【アトマイザー】Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ 」レビュー

この記事は 約9分で読めます。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

Vapefly「ベイプフライ」のVAPEアトマイザー、Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク」のレビューです。

流行ってますね!色々なメーカーからMTL RTAが続々と登場し、Vapeflyもそれに続けと後発ならではのギミックを搭載して、あの”Galaxies”シリーズとして製品化されましたよ!

 

このアトマイザーの特徴

  • 22.2mmのスリムなサイズ
  • MTLに特化したタイトドロー シングルコイルRTA
  • エアフロー調整がダイヤル式

類似製品がリリースされる中、このGalaxies MTL RTAならではのオリジナリティーはなんと言ってもダイヤル式のエアフロー調整で、それ以外の構造は標準的で使い勝手が良い!!

商品提供:ベプログshop

 

スポンサーリンク
べプログショップべプログショップ

Galaxies MTL RTAの開封

詳細を見ていく前にまずはパッケージと内容品の詳細を見ていきます。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

パッケージはGalaxies(銀河)なだけに星座をモチーフにしたデザイン。スリーブの中に内箱。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

内箱には中身すり替え防止のホログラムステッカーが貼ってあり、パッケージ裏面にはセキュリティーコード入りステッカーで偽造品対策されています。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

内容品一覧

  • Vapefly Galaxies MTL RTA アトマイザー本体
  • スペアガラスチューブ
  • スペアパーツ(イモネジ、Oリング一式)
  • Ni80 26G プリメイドコイル
  • コットン
  • ユーザーマニュアル

本体に予備部品一式、エクストラパーツ、リブルタブル用品、そしてマニュアルが同梱されています。ツールも揃っていてコイルが2つついているので2度目のコイルビルドまでは他にツールがなくてもビルド可能。充実した内容品です。

 

 

Galaxies MTL RTA の詳細

VAPEメーカー各社から、MTL(吸い込み抵抗が重めの、タバコのような吸い方)用のタンクアトマイザーがリリースされ、それの流行に一足遅くGalaxies MTL RDAというドリッパータイプのアトマイザー(ヒット商品!)をリリースしているVapeflyからもRTA(タンクにリキッドを貯めることができる)タイプのアトマイザーがラインナップに追加されました。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

その名は「Galaxies MTL RTA」そのままのネーミングです。

チャンバーのロゴ文字と、デッキに星座をモチーフにしたデザインが入っているのが外見デザインの特徴!GalaxiesシリーズとしてRTA(タンク)とRDA(ドリッパー)が揃い踏みしました。

RDAバージョンはルックスの良さと性能から、リリースから時間がたった今も売れ続けるヒット商品になりました。このRTAバージョンも、それに続く人気を獲得できるのか?

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

詳細を見ていく前に、デッキなどを見ていると、各社からリリースされたMTL RTAのいいとこ取りのようなデザイン。

では、独自性はどこにあるのか?

それはエアフローデザイン
形式自体はボトムエアフローデザインですが、調整部分にオリジナリティを感じます。

  • 2つのダイヤル式エアフローコントロール
  • デッキのエアホールが交換可能

という2大特徴を備えています。それでは詳細見ていきます。

 

スペック

リキッド容量3ml (5ml)
直径22.2mm (26mm)
全長38.15mm(DT、スレッド含まず)
重量52.5g (実測)
ネジタイプ510
ドリップチップ510DT
コイルRBA シングルコイル
リキッドチャージトップフィル
エアフローボトムエアーフロー
素材ステンレススチール

Vapefly公式サイトより

 

分解

最初に分解して構造を理解しておきます。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

構造ごとに分解すると、写真のように

  • ドリップチップ
  • リキッドをたくわえるタンク部
  • デッキ部

に分解できます。もちろんこれ以上細かく分解もできますが、それは各部分の項目で詳細を見ていきます。

 

ドリップチップ

まずは上部のパーツから。2つのドリップチップが付属します。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

まず、ドリップチップの取り付け部ですが、汎用510規格なので、付属品以外の単体販売されている汎用品に交換して使うこともできます。

アトマイザーに最初からセットされているのはクリアオレンジのPMMA樹脂製ドリップチップで、くびれ形状で咥えやすさを重視した、内径が口元で細くなるテーパードデザインを採用しています。

全長16mm、露出部の高さ11.5mm、外径14mm(台座部分)、内径4.5→3.5mm(テーパード)

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

そしてもう一つ。黒いデルリン樹脂製のドリップチップも付属します。サイズスペックはもう一つのPMMA製と全く同じ「素材違い」です。

 

 

タンク

次にリキッドを蓄えるタンクパーツを見ていきます。タンクによって2mlのリキッドを保持することができるので、頻繁にリキッドチャージしなくても使うことができる利便性を確保しています。

まずはリキッドの装填方法から見ていきます。

トップフィルでリキッドチャージ

リキッドチャージ方式はトップフィル。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

スクリュー式トップキャップを外して上部からリキッドを注ぐことができます。トップキャップ側面には指のかかりが良いように溝が彫られていて、開け閉めしやすくなっています。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

スクリュー式はスライド式やロック式に比べてリキッドチャージの際に外すのが面倒な反面、もちろんメリットがあり、しっかりトップキャップをロックできるので携帯時などに不意にトップキャップが開きにくい構造です。

そしてリキッドを注ぐジュースホールは大きいので、注ぎ口が太いスポイトボトルなのでも問題なくチャージ可能です。

 

リキッドが残っていてもデッキにアクセス可能

タンクの構造も見ていきます。写真のように逆さまにして外せばタンク内にリキッドが残っていてもデッキを外すことができます。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

吸っている最中に味が落ちてコットンを変えたくなった場合、全て吸い切らなくてもリウィッキングできるので便利です。

 

チャンバー裏はドーム形状

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

さらにミスト発生部のチャンバー裏も見ていきます。なだらかなドーム型を採用しています。丁寧な仕上がり。チムニー内径 3.5mmと細く絞られています。

 

バブルチューブも付属

ストレートガラスチューブの他に、一部が出っ張った形状のバブルチューブが付属します。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

これを装着することで、リキッド容量も3→5mlへとアップ。サイズも26mmサイズへとボリュームアップ。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

見た目の変化も楽しめるので、ルックスの好みで使う方を決めても良いかもしれません。

 

エアフロー

最大の特徴であるエアフローデザインです。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

エアフローデザイン自体はボトムエアフローで、デッキ下部から取り込んだ空気を、デッキのコイル下から供給する機構を採用していますが、オリジナリティを感じるのはエアフローコントロール。ギア式エアフローコントロールという今までになかった機構を採用しています。

IからIVまでの4種類のエアフローホールを備えていますが、一箇所ではありません。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

写真のように対角線上に2ヶ所に分けてエアホールが用意されています。このコントロールギアをくるくる回転させてエアホールを調整することができるのです。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

公式情報として8パターンのエアフロー調整が可能となっていますが、これは片側を閉じる運輸を含めた場合です。上記写真のように中途半端な位置でギアホイールを止めてエアホールを塞ぐ必要があります。これをすることで合計8パターンのエアフローコントロールが可能。

パターンは表にするとわかりやすいので記載しておきます。

IIIIV
全閉IIIIV
III × IIII × IV
IIIIII × III全開

上記の通りの8パターン。
いや、9パターンですね。全閉でも多少吸えるのでこれを入れれば9パターンです。

最初は面倒な機構だなぁ、と思ったんですが、エアフローのセッティングが目視できるのはいちいち確認しなくて良いというメリットがあり、意外にも使いやすく感じます。

 

デッキ

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

デッキサイズは直径13.5mm。矮小なスペースに2ポストのシングルコイルデッキです。

ポールデザイン自体はどこかで見たようなMTLタンク製品のいいとこ取りのようなデッキデザインです。

ポール自体はS○R○Nだし、ジュースチャンネルやタンクからの供給はB.R….

いやもう、このサイズのデッキでオリジナリティを表現するのは無理があるのでしょう。

実際独自性を重視するあまりに使いにくく、ビルドしにくいデッキは多くあるので、後発製品はいいとこ取りが正解なのかもしれませんね。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

コイルの巻きを考えて、ワイヤーを固定しやすいように互い違いにデザインされたポールはビルドのしやすさを考慮したものです。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

ワイヤー固定のイモネジですが、マイナス頭のネジがセットされていますが、六角レンチで操作するイモネジも予備部品として付属するので、使用ツールの好みに合わせて好きな方をチョイス可能。

 

チャンバー部

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

画像を重ねてデッキを見て見るとこのようになっています。デッキの上にも若干の余裕がありますが、外見上はテーパー形状ですが、内部はドーム状なのでそこまで上部は高くはありません。

 

デッキエアフローパーツを交換可能

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

唯一オリジナリティーを感じるのがエアホール部分。見ての通りブロック形状のエアフローパーツがイモネジで固定されています。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

このエアフローパーツは交換可能で、デッキサイドの固定ネジを外して交換します。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

2種類のブロックから好きな方をセレクト可能。コイルビルドに合わせたセレクトが可能です。

 

 

ポジティブピン

最後にポジティブピンです。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

デッキ裏には製品名Galaxies MTL RTAのエングレービングが入っています。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

ポジティブピンの突起具合は1mm程度。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

このポジティブピンはデッキのポジティブ側の固定用兼用なので、緩めて調整することはできません。

 

Galaxies MTL RTAのビルド

詳細を見終わったところでビルドしていきます。ビルド前にドリップチップを咥えてドローを確認しておきます。

ネーミング通り、MTLユースに合わせたタイトドロー。細めの単線が似合う印象です。

実際付属コイルはNi80のシングルワイヤーです。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

デッキのイモネジを緩めてコイルを固定する準備をしておきます。イモネジは外す必要はありません。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

付属のにクロムワイヤーコイルでもよかったのですが、巻き数が多く見るからに自分好みのビルドではなかったので、同じくNi80ワイヤー、26ゲージ、2.5mmながら巻き数を減らしてビルドしました。

時計回りに巻いたコイルをそのまま載せるだけでコイルビルドは完了。非常に楽なデッキです。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

締め付けの際もワイヤーが逃げるようなことはなく「楽」としか言いようがありません。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

余ったコイルレッグは、デッキに彫られた溝に這わせるようにサイドに出してから切断すれば、チャンバーと接触して短絡しないようにデザインされています。この部分も好印象です。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

ドライバーンしてホットスポットを除去し、その後ウィッキングします。ジュースチャンネルにふわっと載せる程度で良いと思います。

 

 

Vapefly Galaxies MTL RTAのをMODに載せる

ビルドが終わったところでMODに載せて見ます。22mmサイズのスリムなアトマイザーなので、載せるMODを選びません。

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

【テクニカルMOD】Dani Box「ダニ ボックス」/ dicodes ディコデス レビュー
dicodes(ディコデス)のベイプMOD、Dani Box「ダニ ボックス」のレビューです。 手に入れてからしばらく使い込みました、巷でも話題になっている 高性能MOD【dicodes dani mod】のレビ...

 

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

【レビュー】Eleaf iStick Pico「アイスティックピコ」ロングセラー商品 !
Eleaf iStick Pico「アイスティックピコ」のレビューです。 小さいことは正義である。小さいもの好きにはたまらないMODです!! 2016年の大ヒットから早2年、現在も色あせることなく売れ続ける商品です。 ...

 

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

【スターターキット】WISMEC CB-80 with AMOR NS Pro レビュー
WISMEC「ウィスメック」のVAPEスターターキット、 CB-80 with AMOR NS Pro 「シービー80」のレビューです。 18650シングルバッテリー対応のCB-60と、MTLからDLまで対応するWSコイルを採...

 

 

Vapefly Galaxies MTL RTAのまとめ

Vapefly Galaxies MTL RTA「ギャラクシーズ タンク 」 アトマイザーレビュー

いいとこ取りのMTLタンク!独自機構にはちょっと疑問

MTLタンクを検討しているユーザーさん、昨年から優れた製品が多々リリースされていて、どれを買っていいかわからないという方も多いと思います。答えは、「どれを買っても美味しい」です。適当なようですが、それぐらいどの機種も優れています。

味は他のヒット製品並みに美味しいです!!
エアフロー構造的にS..ENに近いのかと思いきや、BE..RK.Rに近く感じました。

後はルックスと機構が気にいるかどうかだと思います。エアフローコントロールの独自性が最大の特徴なので、その部分が大きいと思います。

通販はこちらから!

→ Galaxies MTL RTA【Vapefly(ベイプフライ)】 [べプログショップ]

商品購入サイトはこちら

3000円以上購入送料無料です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
RTAアトマイザー
スポンサーリンク
べプログショップ
VAPE Circuitをフォローする
VAPE Circuit|初心者のための電子タバコ レビューブログ