aspire AVP-CUBE レビュー|MTL・DL両方に対応した味わい重視のスティック型POD!

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

aspire(アスパイア)のVAPEスターターキット、AVP-CUBE「エーブイピー キューブ」のレビューです。

本格的スペックのPODデバイスがスリムなスティック型に!
MTL・DL両方に対応!可変出力に大容量バッテリーと急速充電!ドロー調整にも対応!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

aspire AVP-CUBEとは?

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

aspireのスティックタイプPODデバイス、AVP-CUBE「エーブイピー キューブ」です。

AVP ProのスティックバージョンがAVP-CUBE、棒型のスリムなボディーに、卓越した本格スペックを搭載したPODデバイスです。

aspire AVP-CUBEの特徴

  • スティック型のスリムボディーなのに本格派のスペック!

それでは、AVP-CUBEの詳細を見ていきましょう。

AVP-CUBEの本格的スペック1:4段階出力調整機能

出典:aspire

スリムなボディーにはAVPシリーズの特徴である、4段階の可変出力を搭載しています。

ただし、出力の変更が可能なのはMTLユースの高抵抗コイル(1Ω以上)のみで、 DLユースのサブΩコイルでは出力はバイパス(バッテリー電圧出力)になります。

AVP-CUBEの本格的スペック2:4段階のドロー調整機構

出典:aspire

コンパクトなのにドロー調整ができるAVPシリーズの特徴を引き継いでいます。

AVP Proでは無段階調整式でしたが、AVP-CUBEはPODを差し込む方向に応じて4段回に調整できる機構を採用しています。簡単にドロー調整ができて便利です。

AVP-CUBEの本格的スペック3:大容量バッテリー&急速充電

出典:aspire

スリムなのにパワフル、大容量!

バッテリーは妥協のない1300mAhを搭載、しかも急速充電に対応しています。
また、リキッド容量も3.5MLとスティックタイプとしては十分な容量です。

AVP-CUBEの本格的スペック4:専用コイルでDL・MTLに対応

出典:aspire

カンタルAF素材を使ったAVP Proコイルを採用、AVPシリーズとしての互換性を確保。

AVP-CUBEのコイルバリエーション

  • 0.65Ω メッシュコイル(15-18W)
  • 1.15Ωコイル(10-16W)

MTL・DL両方に対応できる2種類のコイルが付属します。

カラーバリエーション

出典:aspire

豊富なカラーバリエーションも魅力的、なんと全7色用意されています

AVP-CUBEのカラーバリエーション

  • Jet Black ジェットブラック
  • Amethyst Purpleアメシストパープル
  • Hunter Green ハンターグリーン
  • Navy Blue ネイビーブルー
  • Garnet Red ガーネットレッド
  • Quicksilver クイックシルバー
  • Space Grey スペースグレイ

スペック

サイズH 110× W22× D22mm
重量64 g
出力
BYPASS・4段階出力
リキッド容量3.5ml
リキッドチャージPODボトムフィル
エアフローボトムエアフロー(調整可)
コイルプリメイドコイル交換型
充電ポートUSB-C(5V 2A)
バッテリー1300mAh
保護機能
  • 自動カットオフ(10秒)
  • ショートサーキット保護
  • オーバーヒート保護
  • バッテリー低電圧保護
  • バッテリー過充電保護(4.2V)
  • バッテリー過放電保護(3.3V)

パッケージ・内容品

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

内容品一覧

  • aspire AVP-CUBE バッテリー本体
  • aspire AVP-CUBE Podカートリッジ
  • 0.65Ω メッシュコイル(15-18W)
  • 1.15Ωコイル(10-16W)
  • USB-C 充電用ケーブル
  • ユーザーマニュアル(英語)

AVP-CUBEの詳細

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

シンプルなデザインに、かつ高品質な完成度の高い仕上がりのボディー。

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

aspireらしい仕上がり、一目でブランドが判別できるぐらいの完成度です。

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

VAPEデバイスメーカー随一と言って良いほどのハイクオリティーな仕上がりです。

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

大きさはスティック型としては若干大きめですが、嵩張るほどの大きさではありません。

それもそのはず、AVP-CUBEのサイズは【H 110× W22× D22mm】となっていて、22mmチューブよりもボリューミーです。

ただし、その分妥協のないスペックになっているのが特徴です。

バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:1,300mAh
  • 出力モード:BYPASS・4段階出力
  • パフ操作:マニュアルパフ
  • 充電ポート:USB-C(2A)
  • 保護機能:
    • 自動カットオフ(10秒)
    • ショートサーキット保護
    • オーバーヒート保護
    • バッテリー低電圧保護
    • バッテリー過充電保護(4.2V)
    • バッテリー過放電保護(3.3V)

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

AVP-CUBEは”ワンボタン式”のデバイス、電源操作やパフ操作はボタンで行います。

  • パフボタン

PODデバイスですがオートパフ(吸い込んだだけでミストが吸引できる機構)ではありませんので、自分でボタン操作をしたいユーザー向けの製品です。

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

ボタン部分には『LEDインジケーター』が備わって、バッテリー残量と出力を表示します。

バッテリー残量表示

100-60%  60-30%  30-0%

バッテリー残量は3段階表示、出力レベルは4段階調整式です。

出力レベルの選択(1.15Ωコイルのみ)

16W  14W  12W  10W

注:出力ワット数は、接続されたコイルの抵抗が1.00Ω以上であることが検出された場合にのみ選択できます。

コイルの抵抗が1.00Ω未満の場合、出力モードは自動的にバイパスモードになるため、調整できません。

モードボタンを2回押すと、LEDライトが赤、青、緑の順に点滅し、出力ワット数を調整できないことを示します。

ただし、サブオームコイルは必然的にバイパス出力となります。

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

本格的な大容量バッテリー、急速充電に対応したUSB-C端子と実に今時らしいスペック。

充電スペック

  • バッテリー容量:1300mAh
  • チャージポート:USB-C
  • 充電電流:2A 急速充電対応

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

デバイス底には安全性日配慮したバッテリーベントホールを備えています。

バッテリーベントホールとは

電池は過電流などによりバッテリーへの負担がかかるとガスを発生させます。

何故この穴が必要かといえば、その際にベントホールからガスが逃げられるようにベントホールが必要です。

このようにベントホールが空いていないと、噴出したガスが内圧が高まり、ある一定の圧力にまで達すると逃げ場がないことによって炸裂(爆発)してしまいますので、そのような事故を防ぐための安全性に配慮した仕様です。

POD

PODスペック
  • リキッド容量:3.5ml
  • 素材:不明
  • マウスピース:510DT
  • リキッドチャージ:ボトムフィル(ゴムキャップ)
  • エアフロー:ボトムエアフロー(調整可)
  • コイル:プリメイド交換型

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

PODカートリッジはAVP-CUBE専用品で、使い切りタイプではありません。

予備が必要な場合は、別途購入することもできます。

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

強力なマグネットでバッテリー本体と接続されます。楽ですね!

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

PODカートリッジのリキッドチャージは『ボトムフィル』、ゴムキャップを外してチャージします。

チャージ時はバッテリーから外す一般的な仕様のPODカートリッジとなっています。

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

ドリップチップは510DT(汎用規格)なので、交換することもできます。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

付属品は樹脂製で、MTL・DL両方に対応する内径のものです。

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

また、スティック・ペンタイプとしては珍しくドロー調整機構を採用しています。

ドロー調整可能

  • PODボトムの切り欠きの位置で、4段階にドローを調整できます。

4種類にドロー調整が可能なのが嬉しいですね!

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

バッテリー側面にはそれぞれ『0・2・4・8個』のエアホールが。
このホールの数で取り入れる空気の量を調整可能です。

プリメイドコイル

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

プリメイドコイルは最近はどこのメーカーも採用している、差込式です。
ネジって取り付ける必要がなく、取り付け・取り外しが簡単です。

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

コイルはAVP Proと共通の「カンタルAF」素材のコイルです。

  • AVP Pro 0.65Ω メッシュコイル(15-18W)
  • AVP Pro 1.15Ωコイル(10-16W)

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

DL・MTLに対応する2種類のコイルが付属、DL用はメッシュ・MTL用はワイヤーです。

510DTなのでプルームテックも使えるオプションも!

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

プルームテックのカプセル対応のドリップチップに交換することもできます!

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

提供ショップではセット販売も行っていて、MTLコイルが最適ですね!

AVP-CUBEの使い方・操作方法

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

  • 電源ON/OFF… パフボタン5クリック
  • 出力調整…電源オン状態でパフボタンを2クリック
  • Vaping…マウスピースを咥えてパフボタンを押しながら吸い込む

感想とまとめ

Aspire AVP-CUBE(アスパイア エーブイピー キューブ)レビュー

本格PODデバイスがスリムに!スティック型オールラウンダー!

AVP PROは未レビューですが、味に優れたデバイスであることは話には聞いていました。
それを裏切らない味わい、いやはや今時のPODらしい味わいに優れたデバイスです。

MTL・DL両方とも美味しいんです。古参ブランドの意地ですね!

しかも、スリムなボディーに考えうるスペックを詰め込んだ「全部載せ」の完成度。
サイズ的に制約があるのにもかかわらず、ドロー調整まで4段階に対応しています。

デバイスのデザインも「aspireらしさ」にあふれていて個性的です。

完成度の高いオールラウンダーですね!

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?