wotofo SRPNT RDA レビュー|デュアル&シングルコイルの爆煙ショートハイトドリッパー!

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

wotofo「ウォトフォ」のVAPEアトマイザー、SRPNT RDA「サーペントドリッパー」のレビューです。

シングル&デュアルコイルに対応した24mmショートハイトの爆煙ドリッパーです。
充実のオプションパーツで、初心者でも簡単にビルドできます。

詳細をレビューしていきます。

商品提供:Flavor-Kitchen

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Wotofo SRPNT RDAとは?

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

Wotofoの爆煙アトマイザー、SRPNT RDA「サーペントドリッパー」です。

人気シリーズの新作は、ショートハイトの爆煙ドリッパーです。

デッキデザインが考え抜かれているのと、RBAでありながらコイル&コットンのオプションパーツが充実しているので、初心者でも簡単にビルドできるように工夫されているのが特徴です。

wotofo SRPNT RDAの特徴

  • Wotofoの人気シリーズ「サーペント」の新作爆煙ドリッパー
  • シングル&デュアルコイルビルド対応のハイブリッドデッキ
  • 3種類のエアホールでセッティングの自由度が広い!

それでは、SRPNT RDAの特徴から見ていきましょう。

Wotofoの人気シリーズ「サーペント」の新作爆煙ドリッパー

blank

出典:Wotofo

Wotofoの看板、サーペントシリーズの新作です。かなり久々ですね!

というのも何故、以前の名前じゃないのかも気になりますが…
何か商標的なもので以前の名前は使えなくなってしまったとのことです。

でも、名前が短くなってわかりやすくなりましたよね!w

シングル&デュアルコイルビルド対応のハイブリッドデッキ

blank

出典:Wotofo

超斬新!ではなくて、どこかで見たことがあるようなデッキデザインなのですが、似たようなデッキデザインのアトマイザーとの違いは『デュアルコイル』にも対応している点です。

シングルコイル用でどっちにも固定できるように開発されたポストデザインなのですが、ポスト間隔を最大限に取ることによって、デュアルコイルビルドも可能になっています。

ポスト間にエアホールがあるのも今までにないデザインです。

3種類のエアホールでセッティングの自由度が広い!

blank

出典:Wotofo

典型的なサイドエアフローデザインのドリッパーですが、エアホールの取扱が斬新です。

スリーブに片側4つ、合計8個のエアホールがあり、キャップには3種類のエアホール。
つまりは3パターンに変更でき、しかも微調整も可能となっています。

カラーバリエーション

blank

出典:Wotofo

定番カラーを網羅した、6種類のカラーバリエーションです。

wotofo SRPNT RDA のカラーバリエーション

  • Black(ブラック)
  • SS(シルバー)
  • Gun metal(ガンメタル)
  • Blue(ブルー)
  • Gold(ゴールド)
  • Rainbow(レインボー)

スペック

blank

出典:Wotofo

直径24mm
全長22.7mm(510スレッドとドリップチップを除く)
ネジタイプ510
ドリップチップ810DT
コイルRBA シングルコイルorデュアルコイル
エアフローサイドエアーフロー

パッケージ・内容品

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

内容品一覧

  • Wotofo SRPNT RDA アトマイザー本体
  • パーツ
    • Oリング
    • デッキスクリュー4本
    • スコンクピン
  • ビルド用パーツ
    • プリメイドクラプトンコイル (0.65Ω 2個・0.33Ω 1個)
  • ツール(コイルジグ・プラスドライバー・六角レンチ)
  • ユーザーマニュアル(日本語表記あり)

充実の付属品!コイルにコットン、ジグまでついてきます。あとはMODを用意するだけでビルドできてしまうんです。マニュアルに日本語表記があるのも嬉しいポイントです。

Wotofo SRPNT RDAの詳細

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

Wotofoらしさ溢れるサーペントシリーズ伝統のデザインです。
ロゴマークと、AFCの滑り止めにもなっている鱗模様が特徴的ですよね!

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

ディティールにかなり拘っていて、キャップ部やボトムにも細かい模様が。
こういう細部にまで拘っている製品って良いですよね!めちゃくちゃカッコいいです。

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

デッキデザイン、かなりポスト間隔が広めです。

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

ドリッパーらしくパーツ点数少なめで、メンテナンスが楽にできます。

ドリップチップ

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

マーブル模様の樹脂ドリップチップがプリセットされています。

810DTとは

ハーフインチ互換サイズと言われる、ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

ハーフインチ互換規格(810DT)なので、汎用品に交換して使うこともできます。

トップキャップ

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

トップキャップがAFCを兼ね備えたデザイン。サイドエアフローRDAの定番デザイン。

エアホールスペック

  • 1.9mm × 4
  • 1.6mm × 4
  • 1.9mm × 2

キャップに4種類のエアホールがあるのが特徴で、もちろん回すことで微調整も可能。

円周上の同じ位置にトイ面のエアホールが開いているので、片側だけ開くことはできません。でも、デッキデザイン的にデュアルエアホール特化型なので問題はありません。

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

スリーブとデッキには凹凸があるので、エアホールとデッキの関係は固定です。

この凹凸が小さめで若干合わせにくく、デッキとドッキングするときは、一度トップキャップを外してからスリーブだけを取り付けた方がやりやすいです。

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

チャンバートップはドーム型、お椀のようになだらかになっています。

デッキ

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

オリジナリティーは低いデッキデザインですが、デュアルコイルビルドに対応しているのが斬新です。このデザイン、元々はシングルコイルで、どちらからも固定できるように開発されたデザインで、RTAなどによく用いられたものです。

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

同じくWotofoの製品だと、懐かしのYouTuberコラボタンクを思い出しました。

そういえば、このタンクもポスト間にエアホールがあったので、このアトマイザーのリメイク版とも呼べるデッキデザインに個人的には感じました。

 

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

ヒューズドクラプトンコイルが付属することからもわかるように、コイルのマッチングも考えられたデッキデザイン。コイルクランプしやすいポストです。ただし、細線には不向き。

と言っても、爆煙ドリッパーですから、基本はクラプトンコイル前提です。

ポジティブピン

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

初期状態でかなり出っ張ったポジティブピンは、スコンクピンともにゴールドピン仕様。
デッキのポジティブポスト固定ネジ兼用なので、緩めて突起具合を調整することは不可。

ですが、これだけ出っ張っていれば、ハイブリッド接続のメカニカルMODも許容するほどで、かなり出っ張っています。

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

スコンクピンを取り付けた場合、リキッド出口は中央から。

ジュースウェルの底よりも一段高い位置から供給されるため、リキッドボトルを押すのをやめても、リキッド全てがボトルに戻らずに、一部はジュースウェルに保持できます。

SRPNT RDAのビルド

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

さて、ビルドですが、このアトマイザー専用のコイルが最初から付属するだけでなく、同じコイルやコットンが別売りで用意されているのが特徴です。

コイルビルドをしなくても固定だけすればOK!という初心者向きの充実したオプション。

アトマイザーに合わせて設定されたコイルなので、マッチングもばっちりです。

低抵抗すぎない、絶妙な抵抗値がすごく良いのと、同じ抵抗値でも立ち上がりが悪いものもある中、かなり素早く立ち上がってくれるセッティングで使いやすいコイルです。

コイルジグまでついてくるのが良いですよ!

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

正直デュアルコイルは若干やりにくいです。コイルをある程度話さなくてはならないので…
すごくビルドしやすいアトマイザーではないです。反面、シングルコイルはすごく楽です。

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

そして、コイルもプリセットと同じものがオプション販売されています。

これもビルドしやすいコヨリタイプのコットンなのですごく使いやすいです。

アトマイザーのマッチング・使用例

感想とまとめ

wotofo SRPNT RDA(ウォトフォ サーペントドリッパー)レビュー

充実の付属品!ビルドが手軽に楽しめる周辺環境も見事なドリッパー!

ちゃんとドンピシャなセッティングのコイルとコットンまでオプション販売するなど、買った後のことまで考えられているアトマイザーです。初心者に優しいですね!

味わいもかなり良くて、爆煙が気軽に、美味しく楽しめます。

シングルコイルでは、5mm内径の特殊なものでなくても、3mmのものをかなり上にあげれば美味しく使うことができたので、ビルドを試行錯誤して楽しむ自由度もあります。

ルックスも品質も良いし言うことなし!完成度の高い銘品です。

コメント