【ijoy Combo RDTA アトマイザーレビュー】アイジョイ コンボ

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

日本では昨今味重視、フレーバーチェイスがメインになっていると実感しますが、海外製品を見ると結構爆煙向け、クラウドチェイス向け製品が多いことに気が付きます。

楽しいですしね、爆煙。

勘違いしてほしくないのは、爆煙は美味しくないというのは間違い。

爆煙に向かないリキッドはありますが、爆煙のほうが美味しく味わえるリキッドも多いんです。

 

そんなクラウドチェイス向け製品のワンジャンルで各社リリースしているRDTA。

ドリッパーにタンクが接続されたアトマイザーですが、iJOYからはCombo RDTA Tankがリリースされました。

商品提供:VAPE CLUB

 

 

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Combo RDTA Tankのパッケージ

まずパッケージを見ていきます。
【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

リストールや箔押しなど特殊加工が施され、高級感のあるパッケージになっています。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

背面にはおなじみの偽造防止のスクラッチ式コードの記載されたステッカーの添付があります。

 

そして、側面には

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

このアトマイザーで使用できるデッキやオプションの一覧が嗅いてあります。

RBAデッキはなんと6種類!基本的にはコイル固定方法の違いでしかありませんが、自分好みの固定方法が出来ますね。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

さて、開封してみましょう。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

付属品は

・Combo RDTA Tank本体
・本体付属ワイドボアキャップ
・クランプデッキ(IMC-2)
・ベロシティデッキ(IMC-3)
・プリメイドコイル 0.3Ω
・プリメイドクラプトンコイル
・510ドリップチップ接続パーツ
・510ドリップチップ
・予備Oリング一式
・予備ネジ一式
・予備ガラスタンク
・プラスドライバー
・六角ドライバー

以上です。付属のデッキはクランプデッキとベロシティデッキとなり、他のデッキやRDAベースは別売となります。

 

Combo RDTA Tankの詳細

さて、本体を見ていきましょう。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

くま?グリズリーかな?

エンブレムのデザインはさておいて、本体のデザインは従来あるデザインながら、センター部分に金色のラインが入るなどなかなか良いデザインだと思います。

基本的には爆煙向けのRDTAになりますので、この種のアトマイザーは以前、レビューしているAZEROTH RDTA(Coil Art)やQuad-Flex Survival Kit(aspire)と同様の構造になります。

 

スペックです

Combo RDTA Tankのスペック

直径24mm
高さ○mm
※スレッド含まず。
リキッド容量6.5ml
ネジタイプ510
ドリップチップ510
コイルRBA デュアル
エアフローサイドエアフロー
リキッドチャージトップサイドフィル
素材ステンレス、ガラス
 silver,black

リキッド容量がかなりの大容量で、熱量の大きいデュアルコイルでガンガンチェーンして、どんどんミスト吐き出すのに向いていると思います。

リキッドチャージもトップキャップを外せばチャージできるサイドチャージ式で楽にチャージできますね。

 

さて、ばらしていきます。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

全部バラして、パーツ構成はこのような形です。

 

さて、上の方から見ていきましょう。

 

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

トップキャップとドリップチップが一体化したワイドボアキャップです。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

ちなみに別に510DTが使用可能なアダプターとドリップチップも付属しますので、手持ちの汎用ドリップチップも使うことが出来ます。

 

よくあるのが、このキャップにエアフローリングの機能も付随している構造ですが、このアトマイザーの場合、

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

エアーフローリングは別パーツとして、トップキャップにスレッドで接続されます。

どちらでもディティール的には問題ないのですが、自分的にはこういう細かい仕様が好きだったりします。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

エアフロー調整はこのようにトップキャップごとエアフローリングを回すことで調整可能です。

 

さて、デッキを見ていきましょう。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

本体付属のデッキは2種類

・クランプデッキ(IMC-2)
・ベロシティデッキ(IMC-3)

になります。他にも4種類のデッキが用意されているのですが、別売りとなり、他のデッキが欲しい場合は別途購入する事になります。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

個人的にはベロシティータイプデッキがあれば事足りると思いますが、コイルアートをやられる方など、コイルレッグの処理にこだわる方は別途買い求めるのも良いでしょう。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

そして、シングルコイル用にリデューサーもついています。

リデューサーは恐らくシリコン製。デッキのスペースとともに、リキッドホールも塞ぐことが出来ます。

個人的には割り切ってつけなくてもよいのではとは思いますが、あっても使わなければよいだけのこと。付いている分には何も問題はありません。

 

デッキは貫通のポジティブピンでタンクとともに固定されています。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

このようにながーいポジティブピンで固定されています。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

デッキ固定に使用していますので、ポジティブピンは調整不可ですが、これだけ出っ張っていればメカでも安心して使うことができると個人的に思います。

 

そして、変わっているのがプリメイドコイル。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

こんなに大きなプリメイドコイルは見たことありません。

このアトマイザーを使いたいけど、自分でコイルビルド出来ないよ、って言う人向けです。

周りをぐるりと金属パーツで覆っているのでリウィッキングも出来ません。

これがリウィッキングできるなら、通常デッキでビルドしたほうが簡単だと思います。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

抵抗値は0.3Ω。いいところですね、安全圏。

推奨ワッテージは40-80Wです。

 

そして、最後にリキッドチャージですが、

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

トップキャップを外すと、デッキサイドにリキッドホールが設けられているので楽にチャージできます。

 

Combo RDTA Tankを使ってみる

さて、使ってみましょう!

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

プリメイドコイルを使用する場合は、デッキにコイルを取り付けて、コットンが焦げないようにコットンにリキッドを供給するだけですね、非常に簡単。

 

自分でビルド(RBAとして使う)する場合には好みのデッキを使用していきます。

今回はベロシティタイプを使用し、付属のコイルを使ってビルドしていきます。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

フラットクラプトンワイヤーです。このように固定します。

そして、コットンをウィッキングしていきます。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

コイルは付属しますが、コットンは付属しませんので、別途用意する必要があります。

コットンレッグはRDTAの場合人それぞれですが、自分の場合、タンク下まで落とす派なので長めにカットしていきます。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

そして、後はリキッドホールからコットンレッグを落としてやり、プリメイドコイルと同様にコットンにリキッドを供給してやります。

 

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

ビルドが終わったらタンクにもリキッドを供給してやれば準備完了!

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

後はMODに搭載して使うだけです!

 

Combo RDTA Tankのまとめ

味的にはこの手のRDTAは基本ビルド次第で、構造的には他の製品と何ら変わりない感覚です。

後はデザインと使い勝手で選べば良いと個人的には思います。

【アトマイザー】Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

このアトマイザーの売りは

・リキッド容量が大容量 6.5ml
・デッキタイプが豊富 別売り含め合計6デッキ
・RBAとしても使用できる(別売り)

この辺でしょうか。ルックス的には個人的に一番好きですね、まとまりが良い。

ロゴだけがちょっと意味不明なんですが、遠目で見ればヨーロッパチックなロゴでカッコいいのでアリだと思います。

爆煙RDTAを検討している人は選択肢の1つにどうでしょうか!?

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?