【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank レビュー|高品質&良設計アトマイザー!

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

aspire(アスパイア)のVAPEアトマイザー、9th RTA Tank「ナインス アールティーエータンク」のレビューです。

NO NAME MODS(ノーネームモッズ)がデザインした22mmサイズアトマイザー!
オリジナルデッキのRBAとしても、aspire AVP Proコイルでも使えます!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tankとは?

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

aspireのアトマイザー、9th RTA Tank「ナインス アールティーエータンク」です。

『NO NAME MODS(ノーネームモッズ)』がデザインしたコラボ製品です。

Aspire×NO NAME MODS 9th RTA Tankの特徴

  • イタリアのハイエンドブランド「NO NAME MODS」がデザインを担当
  • 22mmサイズ クリアロとしても使えるRTAアトマイザー
    • 矮小サイズのMTL向けRBAデッキ
    • 味に優れた新開発「AVP PRO Coils」

詳細を確認していきましょう。

イタリアのハイエンド「NO NAME MODS」がデザインを担当

出典:aspire

aspireが様々なハイエンドブランドとコラボして、通常のラインとはワンランク上の物作りをして話題になっている『PRESTIGE(プレステージ)』の製品です。

ちなみに、PRESTIGEとは「威信(物事に対する誇りや権威、信頼感などを意味する)」の意味、文字通りアスパイアがメーカーの威信をかけてリリースしています。

出典:aspire

9th RTA Tankは、ミニマリストデザインの達人として有名なイタリアのエンジニアリングスタジオ No Name との直接のコラボレーションで完成、MTL用に設計されたプレミアムRTAタンクです。

NO NAME MODSとは?

イタリアを代表する古参ハイエンドアトマイザーブランド。

世界中にその名を轟かせたジェネシスアトマイザー「BF-99」や、14mmサイズに「NoFear」など、世界中にファンを持つメーカー。

日本でも名の知れ渡っている、人気のあるブランドです。

独特のデザインや、ロゴマークが有名ですよね!

22mmサイズ クリアロとしても使えるRTAアトマイザー

出典:aspire

9th RTA Tankは直径22mmサイズとMODに合わせやすく、しかもプリメイドコイルでもRBAとしても使えるオールラウンダーなアトマイザーです。

矮小サイズのMTL向けRBAデッキ

出典:aspire

まずはRBA。スタンダードデザインの2ポスト シングルコイル専用デッキはMTLに特化した矮小サイズ設計です。フレーバーチェイサーにぴったりなデザインですね。

デッキエアホールサイズが変更できるのも、タイトドロー愛好家には嬉しい設計です。

味に優れた新開発「AVP PRO Coils」

出典:aspire

タンク部分を付け替えるて、プリメイドコイル仕様のクリアロマイザーとしても使えます。

AVP Pro Coilsのコイルバリエーション

  • 0.65Ω メッシュコイル(15-18W) DLユース
  • 1.15Ω コイル(10-16W) MTLユース

aspireの新規格、AVP-CUBEなどにも使われている味に定評のあるAVP Proコイルです。

カラーバリエーション

出典:aspire

9th RTA Tankはシンプルな2色展開です。

9th RTA Tankのカラーバリエーション

  • Blackブラック
  • Stainless Steel ステンレススチール

スペック

出典:aspire

リキッド容量2ml
直径22mm
全長
  • 52.5mm(クリアロマイザー)
  • 57mm(RTA)
重量
  • 53.2g(クリアロマイザー)
  • 61.3g(RTA)
ネジタイプ510
ドリップチップ510DT
コイル
  • シングルコイル(RTA)
  • プリメイドコイル(aspire AVP Pro)
リキッドチャージトップフィル(スクリュー式)
エアフローボトムエアーフロー

パッケージ・内容品

PRESTIGEラインの製品らしくパッケージにも凝ったつくりです。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

所有欲を満足させてくれる工夫が随所に見られます。高級感が感じられる演出がニクい!

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

内容品一覧

  • aspire 9th RTA Tank アトマイザー本体
  • AVP Pro 0.65Ω メッシュコイル(15-18W)
  • AVP Pro 1.15Ωコイル(10-16W)
  • RBAデッキ・タンク・エアフローピン
  • 予備パーツ(Oリング)
  • ユーザーマニュアル(英語)・ステッカー

9th RTA Tankの詳細

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

イタリアのハイエンドブランドのデザインらしく、シンプルかつ上品なルックスが特徴。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

個人的には、アトマイザー上下のパーツに「らしさ」を感じられました。

ポリッシュ仕上げ・マット仕上げと使い分けられたパーツ、ローレット加工など。
実用性とルックスを兼ね備えた、凝ったディティールです。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

しかも、品質はaspireクオリティーですから。

今まで何度かNO NAME MODSの製品を手に取ったことがあります。
設計は非常にオリジナリティーを案じられるものでしたが、いい意味で「イタリア」らしい、というか。アラが目立つ品質だったのを覚えています。

むしろ、本家よりも「高品質」なのではなかろうか、と思えるほど安定した品質です。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

RTAとしてもクリアロとしても使えるので、パーツ点数が多めです。
しかし、設計自体はシンプル。運用も楽なので気負うことはありません。

ドリップチップ

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

ドリップチップは汎用性の高い510DT仕様、付属品以外のお気に入りに交換もできます。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

付属品は内径4.5mmストレートとDL・MTL両方に対応できるスペック。
樹脂製ですが、丁寧に仕上げられている逸品です。高品質!

タンク

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

側面にローレットが刻まれ、開閉操作がしやすいディティール。
上部には「ブランドネーム」が刻まれ、コラボ製品であることを主張弱めに表記。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

定番のスクリュー式トップキャップによるトップフィルスタイル。

リキッドチャージホール・チムニー部分にパッキン、タンクからのリキッド漏れを防止。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

RBAデッキのチャンバー部は綺麗なドーム型、ルックスと構造にこだわった仕上がり。
チムニー内径は4.75mm、デッキサイズやエアホールサイズと比較して、若干太めなスペック。

プリメイドコイル

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

タンクパーツを付属の専用品に交換することで、プリメイドコイルを使うクリアロマイザーとして使うことができるのが9th RTA Tankの特徴です。

優れたルックス・クオリティを、手軽なコイル交換式クリアロとして使うことができます。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

ちなみに、タンクの長さが4.5mmほど違います。クリアロVer.の方が全長が短いです。

また、チャンバー部分のデザインも若干異なっていて、個人的にはRTAで使う方がルックス的にはかっこいいと感じます。ジュースチャンネルも最適化しなくてはならないので、実用的にしょうがないのでしょうけどね。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

ちなみに、コイルは新規格のAVP Proコイル、スターターキットで定評があります。

AVP Pro Coilsのコイルバリエーション

  • 0.65Ω メッシュコイル(15-18W)
  • 1.15Ωコイル(10-16W)

MTL・DLに対応する2バリエーションで、これがかなり美味しい!
RTAで使わなくても、美味しく吸えますから、自分でコイルを組めない人にも良いです。

エアフロー

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

味に優れたボトムエアフロー方式です。

エアホールにはドロー調整用のAFC(エアフロー調整リング)が備わっていて、全開から全閉まで無段階にドローを調整可能です。

RBAデッキから考えるとエアホールがかなり大きく感じますが、これはAVP Proコイルのメッシュコイルに対応するためのスペックです。DLでもいける仕様ですね。

ちなみにエアホールは片側一つのみです。

RBAデッキ

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

スタンダードデザインの2ポスト・シングルコイル専用デッキです。

デッキサイズ:14.2mm
ポスト間隔:5mm

矮小なデッキサイズですが、ポスト間は最大限取られていて、設置できるコイルサイズにも自由度があります。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

コイル固定部が左右180度の位置に、中央にエアホールがある定番のデッキデザイン。

MTLユースとしてはジュースチャンネル(タンクからリキッドを供給する部分)のサイズに余裕があるのは近年のトレンドによるものでしょう。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

コイル固定は「ネジ頭直接式」になっていて、固定しやすいようにネジの頭が大きな専用品が使われています。凝ったディティールですね!

ネジ部分にはコイルレッグが逃げないようにガイド付きで、ビルドのしやすさに配慮したポストデザインです。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

ちなみに、デッキ部分はスクリュー式で脱着可能。プリメイドコイルと交換できる設計。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

かなり小さなデッキパーツですが、作りはかなり精巧でパーツを組んだ時にガタが少ないです。精度が良く、仕上がりも非常に丁寧です。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

キットには2種類のデッキポジティブピンが付属します。

2種類のデッキエアホールサイズを実現するRBAポジティブピン

交換することで、デッキエアホールサイズを変更することができます。

サイズが公表されていませんが、実測では【およそ2mm・およそ1mm】ほどになっています。(測定環境のせいで正確には測れませんが、参考までに)

ポジティブピン

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

ポジティブピンの突出具合は、実測0.7mmと十分です。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

プリメイドコイルも使える9th RTA Tankでは、クリアロと同じフローティング式(固定されていない、ゴムに嵌め込まれたパーツ)となっています。

9th RTA Tankのコイルビルド

それでは、9th RTAのRBAデッキのビルドをしていきます。

基本的にMTLユースですが、デッキエアホールサイズがデフォルトでは大きな方になっているので、プリセットはどちらかといえばDLユースのセッティングです。

タイトドローMTLで使う場合には、ポジティブピンの交換必須です。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

27ゲージ・2.5mm軸

スタンダードなデッキデザインのシングルコイル仕様ですから、何も迷いません。

コイルレッグはそのままカットしても問題はないのですが、チャンバーまでの距離があまりないので、中央までぐるっとリターンさせてやるのが良いとは思います。

写真のビルドでは細めのワイヤーに細めの巻き軸でビルドしていますが、エアホールのセッティング次第ではDL向けにもビルドできるほどデッキサイズには余裕があります。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

コイルジグを当てがって固定すると、コイル位置が若干高め。
そのため、コイル固定後にL字のジグなどを使って、コイル位置を下げてやると良いです。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

というより、漏れ対策としてもエアホールが煙突のように突起しているとよかったですね。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

ジュースチャンネルが大きいので、コットンレッグは若干長めにカットしました。

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

ビルドは非常に簡単ですね!ビルド初心者にもやりやすいアトマイザーです。

アトマイザーのマッチング・使用例

感想とまとめ

【Aspire×NO NAME MODS】9th RTA Tank(アスパイア×ノーネーム ナインス アールティーエータンク)レビュー

良デザイン!優クオリティ!味にも優れたオールラウンダーアトマイザー!

本当に良い時代になりましたよね。しみじみ思います。

なんと言っても、ハイエンドブランドデザインのクオリティーにも優れたアトマイザーが数千円で買えるんですから。クローン(コピー品)じゃなくてすよ!

aspireが道を切り開かなければあり得なかったことです。
アスパイア、本当にありがとう!と感謝を言いたくなるぐらいの製品ですよね。

デザインも良いし、使い勝手にも優れている。文句のつけようがないです。
無くなって悔やむ前にゲットすべき製品ですね!

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?