WOTOFO DYADIC レビュー|スリムで持ちやすいデュアルバッテリースコンカーMOD!

WOTOFO DYADIC レビュー

WOTOFO(ウォトフォ)のVAPEスターターキット、DYADIC「ダイアディック」のレビューです。

18650バッテリーをデュアルで搭載、制御基板を搭載。
爆煙ユースのテクニカルスコンクMODです。

詳細をレビューします!

商品提供:WOTOFO

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク

WOTOFO DYADICとは?

WOTOFO DYADIC レビュー

WOTOFOのスコンクテクニカルMOD、DYADIC「ダイアディック」です。

「Tony B」とのコラボレーションアイテム、デュアルバッテリー仕様です。

WOTOFO DYADICの特徴

  • 18650デュアルバッテリー&テクニカルスコンクMOD!
  • 爆煙ドリッパーで便利なレギュレーテッド!

そういえば… Tony Bといえば、他社でもデュアルバッテリーのテクニカルスコンカーをプロデュースしています。

WOTOFO DYADIC レビュー

数少ないデュアルバッテリースコンクMODです。

他のデュアルバッテリー スコンクMOD:

このジャンルの製品としては、かなりスリムです。
デザインもスタイリッシュ・シンプルなので、マウントするアトマイザーを選ばないでしょう。

出典:WOTOFO

カラーは全5色、フレームカラーは共通でサイドパネル部分のみが異なります。

スペック

サイズH 82.4×W61×D37.3mm
重量158.7g(実測)
ワット数範囲5 – 200W
抵抗値0.05-3.0ohm
モードVW(STANDARD/ POWERFUL/ POWERFUL+)
スレッド510 (スプリングコンタクト)
充電ポートmicroUSB(5V 1.8A)
バッテリー18650デュアル
保護機能
  • 低抵抗値保護
  • 低電圧保護
  • オーバーヒート保護
  • ショートサーキット保護
  • 自動カットオフ(10秒)

内容品

WOTOFO DYADIC レビュー

内容品一覧

  • WOTOFO DYADIC テクニカルMOD本体
  • microUSBケーブル
  • 予備パーツ(ボトル・チューブ)
  • ユーザーマニュアル(日本語表記あり)

DYADICの詳細

WOTOFO DYADIC レビュー

デュアルバッテリーとスコンクボトルを収納しなくてはならないので、どうしてもボディーサイズが大きくなりがちですが…

WOTOFO DYADIC レビュー

DYADICは収納部のレイアウトを見直したことで、厚みを抑えたスリムなボディーデザインが特徴です。

ありそうでなかった、斬新なデザイン。

WOTOFO DYADIC レビュー

2つのMODがドッキングしたようなユニークなセンターボタンのデザイン。

WOTOFO DYADIC レビュー

アトマイザーマウントコネクトは510スレッドです。

24mmまでのアトマイザーに対応。それ以上のサイズだと、はみ出してしまいます。

WOTOFO DYADIC レビュー

スプリング搭載のオートアジャストコンタクト。
シーリングによって、内部にリキッドが入り込まないようになっています。

アトマイザーとのドッキング部分は、光沢のある素材。
取り付けると、写真のように傷が入ってしまいます。

WOTOFO DYADIC レビュー

3ボタンのシンプルな操作系に、視認性の良いカラーディスプレイを搭載。

WOTOFO DYADIC レビュー

機能はシンプルで、モードも3種類(どれもVWですが若干立ち上がりなどの制御が異なる)のみです。

爆煙に特化したMODなので、温度管理などの不要な機能は潔く切り捨てたようです。

また、詳細設定項目などもないので、良くいえば簡単に使うことができますが、悪くいえばユーザー側でカスタマイズ(液晶照度など)することはできません。

WOTOFO DYADIC レビュー

パフボタンはセンター部分にレイアウト。
MODに厚みがあるので、個人的には押しにくさは感じませんでしたが、手が小さい方だとパフしにくいかもしれません。

右手で持つ場合はパフボタンを親指に置くと、自然と中指・薬指がボトルの部分にくるので、片手で操作できる合理的なレイアウトです。

WOTOFO DYADIC レビュー

つまり、このMODは右利き前提でレイアウトされています。
左利き用ならば、ボトルは反対のはず。

WOTOFO DYADIC レビュー

バッテリー充電端子はmicroUSB、クイックチャージ(1.8A)対応で急速充電可能。

WOTOFO DYADIC レビュー

パネルの開閉…底部分ではありません。

WOTOFO DYADIC レビュー

サイド2面のパネルが着脱できます。パネルは金属素材にラバーコーティングされたもの。
剛性感があって、なおかつそこまで重くもない仕上がりです。

WOTOFO DYADIC レビュー

クリップ式なので、簡単に脱着可能。
ちょっと強めに引っ張れば外れますし、取り付けもカチッと簡単です。

WOTOFO DYADIC レビュー

液晶画面と反対側にはバッテリー収納部。ご覧の通り直列(シリーズ)です。
B側がボトル側のパネルに被ってしまうため、バッテリーの着脱は両面のパネルを外さないとできません。

WOTOFO DYADIC レビュー

スコンクボトルは側面に収納されています。脱着は片面パネルを外してアクセスします。

WOTOFO DYADIC レビュー

もちろん着脱可能、一般的なスコンカーと同様の構造です。

WOTOFO DYADIC レビュー

シリコンチューブを接続する構造。ごくごく一般的。

WOTOFO DYADIC レビュー

ただ、変わっているのはボトルの着脱なしでリキッドを装填できます。

スコンクボトル上部には、ゴムキャップ付きのチャージホールが設けられているので、本体からの着脱する必要がありません。

ゴムキャップだと、ボトルを押してリキッドをアトマイザーに供給するときに漏れが心配ですが、数日使用した限りでは問題はありませんでした。

ゴムキャップがしっかりしているので、ちゃんと閉めていれば漏れることはないでしょう。

WOTOFO DYADIC レビュー

スコンクボトルは予備パーツも付属します。

WOTOFO DYADIC レビュー

シリコン製のボトルは柔らかく、押し心地が良く使い勝手に優れています。

アトマイザーのマッチング・使用例

DYADICの使い方

WOTOFO DYADIC レビュー

機能はシンプル。3モード選択と出力調整ぐらいしか設定する必要がないほどです。

  • 電源ON/OFF  パフボタン5クリック
  • モード切り替え パフボタンとプラスボタン同時長押し
  • ボタンのロック  サブボタン2つを同時長押し
  • ワット数を調整する:+/-ボタンを押すとワット数を調整できます。

感想とまとめ

WOTOFO DYADIC レビュー

シンプルで必要十分な機能!そしてスリムなボディー!

スコンカーMOD、しかもデュアルバッテリーとなるとファットなボディーシェイプが当たり前。それもそのはずで、内部に2本のバッテリーとボトルを収納しなくてはならないので、大きくなってしまうのは必然です。

そのレイアウトを見直すことで、持ちやすいスリムさを実現しています。

容積的にはライバル機とさほど変わりませんが、横幅が抑えられているのがかなり良いですね!

ただでさえ選択肢の少ないジャンルですから、デザインや持ち心地にこだわったMODは大歓迎ですよね。

コメント