スポンサーリンク
スポンサーリンク

GAS MODS KREE V2 RTA レビュー|さらにカッコよく便利に!シングル22mm爆煙タンク!

GAS MODS(ガスモッズ)のVAPEアトマイザー、KREE V2 RTA「クリー・ブイツー・タンク」のレビューです。

カスタムクリアタンクを装着したハイエンドアトマイザーのようなルックスにさらに磨きがかかった人気アトマイザーの後継機種!爆煙ユースの22mmシングルコイルタンク!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GAS MODS KREE V2 RTAとは?

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

ガスモッズのアトマイザー、KREE V2 RTA「クリー・ブイツー・タンク」です。

ハイエンドアトマイザーのようなルックスで人気を博した大ヒットアトマイザーの後継機!

ルックスはさらに洗練され、さらにはタンクが別体になり、ジュースコントロールも搭載。
機能的にも見た目的にも進化したアトマイザーになりました。

GAS MODS KREE V2 RTAの特徴

  • 直径22mmのシングルコイル爆煙タンク
  • 人気アトマイザーの後継モデル

KREEは初代からその見た目で人気機種なのですが、さらにカッコ良くなったんですよ!
それだけでなく、その見た目が故に我慢を要求される構造だったのが改善されています。

ただ、初代とは若干異なる個性と、また別に問題点も残っていますので詳しく見ていきましょう。

カラーバリエーション
blank

出典:GAS MODS

ガスモッズらしいベーシックカラーをラインナップ!

GAS MODS KREE V2 RTAのカラーバリエーション

  • SS ステンレススチール
  • Blackブラック

スペック

リキッド容量2.0ml
直径22mm
全長35mm(510スレッド除く)
ネジタイプ510
ドリップチップ専用
コイルシングルコイル(RTA)
リキッドチャージトップフィル(ドリップチップスクリュー式)
エアフローボトムtoボトムエアーフロー

パッケージ・内容品

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

内容品一覧

  • GAS MODS KREE V2 RTA アトマイザー本体
  • 金属製510ドリップチップアダプター
  • 予備パーツ
    • ガラスタンク
    • Oリング
    • デッキネジ
  • ツール
    • 六角レンチ
    • マイナスドライバー
  • ビルド用プレビルドコイル
  • ユーザーマニュアル(英語)

GAS MODS KREE V2 RTAの詳細

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

ショートハイトな22mm、デザインは初代からより洗練された印象に。

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

基本的なデザインは引き継がれ、チャンバーのロゴがメーカーロゴに変更されました。
これだけでもだいぶ印象が違いますよね、逆に初代は何故KREEの文字だったんだ…

また、チャンバーの継ぎ目がなくなったのも好印象です。
パッと見で一昔前のハイエンドアトマイザーのようなルックスに磨きがかかりました。

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

blank

出典:GAS MODS

パーツ構成に大きな変更はありませんが、一番の違いはタンクが完全別体になった点。

ドリップチップ

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

KREE V2 RTAのドリップチップは専用品で、トップキャップ兼用です。

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

専用クリアドリップチップと、金属製のローレット加工の510アダプターが付属します。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

タンク

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

リキッドはトップフィルで便利にチャージできます。
ドリップチップがトップキャップになっている初代同様の構造です。

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

ジュースコントロールが搭載され、構造としてデッキとタンクが別体になりました。
よって、タンクにリキッドが残っていてもデッキにアクセス可能です。

ただし、タンクを外すときは、アトマイザーを逆さまにしないと漏れます。
タンクとデッキの凸凹で接続されていて、着脱には若干のコツがいります。

スムーズに着脱できない印象で、慣れとコツが必要に感じました。

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

新搭載されたジュースコントロールは無段階に開閉できる優れもので、持ち運び時の漏れ防止操作はもちろん、供給量のコントロールも可能です。

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

機能性は確実に向上したのですが、問題点もあります。

このジュースコントロールを操作しようとすると、AFCまで一緒に回ってしまうんです。
逆に、AFCだけ操作しようとしてもジュースコントロールが回ってしまう。

ルックスと引き換えに、使い勝手には我慢を強いられるのは初代と同様。
ただ、ここが緩くても勝手にタンクが外れてしまうからもどかしい。

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

チャンバートップはなだらかなテーパード。

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

チャンバートップのスペースには若干の余裕があるので、コイル高の自由度が高い仕様。

AFC

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

アトマイザー下部に設けられたオーバル型の大きなエアホールにはAFCを装備し、ドローをユーザー好みにリニアに調整することができます。

AFCには飾り兼用、実用性の高いローレット加工が施されているので、回しやすく扱いやすいです。

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

このAFCパーツは、タンクを取り外すことで分解可能です。
デッキ側のボトムにはOリングで機密性が確保されています。

デッキ

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

デッキは2ポスト、コイルの向きに関係なく固定できる4スレッド構造を採用。

このデザインは定番的なもので、オリジナリティーはありませんが、実用性は最高。
個人的にWotofo Serpent SMM RTAを連想、古くから採用されているデザインです。

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

エアホールサイズから見ても爆煙向けの仕様を持つKREE V2は、コイル固定部も最適化。
フラットクラプトンなどゴツ目のコイルを固定するように使いやすくなっています。

逆を言えばMTL向けの細単線はワイヤーが逃げてしまいそうです。

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

オーバル型のエアホールはかなり大型で、かなり爆煙向けの仕様です。
KREE V1 RTAではオプションパーツ可変式だったのですが、V2では用意されていません。

個人的にはこのサイズのアトマイザーですし、リキッド容量も少ないですから…
できればMTL~RDLにも対応できるオプションパーツは欲しかったと思ってしまいました。

ポジティブピン

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

デッキ固定ネジ兼用のシングルピン仕様で、突起具合の調整は不可です。

KREE V2 RTAのコイルビルド

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

デッキデザインを見て分かる通り、スタンダードなデザインのデッキ。
よってビルドに迷うことはなく、コイルの巻き方向に関係なくビルドできるのがメリット。

可もなく不可もなくというか、定番ですから初心者でも問題なくビルドできると思います。

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

迷うのはコイルの高さだけでしょうか。個人的にはちょっぴり高めがお気に入り。
意外にコイル高を調整するだけで、味の出方が変わりますから、遊べますよ。

アトマイザーのマッチング・使用例

感想とまとめ

GAS MODS KREE V2 RTA(ガスモッズ クリー ブイツー タンク)レビュー

後継機ではなく個性の異なるバリエーション!タンク構造は大幅進化!!

タンク部分にジュースコントロールが搭載されたことで、明らかに初代よりも使い勝手が向上!カスタム感のあるルックスはより洗練され、見栄えもより良くなりました。

ただ、賛否が分かれるのはエアホールの仕様など、MTL~DLまで対応していた初代とは異なり、大型デッキエアホールは「爆煙仕様」になりました。

爆煙を22mmサイズの小径サイズでこだわりたい人に向けた秀逸ルックスのアトマです。

コメント