aspire Nautilus GT mini レビュー|22mm!Taifunデザインアトマイザー!

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

aspire(アスパイア)のVAPEアトマイザー、Nautilus GT mini「ノーチラス ジーティー ミニ」のレビューです。

Taifunによるデザインの22mmサイズアトマイザー!
aspire伝統のNautilus BVCコイルによって、味も追求した製品です。

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク

aspire Nautilus GT miniとは?

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

aspireのプリメイドコイル交換タイプのアトマイザー(通称:クリアロマイザー)、Nautilus GT mini「ノーチラス ジーティー ミニ」です。

このシリーズは、『Taifun』がデザインしたコラボ製品です。

aspire Nautilus GT miniの特徴

  • 22mmサイズ、リキッド容量2.8MLのクリアロマイザー
  • ドイツの名門「Taifun」がデザインを担当
  • aspireの伝統、Nautilus BVCコイルを採用

ノーチラスGTミニの詳細を確認していきましょう。

22mmサイズ、リキッド容量2.8MLのクリアロマイザー

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

この製品はNautilus GTのスモール版(22mmサイズ)です。

大きな違いはサイズとタンクのデザインのみです。

Nautilus GTとの違い

  • サイズ 24mm:22mm
  • タンクのデザイン

サイズによるリキッド容量の違いを除けば、他の部分は共通しています。
よって、サイズの好みに応じてセレクトできるバリエーションというわけです。

ドイツの名門「Taifun」がデザインを担当

出典:aspire

デザインは24mm版と同じく、ドイツのTaifun(タイフン)によるものです。

Taifunとは?

ドイツのSmokers Storeオリジナルブランド。
2008年、VAPE黎明期より続く老舗ショップで世界的に有名。

オリジナルアトマイザーの歴史も古く、バリエーションも豊富。
こだわりのデザイン・構造・ルックス。製品クオリティーも高い。

多くの名作アトマイザーを送り出している。

価格帯は高く、俗に「ハイエンド」と呼ばれる部類の製品。

日本でも人気のある製品で、一時期はプレミア価格がついてしまうほど有名です。

味に優れていることでも有名な製品ですが、デザインや品質にも定評があります。

aspireの伝統、Nautilus BVCコイルを採用

出典:aspire

外部によるデザインのコラボ製品というAspireとしてはかなり珍しい試みの製品ですが、味わいの要となるコイルには同社が長年熟成させているNautilus BVCコイルを採用。

世界的に知名度があり、多くの地域で普及しているため入手製が良く味が良い。
MTL向けの高抵抗コイルの味わいに定評があるプリメイドコイルです。

カラーバリエーション

出典:aspire

全4色、定番カラーを揃えたバリエーション(シルバー・青・金・黒)

残念なのは、24mm版にはDLC(Diamond Like Carbon)によるハイスペックな表面処理が用いられているカラーがありましたが、22mm版にはありません。

スペック

リキッド容量2.8ml
直径22mm
全長54mm
重量62.7 g(実測)
ネジタイプ510
ドリップチップ510DT
コイルプリメイドコイル(aspire Nautilus BVC)
リキッドチャージトップフィル(ロック式)
エアフローボトムエアーフロー

パッケージ・内容品

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

内容品一覧

  • aspire Nautilus GT mini アトマイザー本体
  • Nautilus BVC Coil 1.6Ω
  • Nautilus 2S Mesh Coil 0.7Ω
  • 予備パーツ(Oリング、ガラスチューブ)
  • ユーザーマニュアル(英語)

aspire Nautilus GT miniの詳細

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

デザインは24mm版のNautilus GTとほぼ一緒です。

サイズ感とタンク部分のデザインの違いを除けば、他に違いはありません。

これはコラボ製品に限ったことではなく、aspire製品全体に言えることですが、クオリティーは高いです。

ドイツ「Made in Germany」製で、値段の高いTaifunアトマイザーほどハイクオリティーではありませんが、価格1/3以下の中国製品にしてはかなり高品質です。

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

aifunアトマイザーの個性とも言える「上から下まで同径」「ローレット加工」を用いて、よりTaifunらしく感じさせるフォルム。どこからどう見てもTaifun製品です。

しかし、サイズの違いは大きいです。たかが2mmですが、されど2mm。
かなりコンパクトに感じるサイズ感です。

容量の違いも小さいので、コンパクトなアトマイザーにッミ力を感じるのであれば、miniを選んでおけば間違い無いと思います。

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

クリアロマイザーにしては若干パーツ点数が多いのも、Taifun譲り(?)

出典:aspire

それでは、上から順番に細部を見ていきましょう。

ドリップチップ

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

汎用510DTサイズのドリップチップ。汎用品が使えて、もちろん交換もできます。

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

付属品は金属と樹脂のハイブリッド。内径はストレートとシンプルな構造。

全長16.3mm、露出部の高さ11.6mm、外径10.4mm、内径5mm

ドリップチップなど細かいパーツも、Taifunらしい伝統を感じるルックスです。

タンク

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

タンクはロック式。印を合わせてトップキャップを外します。

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

回転させる角度は浅いのですが、手応えはしっかりしていて確実にロックできます。

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

リキッドチャージが簡単にできるトップフィリルによる利便性の高い仕様です。

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

タンクが独立した構造によってボトムリフィルにも対応しています。

つまり、タンクに満タンのリキッドが残っていても、コイルの交換できる構造です。

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

タンクの分解時に実用的な、トップ部分のローレット。
薄いパーツをディティールでカバーした優れたデザインです。

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

タンクは3つのパーツ(ベース・ガラスチューブ・トップパーツ)構成。

出典:aspire

金属ベースがガラスタンクを保護するので割れにくいデザインです。

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

このタンク以外に、3.5ML大容量のPSU(ポリスルホン)タンクがメーカー公式オプション品として販売されています。

PSUは、優れた性能を持った素材。樹脂製ですが信頼度が高いです。

ポリスルホンとは?

スーパーエンジニアリングプラスチックの一種。
医・食分野で使用され、医・食分野で使用耐熱・耐加水分解性に優れる素材。

  • 優れた耐熱性 連続耐熱温度175℃
  • 幅広い使用温度 -100℃から175℃まで
  • 優れた耐加水分解性 水または温水などによって劣化しにくい
  • 耐薬品性が良い 酸・アルカリ・油に強い

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

ちょっぴり変わったルックスの純正タンクが、既視感のあるスタンダードデザインに。
もちろん、トップフィルにも対応しており、タンクが満タンでもコイルアクセス可能。

実用上全く変わらず扱うことができて、リキッド容量を拡大することができます。

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

そして、ノーチラスGTミニには24mm版と同じく他の製品にはない特徴があります。

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

それはコイルとの接続部分、RTAで言うチムニーの部分が特殊です。

ただスレッドでつくだけではなくて、コイルのチムニー部分を絞るような煙突のような突起(樹脂パーツ)があります。

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

このパーツによって、コイル出口が絞られ、ドリップチップ直前で拡散するデザイン。

内径最小部:3mm

5mm →→→(逆テーパー)→→→ 3mm →→→ (テーパー) →→→ 5mm

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

BVCコイルの上部は通常スレッドで接続されますが、ノーチラスGTミニの場合は樹脂製のパーツがコイル内部に入るように接続されます。

エアフロー

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

カチッカチッとクリック感のあるAFCは、エアホールのサイズを5種類に変更できます。

出典:aspire

エアホールサイズのバリエーション(5種類)

  • 1.0mm
  • 1.2mm
  • 1.5mm
  • 1.8mm
  • 2.5mm

無段階ではなく5段階です。MTLユースがメインのサイズバリエーションです。

ポジティブピン

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

ポジティブピンはかなり出っ張っています。

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

フローティング式(浮いている・固定されていない)ですね。

クリアロの多くに採用されている方式で、完全に固定されてはいません。
そのため、スプリングコンタクト搭載のテクニカルMODでのみ使うことができます。

メカニカルMOD、特にハイブリッド接続には絶対に使えません。危険です。

コイル

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

付属のコイルは2種類、Nautilus BVCコイル規格です。

キット付属コイル

  • Nautilus BVC Coil 1.6Ω(7-11W)SS316Lメッシュ
  • Nautilus 2S Mesh Coil 0.7Ω(29-25W)カンタルパンチング

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

高抵抗(1.6Ω)コイルは、Nautilusシリーズ伝統のコイルです。
もう一方のメッシュコイル(0.7Ω)は、新たにノーチラスGTのために作られたコイル。

今までのNautilusシリーズアトマイザーに付属するのものより、高抵抗になりました。

  • 1.6Ω BVCコイルは世界的に有名、味が良いのは今までのシリーズで実証済み。
  • 0.7Ωコイル、これもかなり美味しいですね。よりドローが軽い使い方向き。

メッシュコイルだけどスピッドバックが少なく、上品な味わいながら味は濃いです。

アトマイザーのマッチング・使用例

感想とまとめ

aspire Nautilus GT mini(アスパイア ノーチラスジーティー ミニ)レビュー

デザインにも味にもこだわったクリアロマイザーの新定番!

aspireの本気ですね!24mm版に続いて、汎用性の高い22mmバージョンもリリース。
包括的に、VAPEユーザーのニーズに合わせた製品ラインナップです。

2サイズを並べると、当たり前ですが22mm版がコンパクトです。
しかも、そこまでリキッド容量に差がないんですよ。もちろん使い勝手・スペックも一緒。

大きさの好みで選べるようになっています。他は全く一緒です。

よりTaifunらしい方、というと24mmのサイズ感(タイフンは23mm以上のサイズが一般的)なのですが、もちろんminiデザインが共通していますから、らしさは感じられます。

BVCコイル運用のユーザーは多いですから、見た目にもこだわりたい!というニーズは多いですよね!今まではハイエンド製品などでBVCコイル対応のものという選択肢もあったのですが、万単位の値段ですから躊躇してしまうのはごもっとも。

ハイエンドブランドのデザインと、大手メーカーの安定した品質。
かなりコストパフォーマンスに優れた製品なのは言うまでもありません。

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?