型で、手に馴染むデザインなので「巨大」というほど大きくはなく、スリムタイプMOD+アトマイザーの組み合わせよりはコンパクトです。

このサイズで、80W出力の爆煙スペックを考えれば十分コンパクトだと言えます。

SMOK RPM80 PRO レビュー

RPM40とは違い、マウスピースがくわえやすい円筒形に。

ルックスよりも使い勝手にこだわった仕様。とは言え、デザインも悪くはありません。

SMOK RPM80 PRO レビュー

パネル調デザイン。この部分にはレジン樹脂をモチーフにしたマーブル模様が。

おそらくイミテーションだと思われますが、チープさはあまり感じない上品な仕上がりです。

 バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:18650シングルバッテリー(別売)
  • 出力モード:VW(1-80W)
  • 対応抵抗値:0.13 – 2.5Ω
  • パフ操作:マニュアル(ボタン式)
  • 充電ポート:microUSB(5V 1.3A)
  • 保護機能:
    • インテリジェントアトマイザー認識
    • PCBA高温保護
    • ショートサーキット保護
    • 自動カットオフ(8s)
    • バッテリー電圧保護(2.4 – 4.3V)
    • バッテリー低電圧ワーニング

SMOK RPM80 PRO レビュー

ボタンは3ボタンとなっていて、一般的なテクニカルMODと同様です。

  • パフボタン 電源ON/OFF , 出力変更
  • サブボタン 出力調整など

操作もテクニカルMODと同じなので、VAPEに慣れているユーザーであれば迷うことはないでしょう。

SMOK RPM80 PRO レビュー

出力は1-80Wの間、1Wごとに調整可能。

爆煙向けのデバイスなので、0.1Wごとのような細かい設定はできません。
モードはVWのみとシンプルなので、複雑な操作を必要とせず、シンプルに使えます。

RPMシリーズ共通の6パターンのカラーテーマ(白・赤・黄色・青・紫・緑)も搭載。

SMOK RPM80 PRO レビュー

収納した18650バッテリー充電用として、サブボタン下にmicroUSB端子を備えています。

充電電流は1.2Aとなっており、2020年にリリースされるデバイスとしては物足りないスペック。充電はどちらかと言えば遅いです。

SMOK RPM80 PRO レビュー

バッテリーの収納部は、スライド式カバーとなっています。パーツの着脱は必要としませんので、キャップなどを無くす心配がありません。

程よい硬さで、不意に開くことがないように調整されています。

ベントホールがないのがちょっと心配ですが、万が一の際はカバーが吹き飛ぶということなのでしょう。

SMOK RPM80 PRO レビュー

カバーにはしっかりバッテリー収納方向の記載あり。

SMOK RPM80 PRO レビュー

内部にもわかりやすい記載が。

バッテリーが触れる部分にはもちろん絶縁素材が使われています。

POD

PODスペック
  • リキッド容量:5ML
  • 素材:非公開
  • マウスピース:POD一体型
  • リキッドチャージ:トップフィル(プラグ式)
  • エアフロー:ボトムエアフロー
  • コイル:プリメイド交換型
  • コイルバリエーション:
    • RPMコイル
    • RGCコイル

SMOK RPM80 PRO レビュー

2種類のPODが付属することで、2タイプのコイル規格に対応しています。

  • SMOK RPMコイル
  • SMOK RGCコイル

RPMコイルは、その名の通りRPMシリーズのために開発されたコイル規格で、PRM40Fetch Miniなどに採用されていることから、バリエーションも豊富です。

RGCコイルはこのデバイスのために新開発された規格になります。

SMOK RPM80 PRO レビュー

形状からも分かる通り、同じシリーズであるPRM4のPODとは全く互換性はありません。

両方とも「トップフィル」に対応、PODを本体から外すことなくリキッドチャージできるのが便利です。また、リキッド容量も5MLに拡大しており、同じシリーズであっても使い勝手と容量が増えているバージョンアップが。

ゴムプラグにはわかりやすくコイルの種類が書かれています。

SMOK RPM80 PRO レビュー

ちなみに、コイル規格以外にも違いがあります。

  • RPMコイル エアフロー調整不可
  • RGCコイル エアフロー調整可能

RPMコイルはドロー調整できませんが、RGCコイルにはAFC付きで調整可能です。

SMOK RPM80 PRO レビュー

どちらもコイルは差し込み式なので、簡単にコイル交換できます。

SMOK RPM80 PRO レビュー

付属コイル

  • RPM Mesh 0.4Ω
  • RGC Mesh 0.17Ω

2種類のコイルが付属します。どちらも爆煙仕様ですが、特にRGCコイルはPOD用とは思えない超低抵抗のコイルになります。

有名なnexMeshのコニカル(円すい形)メッシュを使ったコイルを内蔵しています。
このコイル、それなりに味も美味しいですし、ご想像通りミスト量もかなりのものです。

別売RPM RBA Coilでリビルドにも対応

SMOK RPM RBA Coil レビュー

PRMコイル用のRBAユニットも用意されています。

RPM80 Proを購入検討している人は、おそらくこのRBA Coilも一緒に考えている人が多いと思いますので、別記事にて詳しくレビューしています。

シングルコイルで、説明によると0.6Ω見当でビルドするのを推奨しているユニット、SMOKらしい爆煙向けのユニットになっています。

RPM80 Proの使い方・操作方法

SMOK RPM80 PRO レビュー

操作はPRMシリーズ共通です。

  • 電源ON/OFF… パフボタン5クリック
  • 出力変更…電源ON時にサブボタンで操作
  • サブボタンロック… 電源ON時にサブボタン2つを同時長押し
  • パフボタンロック… 電源ON時にパフボタン3クリック
  • パフカウンターリセット… 電源ON時にパフボタンとマイナスボタンを同時押し
  • カラー変更… 電源ON時にパフボタンとプラスボタンを同時押し
  • Vaping…マウスピースを咥えてパフボタンを押す

複雑な操作は必要なく、シンプルに使えます。

RPM80 proの感想

SMOK RPM80 PRO レビュー

ここ最近のVAPEデバイスの流れとして、「18650バッテリーのPOD」が各社から発売されています。POD MODはもう出尽くしたから、次!ということなのでしょうね。

中にはWISMEC R80のように、510スレッドのアトマイザーも使える機種もあるのですが、これがかなり大きかったりします。

これを使うなら、正直『シングルバッテリーMOD+アトマイザー』の方が良いのではと思うこともあったのですが…

ではRPM80 Proはどうか?というと「絶妙かつギリギリ」です。

これ以上大きかったらナシというギリギリをせめているような印象ですね。
写真で見ると大きく感じるんですが、手に馴染むラウンド形状とスリムなシェイプ。

もちろんPRM40よりは大きいのですが、個人的には許せる範囲内です。
「爆煙特化型POD」というキャラクターもあります。

  • 80W出力対応の18650シングルバッテリー
  • PODなのに、0.17Ωの超爆煙コイルでも問題ナシ!

なのにこのサイズは小さい!と感じてしまうんですよ。

まとめ

SMOK RPM80 PRO レビュー

爆煙をコンパクトサイズで楽しめるバッテリー交換可能なPOD MOD!!

MTLデバイスとしか思えないスリムボディーに似つかわしくない、高出力80W。
RBAユニットにも対応しているので、使い切りではなく、末長く使っていけそうですね。

爆煙好きなら見逃せない製品ですよ!

通販はこちらから!

→ SMOK RPM80/RPM80 Pro Pod Mod Kit 80W [Vape Sourcing]

提供ショップの通販サイトはこちら!※クーポンコードRPM80で$20.99で購入可能です。

コメント