SMOK FETCH MINI レビュー|RPMコイル対応!可変出力・カラー液晶の高機能POD!

SMOK FETCH MINI レビュー

SMOK(スモック)のVAPEスターターキット、FETCH Mini「フェッチ・ミニ」のレビューです。

RPM・Nord2つのコイル規格対応の「POD MOD」第2弾!
可変ワッテージ・カラーディスプレイ搭載の高機能デバイス!

人気デバイスRPM40の別バージョン。

SMOK FETCH MINIの特徴

  • カラーディスプレイ搭載の可変出力!
  • 2種類のプリメイドコイル<NORD・RPM>に対応
  • ハイスペックなのにコンパクトなボディー

特徴や使い勝手、違いなど詳細をレビューしていきます。

商品提供:VapeSourcing

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク

SMOK FETCH MINIとは?

SMOK FETCH MINI レビュー

中国のVAPEデバイスメーカー『SMOK』がリリースするPOD VAPE、FETCH MINIです。

プリメイドコイル交換式のPODデバイスで、人気機種『RPM40』と同等の機能を備えながら、違うデザインと個性を備えた機種となっています。

SMOK FETCH MINI レビュー

大きな違いはボディーデザインと形状、今流行しているコンパクトBOXタイプのPODデバイスとなっています。

それでは、ざっくり特徴を見ていきましょう。

カラーディスプレイ搭載の可変出力!

出典:SMOK

FETCH Miniは高機能PODデバイスです。

今までのPODデバイスと言えば、機能を割り切った簡易的なものが多かったのですが、まるでテクニカルMODのような可変出力(5w – 40w)を搭載。

しかも、MODでも一部にしか採用されていない高視認性のカラーディスプレイまで搭載していて、設定確認が簡単なだけでなく、ルックスも良好です。

2種類のプリメイドコイル<NORD・RPM>に対応

出典:SMOK

ランニングコストに優れたプリメイドコイル交換式なだけでなく、2種類のコイル規格(Nord・RPM)に対応しています。

Nordコイルは以前からあるSMOKのコイル規格でコイルバリエーションも豊富。
RPMはその名の通りRPM40から採用された新企画で、Nordコイルよりもサイズが大きく、より爆煙に特化したコイルです。

また、RPMコイルに対応しているということは、別売りのRBAユニットにも対応しています。

ハイスペックなのにコンパクトなボディー

出典:SMOK

RPM40と同等の高機能を備えながら、厚み18.4mmの薄型ボディーを実現しました。

形状はコンパクトBOXタイプで、今のトレンドを抑えた形状です。
デザインもスタイリッシュですね。

カラーバリエーション

出典:SMOK

最初にリリースされたのはガラスバージョンの5色(パネル部分のみカラーが異なる)

出典:SMOK

さらに5色のアクリルバージョンが追加(フレーム部分までカラーが異なる)

スペック

出典:SMOK

※メーカー公表105gとなっていますが、実測値はPOD・コイル込みで99gでした。

サイズH 76× W42.8× D18.4mm
重量99g(実測)
出力
VW(1w – 40W)
リキッド容量3.7ml
リキッドチャージPODボトムフィル
エアフローボトムエアフロー(調整不可)
コイルプリメイド交換式
充電ポートmicroUSB(5V1.2A)
バッテリー1,200mAh
保護機能
  • PCBA高温保護
  • ショートサーキット保護
  • 自動カットオフ(8s)
  • バッテリー電圧保護(2.4 – 4.3V)

パッケージ・内容品

SMOK FETCH MINI レビュー

内容品一覧

  • SMOK FETCH MINI バッテリー本体
  • SMOK FETCH MINI  RPM Podカートリッジ
  • SMOK FETCH MINI Nord Podカートリッジ
  • プリメイドコイル(RPM Mesh 0.4Ω)
  • プリメイドコイル(Nord 0.6Ω)
  • mimcroUSB 充電用ケーブル
  • ユーザーマニュアル(英語)・ワランティーカード

FETCH MINIの詳細

SMOK FETCH MINI レビュー

大きくロゴが入ったカジュアルなパネル部のデザイン。
シリアスなイメージのRPM40とはまた違う魅力を持っています。

SMOKらしい派手さもありながら、良い意味でらしくない部分もある良デザインだと思います。

SMOK FETCH MINI レビュー

ガラスバージョンの5色は、パネル部分が強化ガラス製(高度7H)です。

硬質ガラスが使われていて、傷つきにくく、美しいまま使えるとの触れ込みです。
プラ素材に比べ、表面は滑らかで持ち心地も良く、質感はかなり良いです。

ただ、落下時の割れなどには注意が必要ですね。

出荷状態では保護フィルムが貼られているので、気持ち良く綺麗に使いはじめられます。

 バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:1,200mAh
  • 出力モード:VW(1-40W)
  • 対応抵抗値:0.3 – 2.5Ω
  • パフ操作:マニュアル(ボタン式)
  • 充電ポート:microUSB(1.2A)
  • 保護機能:
    • PCBA高温保護
    • ショートサーキット保護
    • 自動カットオフ(8s)
    • バッテリー電圧保護(2.4 – 4.3V)

SMOK FETCH MINI レビュー

バッテリー部分の拡大写真を見ると、MODなどかPODなのかわからないですね。
というのも、テクニカルMODのような操作ボタン・液晶パネルが備わっているからです。

  • パフボタン 電源ON/OFF , 出力変更
  • サブボタン 出力調整など

3ボタン式という、テクニカルMODと同じディティールです。

SMOK FETCH MINI レビュー

質感良いボディーと同じメタル素材のボタンパーツ、ディティールが良いと全体の印象も格段に良くなります。RPMと比較して、質感の良さはFETCH Miniに軍配が上がります。

SMOK FETCH MINI レビュー

そしてさらには、大型0.96インチカラーディスプレイを装備しています。

テクニカルMODですら、一部の機種にしか搭載されていないのですから、このFETCH Miniがいかに高機能であるかがわかるかと思います。

液晶画面の明るさ調整機能は備わっていませんが、明るめなので直射日光の下などでもそこそこ見やすく視認性良好、表示項目も6項目と多く、必要な情報が一目でパッとわかる使い勝手の良さが魅力です。

SMOK FETCH MINI レビュー

カラーカスタマイズ機能が備わっていて、6種類のカラーテーマ(白・赤・黄・青・紫・緑)から好きな色を選ぶことができるのも魅力です。

SMOK FETCH MINI レビュー

内蔵1,200mAhバッテリーは、microUSBケーブルで行います。

最大電流は1.2A、フル充電まで55分となっており、RPM40の倍ほどの短さを実現しています。というよりRPM40の充電時間は長すぎ(75%まで二時間)ですよね…

SMOK FETCH MINI レビュー

底面にはバッテリーベントホールを備え、安全性にも配慮。

バッテリー抜き差しができない内蔵あbってリーモデルですが、ハードウェアリセットボタンなし。フリーズ時には困りますが、試用期間中動作が不安定になることはありませんでした。

POD

PODスペック
  • リキッド容量:3.7ml
  • 素材:PETG
  • マウスピース:POD一体型
  • リキッドチャージ:ボトムフィル(プラグ式)
  • エアフロー:ボトムエアフロー(調整不可)
  • コイル:プリメイド交換型
  • コイルバリエーション:
    • RPMコイル
    • Nordコイル

SMOK FETCH MINI レビュー

FETCH MiniはSMOKの2種類のコイル規格に対応しています。

  • SMOK RPMコイル
  • SMOK Nordコイル

それぞれ別のPOD、計2種類が付属します。

SMOK FETCH MINI レビュー

サイズが異なるコイルですから、PODも2種類付属します。

  • 赤… RPMコイル用POD
  • 黒… Nordコイル用POD

どちらもコイルははめ込み式で、手間いらずですね。

PODの素材は食品グレードPETGを採用。

この素材は、高級化粧品や食品包装で広く使用される素材で、安全性、信頼性、耐食性、高い光透過性に優れています。

またPCTGは、紫外線がニコチン塩の化学的性質を変えるのを防ぐだけでなく、ニコチン塩のアルカリ腐食にも耐えることができるため、カートリッジを作るのに理想的な材料だということ。

SMOK FETCH MINI レビュー

マウスピースは円筒形、咥えやすさが魅力です。
ちなみに、POD一体型なので、ドリップチップ部分の交換はできません。

また、バッテリー側はしっかりとシーリングされており、ダストプルーフ・オイルプルーフ仕様となっているため、リキッド漏れや埃の混入によるバッテリー内部の故障を防ぐ仕様です。

PODはマグネット式着脱式。

SMOK FETCH MINI レビュー

エアフローはボトムエアフローです。

POD上部に空気取り込み口がありますが、単に取り込み口であり、リキッドリークプルーフ構造にはなっていません。

SMOK FETCH MINI レビュー

側面にも空気取り込み口があります。2箇所から空気を取り込む爆煙仕様。
ドロー調整機能は備わっておらず、エアフロー調整はできません。

SMOK FETCH MINI レビュー

リキッドチャージはPODを外して行うボトムリフィル方式です。

POD裏側のゴムプラグを外し、大きめのオーバル型リキッドチャージホールからリキッドを注ぎます。ユニコーンボトルもしくはシリンジボトル必須です。

SMOK FETCH MINI レビュー

付属コイルは2種類です。

付属コイル

  • RPM Mesh 0.4Ω
  • Nord 0.6Ω

付いてくるコイルはRPM40と同じものですね、

SMOK FETCH MINI レビュー

RPMコイルはメッシュ仕様、Nordコイルはワイヤーコイル(パラレル・バーチカル)となっています。

RPM RBA Coil(別売)でリビルドにも対応

SMOK FETCH MINI レビュー

RPMコイルに対応している、ということは別売りのコイルビルドユニット『RPM RBA Coil』も使えるということに他なりません。

このユニットはその名前の通り、自分でコイルをビルドできる(Rebuttable Build Atomizer)となっています。

RPM RBA Coilのメリット

  • コイルのランニングコストが安い
  • 自分好みのセッティングにできる

反面、自分でコイルを構築するのですから、パッと交換できるプリメイドコイルに比べて手間がかかるデメリットも。

SMOK FETCH MINI レビュー

もちろん問題なくインストールできます。

ジュースホールの位置が気になりましたが、リキッド供給も問題なく、PRM40と同じく使うことができます。

RPM40との違い

SMOK FETCH MINI レビュー

さて、気になるのが同様のスペックを持ったRPM40との違いです。

先にリリーされたRPM40とどこが違うのか?
逆に共通点から見ていきましょう。

RPM40との共通点

  • 可変出力(5W – 40W)
  • カラーディスプレイ
  • 保護機能
  • 2種類のコイル(Nord・RPM)に対応

可変ワッテージやカラーディスプレイなど、高機能な部分は共通です。

SMOK FETCH MINI レビュー

  • スペック比較
FETCH MINIRPM40
サイズH 76× W42.8× D18.4mmH 99× W25× D25mm
重量99g99g
リキッド容量3.7ml4.3ml
バッテリー容量1,200mAh1,500mAh
充電時間フル充電まで55分75%まで120分
対応抵抗値0.3 – 2.5Ω0.2 – 2.5Ω

細かく見ると、主にサイズや容量などが小さくなっているのがFETCH Miniだということがわかります。

ボディーサイズが若干小さいのですから、全体的にスモール化するのは仕方がありません。

しかし、唯一良くなっているのは充電機能、RPM40は充電がかなり遅かったのですが、FETCH Miniは1.2A充電に対応。急速充電とまではいきませんが、ほどほどに早くなりました。

ということは、RPM40は0.5Aだったのでしょうね。

SMOK FETCH MINI レビュー

とは言っても、ボディー形状・デザインの違う兄弟機です。
スペック状で特別大きな差はありませんから、見た目の好みで選ぶと良いと思います。

個人的にはマウスピース形状の違いも大きい、と思いました。

FETCH MINIの使い方・操作方法

SMOK FETCH MINI レビュー

操作はRPM40と全く同じです。

  • 電源ON/OFF… パフボタン5クリック
  • 出力変更…電源ON時にサブボタンで操作
  • サブボタンロック… 電源ON時にサブボタン2つを同時長押し
  • パフボタンロック… 電源ON時にパフボタン3クリック
  • パフカウンターリセット… 電源ON時にパフボタンとマイナスボタンを同時押し
  • カラー変更… 電源ON時にパフボタンとプラスボタンを同時押し
  • Vaping…マウスピースを咥えてパフボタンを押しながら吸い込む

恐らく同じ基板が搭載されているのでしょう。

感想とまとめ

SMOK FETCH MINI レビュー

RPM40のガワ違いです。

スペック状違うのは容量の関係する部分のみと言って良いほどで、大きな違いはなく、付属コイルも共通していますから味も全く同じです。

スペック以外で言うと、デザインの違いが大きいですよね。

質実剛健・男っぽいデザインのRPM40と対照的に、FETCH Miniはスタイリッシュ。
薄型化したFETCH Miniのほうが、嵩張らずに携帯性が良かったです。

質感・仕上がりもワンランク以上ハイクオリティーですので、見た目にこだわったPODが欲しいユーザーにもマッチすると思います。

いずれにせよ、選択肢が増えるのはユーザーにとって悪い部分は一つもありません。
気に入ったものをチョイスできる選択肢が増えるのですから。

通販はこちらから!

→ SMOK Fetch Mini Pod System Kit 1200mAh [Vape Sourcing]

提供ショップの通販サイトはこちら!※クーポンコードFetchMで$24.79で購入可能です。

コメント