Exvape Expromizer V5 MTL RTA レビュー|コンパクト!完成度アップ!大人気アトマ!

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

Exvape(イーエックスベイプ)のVAPEアトマイザー、Expromizer V5 MTL RTA「エクスプロマイザー V5」のレビューです。

人気アトマイザーのバージョン5!トップエアフローのリークレスデザインは前作同様、全長を抑えたコンパクトサイズに進化しました!!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:healthcabin

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Exvape Expromizer V5 MTL RTAとは?

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

Exvapeのタンクアトマイザー、Expromizer V5 MTL RTA「エクスプロマイザー V5」です。

ドイツでデザインされた人気アトマイザーシリーズ、第5世代です。
V5の名前通り、前作V4をアップデートしたアトマイザー!

前作同様、トップエアフローでリキッドリークに配慮したデザインを踏襲しながら、全長を抑えたショートトールサイズになって携帯性・利便性が大幅アップしました!

Exvape Expromizer V5 MTL RTA の特徴

  • 直径23mmのシングルコイルMTLタンクアトマイザー!
  • トップエアフローのリークプルーフデザイン!
  • ドイツデザイン!人気アトマイザーシリーズの最新機種!

それでは、Expromizer V5の概要を確認していきましょう!

直径23mmのシングルコイルMTLタンクアトマイザー!

blank

出典:Exvape

バージョン5となる『V5』の特徴は、前作V4とほぼ同様となっています。

それだけV4の完成度が高かった証拠でもありますが、より味わいを加速させる「デッキマルチエアホール」を採用しているなど、小幅ではあるものの着実に進化しています。

トップエアフローのリークプルーフデザイン!

blank

出典:Exvape

今作も前作と同様、トップエアフローのリキッド漏れに配慮したデザインを引き続き採用しているので、リキッド漏れを機にすることなく安心して使うことができます。

カラーバリエーション

blank

出典:Exvape

3色しかなかった前作よりも、充実したカラーバリエーション。

Exvape Expromizer V5 MTL RTAのカラーバリエーション

  • BRUSHED ブラッシュド
  • GUNMETAL ガンメタル
  • SANDBLAST サンドブラスト
  • BLACK ブラック
  • POLISHED ポリッシュド

スレンレスカラーは、フィニッシュが3つから選べるのも良い点です。

スペック

blank

出典:Exvape

リキッド容量2ml
直径23mm
全長54mm
ネジタイプ510
ドリップチップ510DT
コイルシングルコイル
リキッドチャージトップフィル
エアフローボトムエアーフロー(ドロー調整可能)
素材ステンレススチール

パッケージ・内容品

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

内容品一覧

  • Exvape Expromizer V5 MTL RTA アトマイザー本体
  • 予備パーツ(ガラスチューブ・Oリング・デッキネジ)
  • ツール(プラスドライバー)
  • ビルド用(コットン・コイル)
  • ユーザーマニュアル(英語)

Expromizer V5 MTL RTAの詳細

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

ルックス・デザインはV4をよりシンプルに、上品にした印象です。
ショートサイズになったことで、より使いやすく携帯しやすくなりました。

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

また、大ヒットのきっかけになったeXpromizer V3 FIREにも近いデザインで好印象。
世界的にも大ヒットしたアトマイザーのデザインコンセプトを受け継ぎながら、より良い品質・ディティールなど着実に進化しているのもV5の良い点でもあります。

個性を感じさせる『EX』のタンクスリーブ、これは賛否両論分かれそうですが。

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

eXpromizerV5を大まかに分解するとこのようになります。

  • デッキ
  • タンク
  • ドリップチップ

前作のeXpromizer V4同様にかなり細かく分解することができる構造になっています。

blank

出典:Exvape

タンク・デッキはさらに細かく分解できるようですが… 残念ながらタンク部分(特にトップパーツ)の分解方法はわかりませんでした。

ドリップチップ

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

2ピース(金属と樹脂)のドリップチップはスクリュー式で分解可能です。

この仕様は前作同様で、シリーズとして共通性を感じるディティールです。

また、510DT仕様なので、汎用品に交換して使うこともできます。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

内径3.5mmストレート、MTL向けの細めのサイズです。

タンク

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビューリキッドチャージの利便性・信頼性が大幅にアップしたトップキャップ部分の構造。

トップキャップはスクリュー&スライド式、まずはスクリュー(ねじ)を回して、ロックを解除、その後スライドする構造です。

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

着実にロックできるだけでなく、パーツ脱着がないので非常に便利です。

パーツを無くす心配もなければ、置き場所に困ることもありません。

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

ちなみに、ネジを外せば、ちゃんと分解することもできます。
細かくクリーニングしたい時に重宝する作りです。

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

また、タンクを逆さまにした状態でジュースチャンネルよりも水位が低ければ、タンクを外してデッキにアクセスできます。ただし、構造的にボトムフィルはできません。

リキッドが残っていても、コイルリビルド・リウィッキングができます。

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

タンクのベースパーツは分解できませんが、洗浄時には問題にはなりません。

ジュースコントロール

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

最近リリースされるアトマイザーには珍しくジュースコントロール機能を搭載しています。

ジュースコントロールとは

ジュースチャンネルの供給量を調整できる機能です。

ハイエンドRTAに搭載されたことから、一時期マスプロRTAにも多く搭載され流行した機能ですが、パーツ点数が増えることで値段が上がったり、マスプロ機では精度が悪くしっかり機能しないものもあったりと言うこともあってか最近はあまり搭載される機種が少なくなっています。

しかし、気圧差や気温差によって漏れが生じたり、ビルドによって供給量を変えたい時には非常に有効な機能です。

デッキのジュースチャンネルを閉じたり開いたりすることができます。

もちろん全閉にして携帯時の漏れをふさいだり、ビルドや出力によってジュースホールの開き具合を微調整することもできます。

ジュースチャンネルを操作する方法はMODに付けた状態で、アトマイザーボトムを回せばジュースチャンネルを閉じたり開いたりできます。

トップエアフロー

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

MTLタンクでありながら、MTL~RDLまで幅広いドローに対応する懐の深さ。

スモールサイズのエアホール(6個)だけでなく、オーバルホールも備えています。

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

リキッドリークに配慮したトップエアフローデザイン、上部から取り込んだ空気は、タンク内部を通ってデッキボトムまで供給されます。

23mmという、スリムな口径に抑えてあるのが素晴らしいですね!

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

ただし、その為にデッキサイズは直径13mmと極小サイズ。

供給部分や構造は前作同様、チャンバートップのデザインも似ています。

デッキ

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

デッキは2ポール2スレッドで、シングルコイル専用です。

デッキデザイン・サイズ・ジュースチャンネルなどの細かい仕様は前作のデザインを引き継いでいます。直径13mmと矮小なデッキサイズですが、ポスト間は5.5mmと余裕があるので、ワイヤーによっては3.0mm軸でもビルドできそうです。

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

唯一違うのはデッキエアホール、シングルホールから3つのマルチホールへと変更されました。

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

ポストデザインも前作同様、kayfunスタイルのポストデザイン、ガイド付きでコイルビルドしやすく、余分なこいるレッグの処理がやりやすいデザイン。

MTLタンクらしく、細線でもワイヤーが逃げないように、ネジ頭とポストの間隔が詰められています。

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

ポジティブピンは出っ張っいます。ピンはデッキ固定ネジ兼用ではありません。
その為、緩めることで出っ張り具合を調整することもできてしまいます。
ただし、ネジの脱落には十分注意しなくてはなりません。

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

デッキを分解する時は、まずポジティブピンを外します。
インシュレーターは前作同様、ゴムのような弾力のある素材です。

 

デッキパーツは、ベースにスクリューで固定されています。
さらに分解することで、ここまで細かく分解できる構造です。

Expromizer V5のビルド

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

それではビルドです。

デッキデザインはエアホールこそ違うものの、ポストやその他は前作と全く同じです。
ビルドも同じように簡単にできます。

スタンダードなデッキデザインですから、迷うことはありません。

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

矮小なデッキ、試しに26ゲージ・3.0mm軸でビルドしてみましたが全く問題ありませんでした。24ゲージでもビルドできます。MTLタンクですが、RDLでも使えるデザイン。

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

コイルトップに余裕があるので、高さ調整にも自由度があります。

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

ウィックをセット。

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

ジュースチャンネルにふわっと載せるだけでビルド完了!かなり簡単にビルドできます。

アトマイザーのマッチング・使用例

感想とまとめ

Exvape Expromizer V5 MTL RTA(イーエックスベイプ エクスプロマイザー V5)レビュー

地味だけど着実に進化!より完成度が高まったMTLタンクアトマイザー!

前作の『eXpromizerらしからぬデザイン』から一転、原点回帰ともいうべき「らしいデザイン」に戻った本作、前作の優れた点は全て引き継ぎながらより使いやすく進化しました。

ショートトール・コンパクトサイズになっただけではなく、デッキエアホールが3ホールに。よりMTLでもDLでも味わいが楽しめるスペックに。欲を言えば可変。付け替え式だったらもっと良かったとは思いますが、それは贅沢すぎる願いでしょう。

リキッドリークレス構造という強みを持ったまま、23mmショートサイズという使いやすいサイズ感。汎用性が非常に高いアトマイザーです。

コメント