Auguse Era Pro RTA レビュー|見た目も構造もかなりの変更点!MTL特化の個性派タンク!

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

Auguse(オーグユーズ)のVAPEアトマイザー、Era Pro RTA「エラ プロ タンク」のレビューです。

あのトップタンク&サイドエアホールのMTLアトマイザーが進化!
プロユースになって帰ってきた!見た目もディティールもかなり変更されました!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:Everzon

Auguse Era Pro RTAとは?

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

Auguseのアトマイザー、Era Pro RTA「エラ プロ タンク」です。

日本でも大変話題になった、あのハイエンドアトマイザーの構造をオマージュしたプロダクツ「Era RTA」がさらに進化!Pro版になってリニューアルされました。

Auguse Era Pro RTAの特徴

  • 直径22mmサイズのシングルコイルMTLタンクアトマイザー
  • あのアトマイザーそっくりなEra RTAの進化版!

味に定評があるあのアトマイザーそっくり、味わいにも優れているMTLタンクです。

あのアトマイザーそっくりなEra RTAの進化版!

出典:Auguse

あのアトマイザーというのは「Flash e Vapor」のことで、日本でもプレミアム価格で取引されていた「Taifun GSL」の元ネタになったと言っても過言ではない、ドイツのハイエンドアトマイザーです。

その構造を”オマージュ”したのがAuguse Era RTAです。

そのタンクをさらにブラッシュアップしたのが、今回の製品なのです。
結構変わっている部分があるので、羅列しました。以下の通り。

Auguse Era Pro RTAの変更点

  • 見た目の仕上げ マットからポリッシュドに
  • タンク容量  1.5倍に拡大
  • リキッドチャージ部 Oリング式からスクリュー式に変更
  • ドリップチップ 2ピースで見た目に優れたものに
  • ジュースコントロール 小径サイズへ変更
  • リキッド供給 固定式に変更
  • AFC追加 ボトムエアフローコントロールが可能に
  • 接続方法変更 スクリュー式に
  • デッキデザイン一部変更 ウィックセット部の形状変更

基本的に良くなっているのですが、一部は個人的には使いにくくなったと感じました。

カラーバリエーション

出典:Auguse

カラーバリエーションはスタンダードモデル同様、2種類のみです。

Auguse Era Pro RTAのカラーバリエーション

  • Blackブラック
  • Stainless Steel ステンレススチール

スペック

リキッド容量4ml
直径22mm
全長46.2mm(510スレッドを除く)
ネジタイプ510
ドリップチップ510DT
コイルRBA シングルコイル
リキッドチャージトップフィル
エアフロー
  • サイドエアーフロー
  • ボトムエアフロー

パッケージ・内容品

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

内容品一覧

  • Auguse Era Pro RTA アトマイザー本体
  • 予備パーツ
    • Oリング
    • デッキネジ
    • ポジティブピン
  • エクストラパーツ
    • エアフローパーツ
  • ビルド用
    • プリビルドクラプトンコイル x2

説明書はベーシックモデル同様に付属しません。PEI タンクとプリビルドコイルが追加。

Auguse Era Pro RTAの詳細

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

デザインはベーシックモデルをブラッシュアップしたもので、共通性を感じます。

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

マット仕上げだったノーマルモデルよりもMODとの相性が良いポリッシュド(磨き)に。

手間がかかるフィニッシュですが、綺麗に仕上がっています。
クオリティーもなかなかのもので、製品として気品があります。

好き嫌い分かれるポイントとしては、カラードのOリングは個人的には嫌いです。
マスプロっぽくて… 耐久性も低いので、普通にブラックカラーで良かった。

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

細部が洗練されたことで、実用性はそのままにルックスはかなり良くなりました。

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

構造的にはあまり変わりありませんが、ディティールはかなり変わっています。

ドリップチップ

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

1つだけドリップチップが付属、510DT仕様で汎用品も使えます。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

付属品は3ピース(3つのパーツで構成)で、ディティールにもこだわりがあります。

タンク

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

リキッド容量を1.5倍に拡張しながらも、全長を抑えるためにトップキャップは薄型に。
前作はサイドリキッドチャージホールでしたが、オーソドックスなトップフィルに。

キャップが薄いですが、タンク部に滑り止めとなるローレット加工が施されているので、ストレスなく開けることができました。

ただ、スレッド長が長めなので、かなり回さないと外せません。
ここはロックの着実性を選んだディティールなのでしょう。

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

そして、前作同様にボトムフィルにも対応しています。

タンクが別体となる構造で、リキッドがフルに残っていてもデッキアクセス可能です。
標準のガラスタンクの他に、PEIタンクが付属します。

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

これも前作同様、ジュースコントロール搭載で供給量のコントロールが可能です。

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

また、持ち運び時には供給を完全に止めることもできるので、漏れ防止にもなります。
ただし、タンクの接続は凹凸のみで、90度しかかかっていません。

よって、回しすぎるとタンクが取れて、リキッドが漏れてしまいますから注意。

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

そして、リキッド供給部とデッキの接続がスクリュー式に変更になりました。

前作はOリングのはめ込み式で、簡単に取り外しができる反面、不意に取れてしまう危険性もあったので、着実にロックできるスクリュー式になったようです。

更にはリキッドを供給するチューブ(前作は芋ネジのような調整式)が固定式になりました。これはデッキ形状と合わせて変更になっていて、調整しなくても大丈夫なようになったようです。

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

ただ、デッキと凹凸を合わせて回さなくてはなりません。

これが結構煩わしくて、手間がかかります。
回しにくい時は、ボトムのAFC(Oリング接続)を一度完全に取ってしまって、デッキと接続するとうまくいきます。ちゃんと取り付けられなくてイライラすることも…

Oリングで良かったんですけどね…

エアフロー

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

これは前作同様のディティールで、サイドエアフローはプラグ交換式です。

4種類のサイドエアホールスクリュー

  • 0.8mm
  • 1.0mm
  • 1.2mm
  • ホールなし

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

スペックも全く同じですが、本作のものは外部側の穴が同じ大きさに、内側だけサイズが異なります。つまりは、外側から見たのではどのサイズがついているのかわからなくなってしまいました。見た目は良いんですけど、実用性はダウンです。

穴の空いていないスクリューによって、片側だけを閉じる使い方も可能。

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

そして、ベーシックモデルでは固定式(ポジティブピンを交換することでON・OFFが可能だった)だったボトムエアホールに、AFCが追加されました!

これで自在にボトムエアフローのコントロールができます。
もちろん、完全に閉めることもできます。

デッキ

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

デッキは前作とほぼ同じで、2ポストデザインのシングルコイル専用。

4つあるスクリューはあくまでコイルの巻方向がどちらでも固定できるようにするためのものです。

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

変更点は、リキッド供給部のウィッグセットの溝の形状変更のみです。

前作では丸みを帯びたものでしたが、Pro版ではスリット形状になりました。

ポジティブピン

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

耐腐食性・通電性に優れたゴールドピン仕様、デッキのポジティブポスト固定用を兼用しているので、緩めて突出具合の調整はできません。

Era Pro RTAのビルド

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

デッキデザインは前作と全くと言って良いほど同じなので、ビルドも同様です。

コイルの巻方向関係なくクランプできるデッキデザインなので、ビルドは簡単です。

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

着実に固定するため、コイルレッグは固定ネジにぐるっと回して戻しました。

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

切り欠きがあるので、コイル高の目安になります。
サイドエアホールの関係性も一緒なので、前作同様のビルドでOKです。

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

何も迷うことなくビルドできました。非常に簡単です。
前作よりもウィックセットが簡単になっていて、カットするだけで大丈夫でした。

アトマイザーのマッチング・使用例

感想とまとめ

Auguse Era Pro RTA(オーグユーズ エラ プロ タンク)レビュー

見た目は着実に良くなったけど一長一短!?ドロー調整は前作以上!!

良くなったところもあれば、イマイチなところもある。
Proなので「特化」させた結果だとは思いますが、面倒な部分も

でも、着実性・信頼性は向上しているので、そういう意味で「Pro」なのだと思います。

味わいは「ほぼ同様」ですが、ボトムエアホールの調整ができるようになっているので、自分の好みには近づけやすくなっていますね!

総合的には「良いアトマイザー」だと思います。

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?