HiLIQ

禁煙 ニコチンリキッドのニコチン濃度は紙巻きたばこと一緒なの?ニコチン濃度の決め方。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 27

【リキッド】ニコチンベース液 NTN(Non-tabacco Nicotine ノンタバコニコチン) (HiLIQ) レビュー

日本では法規制されていて販売や譲渡が禁止されているニコチン入りリキッドの購入は、個人輸入や海外サイトの購入でしか入手することが出来ません。入手のハードルが高いだけに、そのニコチン濃度の目安がわかりにくいですよね。
ここ最近の記事はレビューに終始していたので、たまには初心者に向けたコラム的なものを書いてみたいと思います。

過去に執筆した記事と合わせてお読みくださいませ!

【初心者向け】ニコチン入りリキッド??

ニコチン入りリキッドのニコチン濃度は様々!そして紙巻きたばこの表示とは根本的に異なる!

【リキッド】ニコチンベース液 NTN(Non-tabacco Nicotine ノンタバコニコチン) (HiLIQ) レビュー

海外のサイトで販売されているニコチン入りリキッドのニコチン濃度は様々です。サイトにnicotineの選択タブがあり、その記述は「3mg」「6mg」など多くの選択肢があると思います。この「○○mg」というのがニコチン含有量の割合になります。
このmgというのは、g(グラム)の1/1000の単位です。そして、「3mg」であれば、1mlのリキッドに3mgのニコチンが入っていますよ!という事です。
そして、紙巻きタバコにも同じようにニコチン「○○mg」という表示がありますが、これはタバコ一本あたりの含有量ではありません!一定条件下でのタバコ一本の主流煙に含有される量になります。

VAPEはリキッド1mlあたりの含有量、タバコは1本あたりの煙の含有量と全く違うものなのです。

タバコとVAPEの違い!煙とミスト。

VAPEと言うのはリキッドを聞かさせて吸引するものなので、発生するものは煙ではなく、「ミスト(蒸気)」になります。蒸気は、煙に比べて粒子が荒いため、含有されるニコチン量が同じでも、体への吸収が緩やかです。

対して煙草の煙はミストに比べると粒子が細かいため、肺に取り込まれた場合の吸収率がより高く、その上にタバコの葉を燃焼させた時に発生するアンモニアが、体内に吸収されたニコチンが脳の中に移行するのを早めると言われています。

その為、タバコと同じキック感を得るには、タバコよりも多くのニコチンを蒸気として吸わなくてはならないということになります。

例えば、1mgのVAPEリキッドを1ml吸うと、1mgのタバコの同じ満足感をえられるかというと、そうではない、ということになります。

そして、タバコと違うキック感、ヒット感。

【初心者向け】ニコチン入りリキッドを入手する

では、単純にニコチンリキッドの濃度を上げればいいのかというと、そうではありません!摂取方法の違いから、タバコとは違ったニコチンのキック、ヒット感を感じます。具体的には舌のしびれや辛味を感じる、口内のヒリヒリ感、喉へのキック感や痛みなどです。

吸引方法もタバコの吸い方(マウス・トゥ・ラング)MTLをする場合と、肺に直接ミストを取り込む吸い方(ダイレクト・ラング)をする時ではキック感が異なる場合があります。

過去の経験上、自分に合わないニコチン濃度のリキッドを吸うと、喉が痛くて吸えなかったり、すぐにクラクラして気持ち悪くなってしまうことがありました。
単純に濃度を上げてば良いのとは違います。

VAPEの機材、デバイスでの違い

【スターターキッド】KONE 60W (KangerTech カンガーテック) レビュー

当然デバイス、機種、アトマイザーによってもヒット感は違います。コイルの熱量が異なると、消費するリキッド=気化するリキッド量がちがうので、当然蒸気の量、そしてそれに含有されるニコチンの量も異なるので、感じ方も違ってきます。

そして、同じ抵抗値であっても、アトマイザーの機種やウィッキング、ワッテージ、様々な要因によってヒット感は変わってきます。

じゃあどうやって濃度を決めればいいの???

ここまで来ると要因が多すぎて濃度をどう決めればいいのかわかならなくなってしまいますよね。
僕がおすすめの方法は「まずは低濃度のものから試す」方法です。
何故かと言うと、低い濃度の場合には満足感が少ない程度で済みますが、濃度が高すぎる場合には「吸えない」事が考えられます。喉の痛みや風味の変化で薄めなくては吸えない状態になってしまい、結局廃棄するということにもなりかねません。

その為、低濃度から徐々にあげていく。もしくは低濃度で満足できるのであればそれを継続する方法をおすすめします。
低濃度の方がリスクが少なく済むということです。

【リキッド】ニコチンベース液 NTN(Non-tabacco Nicotine ノンタバコニコチン) (HiLIQ) レビュー

また、リキッドに最初からニコチンが添加されているものもあれば、「高濃度」のニコチンベース液と言うものも存在します。
これの使い方は、手持ちのリキッドに添加して、ノンニコチンリキッドをニコチンリキッドにすることが出来ます。

この方法だと手間はかかる分、自分の気にいたニコチン濃度を探ることもできる僕も行っていた方法です。

そもそもニコチンが必要なの???

【初心者向け】喉の弱い方に 扁桃腺持ちは電子タバコ?

現喫煙者であれば、普段からニコチンを摂取しているのでニコチンがないと満足できず、タバコも吸いながらVAPEを吸うという事にならないために、ニコチンリキッドを利用するのも良いかと思います。

しかし、今喫煙をしておらず、VAPEを始めようという人には「おすすめできません。」
そもそも非喫煙者にはVAPEをおすすめしませんし、ニコチンは論外です。
ニコチン中毒でないのに態々毒物を摂取する必要はないと思います。
それ以外にもVAPEの楽しみは多くあります。
トリックや、味、香り。そしてデバイスを扱うガジェット的な楽しみ。

趣味として楽しめる世界が広がっているのです。

まとめ

国内では購入することも人からもらうことも出来ないニコチン入りリキッドなので最初は選び方もわからず、濃度やフレーバーも迷うと思います。そして、ベース液に関してもモノによっては辛味が強い物もあります。入手方法も簡単だとはいえない方法で、普通の通信販売と同じ感覚とは言えども海外のサイトを利用する煩わしさや、海外からの送料もかかります。

その為躊躇しがちですが、実際やってみると、意外と簡単です!

余談ですが、今日現在僕は既に普段はニコチンリキッドを吸わなくなってしまいました。
完全にノンニコ運用になっています。禁煙効果はわかりませんが、僕が辞められたのも事実です。
最初はタバコからの移行であったために、ニコチンリキッドを用いてたばこをやめることが出来ました。
そして、今は美味しいリキッドであれば、ニコチンを入れずとも満足感を得られるようになっています。

ニコチン入りリキッドでないのならVAPEも辞められそうですが、それには至っていません。おいしいフレーバーのリキッドを吸う楽しみは欠かせなくなっていますし、一服する習慣や、デバイスのガジェットとしての楽しさ、そしていろいろな人に出会えるかけがえのない趣味になっています。

この辺は人それぞれですが、自分なりの楽しみ方をするために、ニコチンが気になる人はチャレンジしてみても良いと思います。

ただし、劇薬であるニコチンの取り扱いには十分に注意してくださいね!!!

ブログ村ランキング



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スポンサーリンク