GAS MODS KREE RTA レビュー|クリアタンクの優れたデザイン!コンパクトな22mmタンク!

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

GAS MODS(ガスモッズ)のVAPEアトマイザー、KREE RTA「クリー タンク」のレビューです。

まるでカスタムタンクを装着したハイエンドアトマイザーのようなルックス!
スタンダードなデッキデザインの22mmショートアトマイザーです。

詳細をレビューしていきます。

商品提供:VapeSourcing

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

GAS MODS KREE RTAとは?

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

タンクタイプのアトマイザー、KREE RTA「クリー タンク」です。

GAS MODSは主にアトマイザーを主力製品とする中国メーカーです。

GAS MODS製品は大量生産製品ですが、他メーカーとは一味違う『シンプルなデザイン』で他メーカーとは一味違うデザインで好評を得ているブランドです。

今までにも多くの製品をヒットさせてきましたが、今回レビューするKREE RTAもリリース前から注目され、多くのユーザーに受け入れられている製品です。

GAS MODS KREE RTAの特徴

  • 直径22mmサイズのショートタンク
  • カスタムタンクルックの優れたデザイン
  • シングルコイルに特化したシンプルなデッキデザイン

GAS MODS製品は優れたデザインというだけでなく、多くが直径22mmのコンパクトサイズということもあって、小径アトマイザーを好むユーザーが多い日本でヒットしています。

カスタムタンクルックの優れたデザイン

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

KREE RTAがヒットしている最大の理由はデザイン・ルックスの良さでしょう。

まるでハイエンドアトマイザーのようなデザイン性。
カスタムタンクを装着したようなルックス。

見た目の良さというのも、アトマイザー製品に求められるポイントです。

シングルコイルに特化したシンプルなデッキデザイン

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

いくら見た目が良くても、使い勝手や構造が悪くては受け入れられません。

その点、KREE RTAはスタンダードデザインの2ポストシングルコイル専用デッキなので、使い勝手や味の部分でも安心感を持って使用することができます。

また、デッキエアホールのバリエーションが6種類と豊富なのもポイントです。

スペック

リキッド容量2ml
直径22mm
全長40mm
ネジタイプ510
ドリップチップ専用・510DT
コイルRBA シングルコイル
リキッドチャージサイドフィル
エアフローデッキボトムエアーフロー

パッケージ・内容品

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

内容品一覧

  • GAS MODS KREE RTA アトマイザー本体
  • 予備パーツ
    • Oリング
    • デッキネジ
    • ポジティブピン
  • エクストラパーツ
    • ドリップチップ
    • 510DTアダプター
    • PCタンク・エクステンション
    • エアフローインサートパーツ
  • ツール
  • ユーザーマニュアル(英語)

予備でついているポジティブピンが「漏れ対策品」だそうです。

プリセットされているポジティブピンは、漏れが問題になっているもの。
ピンからのリキッド滲みが確認されていますので、付属品に交換して使います。

KREE RTAの詳細

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

背の低いショートハイト。直径22mmとコンパクトなサイズ。
見た目にこだわったタンクアトマイザーです。

タンク上部にフレームのないデザインは、まるでカスタムタンクを装着したハイエンドアトマイザーのようなルックス。

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

ボトム部分のローレット加工も、デザイン性を感じるディティール。
全体的にかなりデザイン性にこだわった作りで、仕上がり・質感にもこだわっています。

ただ、やはりマスプロダクツ。チャンバー部の「KREE」の大きなロゴ文字が…

製品名をロゴ表記して主張するのは必要かもしれませんが、デザインという観点で考えればマイナスポイントです。これがなければ完璧なのに。

出典:GAS MODS

パーツ構成は5ピース。デッキ部分はさらに細かく分解できますが、それを除くとRTA製品としてはシンプルなパーツ構成となっています。

ドリップチップ

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

付属するマウスピース(ドリップチップ)のバリエーションは3種類です。

マウスピースのバリエーション

  • 左:クリア(内径大)
  • 中:ブラック(内径小)
  • 右:金属製510DTアダプター

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

KREE RTAのマウスピースは、リキッドチャージ部分のキャップ兼用設計です。
トップフィルのスクリューキャップとしても機能する専用パーツです。

キャップとマウスピースが一体化したもの2つと、汎用510DTのためのアダプターが付属します。側面のローレットがベース部分とマッチするデザイン。

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

ブラックカラーの樹脂製マウスピースは、内径3mmと細いMTLユースの仕様。

全長15mm、露出部の高さ12mm、内径3mm(エンド部逆テーパー)

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

内径5.5mmサイズのDL向けクリアマウスピース。

全長12mm、露出部の高さ9mm、内径5.5mm(エンド部逆テーパー)

タンク

出典:GAS MODS

カスタムパーツのようなルックスのクリアタンクはガラス製なので、樹脂攻撃性のあるリキッドでも安心して使用できる反面、衝撃に弱いので破損に注意が必要です。

見た目にこだわるため、一般的なRTAと比較して機能的には若干劣ります。

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

リキッドチャージは一般的なRTA同様にトップフィル仕様です。

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

問題なのは、リキッドが残っている状態でデッキにアクセスできない点です。
そのため、ボトムフィルでのリキッドチャージもできません。

デッキにアクセスするには、タンクからリキッドを完全に無くすか、もしくはリキッドを無駄にする前提でタンクを外す必要があります。若干不便です。

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

プリセットのガラスタンクの他に、PC(ポリカーボネート)素材のロングタンクも付属。

タンクのバリエーション

  • クリアタンク:ガラス素材 2ML
  • スモークタンク:ポリカーボネート 3.5ML

スモークタンクの方が長いため、チムニーを延長するエクステンションチューブが必要。

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

構造は同じですが、ルックスもサイズもガラスタンクとは異なります。

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

チャンバー部は上部がなだらかにテーパードしたデザイン。

チムニー内径:4mm
チャンバー内径:14mm

チムニー細めです。ただ、ショートタンクではかなり短め。

ボトムエアホール

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

エアホールはオーバル型、AFC非搭載でドロー調整はできません。

ただし、デッキエアホールのパーツを付け替えることで、6種類にドローを可変できます。

デッキ

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

スタンダードデザインの2ポストデッキ、シングルコイル専用です。

デッキサイズ:14mm

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

デッキ全体を見ればもちろん違うのですが、ポスト部分のデザインは中華アトマイザーの多くが参考にしている「kayfunタイプ」

ポストの相互関係だけではなくガイド部分の作りなどもこれに習っています。
もろパクりというデッキ構造ではないのですが、KREE RTAの独自性・オリジナリティーは感じられません。

チャンバートップの作りも、ベースになったアトマイザーに近いデザイン。

ポスト間隔: 5mm

ポスト間隔にはかなりの余裕があり、クラプトンワイヤーを含む太いワイヤーでも余裕を持ってビルドできます。

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

ワイヤーガイド付きで、ビルドしやすいデザインのポスト部分。

近いデザインのデッキ、ほんと多いですよね。
デッキ部分にオリジナリティーを感じる製品、ホント減りました。

新しい構造、斬新なデザインのアトマイザーを見るのが好きなのですが…

でも、独自性にどんなにこだわっても美味しくなければ意味ないですから。
まるパクりでなければ良いのかな?とも思ってしまいます。

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

付属の専用パーツで、デッキエアホールサイズを変更できます。

エアフローインサートパーツのバリエーション
  • φ0.8mm
  • φ1.0mm
  • φ1.2mm
  • φ1.5mm
  • φ2.0mm
  • φ2.5mm

6種類とも同梱されているのが嬉しいです。別売りパーツを買う必要がありません。

汎用性が高く、欧米で求められるドローパターン軽めのホールバリエーションも豊富。
もちろん、MTLユースとしても《0.8・1.0・1.2》とタイトドロー向けスペックも網羅。

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

このパーツによって、エアホール位置が上がるのでリキッドが漏れにくいデザイン。
Oリングはめ込み式で、ちょっと固めですが確実に装着できて外れる心配がありません。

外す時には、パーツ側面に溝があるので、外れないということもありません。

デッキエアホールが可変できるので、コイルに合わせたスペックをセレクト可能。
ただし、コイルビルドした状態で、パーツを気軽に付け替えることはできません。

ポジティブピン

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

かなり引っ込んでいますので、ハイブリッド接続には向きません。
オートアジャストのテクニカルMOD向きです。

実測:0.46mm

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

デッキポスト固定ネジ兼用なので、出っ張り具合の調整不可です。

KREE RTAのビルド

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

デッキはkayfunタイプなので、ビルドは楽です。
ワイヤーガイド付きのデッキは、シングルコイル用デッキの中でも使いやすいですね。

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

ガイド部分でワイヤーカットできるので、ショートの心配もありません。

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

ボトムエアフローのセオリー通り、エアホール直上にコイルをセット。

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

ジュースチャンネル部分が大きいので、コットンレッグは長めにカット。

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

左右に落としてビルド完了。慣れていれば5分かからずにビルドできるほど簡単です。

アトマイザーのマッチング・使用例

感想とまとめ

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

デザイン性とクオリティーにこだわったコンパクトな22mmタンク!

構造的には、今までのアトマイザーの焼き直し感は否めません。

デッキはkaufunタイプで、チャンバートップの作りも同様です。
今までにリリースされたアトマイザーを参考に作られており、独自性に欠けています。

しかし、オリジナリティーにこだわらなければ定評のある製品がベースなので、性能や味に優れているのは当然です。

ロングタンクタイプに比べると若干味わいで劣ります。
そのため、PCタンクをつけた方が味には優れていますが、KREE RTAはガラスタンクのルックスがあってこそだと思うので、悩ましいですね。

GAS MODS KREE RTA(ガスモッズ クリー タンク)レビュー

それでいて、このルックス。ヒットするのは当然ですよね!

値段もマスプロ価格でお求めやすく、しかも見た目が良い。
サイズ的にも使い勝手が良く、気軽に使えます。

タンク部分の作り的にメンテナンス性に劣りますが、このルックスとのトレードオフですから見た目を取るのか?それとも使いやすさを取るのか?

そんなことを考えるまでもなく、このルックスでこの価格ならアリというユーザーが多い優れたデザインのアトマイザーです。

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?