WISMEC

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

この記事は 約4分で読めます。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

世界で見ると大口径のアトマイザーが増えつつあるといいます。

24mm径のアトマイザーはよく目にする棟になってきましたが、今回はそれを超える25mm径。

OBSのEngine RTAのレビューをお送りします。

最大のメリットは「トップエアフローの漏れにくい構造」です。

 

商品は中国の電子たばこ専門の通販サイト、HEAVEN GIFTSさんから提供いただきました。

いつもありがとうございます!

 

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク
べプログショップ

Engine RTAのパッケージ、開封

パッケージデザインです。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

付属品は

・Engine RTA本体
・予備ガラスタンク
・六角ドライバー
・予備Oリング
・プリメイドツイストコイル
・コットン
・説明書

 

Engine RTAの詳細

詳細を見ていきましょう。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

スペックです。

容量5.2ml
直径25mm
全長50mm
本体部のみ DT,510スレッド含まず
ネジタイプ510
ドリップチップ510
コイルRBAデュアル
リキッドチャージトップフィル
エアフロートップエアーフロー
素材ステンレス、ガラス
Black , Silver

 

何と言ってもサイズ。25mm,迫力の大きさです!

24mmでも大きいのに25mmは1mm以上に大きく見えますね。

その分、リキッドもたくさん入ります。5.2ml。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

デザインは中々にかっこよいと思います。

 

さて、分解していきます。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

意外と細かく分解できません。これ以上は分解不可です。

 

さえ、上から順番に。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

ドリップチップはワイドボアタイプ。

取付部は510サイズの為、交換も可能です。

 

そしてトップパーツ。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

これ、分解できるのかと思いましたが分解不可です。上部にはエアフローホールが有り、リングで無段階調整可能。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

取り込んだエアーはこのパーツ内を通り、コイルの方まで導かれていきます。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

裏側から見ると、サイドの2つのホールが、上部のエアホールから取り込んだ空気が入ってくる穴で、センターの穴がドリップチップと直結しています。

恐らく巻き込むように若干コイルにはエアーが当るのかな?という印象です。

 

リキッドチャージはトップサイドフィル。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

上部のエンブレム部分を引っ張り上げれば、リキッドホールが露出するので、そこからチャージ可能。パーツを外す手間入らずの楽々チャージが可能です。

 

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

さて、更にパーツを外し、デッキを見ていきましょう。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

デッキはベロシティタイプの2ポールデッキです。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

デッキにはホールが4つ開いており、このホールにウィックを落としてタンクからリキッドを吸い上げます。つまり、4箇所全てウィックを落とさなければ、デッキがリキッドで満たされてしまうため、基本的にシングルビルドは不可になります。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

ホールの大きさはそれなりにあり、トップエアフローのホールの大きさからも、基本的に爆煙向けのRTAということがわかります。

ミスト発生部の空間面積も大きなことから、最低でも2.5mm径以上のコイルを組むのが好ましいでしょう。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

ポジティブピンは調整不可です。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

ちなみにタンクを取り付けるときは、このように凸と凹をあわせて取り付けます。

 

 

 

Engine RTAをビルドする

さて、ビルドしていきましょう。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

今回は付属のツイストワイヤーで巻いていきます。

かなりゴツめのコイルです。

抵抗値は実測で0.15Ωでした。それなりにワッテージをかけてやって爆煙で楽しむ感じですね。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

ウィッキングも漏れないようにたっぷりめでいきます。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

このようにホールに落としてやります。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

ビルド完了したら、タンクにもリキッドをチャージしていきます。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

チャージ完了したら使えます!!

 

Engine RTAのまとめ

期待していなかったんですが、割と味出ます。そして、ミストも出ます。

悪くはないな、これ。

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

でも、でかい!!載せるMODが無いよ…

【アトアイザー】Engine RTA「エンジンRTA」 (OBS) レビュー

うーん、同デザインで22mmで作ってくれないかな。せめて24mm。

これはでかすぎる。

 

でもね、でかいの探してる人にはいいんじゃないでしょうか?

→ OBS Engine RTA Tank – 5.2ml, Black  [Heaven Gifts]

色違いのシルバーもラインナップされています。

→ OBS Engine RTA Tank – 5.2ml, SS  [Heaven Gifts]

※当ブログオリジナルクーポンコードACIRCUIT15でいつでも15%オフで購入可能です。

ビルドも楽だし、リキッドはこれでもかっ!ってほど入りますしね。

リキッドが漏れにくいトップエアフロー。

割りとデザインも好きなので大きいアトマ探している人は検討してみては如何でしょうか!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
RTA
スポンサーリンク
べプログショップ
VAPE Circuitをフォローする
VAPE Circuit|初心者のための電子タバコ レビューブログ