HiLIQ

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 27

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

昨年から大ヒットしているEleafのiStick Pico。
ヒットの理由は、デザインが非常に良く、小さく握り心地が良い。そして多機能で、値段も安い。というプロダクトとして優れているからという当たり前の理由からだと僕は思います。

そんなEleafから26650を使用したiStick Pico MEGAに続きシリーズの登場です。

その名もiStick Pico Dual。そのままのネーミングです。

この商品の提供はUrvapinさんです!ありがとうございます。

iStick Pico Dualの操作について

操作方法も記事に入れようと思ったのですが、基本的な操作方法はEleafのBOX MODにほぼ共通したものなので、別記事に記載します。

⇒【操作方法】Eleaf最新ファームウエア iStick Picoなどの操作方法や機能について

iStick Pico Dualのパッケージ、開封

パッケージデザインを見てみると、

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

多少の違いはあるものの、シリーズ共通デザイン。

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

背面には、

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

偽造防止のスクラッチ式セキュリティーコード入りステッカー。

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー 【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

付属品を見てみると、

  • iStick Pico Dual BOX Mod本体
  • 説明書(英語)
  • RCアダプター(USB充電用)
  • Micro USBケーブル

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

説明書は全編英語になっています。

iStick Pico Dualの詳細

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

iStick Pico Duaiはその名の通り、18650デュアルバッテリーのBOX MODで、デザインはiStick Picoシリーズ共通のデザイン。まずはスペックから。

iStick Pico Dualのスペック

サイズ H 119×W46×D44mm
電圧範囲 0.5 – 9V
ワット数範囲 1 – 200W
温度範囲 200 – 600F/ 100 – 315℃
抵抗値 0.1-3.5ohm(VW /バイパス/スマートモード)
0.05-1.5ohm(TCモード)
モード VW /バイパス/スマート/温度-Ti系/温度-Ni系/温度-SS / TCR(M1、M2、M3)
スレッド 510
充電ポート USB
バッテリー 18650 2本(別売り)
カラー Black,White,Silver,Gray,Red,Cyan

・デュアルサーキット保護
・プレヒート(予熱)機能搭載
・セルバランストリクルチャージシステムで2つのバッテリを同レベルの充電にして、充電時の安全性を確保。本体で18650バッテリーの充電が可能。
・25mmまでのアトマイザーを搭載可能
・ファームウェアアップグレード可能

デュアルバッテリーになったことで、ワット数範囲などのスペックに変更がある部分を除き、iStick Picoシリーズなど最近のEleafバッテリーと共通スペックになっています。

つまるところ最大ワット数などのスペックは内蔵するバッテリーの性能に依存する部分で、あとは温度管理などの付随機能も現状行き着くところまで行き着いてしまって、きな部分での進化はここ半年で見られないという事。

操作系統やファームなども大部分は共通になっているので、用途やデザイン、大きさで気に入ったものをセレクトできるようなラインナップになっています。

さて、デュアルバッテリーは良いのですが、気になるのはそのサイズ感。

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

他のiStick Picoシリーズと比較してみます。
左からDual、iStick Pico Mega(26650シングル)iStick Pico(18650シングル)です。

元々のネーミング、Picoは単位からのネーミングで、ものすごく小さいということを表していたと思いますが、MEGAで「Picoなの?Megaなの?」となり、今回のDualで余計わからなくなりました。小さくないよ…

デザイン的には共通っぽいデザインで、アトマイザー取付部が18650バッテリーよりも低いところも同じです。

でも、横に8650を並べ、デザインを共通にした事で男の大きい手でもこの通り。

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー 【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

でかくて握りづらい。そしてパフしづらいです。
そして、おにぎり型なのでどの部分も厚みがあり、バッグなどにも収納しづらく、ましてやポケットには絶望的… どうしてこうなった。

男の中でも背の大きな自分は手も大き目ですが、それでも握りづらい。女性だと持てるのか?というサイジングです。

背の高さを犠牲にしてもよりコンパクトにチャレンジして欲しいですよね、それがシリーズとしてのPicoシリーズでといなら価値がある。

すっごい売れたから、同じようなデザインでシリーズ化しようぜ!という安直な発想にしか思えません。

さて、一頻りサイズ感に苦言を呈した所で細部を見ていきます。

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

質感などはすごく良いです!安く購入できて、多機能なデュアルMODには見えない仕上がり。

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

レビュー品はSilverカラーで、ステンレスヘアライン仕上げになっていますがすごくキレイな仕上がりです。

底部にはバッテリー収納部。

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

Picoシリーズはネジ式のバッテリーカバーがMOD上部より開閉可能でしたが、これは底の部分にフリップオープンバッテリーカバーがついています。開閉もかんたんで蓋を無くす心配もなくなりました。

サブボタンはシリーズ共通で底部に+,-のボタン。

そして上部

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

アトマイザー取付部があります。その周囲にはバッテリーの長さ分だけ膨らんだ部分があります。その段差はおよそ1cm。ここまでして高さを抑えたいですか?と僕は思ってしまいます。

それなら三角の部分削って本体小さくしたほうが良くないですか… 【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

コンタクトピンはスプリング式です。

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

そして、前面にはパフボタン、液晶ボタン、microUSB端子。

microUSBはファームウエアアップデートと内蔵するバッテリーの充電に使用できます。たまにデュアルバッテリーMODだと本体充電不可な機種もありますが、これは充電可能。

しかも、 「セルバランストリクルチャージシステム」というのが搭載してあり、ファーム上で2本のバッテリー別々に電圧を計測していることもわかります。

アトマイザーのマッチング

さて、スペック上は25mmまでのアトマイザーを搭載可能ということでしたので早速載せてみます。

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

載せたのは実測値25.8mmのアトマイザー。搭載可能でした!

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

しかし、はみ出すんですよ…これがみっともない。一応は使えるけれども、23mm以上のアトマイザーははみ出ます。ここは注意ポイントです!

iStick Pico Dualを使ってみる

さて、実際に使ってみます。

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

フリップオープンバッテリーカバーを開閉し、2本の18650バッテリーを収納します。バッテリーカバー部には+,-のマークがあるので必ず向きに注意して収納します。

そして、デュアルバッテリMOD共通の注意事項

必ず同時期(できれば同じロット)に購入した未使用の同じ銘柄のバッテリーを使用すること。同じ時期に買った同じ銘柄のバッテリーだけど、片方だけもう使ってるんだよね、とか、両方別々に使ってるんだけど、というのもダメです。

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

そして専用バッテリーチャージャーや本体に電源を接続してバッテリーを充電したら使用することが出来ます。

iStick Pico DualのUSBバッテリーチャージャー機能について

そして、このMOD、モバイルバッテリーにもなるのが売りのようです。

モバイルバッテリーにするにはまず、アトマイザーを外し、付属のUSBチャージングアダプターを510スレッドに接続します。

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

ハード的な準備が済んだらソフト的な準備。

MODの電源がオフの時に底の+ボタンとパフボタンを同時押ししてメニューを呼び出します。まずは「M1 120」の表示になりますので、パフボタンを何度か押して、

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

この表示にします。ここで、OFFの表示をプラスボタンもしくはマイナスボタンを操作して、”ON”にします。これでUSBチャージ機能がオンになりました。

次はパフボタンを5クリックしてMODの電源をONにします。

ONになったらモード変更、パフボタンを3クリックして、モード変更メニューに切り替えます。

モード変更画面でプラスボタン、マイナスボタンを使用し、

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

USB Chargeを選択。ここでパフボタンをクリックすると、

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

この画面になるので、この画面になったらUSBチャージモードになったということ。

後は、アダプターにUSB機器を接続して、パフボタンを押せば、

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

このように機器を充電することが出来ます。

iStick Pico Dualのまとめ

このMODをオススメする点としては、価格が安いデュアルバッテリーMOD、そして機能に定評があるEleafのファームウエアを利用でき、仕上がりも質感も良い。という点です。

特に昨年から大ヒットしているPicoのデュアルバッテリー版ということで、機能には定評があり、コイルのプレヒート機能も使用できるなど優れた機能。それなのにコストパフォーマンスも良いと言えます。

逆に今一歩な点。

でかい。これにつきます。

無論小さなデュアルバッテリーMODなんて存在しないんですよ、何故ならバッテリーが面積を取るのでそれはいいんです。そうではなくプロダクトデザインに無理があると僕は思います。ヒットした製品をシリーズ化しよう、と言うのはメーカーとしては至極普通の考え方。

だけど、デザインだけ共通にして握り心地や携帯性を犠牲にした製品がヒットするのか?

そもそもPicoはデザイン性に優れながら、安く、そして多機能。なおかつ持ちやすくコンパクトでヒットした製品。

そのシリーズならば、コンセプトを引き継いでリデザインスべきなのではないかと僕は思います。

【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー 【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー 【テクニカルMOD】iStick Pico Dual「アイスティック・ピコ・デュアル」(Eleaf イーリーフ)レビュー

総括すると、非常に微妙です。

モバイルバッテリー機能も多分個人的には使いません。
18650を2本分で5,000mAhぐらいならもっとコンパクトで薄く安いモバイルバッテリーがあるので別に携帯します。

デュアルバッテリーにする理由は、許容アンペア的にハイワッテージをかけられるから。
もしくはシングルだと電池が持たないから、別に電池を持ち歩くならばデュアルにするという選択肢からだと思うので、その貴重なバッテリー容量をVAPE以外に使用するのは本末転倒。

そして、何と言っても携帯性と握り心地。

これはこれ、として、Eleafさんの本気を見せて欲しいと思わずにはいられません。。。

通販はこちら!!

Eleaf Pico Dual 18650 Mod [ Unvapin ]

その他販売店情報

ブログ村ランキング



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スポンサーリンク