【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 19

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

IJOY/(アイジョイ) のベイプアトマイザー、RDTA 5sのレビューです。

爆煙機材ラインナップに力を入れるIJOYらしい大口径サイズのRDTAの最新作です。
カラーバリエーションも多く、ルックスも拘ったトリッカー、クラウドチェイスに向けた製品です。

それではレビューしていきます。

商品提供:VapeSourcing

VAPEアトマイザー IJOY/RDTA 5s のパッケージと内容品

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

見たことのあるような無いようなタッチのキャラクターのプリントされたパッケージで、何をイメージしているのかはよくわかりません。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー 【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

パッケージの側面には製品偽造防止、スクラッチ式コード入りのステッカーが貼られています。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

中にはプラスチックパッケージ。IJOYのアトマイザーの多くに採用されているサイズです。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー 【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

内容品一覧

  • IJOY RDTA 5sアトマイザー本体
  • スペアパーツ(ガラスタンク、Oリング、イモネジ)
  • プリメイドクラプトンコイル
  • コットン
  • ビルド用プラスドライバー
  • ワランティーカード

VAPEアトマイザー IJOY/RDTA 5s の詳細

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

IJOY(アイジョイ)がリリースする、RDTA 5sは爆煙タイプのアトマイザー。IJOYはこの種類のアトマイザーに相当力を入れており、当サイトでも過去に幾つかの製品のレビューを贈りしています。そちらの記事は下記リンクよりご覧ください。

⇒ Limitless RDTA Classic Edition (ijoy) レビュー
⇒ Combo RDTA Tank (ijoy) レビュー

本機のサイズは直径24mmサイズ。クラウドチェイス、爆煙に対応するミスト発生部の容積と、利便性の高いボトムタンク、デュアルエアフローシステム(ボトムとサイド)を装備したドリッパータンクアトマイザーです。

RDTA 5sのスペック

リキッド容量 2.6ml
直径 24mm
全長 47mm
ネジタイプ 510
ドリップチップ 810DT(ハーフインチ)
コイル RBA デュアルコイル
エアフロー サイドエアーフロー
ボトムエアーフロー
BF対応 ☓ 対応なし

The IJOY RDTA 5S is the sixth generation model in the RDTA line and implements an innovative Central Fill design, two post gold-plated build deck, dual adjustable airflow system, and a push and lock body section which protects the glass and makes wicking easier.

To fill the RDTA 5S simply remove the top cap and fill liquid down or go straight through the wide bore ultem drip tip without remove the top cap.

The bottom and side airflow system can be used independently or in conjunction with the bottom airflow for maximum air intake.

Innovative airflow, and ease of building, the IJOY RDTA 5S is an excellent option for users looking for a high performance atomizer.

Product Features

1, Capacity 2.6 ml

2, Diameter 24 mm

3, Compact size for ultimate taste

4, Innovative Central Top Fill

5, Dual Adjustable Airflow

6, Ultem Wide bore Drip Tip

7, Gold Plated building deck

8, Various colors

9, Great flavor and vapor production

IJOY公式サイトより

直訳

IJOY RDTA 5Sは、RDTAラインの第6世代モデルで、革新的な中央充填設計、2つのポスト金メッキ建造デッキ、二重調節可能なエアフローシステム、およびガラスを保護して吸い上げを容易にするプッシュアンドロックボディセクションを実装しています。

RDTA 5Sを充填するには、上部キャップを外し、液体を充填するか、または上部キャップを取り外さずにワイドボアウインドミルドリップチップにまっすぐに通します。

底部と側面のエアフローシステムは独立して使用するか、下部のエアフローと連動させて最大の吸気量を得ることができます。

IJOY RDTA 5Sは、革新的なエアフローと容易な構築により、高性能アトマイザをお探しのお客様に最適なオプションです。

第六世代モデルとの記述が気になり、iJOYのサイトを見てみると以下のようにラインナップされていました

  1. IJOY Limitless RDTA
  2. IJOY Limitless RDTA Plus
  3. IJOY COMBO RDTA
  4. IJOY LIMITLESS RDTA Classic Edition
  5. IJOY RDTA 5
  6. IJOY RDTA 5s ←本機
  7. IJOY Combo RDTA II

全く違うというより、細かく異なり、相当バリエーションが多いため、自分の使い方にあった爆煙タイプRDTAをセレクトできます。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

全高は約35mm。ドリップチップと510スレッド含まずです。

分解してみました

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

大まかに分解すると、左からデッキ&タンク/トップキャップ/ドリップチップ。

デッキは更に分解可能、これかデッキとタンクの項目で記述します。トップキャップもスリーブとキャップに分解可能です。

ドリップチップはハーフインチサイズ

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

ドリップチップはハーフインチ(810DT)規格サイズ。トップキャップ側にOリングが設けられているタイプです。素材はウルテム製で、半透明イエローの樹脂が印象的。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

外径約18.5mm、内径10mm、高さ7mm。内径はストレートですが、口元ですり鉢状に広がるデザインになっています。

トップキャップとスリーブ、デュアルエアフロー構造

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

本機のエアフローは、ボトムエアフローサイドエアフローのデュアルエアフローシステム。

どちらのエアフローも、無段階調整可能で、全閉にすることも可能です。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

まず、サイドエアフローの調整はスリーブとキャップに設けられた同型のエアホールの合わせ具合で無段階に調整可能です。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

スリーブはこのように再度エアフローだけ空いた部分と、ボトムとサイドのエアホールが空いた部分が90度ごとに空いているので、サイドエアフローだけの運用、ボトムエアフローだけでの運用が可能になっています。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

このようにどちらのエアフローも開いての運用も可能。エアフローの自由度が高い仕様になっています。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

キャップ裏は流行りのドーム形状になっています。

デッキとタンク

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー 【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

タンクの上にデッキが載っている典型的なRDTAの構造。

デッキはと言うと、2ポール4スレッドのベロシティタイプで、コイルレッグの固定ネジは上部が縦スレッド、下部が横スレッドになっています。 【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー 【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

上から見てみると、中央に設けられたのはリキッドチャージホール。

最初にこの構造を見たのはハイエンドアトマイザー、The SPLIT Attyですが、GAIA RDTA(CTHULHU)Alpine RDTA(Syntheticloud)にも用いられ、一般的な構造になってきた印象です。

円周上に4つ設けられたのはウィックホール、上下の楕円形の穴がボトムエアフローのエアホールになっています。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー 【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

ポジティブピンは金メッキ仕様です。初期状態でかなり出っ張っているので調整はいらない印象。デッキ固定兼用ではありません。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

タンクを分解する場合は写真左側のパーツを外します。

このパーツはデッキにOリングを介してはまっているだけなので簡単に着脱できます。これがガラスタンクのガードにもなっていて、ガラスの破損を防ぐ機能性も持っています。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

パーツ裏側にはパッキンが用いられており、タンクからリキッドが漏れるのを防ぎます。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

タンクとデッキには写真のように凹凸があるため、組み上げるときにはこの部分を合わせます。目安となり分かりやすい仕様です。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

タンクもデッキにOリングではまっているだけです。予備も付属します。

写真ではデッキも外していますが、デッキを外さなくともタンクは着脱可能で、洗浄時に工具無しで外せ、利便性が高い仕様になっています。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

そして、タンクを外してみると、上部のリキッドチャージホールからリキッドが出て来るホールが確認できます。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

デッキを分解する際にはポジティブピンを外す必要があります。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

デッキもタンク部分にスレッドで固定されているため、ポジティブピンでは固定されてはいませんが、ロックされているため、分解時にはポジティブピンを外します。

VAPEアトマイザー IJOY/RDTA 5s をビルドしてみました

さてビルドです。付属品にクラプトンコイルも付属するため、付属品で組んでいくのがセオリーですが、今回もいつも通りアトマイザーの性能を理解するために単線でビルドしていきます。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

付属のプラスドライバーでスレッドを緩めていきますが、ドライバー先端の精度がいまいちな上に持ち手部分が細く使いづらいために、別途精密ドライバーを用意するのがおすすめです。

精密ドライバーセットは100円均一などでも購入可能ですし、その程度の価格のツールで十分実用に耐えます。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

ワイヤーはカンタル24ゲージ、巻き径は3.0mm、6ラップをデュアルでマイクロコイルで巻きました。

コイルレッグの長さだけ決めてやり、一先ずスレッド固定した後にコイル内にジグを通してコイル位置と高さを調整しています。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

コイル位置はボトムエアフローを活かす位置、ボトムエアフローホール直上に設置しました。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

ビルドしながら気がついた点は、コイル位置をあまり中央寄りにしてしまうと、リキッドチャージホールを塞いでしまったり、ユニコーンボトルが入る隙間を塞いでしまうため、利便性的に問題が発生してしまいます。

その為、今回のコイル位置はサイドエアフローを活かす、中央よりコイル位置高めのビルドは控え、ボトムエアフロー中心に考えています。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

今回用いたコットンはCottonBacon

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

コットンレッグはあまり長くしてしまうとルックスが悪くなり、タンクの容積を取ってしまうため、ガラスタンクにかからない程度にします。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

コットンレッグホールに突っ込む前にコットンレッグをふわふわにしてやります。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

このようにウィッキングしました。エアホールからの伝い漏れを防ぐために、コットンがボトムエアフローホールに触れないように調整します。コイル抵抗値の実測は0.24ohmでした。

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

ビルドが終わったらリキッドチャージホールからリキッドを装填して使用します!

VAPEアトマイザー IJOY/RDTA 5s を使ってみました

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー Joyetech/eVic Primo Mini(18650シングル)

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー Wondervape 270 MECH MOD(20700シングルメカニカル)

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー IJOY SOLO V2 200W Box Mod(18650デュアルバッテリー)

レインボーカラーは搭載するMODを選びますね。レインボーカラーのMODとのマッチングが良さそうです。さて、暫く使用してみました。

◎価格
定価$33.90と今までIJOYがリリースしてきた爆煙RDTAの中で一番安い価格設定。その上に提供先ではディスカウント価格で購入可能です。

◎見た目とクオリティ
IJOY製品はロゴ、文字の主張が強い製品が多く、本機でも”IJOY”や”5S”の文字が大きく入るため、好き嫌い分かれそうなルックス。カラーバリエーションが多いため、自分の好きな色を選べるのは良いですね!

クオリティはマスプロダクツとして上々です。ホコリなどの不着が少ない印象。
エッジの面取りは全てに施されており、素手で分解洗浄しても皮を切るようなことはありませんでした。
ドリップチッップやキャップ、スリーブやキャップなどのOリングを介してはまっている部分のクリアランスも最適になっています。

◎機能面と運用性
デュアルエアフローでビルド、コイル位置の自由度が高い製品。
ただし、リキッドチャージホールの位置的にかぶるようなコイル位置の設置ができないのは残念。

運用的にはデュアルコイルながらベロシティタイプでビルドは楽。
ウィッキングも迷いません。
洗浄時にツールを必要しない運用性の高さが魅力です。

◎ドロー
爆煙タイプのRDTAの為、MTL(口吸い、タバコ吸い)向けのドローにはできません。
基本DL(直肺吸い)向けのドローで、サイド、ボトム2箇所全開でほぼ抵抗なしのドロー。

どちらか全開でだいたい半分ぐらいのドローになります。

◎ミストの質感、味など
ビルド次第ですが、エアフローの自由度が高い為、ビルドの自由度は高いと思います。
ただし、リキッドチャージホールが中央にあるのが残念。コイルを中央に寄せると、リキッドチャージの際ユニコーンボトルですらコイルと干渉します。

今回のビルドではボトム/サイドを1/3ほど開けて運用しています。
どちらかだけで運用するよりもフレーバーが広がる印象。

しかし、自分個人的な好みではサイドだけで運用した方が、リキッドの甘みをダイレクトに感じられて好きです。

エアフローの自由度が高く、キャップ高も十分にあるので好みの味、質感にある程度調整可能です。

VAPEアトマイザー IJOY/RDTA 5s のまとめ

【アトマイザー】RDTA 5s (IJOY/アイジョイ) レビュー

世代を重ねるごとに基本設計の利便性が向上しているIJOYのRDTA。

本機では、デッキが自由に選択できる自由度はありませんが、見た目のバランスを考えたタンク容量、ビルドの用意なスタンダードなベロシティデッキを用い、デュアルエアフローの調整幅、分解清掃の利便性、汎用性の高いハーフインチドリップチップを兼ね備えたアトマイザーに仕上げています。

残念なのはリキッドチャージ方法。マイノリティですが、僕のようにコイルを中央寄せに調整するビルドを好む人には残念なポイント。

爆煙、クラウドチェイス、VAPEトリック目的に、実用的に良いアトマイザーだと思います!!

通販はこちらから!

→ IJOY RDTA 5s [VapeSourcing]

その他販売店情報

ブログ村ランキング



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スポンサーリンク