スポンサーリンク
べプログショップ

INNOKIN ARES 2 MTL RTA レビュー|名作がさらに進化!よりタイトドロー向けに!

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

INNOKIN(イノキン)のVAPEアトマイザー、ARES 2 MTL RTA「アレス2エムティーエル・タンク」のレビューです。

あの名作アトマイザーが進化して帰ってきた!
寄りたいとドローに特化し、ダイヤル可変式デッキエアホールを搭載しました!

INNOKIN ARES 2 MTL RTAの特徴

  • 直径24mmサイズのMTLタンク
  • 世界的に流行したアトマイザーの後継機種

詳細をレビューしていきます。

商品提供:healthcabin

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク

INNOKIN ARES 2 MTL RTAとは?

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

イノキンのRBA(Rebuildable Bulid Atomizer)、ARES 2 MTL RTA「アレス2エムティーエル・タンク」です。

シリーズ2作目となる本作は、Ares MTL RTAのアップデートバージョンです。

前作も優れたRTAとして人気を博した名器として有名ですね。

前作から進化したポイント

  • リキッドや空気の浸入を防ぐために、上部キャップとシールを改善。
  • トップキャップを取り外しシリコンのトップフィルシールが交換可能
  • 底部のシールを改善し、0.8mmのエアホールを追加して、タイトMTLを実現
  • 下部のエアフローセレクターに戻り止めを追加して、より簡単で正確な設定を可能に

そのアトマイザーをさらに進化させて、利便性と味わいを追求したのが本作です。

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

大きく進化したのがエアフロー周りのデザインです。
AFC周りはもちろん、デッキエアホールも可変式になりました。

詳細を確認していきましょう!

ドロー調整の自由度が高いAFCデザイン

出典:INNOKIN

シーリングなど細かい部分のアップデートの他に、AFC周りも進化しています。

0.8mmエアホールを追加して、よりMTLユースでのドローの自由度を向上しました。
初代同様4つのエアホールに加えて、さらに小さいエアホールを追加。

合計5つのエアホールを搭載しました。

革新的なデッキエアホール”CAFC”デザイン

出典:INNOKIN

デッキエアホール可変式構造CROSS AIR FLOW CONTROL(CAFC)を採用。

これは今までになかった構造です。
デッキエアホール可変式は他社でも採用していますが、多くはパーツ交換式です。
INNOKINの革新的なのは、パーツ交換を必要とせず、ダイヤル式で調整可能な点です。

しかも、デッキ側面から調整できることで、ビルド後でも変更可能です。

カラーバリエーション

出典:INNOKIN

2種類(ブラック・シルバー)のシンプルなカラーバリエーションです。

スペック

リキッド容量4ml
直径24mm
全長59mm
ネジタイプ510
ドリップチップ510DT
コイルRBA シングルコイル
リキッドチャージトップフィル
エアフローデッキボトムエアーフロー

パッケージ・内容品

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

内容品一覧

  • INNOKIN ARES 2 MTL RTA アトマイザー本体
  • 予備パーツ
    • Oリング・パッキン
    • デッキネジ
    • カラードチューブ
  • エクストラパーツ
    • 510DT
  • ビルド用
    • プリビルドコイル
    • ワイヤー
    • コットン
  • ツール
  • ユーザーマニュアル(英語)

ARES 2 MTL RTAの詳細

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

初代とほぼ変わらない安定の大量製品っぽさがARES 2 MTL RTAの個性です。
デザイン自体は初代Ares RTAと同じ、クオリティーもほぼ同じ印象です。

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

唯一違うのは、AFCに模様が追加されて、トップキャップ周りの文字が無くなったぐらい。
AFC部分が分厚くなっているような気もしますが、それぐらいの違うでしかありません。

初代が出てから2年半以上立つのだから、外見もブラッシュアップしてもよかったのに…

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

「The・マスプロ」というもので、デザインよりも実用性重視のディティールです。
チャンバー部分のレーザー刻印が如実にそれを物語っています。

今では、ハイエンド顔負けのデザインも珍しくないので、個人的にはイマイチな部分です。

ですが、デザイン・ルックスは実用的には関係のない部分ですので、気にならない人にとってはどうでも良い部分ではありますが… 一目でINNOKINとわかるブランドの方が重要?

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

パーツ点数は初代同様、ここは使いやすさ重視が良い方向に。分解洗浄が簡単です。

ドリップチップ

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

付属ドリップチップは510DT仕様、汎用品も使えます。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

樹脂製ドリップチップは内径の細いMTLスペック。

全長16.8mm、露出部の高さ12mm、外径11.8mm、内径3.4mm

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

ちなみに、チャイルドプルーフ(子供のいたずら防止)のロック機構兼用です。
汎用510DTも使えますが、付属品以外の場合はチャイルドロックは機能しません。

アトマイザー側の凹と、ドリップチップ底の凸が合わさると、トップキャップがスライドしないようにロックされる機構です。

タンク

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

リキッドチャージはトップフィル、スライド式トップキャップで楽々チャージ可能です。

トップフィルとは

アトマイザー上部からリキッドチャージが可能な構造。
多くのアトマイザーでは、スクリュー式やスライド式などが用いられる。

上部パーツを操作するだけでリキッドが注げるので、他の方式(ボトム・サイド)に比べてリキッドチャージが簡単にできるのが最大のメリット。

リークレス仕様のスリット入りトップフィルシール(交換可能)採用です。

ちなみに初代Aresではパッキン交換ができませんでしたが、Ares2ではトップキャップが分解可能(トルクスネジ)に変更されています。

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

タンクは2ピース構成(ベースパーツ・ガラスチューブ)となっています。

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

リキッドチャージは、ボトムフィルにも対応しています。

ボトムフィルとは

アトマイザータンク下部からリキッドチャージする構造。
タンクを外して、タンクの下部からリキッドを注ぐ。

チャージ時にいちいちタンクを脱着する必要があるので面倒。
しかし、圧力の関係でリキッドが漏れにくいメリットもある。

リキッドがタンク満タンに残っていてもデッキにアクセス可能です。

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

チャンバーはドーム型、かなり綺麗に半円に近い形状です。チムニー内径は相当細めです。

チムニー内径:3mm

エアフローリング

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

5種類のエアホールが空いています。

エアフホールのバリエーション
  • 5サイズのエアホール
  • シングルホールにトリミング可能

オーバル型の窓だけでなく、エアホール一つ分の窓も空いているので、エアホール一つをトリミングすることで、好みのドローを探ることができます。

ホール周りが金属素材じゃなくなっているのは、AFCとの密着性を高めるためでしょう。

デッキ

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

デッキは初代に近いデザイン。2ポストのシングルコイル専用デッキです。

デッキサイズ:17mm

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

ポストデザインも前作同様、ネジはサイド留め・ネジ直留め式です。

ポスト間隔: 7mm

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

ジュースチャンネルが変更に。初代よりも大きく、供給量が増しています。

デッキが空中を浮いているような構造のメリットは、ウィッキングが楽。

量がある程度適当でも供給不足や漏れにくいと個人的には感じています。

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

CROSS AIR FLOW CONTROL(CAFC)を採用。

部品を交換したりコイルを取り外したりすることなく、横からダイヤル操作できるのでビルド後(コイル設置・ウィッキング)に変更可能です。

フルオープンではオーバル型、最も閉じた状態では正方形に近い形状に。
コイルの長さに応じて、開き具合を調整可能です。

 ポジティブピン

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

ポジティブピンの突出は実測0.4mm。金メッキ仕様のゴールドピンを採用。

ポジティブピンを金メッキ仕様にするメリット
  • 耐腐食性アップで通電不良が起きにくい
  • 導電率が高まる

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

シングルピン仕様なので基本調整は不可です。

ただしデッキポジティブ側は取れませんでした。圧入されていると思われますが、脱落が起きる可能性もあるので、ポジティブピンを緩めて使うのは危険です。

ARES 2 MTL RTAのビルド

それではビルドです。

デッキデザインのガイドラインは初代とほぼ同様で、ポスト周りのデザインは一緒ですので、初代とほぼ変わらない感覚でビルドできます。

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

ネジはサイド留め。デッキサイズにしては大きめのネジなので、精密ドライバーよりも通常サイズのドライバー(PH1サイズ)で操作するのに向いていました。

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

ワイヤー直留め式なので、ネジでワイヤーを挟み込んでやります。

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

ビルドはめちゃくちゃ簡単でした!と言いたいところだったのですが…

実はレビュー品の個体に使われているネジに不良(たまたま相性が悪いネジ)があって、ワイヤーが逃げる逃げる…

締め込むと、どんなに丁寧に回しても絶対にワイヤーが抜けてしまうのです。
2-30分格闘しましたが、全く固定できないので投げ捨てそうになったほどです。

ネジの回す方と反対側をヤスリで平らに削って対処したのですが、5分の加工時間で全く問題なく使えるようになりました。

という症状の個体に当たる可能性もあるので、予備のネジを使ってみると良いでしょう。

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

ネジさえ問題なければビルド自体はめちゃくちゃ簡単です。ただ固定するだけ。

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

ジグを通したまま固定すれば、いい感じの位置にコイル高が合います。調整いらずですね。

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

ウィックはアトマイザー直径よりちょっぴり長めにカットするとマッチします。

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

ジュースチャンネルを塞いでやればビルドは完了。詰めすぎない載せる程度の塩梅で。

この状態でもウィックをちょっとずらしてやれば、デッキエアホールを回して調整することができるのがこのアトマイザー最大の魅力です。

アトマイザーのマッチング・使用例

直径大きめで長めのタンクなんですが、以外にもそんなに大きくありません。

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

INNOKIN KROMA-R

特にステルスMODとの相性抜群ですね。
ルックは正直イマイチなのですが、ステルスMODであればそのデメリットを上手にカバーできます。

感想とまとめ

INNOKIN ARES 2 MTL RTA(イノキン アレス 2 エムティーエル・タンク)レビュー

正統進化のマイナーアップデートバージョン!よりMTLに特化!

ほぼ初代と同じなんですが、重要な部分だけがアップデートされています。
主にエアホール周りの進化ですね。他にはシーリング関係が改善されてます。

初代もかなり良いアトマイザーだったのですが、よりタイトドローに特化したのが本作。

AFC周りも小径サイズが追加、デッキエアホールも可変式&小型に。

ルックスは正直良いとはいえないのですが、使い勝手と味わいは最高ランクです。

タンク容量が大きく、ビルドが簡単。肝心の味も良い。
今流行りのステルスMODにセットすると、ルックスも悪くないので良いですね!

最近ノリノリのイノキン、名作をブラッシュアップしたアトマイザーでした。

コメント