スポンサーリンク
スポンサーリンク

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA レビュー|限定生産!アップデートした名作!

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

Exvape(イーエックスベイプ)のVAPEアトマイザー、eXpromizer V1.4 MTL RTA Limited Edition「エクスプロマイザー V1.4タンク リミテッドエディション」のレビューです。

ドイツデザインのハイエンドマスプロダクツアトマイザーの限定生産アップデートバージョン!MTLユースのタンクとしての完成度が高い製品です。

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
スポンサーリンク

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTAとは?

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

イーエックスベイプのアトマイザー、eXpromizer V1.4 MTL RTA「エクスプロマイザー V1.4タンク」です。

本製品は、世界的に知名度のあるドイツデザインのアトマイザーシリーズ「エクスプロマイザー」の初代作品をグレードアップした7777個の限定生産品です。

6種類のエアフローピンに4種類のタンク、3種類のドリップチップとタンク拡張パーツという充実の付属も魅力的です。

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTAの特徴

  • 直径22mmのシングルコイルMTLタンク
  • “BACK TO THE ROOTS”の限定スペシャルバージョン!

ハイエンド製品譲りの設計と、マスプロらしからぬデザインとクオリティーで今も変わらぬ人気を誇るMTLタンクアトマイザーの決定版、限定生産のリミテッドバージョンです。

カラーバリエーション
blank

出典:EXVAPE

全2種類、シンプルな色展開もエクスプロマイザーの特徴です。

eXpromizer V1.4 MTL RTAのカラーバリエーション

  • Brushed ブラッシュド
  • Blackブラック

スペック

リキッド容量2ml / 4ml / 6ml
直径23mm
ネジタイプ510
ドリップチップ510DT
コイルシングルコイル(RTA)
リキッドチャージトップフィル
エアフローボトムtoボトムエアーフロー

パッケージ・内容品

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

さすがは限定生産品!というだけあってパッケージにもこだわっています。

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

木箱を使ったスペシャルなパッケージングは、そのままディスプレイしても映えます。

内容品一覧

  • EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA アトマイザー本体
  • ステンレスタンク4ml
  • ステンレスタンク2ml
  • PCタンク4ml
  • PCタンク2ml
  • 拡張タンク
  • 拡張チムニー
  • ドリップチップPC
  • ドリップチップブラック(POM)
  • エアフローピン
  • Oリングキット
  • コイル+詰め物
  • ドライバー(クロス/スロット)
  • ユーザーマニュアル(英語)

本体以外の付属品がかなり充実しています。

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTAの詳細

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

エクスプロマイザーの「グレードアップバージョン」となる本作。

デザイン的にはシリーズ通じて共通ディティールであるローレット加工など、共通性を感じる部分は多いものの、V1と比較するとかなりルックスは異なっています。

シルバーは「ブラッシュド」のみで、ヘアライン仕上げとなります。
個人的にはポリッシュド仕上げよりも洗練されていて、傷も目立ちにくいので好きです。

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

V1~V3のような「トールサイズ」ではないのが今時の製品らしいです。

昔のエクスプロマイザーシリーズは、妙に長細いのが特徴的でしたから。
デザイン的にはV5に近い洗練されたディティールと、よりシンプルなガイドライン。

個人的にはシリーズで最も良いデザインだと思います。

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

ただし、タンクの構造やデッキデザインなど、若干古さを感じる部分もあります。
これについては、それぞれの項目で詳しく説明します。

ドリップチップ

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

ドリップチップは「2ピース構造」2つのパーツで構成されていて、先端部分は3種類。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

素材の異なる3つのチップを、気分や好みで付け替えることができます。
内径や長さなどのスペックは、3つとも同じです。

タンク

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

リキッドチャージはトップフィルにアップデートされています。

今時らしい、90度ロック式で、利便性に優れたディティールになっています。
リキッドチャージホールも大きく、スポイトボトルでも問題なく装填できます。

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

ただし、タンクの構造はやや複雑、というよりもかなり昔のデザインという印象です。

というのも、チャンバーがデッキ側に残ってしまう構造なので、タンクを空にしないとデッキにアクセスできません。使い勝手という面では若干劣っていますし、面倒です。

構造が複雑でパーツ点数も多いので、分解・洗浄も大変です。

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

タンクのバリエーションが豊富で、全8種類のバリーエションが楽しめます。

タンクのバリエーション
  • 2ml(ステンレス・ポリカーボネート)
  • 4ml(ステンレス・ポリカーボネート)
  • 4ml(ステンレス+延長・ポリカーボネート延長)
  • 6ml(ステンレス+延長・ポリカーボネート延長)

ただただタンクの容量だけでなく、チムニーが伸びると味わいも変わります。

AFC

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

アトマイザー下部にあるエアホールには、オーバル型のAFCを装着。(着脱不可)
このパーツを回転させることで、エアホールをトリミングし、ドロー調整が可能です。

デッキ

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

エクスプロマイザーシリーズの伝統的なデザイン、2ポストのシングルコイル専用デッキ。

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

矮小なデッキサイズは、MTLに特化したディティール。
ビルドしやすいように工夫されたポストデザイン。

  • ワイヤーが逃げにくいワイヤーガイド付き
  • 頭の大きなプラスネジでさらにワイヤーが逃げない
  • ガイドにはスリット入りでワイヤーをサイドに逃がせる

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

デッキエアホールには6種類のエアホールパーツを装着可能、スクリュー式で固定。

エアフローホールのバリエーション
  • φ0.8mm
  • φ1.0mm
  • φ1.2mm
  • φ1.5mm
  • φ1.8mm
  • φ2.0mm

超タイトドローからRDLまでを網羅する充実のバリエーションです。

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

リキッドは負圧で吸い上げるタイプ、最近はあまり見ないタイプなのがV1.4たる所以か。

このタイプ、このブログ開始当時のハイエンドアトマイザーによく採用されていた構造で、若干ウィッキングがシビアな印象なんですよね。

今のアトマイザーみたいに、超ラフにウィッキングすると漏れたり供給が足りなくなったりするので、当時何度も何度もビルドした思い出が。

今となってはコツを掴んでいるので迷いもしませんが、初見だと苦労するかもしれません。

ポジティブピン

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

ポジティブピンは2重構造なので、ピンを緩めて調整できます。
プリセットではかなり出っぱっていますが、引っ込めることもできます。

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

もちろん、デッキ側も完全分解可能です。

eXpromizer V1.4 MTL RTAのコイルビルド

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

さてコイルビルドしていきましょう。

ビルドしやすいポストデザインの、シングルコイル仕様ですから楽ですよ。
初めてのRBAに選んでも、苦もなくビルドできると思います。

コイルを通してネジを締めるだけ、ってやつです。

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

ワイヤーカットも楽で、ポストガイドの側面に出してやって、カットするだけ。
それでショートの心配も要りませんから。定番的なデッキデザインですしね。

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

コイルの高さだけはこだわった方が良いです。
ボトムエアフローの定番、ホール直上にセット。

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

ウィックレッグを置く場所がないので、若干面倒である印象。
いやー、往年のアトマイザーという、懐かしさがありますね。

一世風靡したハイエンドアトマイザーを思い出したんですが、それよりはジュース吸い上げのスリットも深くて、供給不足にはなりにくい印象ですが、ウィック量には注意が必要です。

アトマイザーのマッチング・使用例

感想とまとめ

EXVAPE eXpromizer V1.4 MTL RTA(エクスベイプ エクスプロマイザー V1.4タンク)レビュー

名作アトマイザーをリバイバル!今風なディティールと昔ながらのデッキデザインの融合!

なるほど!「V1.4」です。今時らしく使い勝手が良い部分と、昔のままの部分が混在。

ということで、最新のアトマイザーらしい「親切さ」は薄めで、古き良き時代を思い出します。あの、ビルドの試行錯誤して、漏れた…供給不足でイガった.. と色々試していた時期を思い出しました。

実際はそこまで手強いアトマイザーではないんですが、その時代を思い出させます。
良い塩梅での「懐古主義」ももちあわせたヒストリックな製品。

限定生産ですから、使っても良し!オブジェとして保存しておくのも良いかもしれません。

コメント