【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

この記事は 約6分で読めます。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

美味しくて質感もデザインも良いアトマイザーをリリースし続け、乗りに乗っているWotofoからまたまた新作アトマイザーがリリースされました。

日本のショップ先行みたいな形で販売されていて、公式サイトにも掲載されておらず、ショップ限定なのか?と思っていたら、今になってようやく公式サイトにも掲載され、他のショップでも取り扱いが開始されたようです。

SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」をレビューしていきます。

 

商品は海外の大手通販サイトでVAPE製品専用ページもあり、お求めやすい価格が魅力のGearBestさんからご提供いただきました。

 

スポンサーリンク
べプログショップべプログショップ

SERPENT RDTAのパッケージ、開封

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

パッケージはいつものWotofoのやつですね。サイズは一緒で、デザインだけ違うやつです。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー  【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

側面には偽造防止のスクラッチコード入りステッカーの添付。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー  【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

さて、付属品ですが、

  • Serpent RDTAアトマイザー本体
  • コットン
  • ビルド用ツール(プラスドライバー)
  • プリメイドフラットクラプトンコイル*2
  • ワイドボアドリップチップ
  • 予備ガラスタンク
  • 予備ネジ
  • 予備Oリング、カラーOリング(赤、青、透明)
  • ユーザーマニュアル

 

 

SERPENT RDTAの詳細

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

RDTAといことで、デッキはRDAでその下にタンクがついているタイプのアトマイザーになります。見た目は悪くないですね、めちゃくちゃカッコよくもないけどいい感じの見た目です。

Serpent RDTAのスペック

リキッド容量2.5ml
直径22mm
全長34.5mm
※スレッド、ドリップチップ含まず
ネジタイプ 510
ドリップチップ 510
コイルRBA シングルコイル
リキッドチャージサイドフィル
エアフローボトムエアーフロー
素材パイレックスガラス、304ステンレス
 Silver ,Black

WOTOFO公式サイトより

見た目的に長細い印象も受けますが、背の高さは低めです。さて分解して細部を見ていきましょう。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

大きく分けるとデッキ&タンク、キャップ、ドリップチップの3ピースです。各パーツの詳細は下で詳しく見ていきます。

 

まずはドリップチップ。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

本体と同じ金属製のもので、接続は510です。

本体キャップとは

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

この樹脂製(ウルテム?)アダプターを介して接続されます。

このアダプター、iai v2っぽいデザインで機構も同じかと思って必死にネジっても外れない。かなり頑張ってみましたが外れない。

どういうことかというと、

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

Oリング介してハマっているだけでした。ここじゃなくて、ワイドボアDT見れば使用がわかったはずなのに!まぁそういうこともあります。

そして、このアダプターを外してワイドボアドリップチップも接続可能です。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

このような形ですね。うーん、見た目的にアダプターと510DTかな、と個人的には思います。
ドローもすっごい変わるかと言われれば、そこまで大差ないな、と感じました。ボクは見た目を取る!

そして、キャップ裏も見てみます。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

ドーム状になっています。すり鉢状構造のキャップ構造は美味しいアトマイザーに採用されている構造で、期待してしまいますね!

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

そして、AFC(エアフローコントロール)はキャップに搭載されていて、デッキのエアホールとキャップのホールの合わせ具合を調整してドローの重さ、取り込む空気の量を調整することが出来ます。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

このような形で無段階に調整することが出来ます。

 

さて、続いてデッキを見ていきます。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

デッキの側部にはエアホールの他にホールが2つ。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

これはリキッドチャージのホールです。オーバル型でもいいんじゃないかな?と思ったんですが、おそらくはエアホールと間違えてリキチャしないためにデザインを変えているんだと個人的には理解しました。2つホールが有るのはエア抜きの為ですね。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

これ、キャップはずさなくてもリキチャできるんじゃないかな?と思って試しに回したんですが、こんな感じになりました。試しにリキチャしてみましたが、粘度低めのリキッドを先の細いユニコーンボトルでチャージする分には問題なくチャージできますね。

ただ、キャップ外したほうが良いですよ。そんなに手間でもないですしね。。

 

はい、それではデッキの構造です!

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

上下にクランプ式のポール、左右にコットンホール。エアホールは中央のホールからですね。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

これはシングルコイル前提でしょう。デュアルでも組めそうですが、普通はシングルコイルで組む感じですよね。デュアル縦ビルドで、コットン縦断させてばいけそうですが、めちゃくちゃめんどくさそうです。。。

 

デッキ、分解しておきましょう!完全洗浄する際には分解しなくはなりません。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

まずポジティブピンを外します。これ逆ネジではあありません普通に反時計回りに回します。

ここで注意なのは、動画の中でも言っていますが精密ドライバーなどマイナスネジの幅より著しく幅の狭いものを使わないこと!幅が合っており、溝と完全に一致するようなドライバーを必ず使用しましょう。一発ではナメなくても、繰り返すうちにネジを回す部分が使い物にならなくなります。

このポジティブピンですが、デッキのポジティブ側は圧入されており、デッキ固定やタンク固定には用いられていませんので、調整は可能とも言えますが、僕的にはネジがゆるい状態で使うのは気持ち悪いので調整可能とは言いません。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

これだけでていれば十分でしょう。。。

そして更にデッキ部分を回してタンクを外します。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

こうしてタンク部分とデッキを分解することが出来ます。

 

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

タンクはベースパーツとガラスタンクから構成されています。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

デッキの裏。

 

 

 

 

SERPENT RDTAをビルドする

とりあえず、付属のプリメイドコイルでビルドしてみました。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

クラプトンコイルですね。注意点としては、コイルの余分な部分(コイルレッグ)を長く切断してしまうとキャップに触れてしまい短絡してしまうこと。短めに切断しましょう。

コイルビルドはめっちゃくちゃ楽です!ネジで直接締めるのではなく、クランプに挟む形でコイルレッグも逃げないのが良い点。

プリメイドコイルでなくてもコイルビルドには迷うことはないでしょう。

 

そしてウィッキングしていくのですが、

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

付属のコットンがシート状のものから、手でちぎれるタイプになっていて、RDTAでウィッキングしやすそうだったので今回は付属のコットンでウィッキングしています。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

コットンレッグはこのぐらいで切断しました。短すぎるとリキッドを吸わなそうな印象だけれども、長すぎるとタンク部分にコットンレッグが見えてしまい、見た目を損ないますからね。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

コットンホールはある程度つめてやれば漏れることはないと思います。

 

SERPENT RDTAのまとめ

このアトマイザー、かなり良いです!

良い点は多々あり

・AFCがちゃんと効き、エアフロー調整幅が広い
・見た目がそれなりに良い
・味が良い

このポイントが僕が本当に良いな、と思ったポイント。僕は最初に購入したアトマイザはNectarです、RDTAですね、それ以来RDTAは好きでNectar5台持ちなんて時期もありました。その後、Fodi F2が美味しくて利便性が高く、個人的にも購入して使用してきましたが、このSerpent RDTAはこれらのアトマイザーを超えていると思います。

それはエアフローの自由度です。NectarやFodiはエアフロー全開でもドローはそこそこ重め。思いということは流入空気量を増やせず、熱量の高いコイルを十分に冷却できない。その為基本的には高抵抗で使用するのが前提のアトマイザーだと思います。そして、口吸い(MTL)派の人にはそれで良いのですが、直肺(DL)の人には向かないアトマイザーでした。

それがこのアトマイザーはエアフロー全開だとそこそこ軽いのです。それだけ聞いて、クラプトンコイル付属やワイドボアDTが付属していることから、爆煙RDTAかというとそうではない。絞るとFodiやNectar並にドローを重く出来ます。そして、中途半端にエアフローを開いた時にもそれに応じてドローも変化する。よく出来たエアフローです。

これは様々な抵抗値、線種のビルドに対応できるということ。
一般的に味重視といわれるものから爆煙まで対応可能で懐が深いんです。

さらに高抵抗で組んで味を出したいリキッドならば、ドリップチップで絞ってやれば対応できます。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

それでこの見た目でしょ?どこに悪い点がある?
コイルビルドは楽々、ウィッキングも迷わない。シングルコイルで味が出て運用も楽々。

マイナスポイントを挙げるほうが難しいです。

自分的に言うならキャップのデザインかな、敢えて言うならばですが。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

RDTA独特の味の出方の傾向で、ダイレクトな味わいながらもミストはそれなりに細かく柔らかい印象です。

 【アトマイザー】SERPENT RDTA「サーペント・RDTA」 (Wotofo ワトフォ) レビュー

値段の安さも良いポイントで、現在GearBestだとセール中で$18で買えちゃうんですね。

これでRDTAを試してみるのも良いと思います。リキッドにより合う合わない、好みが合わないこともあると思うのでこの価格なら試してみる価値はあると僕は思います!

 

なんかここまで褒めちぎっちゃうと逆に怪しいですが、これが率直な感想です。

通販はこちらから!

Wotofo Serpent RDTA [ GEAR BEST ]

商品購入サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
RDTA
スポンサーリンク
べプログショップ
VAPE Circuitをフォローする
VAPE Circuit|初心者のための電子タバコ レビューブログ