Nevoks Veego 80 レビュー|ステルスMODにもなる!個性的デザインのPOD MODデバイス!

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

 

Nevoks(ネボックス)のVAPEスターターキット、Veego 80「ビーゴ80」のレビューです。

重厚なマテリアルと高級感のある質感、個性的なデザインのステルスPOD MOD!
510アダプターが標準で付属、SBSテクニカルMODとしても使えます!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:Flavor-Kitchen

Nevoks Veego 80とは?

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

NevoksのPOD MODデバイス、Veego 80「ビーゴ80」です。

2019年設立と、VAPEデバイスブランドとしては後発ですが、最近話題になっています。

というのも、今回レビューする「Veego80」がSNSを中心に話題沸騰!爆発的な人気を獲得しているからなんです!それも納得ですよね!個性的なデザインと、重厚感と高級感のある質感。なのに、値段はリーズナブルでMODとしても使えてしまうというアイテムなのですから!

Nevoks Veego 80の特徴

  • 絶妙なデザイン、ラグジュアリーなビジュアルの個性派POD MOD
  • 3つの使い方でテクニカルMODとしても使える18650シングルバッテリーPODデバイス

それでは、Veego80の概要から見ていきましょう。

絶妙なデザイン、ラグジュアリーなビジュアルの個性派POD MOD

出典:Nevoks

Veego80の特徴といえば、デザインですよね!

今までにありそうでなかった絶妙なフォルム。亜鉛合金の重厚さと、レザーのコンビネーション(一部カラーはメッキ仕上げのチューブデザイン)が存在感を感じさせます。

また、現在人気のステルス仕様(アトマイザーを収容するデザイン)なのも話題の理由!

海外では”SBS(Side By Side)”と呼ばれており、各メーカーから新製品が次々と出てくる現在においても、Veego80は話題の製品です。

3つの使い方でテクニカルMODとしても使える18650シングルバッテリーPODデバイス

出典:Nevoks

SBSだけがVeego80の特徴ではなく、3種の使い方が出来るんです!

Nevoks Veego 80の3つの使い方ン
  • POD MODスタイル
  • 510アダプターでテクニカルMODとして
  • RBAユニット(近日追加予定)

PODは標準付属、510アダプターも最初からついてきます。

出典:Nevoks

また、18650シングルバッテリーなのもVAPEヘビーユーザーの心を掴んでいる仕様で、テクニカルMOD同様の最大80Wもの高出力を誇ります。

出典:Nevoks

シンプルながらベーシックなモード(VW・VV)が充実しているのも特徴の一つです。

カラーバリエーション

出典:Nevoks

シックなカラーが充実した5つのバリエーションが用意されています。

Nevoks Veego 80のカラーバリエーション

  • Chacoal Black チャコールブラック
  • Imperial Red インペリアルレッド
  • Space Siver スペースシルバー
  • Galaxy Blue ギャラクシーブルー
  • Vintage Brown ヴィンテージブラウン

スペック

サイズH 90.5 × W49× D23.3mm
重量110g
出力
5-80W
抵抗値範囲
0.17 – *Ω
リキッド容量3.5ml
リキッドチャージPODトップフィル
エアフローボトムエアフロー(調整可)
コイルプリメイドコイル交換・510アトマイザー
充電ポートUSB-C(5V 2A)
バッテリー18650シングルバッテリー
保護機能
  • ノーロード保護
  • 自動カットオフ(10秒)
  • ショートサーキット保護
  • 低電圧保護
  • オーバーヒート保護
  • 過充電保護
  • 過放電保護

パッケージ・内容品

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

内容品一覧

  • Nevoks Veego 80 バッテリー本体
  • Nevoks Veego 80 PODカートリッジ
  • SPL-12 コイル(0.17ohm)
  • SPL-12 コイル (0.3ohm)
  • 510 アダプター
  • Type-C 充電ケーブル
  • ユーザーマニュアル(英語)

MODとしても使える「510アダプター」が標準付属なのが嬉しいですね!

Veego 80の詳細

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

開封して一目見ただけで『人気の理由がわかりました!』

問答無用でカッコいいんですよ、これ。

ネット上の写真だけだと「若干チープなのかな?」なんて思っていましたが、実物を見た印象は全く違っていました!重厚感があって高級感も感じさせてくれます。

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

というのも、Veego80には「サイズの妙」があるんです。

あえてPODの直径を「22mm」サイズにすることで、本体サイズをコンパクト化。
それによって収納できるアトマイザーサイズは限定されますが…

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

ギュッと締まったデザインとサイズ感に仕上げられているんです。

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

これを多くを求めて「24mm」対応にさせていたら…
全く違った印象になっていたことでしょう。

メーカーは違いますが、共通点を感じるのがリリースから5年以上経った「Eleaf iStick Pico」です。あちらは後に汎用性を持たせたビックサイズ・バリエーションが出ましたが、未だに初代を超えるようなプロダクツ・ヒット商品は出てきていません。

それを考えればデザインコンセプトって非常に重要ですよね。

そんなVAPEデバイス界の巨人を彷彿とさせるような良さをVeego80には感じます。

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

ベーシックデザインが良いだけでなく、亜鉛合金を使うなどマテリアルにも拘っています。

重厚さがハンパない!それと引き換えに、実際重たいです。
軽量を犠牲にした、質感の良さにこだわ多製品であるということ。

バッテリー

バッテリースペック
  • 容量:18650シングルバッテリー
  • 出力モード:5 – 80W
  • パフ操作:マニュアルパフ
  • 充電ポート:USB-C(2A)
  •  保護機能:
    • ノーロード保護
    • 自動カットオフ(10秒)
    • ショートサーキット保護
    • 低電圧保護
    • オーバーヒート保護
    • 過充電保護
    • 過放電保護

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

Veego80は「3ボタン」と、一般的なテクニカルMODを踏襲したもの。
実績があり、多くの人が慣れ親しんでいる配列ですから、操作のしやすさは折り紙つきです。

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

本体と同じ亜鉛合金製ボタンという細かいディティールにも拘った製品です。

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

そして、モードは「3種類」シンプルながらVV(VOLTAGE)を採用するなど、玄人好みの機能を実現しているのも、初心者だけでなくヘビーユーザーにも受け入れられているポイントです。

  • RBA ユーザーが任意の数字にワッテージを調整
  • WATT ユーザーが任意の数字にワッテージを調整
  • VOLTAGE ユーザーが任意の数字にボルテージを調整

RBAモードは基本的にワッテージモードと変わらないようですし、RBAユニットはメーカーサイトによると未だリリースされていないようです。VWに集約で良かったのでは…

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

そして、収納したバッテリーの本体充電にも対応しているので、別途バッテリーチャージャーを用意する必要がないのも地味に便利なポイントです。

充電スペック

  • バッテリー容量:18650シングルバッテリー
  • チャージポート:USB-C
  • 充電電流:2A

しかも2A急速充電に対応している、実用上非常に嬉しい仕様です。充電が速い!

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

ちょっと心配なポイントとしては、本体に「バッテリーベントホール」がわかるように配置されていないということ。そこ部はフラットなデザイン。

Veego80はスクリュー式バッテリーキャップですから、キャップが簡単に撮れにくい仕様。安全性は大丈夫なのか?どこかで見えないように配慮されているのか?

その辺もメーカーはきちんとアナウンスしてもらえると、信頼性が高まります。

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

SBSの定番!?バッテリーの長さ分を吸収する、スクリュー式バッテリーキャップ。
VAPEデバイス界最大のヒット製品をオマージュした仕様だと思われます。

実用性と見た目・デザインを兼ね備えた仕様です。

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

当然のことながら、内部は絶縁素材で覆われていて、バッテリーのシュリンク破れによるショート事故を防ぐ仕様。また、バッテリーの極性が色付きで表示されています。

POD

PODスペック
  • リキッド容量:3.5ml
  • 素材:PCTG
  • マウスピース:510DT
  • リキッドチャージ:トップリフィル(ゴムプラグ)
  • エアフロー:ボトムエアフロー(調整可)
  • コイル:プリメイドコイル交換型

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

Veego80は「POD MOD」製品ですから、標準はPODカートリッジで使用します。

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

まるでクリアロマイザーのようなデザインで、脱着はマグネット固定式なのでこれ上ないほど簡単。引っ張るだけで取り外すことができます。

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

しかも、マウスピースは交換可能な汎用性の高い510DTです。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

標準付属品だけでなく、お気に入りのものを使うこともできるのが良いですね!

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

実用性重視の「トップリフィル」仕様、PODを外すことなくゴムプラグを外すだけでリキッドチャージできます。現在は60MLユニコーンボトルが標準的ですが、それだとどり血が邪魔でチャージできない場合は、一度ドリップチップを外す必要があります。

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

付属のプリメイドコイルは「爆煙仕様」の超低抵抗メッシュコイルです。

付属コイル

  • SPL-12  0.17Ω(40-60W) メッシュコイル
  • SPL-12 0.3Ω(30-50W) メッシュコイル

こいるサイズも大きく、本格的な「爆煙ユース」のコイルとなっています。

出典:Nevoks

2種類の付属コイルの以外に、より高抵抗な0.6Ωコイルも販売されています。

これが本命!?510アダプターでMODとして使う!

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

Veego80を購入するほとんどのユーザーは、おそらくPOD MODとしてではなく「テクニカルMOD」として使うことを想定しているのではないか?と思われます。

というのも、SNS上などに多くの写真がアップされていて、そのほとんどがアトマイザーをマウントしているからなのです。安くて基本性能がしっかりしているモデルですから、上級者にも受け入れられているのでしょう!

22mmサイズのアトマイザーしか収納できませんが、その分サイズがコンパクトなのも良いですよね!

アトマイザーのマッチング・使用例

Nevoks Veego 80の使い方・操作方法

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

機能は多くない代わりに、操作はシンプル。使い方が簡単なのはメリットです!

  • 電源ON/OFF… パフボタンを5回連続で押す(5クリック)
  • 出力ロック… 電源ON時にパフボタンとマイナスボタンを同時長押し
  • パフカウンターリセット… 電源ON時にパフボタンとプラスボタンを同時長押し
  • モード変更… 電源ON時にパフボタンを3回連続で押す(3クリック)
    • Wattage=5W~コイルの推奨出力までの間で出力(W)を設定可能
    • RBA=5W~80Wの間で自由に出力(W)を設定可能
    • Voltage=0.5V~4.2Vの間で自由に出力(V)を設定可能

感想とまとめ

Nevoks Veego 80(ネボックス ビーゴ80)レビュー

個性的なデザイン!高級感のある質感!サイズも絶妙!!

これが人気が出るのは必然ですね。

新興メーカーの製品なのに随分話題になっているなぁと気にはなっていたのですが、
手にして一瞬で理解できました。

新しい機能やすごい性能、素晴らしく他を置き去りにする味わいは正直ありません。
ただ、ツボを押さえた必要最低限の機能、ステルスMODとしての使いやすさ。

そしてないより、22mmアトマイザーに最適化されたサイズ感が素晴らしい!

この質感・デザインでこの価格ですから、そりゃ人気出ますよ!!

通販はこちらから!

Nevoks Veego 80 Kit  [Flavor-Kitchen]

提供ショップの通販サイトはこちら!

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?