SMOK RPM40 レビュー|ハイスペックPOD!可変出力とカラー液晶搭載!RBAでコイルビルドも!

SMOK RPM40 レビュー

SMOK(スモック)のVAPEスターターキット、RPM40「THE REAL POD MOD」のレビューです。

話題のPODデバイス!爆煙機種を得意とするSMOKから、新たなジャンル「POD MOD」が登場!

まるでBOX MODさながらの可変出力にカラー液晶を搭載!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:VapeSourcing

 

スポンサーリンク
べプログショップ

SMOK RPM40とは?

 

SMOK RPM40 レビュー

RPM40は、中国のVAPEデバイスメーカー『SMOK』がリリースするPOD VAPEです。

このPODの特徴

  • BOX MODのような可変出力機能
  • カラー液晶画面
  • 2種類のプリメイドコイル<NORD・RPM>に対応
  • ルックスにもこだわったPOD

SMOK RPM40 レビュー

POD、というにはちょっぴり大きめのボディーサイズ。

  • 1,500mAhバッテリー
  • 4.3mlリキッドタンク

スペックにしては十分にコンパクトですよね。

BOX MODのような可変出力機能

出典:SMOK

RPM40は「THE REAL POD MOD」の頭文字に由来するネーミング。

その名の通り、BOX MODのような可変出力機能を搭載しています。

PODデバイスで出力変更可能なものは、3段階など簡易的な機能のものが大半ですが、RPM40は1~40Wまで1Wごとに出力調整が可能です。

カラー液晶画面

出典:SMOK

ワッテージや抵抗値、ボルテージなどの情報を表示するためにカラーディスプレイを搭載しているのもRPM40の特徴です。

BOX MODでもいまだにモノクロが主流なのに、廉価PODには贅沢すぎる!

このスペックによって、機能だけでなくルックするもMODに近いデザインに。

2種類のプリメイドコイル<NORD・RPM>に対応

出典:SMOK

2種類のプリメイドコイルに対応。

多くのSMOK PODに採用されてきたNORDコイルだけでなく、より大きなRPMコイル規格を採用することで、コイルビルド可能なRBAユニットを収納可能に。

ルックスにもこだわったPOD

出典:SMOK

機能だけでなく、見た目にもこだわったデバイス。

多くのヒット作がそうであるように、RPM40もルックスにこだわったデバイスです。

出典:SMOK

パネルデザインのボディーパターンは全8色。

カーボンパターンとレジンをモチーフにしたマーブル模様からセレクトできます。

スペック

出典:SMOK

サイズH 99× W25× D25mm
重量99g
出力
VW(1-40W)
リキッド容量
  • 4.5ml(NORD coil)
  • 4.3ml(RPM coil)
リキッドチャージPODサイドフィル
エアフローボトムエアフロー(調整不可)
コイルプリメイド交換式
充電ポートmicroUSB(5V)
バッテリー1,500mAh
保護機能
  • PCBA高温保護
  • ショートサーキット保護
  • 自動カットオフ(8s)
  • バッテリー電圧保護(2.4 – 4.3V)

パッケージ・内容品

SMOK RPM40 レビュー

内容品一覧

  • SMOK RPM40 バッテリー本体
  • SMOK RPM40 Standard Podカートリッジ
  • SMOK RPM40 Nord Podカートリッジ
  • プリメイドコイル(RPM Mesh 0.4Ω)
  • プリメイドコイル(Nord 0.6Ω)
  • mimcroUSB 充電用ケーブル
  • ユーザーマニュアル(英語)・ワランティーカード

SMOK RPM40の詳細

 

SMOK RPM40 レビュー

少し前に流行った「CUBE」タイプのテクニカルMODのようなデザイン。

デザインは悪くないんですが、良くも悪くも「SMOK品質」粗が…

撮影前に綺麗にしたんですが、箱に入った状態だと埃の付着が多いのと、カーボン調シールの隙間から糊が飛び出してました。

SMOK RPM40 レビュー

まぁ安いんで文句は言えないんですが「超ハイクオリティーな製品」ではないので、期待値は低めに。

塗装の質感も「若干チープ」ペイントというより、下地の処理なのかな、鋳物の肌感が残っているので「価格なり」に感じる部分も多々。

でも、これだけ機能を詰め込んで、$25程度で買えてしまうんですから、価格を考えれば十分納得できるクオリティですよ!

 バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:1,500mAh
  • 出力モード:VW(1-40W)
  • 対応抵抗値:0.2 – 2.5Ω
  • パフ操作:マニュアル(ボタン式)
  • 充電ポート:microUSB
  • 保護機能:
    • PCBA高温保護
    • ショートサーキット保護
    • 自動カットオフ(8s)
    • バッテリー電圧保護(2.4 – 4.3V)

SMOK RPM40 レビュー

PODというよりBOX MODに近いルックス、そしてボタン配置。

  • パフボタン 電源ON/OFF , 出力変更
  • サブボタン 出力調整など

SMOK RPM40 レビュー

“MOD”といっても、複数のモードがついていたり、複雑な設定変更ができるわけではなく、基本的には「出力変更」しかでない、といっても1Wごとに細かく出力が調整できるバリアブルワッテージ機能は、PODとしては斬新です。

出力は1-40Wの間、1Wごとに調整可能。

ボタンパーツに傷が多いのは元々です。
保護シールでも剥がれるのかなって思ったんですが、そんなことはなく…

SMOK RPM40 レビュー

0.96インチカラーTFT液晶画面は、照度が明るいので写真撮影も楽でした、というのはあくまでBlog編集者目線ですが、視認性抜群です。

6パターンのカラーテーマ(白・赤・黄色・青・紫・緑)にカスタマイズすることが可能。
実用的には必要ない機能ですが、遊び心があって良いですね。

SMOK RPM40 レビュー

最近のPODのトレンド?裏側には基板名のプリント “IQ-R CHIP”

バッテリーベントホールもなければ、ハードウェアリセットボタンもなし。

少し前まで、バッテリー抜いて強制リセットできないデバイスにはリセットボタンがついていたんですが、最近のデバイスでは省かれています。

使っている間にフリーズするようなことはありませんでしたが、万が一を考えてつけてくれると嬉しいんですけどね。

SMOK RPM40 レビュー

充電電流は非公開(不明)なのですが、スペックから1A相当だと予想。

公式サイトによると、空の状態から75%充電まで2時間となっているので、充電はあまり早くないですが、使っている限り充電が遅くはありません。

POD

PODスペック
  • リキッド容量:コイルによって異なる
    • 4.5ml(NORD coil)
    • 4.3ml(RPM coil)
  • 素材:非公開
  • マウスピース:POD一体型
  • リキッドチャージ:サイドフィル(プラグ式)
  • エアフロー:ボトムエアフロー(調整不可)
  • コイル:プリメイド交換型
  • コイルバリエーション:
    • RPMコイル
    • Nordコイル

SMOK RPM40 レビュー

バッテリー側両サイドにはエアホールが空いているので、PODを取り付ける時はこのホールを合わせて取り付けます。

SMOK RPM40 レビュー

というより、合わせないと取り付けられないので、必然的に合わせないとつきません。

と、このような構造の「ボトムエアフロー」方式で、エアフロー調整はできません。

SMOK RPM40 レビュー

バッテリーも大きければPODも大きい。

ブロックみたいな大きさ、レゴというよりもデュプロに近い大きさ。

POD、というよりもアトマに近いサイズ。

それもぞのはず、25×25mmですから、24mmアトマよりもでかいんですよ。

SMOK RPM40 レビュー

そのためマウスピースも太い。

先端が咥えやすいシェイプにはなっていますが、太さがあるので咥え心地はイマイチ。

このサイズにするなら510DT仕様でもよかったような。

ただ、デザイン的にはホイッスルっぽいルックスの方がマッチします。

SMOK RPM40 レビュー

リキッドチャージはサイドフィル、チャージホールはプラグ式。

このプラグにはどっちのコイル用なのかが書かれているので一目瞭然です。

プラグを外すと、ちょっと大きめのリキッドチャージホールが。

SMOK RPM40 レビュー

コメントで教えてもらって間違いに気がついたのですが、こっちの小さい穴はプラグを留めておく穴出会ってリキッドチャージホールではありません。

って自分以外に間違う人はいないか… しばらくこっちの穴がチャージホールだと思っていて「妙に小さいな」と勘違いしてました^^;

SMOK RPM40 レビュー

付属コイル

  • RPM Mesh 0.4Ω
  • Nord 0.6Ω

コイルはズボッと挿入するだけ、PODでプリメイドコイル交換型の定番的な構造。

Oリングで気密性を実現しているタイプですね。

取り付けが簡単なので交換の手間が少ないのは良いのですが、ネジ式じゃないとしっかり取り付けられているか心配になりますが、他のPODと同じくRPM40でもリキッドの漏れや滲みはないですね。

PODはそれぞれのコイル専用サイズ、RPMコイルのほうが一回り大きいサイズです。

別売RPM RBA Coilでリビルドにも対応

出典:SMOK

PRMコイル用のRBAユニットも発売されます(10月中旬頃)

少し先になってしまうので一緒にレビューできなかったのですが、RPM40を購入検討している人は、おそらくこのRBA Coilも一緒に考えている人が多いと思います。

提供先からはレビュー依頼をもうもらっているので、発売後に別記事にて紹介します。

ちなみに、RPMコイル用なので、Nordコイル用デバイスには取り付けできません。

シングルコイルで、説明によると0.6Ω見当でビルドするのを推奨しているユニット、SMOKらしい爆煙よりのユニットになっています。

発売が楽しみですね。

RPM40の使い方・操作方法

それではリキッドチャージして使ってみましょう。

チャージホールは大きめなので、雪口がすっぽりと入るので安心です。

チャージしたら、説明書の注意書き通りに5-10分ほど放置して、コイルのコットンにリキッドが浸透するまで待ってから使います。

SMOK RPM40 レビュー

ちなみに、コイルを交換したいときには、PODを横にした時にリキッドの水位がコイルに浸らない程度の残量の場合はそのまま引き抜くことができますよ。

ただ、コイルよりも水位が高い写真のような場合は、引き抜くとリキッドが漏れますので、その分無駄になってしまいます。

また、逆さまや正立状態でコイルを抜くと、リキッドがほぼ全て出ちゃいますので、タンクにリキッドが残っている状態の時は横にして交換しましょう。

SMOK RPM40 レビュー

ちなみにリキッド残量はPODを取り付けた状態だと見えません。

SMOKはリキッド残量見えない仕様好きですね… 使い勝手より見た目やデザイン重視なのでしょうか。

残量は、PODを引っ張り出さないと確認できません。ちょっと不便です。

操作方法

SMOK RPM40 レビュー

操作はPODよりもBOX MODに近いですね。

  • 電源ON/OFF… パフボタン5クリック
  • 出力変更…電源ON時にサブボタンで操作
  • サブボタンロック… 電源ON時にサブボタン2つを同時長押し
  • パフボタンロック… 電源ON時にパフボタン3クリック
  • パフカウンターリセット… 電源ON時にパフボタンとマイナスボタンを同時押し
  • カラー変更… 電源ON時にパフボタンとプラスボタンを同時押し
  • Vaping…マウスピースを咥えてパフボタンを押しながら吸い込む

面白いのは、サブボタンロックだけでなくパフボタンロックがついているので、いちいち電源OFFしなくても、3クリックでロック状態になるので、ちょっとポケットに入れたい時にはロックすると便利です。

RPM40の感想

SMOK RPM40 レビュー

味とドロー

SMOK MICOでも気になったゴムのような匂いが…

味濃いめのリキッドならほぼ気にならないんですが… いや気になるなぁ。
自分が敏感なだけかもしれないですが。

いやでも新品臭がマジで気になる。と思ってPOD洗ったらだいぶマシになりました。
でもPODってホント洗いにくいですよね。

その匂いさえ気にならなければ、味はかなり優秀です。

むしろメッシュコイルで味でないのを探す方が難しいぐらいなので、ダイレクトでウェットなミストを楽しめますよ。

ただ、風味よりも甘みが強め(風味は若干崩れる)
チェーンしまくると熱を持ちやすいので注意!

ただ、ドローは軽めのDL向けなので、MTL向けではないですね。
Nordコイルもドロー軽めです。

RPMコイルは「SMOKらしい」ミスト多めのセッティングなので、PODで爆煙を楽しみたいっていうニーズにマッチしています。

爆煙よりのPODで、バッテリー容量が多いのは素直に嬉しいですね。
1日楽しめるだけの余裕がありますから!

問題点は?

漏れも滲みもジュルリもなく、非常に優秀です。

というか、「漏れない・滲まない・ジュルらない」は最早当たり前になりつつありますね。

以前のスターターだったら、多少のトラブルはご愛嬌だったんですが、気温差・気圧差など環境変化がなければトラブらないのはもう当たり前なのでしょう。

経済性は?

新商品なので国内サイトではまだ消耗品は取り扱われていませんが、商品提供先では1個$3ほどで販売されています。

ん?ちょっと高いか…

POD内蔵式でももっと安い機種もあるので、コイルはちょっと高め。

まとめ

SMOK RPM40 レビュー

PODが盛り上がっているところで、冷や水を指すようで申し訳ないのですが「冷静になろう」と。

もちろん新しいデバイスはワクワクするし、コンパクトで優れたものなら尚更です。

RPM40に「ロマン」を感じるのも理解できるし、もちろん僕もワクワクしました。

でも、でもですよ。「この大きさは従来のVAPEと大差ないのでは?」と疑問に感じたりもします。

SMOK RPM40 レビュー

「全部入り」になっちゃうと、それって結局BOX MODなんですよね。

サイズもあまり差はないし、重さも結構重い。要はアトマ交換できないBOX MODです。

考え方は人それぞれなので、もっと小さいステルスMODを選択するのもいいし、RPM40に魅力を感じるのもまた良いですが。

何が言いたいのか?って言うと『結構デカくて重いですよ』ってことです。

ただ、『1500mAhのバッテリーと、4ml以上のリキッド容量、カラーモニター付き可変出力基板搭載のシステム』でミニマムサイズなのはRPM40ならではの魅力。

低抵抗の爆煙よりスペックをコンパクトに持ち運べる。
RBA Coilも出ますし、遊べるPODであることは間違い無いですね!

欲しいなら止めません!存分に楽しんでください!!

コメント

  1. リョウ より:

    リキッドチャージホールは矢印のついている方ですよ~
    記事内で開けているのは蓋を止めている方です。
    本来のホールはでかくてリキチャしやすいです^^;

    • あわわ…本当ですね…
      しばらく使っているのにぜんっぜん気がついませんでした^^;
      妙に小さいし、プラグ入れにくいなーって思ってたんですよ。
      教えていただき感謝です!