2017年版!ビルドを始める!初心者にオススメのアトマイザー!ランキング ベスト3!!

この記事は 約4分で読めます。

【アトマイザー】Wasp Nano RDA「ワスプ ナノ」 (OUMIER) レビュー

VAPEを始めてしばらく経つと、気になるのがRBA(リブルタブル・ビルド・アトマイザー)、自分でワイヤーからコイルを作成し、コットンをウィッキングするデバイスです。

最初は興味がないと思っていていても、VAPEの美味しさや楽しさに触れて「自分で巻いてみよう!」と思うユーザーも少なくないものの、「どれを買ったらいいのかわからない!」場合も。

当ブログでは多くの機種をレビューしていますが、その中からオススメの機種を筆者が独自に選定します。

 

 

スポンサーリンク
べプログショップ

選定基準

選定の優先順位をはっきりさせておこうと思います。

  1.  何よりも優先されるもの。味が悪くては使う気になりません
  2. 使い勝手 ビルドが簡単だったり、その他の部分で使いやすいかどうか
  3. デザインなどのルックスやクオリティ
  4. 値段 コストパフォーマンス

この基準を元に、数多くの機種をレビューした筆者が、あくまで独断と偏見によりオススメのアトマイザーを選定させていただきます。

選定において、用途(ドロー)別に3機種セレクトしました。今後のビルドデビューされるユーザーさんの参考になれば幸いです。

 

 

タイトドロー部門

【アトマイザー】Siren 2「サイレン2」 / Digiflavor「デジフレーバー」 レビュー

【レビュー】Digiflavor Siren2 GTA「MTLに特化した良アトマイザー!」
Digiflavor「デジフレーバー」のVAPEアトマイザー、Siren 2「サイレン2」のレビューです。 前評判高いです!MTL特化のアトマイザーがマスプロには少ないと言うだけでなく、見た目が良くてなおかつおいしいとウワサの...

タイトドロー部門はDigiflavor/Siren 2をセレクトしました。

理由は多くあれど、一番は高級機種と同等以上の味です。とにかく美味しく、そしてコスパもかなり良好。そしてシングルコイルでビルドも簡単。漏れないし、便利!お値段以上の見本のような機種です。

欠点は見た目の個性が強い点と、トップキャップの構造で、不意に空いてしまいそうになる点でしょうか。

 

ちなみに次点はKHW MODS/Dvarw RTA MTL Tankでした。こちらもかなり美味しく、そして全長の割にタンク容量が大きい。見た目やクオリティが良く、何より漏れない機種でしたが、4~5倍の値段の差はあり、それを考えるとSirenに軍配が上がります。

 

 

 

シングルコイル ダイレクトラング部門

【アトマイザー】Wasp Nano RDA「ワスプ ナノ」 (OUMIER) レビュー

【アトマイザー】Wasp Nano RDA「ワスプ ナノ」 (OUMIER) レビュー
OUMIERのアトマイザー、Wasp Nano RDA「ワスプ ナノ」のレビューです。 OUMIERは初めて聞くメーカー、埼玉県在住の性なのかオオミヤーと読めてしまうんですが読み方がわかりません。詳しい方教えて下さいませ!ネッ...

ダイレクトラング部門はドリッパーのOUMIER/Wasp Nano RDAです。

ビルドが限定されてしまうのですがハイレベルに美味しい!そして冗談のような価格(海外サイトでは10ドル程度で購入可能)です。シングルコイルでビルドも簡単です。

筆者は特に気に入り、テイスティング用に4つ追加購入し、現在リキッドレビュー用のファストテイスティング用に活躍しています。

たまにWASPで味が出ないというユーザーがいらっしゃいますが、太い単線を用い、コイル位置を上げ気味にして、スピッドバック気味の荒々しいミストが趣向に合うユーザーならば、ドリップチップをつけなくても美味しいミストを堪能できます。

 

 

 

 

 

デュアルコイル ダイレクトラング部門

【アトマイザー】AURA RDA 「オーラ」 (DIGIFLAVOR/アトムベイプ) レビュー

【アトマイザー】DIGIFLAVOR AURA RDA「デジフレーバーオーラ」レビュー
DIGIFLAVOR(デジフレーバー)のVAPEリキッド、AURA RDA 「オーラ」のレビューです。 この製品は有名YouTubeチャンネル、DJLsb VAPESとのコラボレート商品、DJLsb VAPESがデザインしたア...

ダイレクトラング デュアルコイル部門はDIGIFLAVOR/AURA RDAです。

デュアルコイルは味をミスト量で圧倒するため、かなり僅差ではあるのですが、フレーバーの再現度、味の機微、そして濃度などからデュアルエアフローで調整幅の高い本機種をセレクトしました。

デュアルコイルながらビルドも簡単、深いジュースウェル、スコンカー対応など使い勝手も良い機種です。見た目にクセがあるのが多少残念ではありますが味を求めるユーザーにオススメしたいアトマイザーです。

 

 

 

最後に

如何でしたでしょうか?

ここでセレクトした機種はどれも美味しく、ビルドも簡単で、運用も楽な機種です。

VAPEを初めてしばらく経ち、自分の趣向がはっきりしてきたユーザーであればどの機種を買えば良いのかわかるかと思います。運用に合わせた機種を試してみるのをオススメします。また、まだどういう趣向かわからなかったり、いろんな運用を試したいユーザーは、この3機種を購入して、そして色々なリキッドを試してみるのをオススメします。

 

今回は結果全てマスプロダクツ、コスパに優れた機種になりました。このように、味に重きを置いて考えれば、ハイエンド・高価な機種を買う必要は必ずしもありません。

色々な機種を試さなくては自分の趣向がわからない場合もありますので幅を広げるためにもまずはこれらのアトマイザーで試してみては如何でしょうか。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で