HiLIQ

禁煙成功!タバコを辞めて1年での体調の変化。電子タバコは体に悪いのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 27

タバコを辞めて、電子タバコ・VAPEをはじめて一年ちょっと。たばこをやめたことで体調にも変化を感じる事が多々あります。
今の所、VAPEに移行して悪くなったと感じる体調の変化はありません。

悪いと感じるのは、デバイスを次々買ってしまうという金銭面的な変化でしょうかw
それは体調とは関係ありませんので今回は主に体への影響にスポットを当てて記事を書いていきます。

過去に執筆した記事と合わせてお読みくださいませ!

⇒ 喉の弱い方に 扁桃腺持ちは電子タバコ?
⇒ タバコはやめられる?僕がタバコを辞めて良かったと思うこと。

僕が感じた主な体調の変化 花粉症がかなり軽くなった!

過去に執筆した記事で、扁桃腺炎による風邪にかかりにくくなったこと、運動時の息切れやスタミナのことを執筆しましたが、今年はそれ以外にも変化がありました!

それは、花粉症が相当軽くなったということ!

僕が花粉症を発症したのは社会人になった10数年前です。
以来、毎年春先になると、特に鼻づまりがひどく、鼻呼吸が全くできないほど辛く苦しい季節、それが春でした。様々な市販薬や漢方を試し、医者に相談しましたが、多少良くなる程度で改善らしい改善はせずに、その時期はただひたすら耐える日々でした。

そして、数年前、紙巻きたばこから手巻きタバコ(タバコ葉と紙、フィルターを別々に購入し、自分で巻くタバコ)に移行した際、若干症状が軽くなったのですが改善には程遠いと感じていました。
天然のタバコ葉を燃焼させて発生するものよりも、紙などに含まれる燃焼剤や化学物質が悪かったのではないのかなと個人的には思っていました。

しかし、今年になったら症状が相当軽くなったのです!!
具体的には鼻水は出るものの、鼻の奥がつまることは無く、マスクをした状態であれば鼻呼吸ができるんです。以前は完全に詰まってしまい、鼻をかんでもつまりが改善せず、食べ物の味は感じないし、眠る時寝付けない。起きたら喉は乾燥し、痛みはあると辛い症状でしたが、今年は全くありません。
もちろん、目のかゆみはありますし、くしゃみは出ますし、鼻水も出ます。しかし、マスクを使用して、目薬を用いれば耐えられる程度です。
本当に楽になりました!!

様々な要因があり、単純にタバコを辞めてVAPEに移行したから、とは言い切れません。昨年もタバコは既に辞めていてVAPEに移行していましたから。それでも、生活の変化といえばそれぐらいしか思い当たらず、僕はこれが要因だと思っています。

もちろん、科学的実証や臨床試験をしたわけではありません。しかし僕の個人的な体感としてそうとしか思えないことは確かなのです。

では、電子タバコは体に良いのか?悪いのか?

電子タバコが体に良いのか?悪いのか?まだ結論は出ていません。一部では研究結果が発表されていますが、それが完全なものかも判断できず、まだまだ研究や臨床が足りないように思えます。

VAPE用リキッドの主成分は?

VAPEリキッドの主な成分はPG(プロピレングリコール)とVG(ベジタブル(植物性)グリセリン),そして香料などです。それを電熱線を用いて気化したミストを吸引しています。

PG(プロピレングリコール)とは?

プロピレングリコールとは、食品添加物に指定される有機化合物で、食品に対する保湿作用、信用作用、清菌作用、抗ウイルス作用があり、様々な食品に添加され、食品の水分を保ち、同時に菌の繁殖を抑え、品質を一定に保つ効果があります。

食品以外では歯磨き粉やシャンプー、化粧品などに広く使われていて、意識しなければほぼ毎日口や皮膚から摂取している物質です。

石油を原料に生成されます。

このプロピレングリコールは、もともとは表示指定成分で、これは、旧厚生労働省が精油化学成分の中で、皮膚障害や発がん性などの報告を受けたものの中から毒性があると認めたものを指します。

しかし、一般的には毒性は低いとされていて、数十年の研究で人体に影響は少ないとされている。薄めて使うので安全と言われています。

粘度が低く、サラサラ。香料などが溶けやすく、リキッドのベースとなる。

ただし、PGアレルギーなどの記述も見ることから、100%安全な成分とは言い切れない部分もあると思います。

VG(ベジタブル(植物性)グリセリン)とは?

植物性の名前から天然成分のように思えるが、精製方法が多数あり、その全てが天然由来成分だとはいえない。主な精製方法は、
・パームヤシなど天然由来成分から精製
・動物性成分から精製
・化学物質からの精製
となる。その為、精製方法や銘柄によりアレルギー原因物質となるものがある。

PGに比べて粘度は高め。銘柄によっては、雰囲気次第ではゼリー状で、単体でリキッドのベースとしては利用しにくい。

ニコチンを添加する?

ニコチンについては別記事にて執筆しています。そちらを参考にしてもらえばと思います。
⇒ ニコチン入りリキッドを入手するには?ニコチンは毒なの?
⇒ ニコチンリキッドのニコチン濃度は紙巻きたばこと一緒なの?ニコチン濃度の決め方。

まとめ 有害?無害?

個人的には、良いのか悪いのか?で論じるのであれば「悪い」のだと思っています。基本的には摂取する必要のないミストを、個人的趣向に基づいて摂取している「不必要」なものです。

特にニコチン入りリキッドであればその毒性は言うまでもないものです。

そして、ノンニコチンリキッドであっても、通常摂取する必要のないものを摂取するため、体にとって「必要」だとはいえないものです。

しかし、VAPEでなくとも、普段僕達が食べている食事であっても「必要」なものを食べていますか?栄養などのバランスをさておいても、健康に気を使った食事ばかりでしょうか。

体に悪いとわかっていても、カップラーメンやスナック菓子、清涼飲料水に甘いおやつや脂っこいらーめんなど… おいしいという「個人的趣向」で食事しているのではないでしょうか。

また、研究が進んでみたら、「有害」となる可能性はありますが、VAPEを初めて1年ちょっと。個人的な体調の変化でいえることは、少なくともタバコよりは相当害は少ないのでは?ということです。一般的なタバコには約4,000種類の化学物質が含まれており、その中の約200種類以上が有害物質だと言われています。この有害物質のほとんどがVAPEのリキッドには含まれていないことからも、電子タバコの方が全然マシ、と言うことが言えると思います。
研究結果によると、ニコチンの毒性よりも、タールや一酸化炭素の体に与える影響のほうが深刻だという記述もあり、ここではタバコの毒性のほうが際立っていると思います。

100%安全だとはいえないものの、タバコよりは全然良い。吸えなくてストレス溜めて体を壊すよりは、楽しんで、うまく付き合っていくのが良いのではと僕は思います!

ブログ村ランキング



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スポンサーリンク