AVE40
Vape Expo Japan 2018

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑よろしければクリックお願いします!!ランキングに参加しています。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 29

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

Sigelei「シゲレイ」のVAPEテクニカルBF MOD、FUCHAI SQUONK 213のレビューです。

未だバリエーションの少ないテクニカルBF MODに新たな製品がリリースされました。
21700/20700/18650と3つのバッテリーに対応したシンプルなデザインのスコンカーMODです。

それでは詳細をレビューしていきます。

商品提供:GearBest

VAPEテクニカルMOD Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 のパッケージと内容品

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

どことなく中華製品っぽさを感じるパッケージデザイン。シンプルです。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

側面にはホログラム入りのスクラッチ式セキュリティーコードが入ったステッカーが貼られています。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

背面には製品スペックや内容品などのインフォメーションが書かれています。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー 【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

内容品一覧

  • FUCHAI SQUONK 213 テクニカルMOD本体
  • 本体カバー(スコンカーボトルを押すための穴が空いていないもの)
  • microUSBケーブル
  • ユーザーマニュアル、セキュリティーコード説明書、ワランティーカード、合格証

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

マニュアルは英語など各国の言語で書かれていますが、残念ながら日本語は用いられていないので、以下に内容の抜粋と日本語直訳を記載しておきます。

マニュアル内容の閲覧が必要ない方は下記リンクをクリックしてこれを飛ばすことができます。

>>次項  VAPEテクニカルMOD  Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 の詳細

SQUONK 213は、当社の最新製品であり、強力な機能とコンパクトなボディが付属しています。 これは、複数の作業モードとコイルの複数のタイプをサポートし、あなたに新しいvaping経験をもたらすでしょう。 ご使用の前に取扱説明書をよくお読みください。

技術仕様:
サイズ:88.5 * 45 * 31ミリメートル
主材料:アルミニウム合金+亜鉛合金
ディスプレイ:0.96インチTFTカラースクリーン
ワット数範囲:10W〜150W
温度範囲:100°C-300°C / 212°F -572°F
電圧入力:3.2V〜4.2V
電圧出力:1.0V〜7.5V
バッテリーのサポート:1 * 21700/1 * 20700
/ 1 * 18650(アダプタで使用する必要があります)モード:POWER / Til / Ni200 / 304/316/317
抵抗範囲:0.1Ω〜3.0Ω
コイル支持:Kanthal // Titanium / Ni200 / SS(304/316/317)
充電サポート(マイクロUSB):DC 5V / 2.5A

操作説明書:
ヒント:本物のLG / SONY / SAMSUNGまたはその他の有名ブランドの高ドレイン電池を使用することをお勧めします。

デバイスのオン/オフを切り替える
「FUCHAI」のロゴが表示され、電池を挿入した後自動的にメインインターフェースに入ります。 “Fire”ボタンを2秒以内に5回連続して押すと、装置の電源が切れ、 “SYSTEM OFF”と表示されます。システムオフ状態で、2秒以内に5回連続して “Fire”ボタンを押して、デバイスの電源を入れ、メインインターフェースに自動的に入ります。

作業モードの変更
火災ボタンを3回連続して押してメニューに入ります。 POWER / TIL / Ni200 / 304/316/317が表示されます。 「POWER」はワット数モードを表します。 「Ti」はTiコイルTCモードを表し、「Ni200」はNi200 TCモードを表し、「304/316/317」はステンレス鋼コイルTCモードを表す。 “+”または ” – “ボタンを押してモードを選択し、ボタンを押してモードを確認します。

パワーモード調整
“POWER”を選択すると、デバイスはワットモードで動作します。 「+」または「 – 」ボタンを押すと、ワット数が10Wから150Wに変わります。

温度制御モードと調整
TCモードを選択すると、デバイスはTCモードで動作します。 Ti1 / Ni200 / 304/316/317モードに入ったら、°Fまたは°Cの温度の単位を選択し、「+」または「 – 」ボタンを押して温度を調整します。温度範囲は100°C-300°C / 212°F -572°Fです。

READ ATOMIZER RESISTANCE
温度制御モード:新しいアトマイザーを入れたり、アトマイザーを交換した後、使用する前に “+”と ” – “ボタンを同時に押して抵抗設定のインターフェースに入る必要があります。 “+”または ” – “ボタンを押して “Read”に切り替え、 “Fire”ボタンを押して現在のアトマイザー抵抗値を読み取ります。抵抗を読み取らないと、デバイスが動作しない、蒸気がない、間違っている、または噴霧器に損傷を与える可能性があります。このデバイスは0.1Ω〜3.0Ωの抵抗をサポートしています。抵抗がこの範囲を超えている場合、デバイスはプロンプトを表示し、出力はありません。
注意:新しいアトマイザーを入れたり、アトマイザーを交換するときは、使用前に抵抗値を読み、新しいアトマイザー抵抗値を読み込んだり設定したりする前に、新しいアトマイザーが冷状態であることを確認してください。さもなければ、装置は作動しないか、または噴霧器の抵抗を誤読することになる。

電源/時間設定のプレハブ
最初に “+”ボタンを押してから、火災ボタンを3秒間押して予熱インターフェースに入ります。予熱を調整するには “+”または ” – “ボタンを押してから、火災ボタンを押して時刻に切り替えてください。予熱時間を調整するには「+」または「 – 」を押し、もう一度「Fire」ボタンを押してインターフェイスの予熱を終了します。ワット数は10Wから150Wに変わります。
ヒント:このモードは、TCモードの予熱時間内に一定のパワーで動作します。アトマイザーの焼損を防ぐため、妥当なパラメーターの範囲内で設定してください。

“+” AND ” – “でロック/アンロック
” – “ボタンを押し、 “Fire”ボタンを約2秒間押してロックすると、画面に “Button Locked”と表示されます。ロックを解除する必要がある場合は、最初に「 – 」ボタンを押し、「Fire」ボタンを約2秒間押すと、「ボタンのロックが解除されました」と表示されます。

工場設定を復元する
” – “ボタンを押して電池を入れ、電池カバーを閉じると、画面に “RESTORE DEFAULTS”と表示されます。システムは工場出荷時の設定に戻りました。

チャージ装置
デバイスはマイクロUSBを介して充電することができます。充電アダプタが5V / 2.5Aに指定されていることを確認してください。
警告:安全のため、充電中にはデバイスを使用しないでください!

表示ヒント
•抵抗値が0.1Ωより低い場合、「低抵抗」が表示されます。
•アトマイザーなし、 “CHECK ATOMIZER”が表示されます。
•アトマイザーショーツ、 “SHORT!”が表示されます。
•バッテリーの電力がなくなり、バッテリーアイコンが点滅します。
•バッテリ入力電圧が高いと、 “HHHHHHHH”が表示されます。
•バッテリの残量が少なくなった場合は、「CHECK BATTERY」と表示されます。
•高温、 “あまりにも暑い!”が表示されます。

ヒント:
ご使用の前に取扱説明書をよくお読みください。
1.この装置は、18歳未満の人、妊娠中または授乳中の女性、心臓病のリスクのある人、高血圧および糖尿病の人、またはうつ病または喘息のための投薬を受けている人には適していません。
2.小​​さな部品が含まれている可能性があります。子供やペットの手の届かないところに保管してください。
3.過度に暑いところや寒いところに保管しないでください。
4.デバイスを酷使したり放置したりしないでください。
5.デバイスはレクリエーション目的で純粋に販売されています。それは禁煙装置ではありません。
6.電子液体噴霧器を使用している場合は、噴霧器がサポートできる最大ワット数よりもワット数を低く調整してください。
7.機器の充電中に認証された本物のアダプタを使用してください。
8.機器を分解、保守、修理しないでください。

SQUONK 213 is the latest product from our company, which comes with powerful features and compact body. It supports multiple working modes and multiple types of coils, and will bring you a new vaping experience. Please read the instruction manual carefully before use.

TECHNICAL SPECIFICATIONS:
Size: 88.5*45*31mm
Main material: Aluminum alloy + Zinc Alloy
Display: 0.96′ TFT color screen
Wattage range: 10W-150W
Temperature range: 100°C-300°C/212°F -572°F
Voltage input: 3.2V-4.2V
Voltage output: 1.0V-7.5V
Battery support: 1*21700 /1*20700
/1*18650 (should be used with adaptor) Modes: POWER/Til/Ni200/304/316/317
Resistance range: 0.1Ω-3.0Ω
Coil supporting: Kanthal//Titanium/Ni200/SS(304/316/317)
Charging support (Micro USB): DC 5V/2.5A

OPERATION INSTRUCTION :
TIPS: It is recommended to use authentic LG/SONY/SAMSUNG or other high-drain batteries of well-known brands.

TURN ON/OFF THE DEVICE
“FUCHAI” LOGO will be displayed to enter into the main interface automatically after inserting the batteries. Press the “Fire” button 5 times consecutively within 2 seconds to turn off the device and it will display “SYSTEM OFF”. Under system-off state, press the “Fire” button 5 times consecutively within 2 seconds to turn on the device and enter into the main interface automatically.

CHANGING WORKING MODES
Enter the menu by pressing the fire button 3 times consecutively. It will show you POWER/Til /Ni200/304/316/317. “POWER” represents the wattage Mode. ” Ti” represents Ti coil TC mode,” Ni200″ represents Ni200 TC mode, “304/316/317” represents the Stainless Steel coil TC modes. Press the “+” or “- ” button to choose modes, and confirm the mode by pressing the fire button.

POWER MODE ADJUSTMENT
Once you select “POWER” , the device will work under wattage mode. By pressing “+” or “-” button, wattage will change from 10W to 150W.

TEMPERATURE CONTROL MODE AND ADJUSTMENT
Once you select TC mode, the device will work under TC mode. After entering into the Ti1/Ni200/304/316/317 mode, select the unit of the temperature: °F or °C, and then adjust the temperature by pressing “+” or “-” button. The temperature range is: 100°C-300°C/212°F -572°F.

READ ATOMIZER RESISTANCE
Temperature control mode: after putting new atomizer or changing atomizer, before use, you need to press “+” and “-” buttons together to enter into the interface of resistance setting. Press “+” or “-” button to switch to “Read” , and then press the “Fire” button to read the current atomizer resistance. Without reading resistance, the device may not work, has no vapor, goes wrong or even it may damage the atomizer. The device supports resistance from 0.1Ω to 3.0Ω. If the resistance is beyond this range, the device will prompt you and has no output.
Note: Please read the resistance before use when putting new atomizer or changing atomizer, and make sure the new atomizer is in its cold-state prior to reading and setting the new atomizer resistance. Otherwise the device will not work or misread the atomizer resistance.

PREHEATING POWER/TIME SETTINGS
Press “+” button at first and then press fire button for 3 seconds to enter the preheat interface. Please press “+” or “-” button to adjust preheat power, and then press fire button to switch to time. Press “+” or “-” to adjust preheat time, press “Fire” button again to quit preheat interface setting. The wattage will change from 10W to 150W.
Hints: This mod will work at a constant power within the preheating time under TC mode. Please set it within reasonable parameters to prevent burning out the atomizer.

LOCK/UNLOCK WITH “+” AND “-“
Press “-” button and press the “Fire” button together about 2 seconds to lock, and the screen will display “Button Locked” . When you need to unlock, press “-” button firstly and the “Fire” button together about 2 seconds, it will display “Button Unlocked”.

RESTORE THE FACTORY SETTINGS
Pressing”-” button, inserting batteries and then closing the battery cover, the screen will prompt “RESTORE DEFAULTS”. The system has now returned to the factory settings.

CHARGING DEVICE
Devices can be charged through Micro USB. Please ensure charging adapter is specified for: 5V / 2.5A.
Warning: For your safety, please don’t use the device while charging!

DISPLAY HINTS
• Resistance lower than 0.10, “Low Resistance” will be displayed;
• No atomizer , “CHECK ATOMIZER” will be displayed;
• Atomizer shorts, “SHORT!” will be displayed;
• Battery runs out of power, battery icon will flash;
• High battery input voltage, “HHHHHHHH” will be displayed;
• Low battery, “CHECK BATTERY” will be displayed;
• High temperature, “Too Hot!” will be displayed.

TIPS:
Please read the instruction manual carefully before use.
1.This device is not suitable for persons under the age of 18, pregnant or nursing women, persons at risk of heart disease, persons with hypertension and diabetes, or anyone taking medication for depression or asthma.
2.The device may includes small parts. Please keep out of reach of children and pets.
3.Please do not store the device in excessively hot or cold environment.
4.Please do not abuse or leave the device unattended.
5.The device is sold purely for recreational purposes. It is not a smoking cessation device .
6.Please adjust the wattage below the max wattage that your atomizer can support when you are using e-liquid atomizers.
7.Please use a certified authentic adapter while charging the device.
8.Please do not disassemble, maintain or refit the device.

VAPEテクニカルMOD  Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 の詳細

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

Sigelei(シゲレイ)がリリースするテクニカルMOD、FUCHAI SQUONK 213は本体内にBFボトルを収納し、ポジティブピンを通してリキッドを供給することができるスコンカー対応、21700/20700/18650の複数種類のバッテリーに対応したシングルバッテリーMODです。

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213のスペック

サイズ H 88.5 ×W45 ×D31 mm
電圧範囲 1.0 – 7.5V
ワット数範囲 10 – 150W
温度範囲 212 – 572F/ 100 – 300℃
抵抗値 0.1-3.0ohm
モード VW/温度-Ti系/温度-Ni系/温度-SS(304,316,317)
スレッド 510(スプリングコンタクト)
充電ポート microUSB (DC5V/2.5A)
バッテリー 21700/20700/18650(別売り)
保護機能 ・低抵抗値保護(0.1ohm以下)
・短絡保護
・バッテリー残量保護
・バッテリー電圧保護
・過充電圧保護(2.5A以上)
・基盤高温保護

Sigelei公式サイト より

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

重量の実測値は181.1gとそこそこの重量です。

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 の外見

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー 【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー 【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー 【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー 【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

飾り気のないシンプルな外見。余計な装飾など排除したヘビーデューティーなテクニカルスコンカーMODです。

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213を持ってみる

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー 【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

そこそこの重量感、そして厚みが31mmとボリューミー。大きさもほどほどに感じる筐体です。コンパクトでもなく、大きくもない中間ぐらいのサイジング。

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 のアトマイザー取り付け部

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

アトマイザー取り付け部分は510スレッドを採用し、多くのアトマイザーに対応しています。近年リリースされるアトマイザーはほぼ全て510スレッドを採用しています。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

コンタクトには金メッキ加工を施し、耐腐食性・通電性を向上しています。スプリングコンタクトなので、アトマイザーのスレッド・ポジティブピン長を吸収できる仕様です。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

アトマイザー取り付け部の幅は約30mmで、このサイズまでのアトマイザーであればはみ出さずに収納することができます。

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 のボタン類

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

操作系統はパネル周囲に配置されています。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー 【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

本体サイトに大きく押しやすそうなメインボタンとなるパフボタン、そしてパネルサイドにサブボタンを2つ備えています。3ボタンのテクニカルMODです。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

ディスプレイはカラー液晶 0.96inch TFT Color screen です。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

そして液晶パネル側面には充電用のmicroUSB端子を設けています。

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 のスコンカーボトル

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

スコンカーボトル収納部は本体側面に設けられています。そのままスコンカーボトルを押せるように使い勝手を考えたカバーが付属します。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

このカバーはマグネット式で簡単に着脱可能。付属品として、押す部分が完全にカバーされたタイプも付属します。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

持ち運び時にボトルを不意に押してしまうのを防止するのにはこのタイプを使うのが良さそうです。好きな方をセレクトできます。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

付属品としてスコンカーボトルが1本付属します。テクニカルMODに収納された形で付属。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー 【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

ハイエンドMODなどにも利用されるシリコン性のボトル本体と、ステンレス製のキャップ部分。使い勝手を配慮した仕様で、柔らかい押し心地のボトルです。

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 のバッテリー収納部

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

バッテリー収納部は本体底部分にあります。このバッテリーカバーにはベントホールを備え、安全性に配慮しています。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

バタフライ式に開くバッテリーカバーを開けるとバッテリー収納部が設けられています。バッテリーカバー内側にはバッテリー収納方向の記載がされています。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

今まで主流であった18650バッテリーにだけではなく、新たな規格である21700/20700バッテリーにも対応しているのはこの部分。21700対応の収納部にゴム製の18650アダプターが収納されており、21700/20700バッテリーを収納する際にはこのアダプターを取り出して使用します。

VAPEテクニカルMOD  Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 の使い方と操作方法

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 にバッテリーをセットする

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

別途用意したバッテリーを収納します。対応のバッテリーは21700/20700/18650です。今回は18650を収納しています。

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 のバッテリーを充電する

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

収納したバッテリーは本体で充電可能です。DC5V電源接続したmicroUSBケーブルを本体端子に接続して収納したバッテリーの充電を行います。

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 のスコンカーボトルにリキッドをチャージする

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

スコンカーボトルにリキッドをチャージします。最近よく売られているチャージ用のボトルを利用するのも簡単手間いらずで良いと思います。お持ちでない方はシンプルにキャップを外してリキッドをボトルに注ぎます。

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 の操作方法

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

使い方、操作方法の簡単なチュートリアルを記載します。詳細な操作方法は上記項目のマニュアル直訳に記載してありますので合わせて確認して、参考になさってください。

  • 電源のOn/Off … パフボタンを2秒以内に5回押す(5クリック)

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

  • モード変更… 電源ON時にパフボタンを3クリックしてメニュー表示。POWER / TIL / Ni200 / 304/316/317が表示される。”+”または ” – “ボタンを押してモードを選択し、パフボタンを押してモードを決定します。
  • 抵抗値ロック … 温度管理モード時のみ。”+”ボタンと” – “ボタン同時長押しで[Read]表示になったのち、パフボタンをクリック。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

  • プリヒート設定 … 電源ON時に最初に “+”ボタンを押してから、パフボタンを3クリックしてメニュー表示。予熱を調整するには “+”または ” – “ボタンを押してから、火災ボタンを押して時刻に切り替えてください。予熱時間を調整するには「+」または「 – 」を押し、もう一度「パフボタンを押してインターフェイスの予熱を終了します。
  • ロック/アンロック…” – “ボタンを押し、 “Fire”ボタンを約2秒間押してロックすると、画面に “Button Locked”と表示されます。ロックを解除する必要がある場合は、最初に「 – 」ボタンを押し、「Fire」ボタンを約2秒間押すと、”Button Unlocked”と表示されます。
  • 工場設定を復元する… ” – “ボタンを押して電池を入れ、電池カバーを閉じると、画面に “RESTORE DEFAULTS”と表示され、リセットされる

VAPEテクニカルMOD Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 にアトマイザーを載せてみました

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー Wismec / Tobhino BF RDA (22mm)

【メカニカルスコンカーMODスターターキット】LUXOTIC BF BOX with Tobhino BF RDA / Wismec ウィスメック レビュー
Wismec「ウィスメック」のメカニカルスコンカーMODスターターキット、LUXOTIC BF BOX with Tobhino B...

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー WOTOFO / NUDGE RDA (24mm)

【アトマイザー】NUDGE RDA 24mm 「ナッジ アールディーエー」 /Wotofo ウォトフォ レビュー
Wotofo「ウォトフォ」のVAPEアトマイザー、NUDGE RDA 「ナッジ アールディーエー」のレビューです。 この製品は...

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー VANDY VAPE / Mesh RDA (25mm)

【アトマイザー】Mesh RDA「メッシュ アールディーエー」 / VANDY VAPE「バンディーベイプ」 レビュー
VANDY VAPE「バンディーベイプ」のVAPEアトマイザー、Mesh RDA「メッシュ アールディーエー」のレビューです。 ...

VAPEテクニカルMOD Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 のまとめ

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

21700/20700に対応したテクニカルBF MOD

テクニカルスコンカーMOD自体の選択肢が少ない中、21700/20700バッテリーに対応したものの選択肢はかなり限られている中、コストパフォーマンスを重視した製品は希少です。

機能的にはプリヒートを搭載しているものの、温度管理のマニュアルTCR値には対応していないなど「全部入り」とはいかないものの、保護機能やワッテージ調整できるだけでもありがたいとすら思えてしまいます。操作も直感的にわかるもので、階層やメニュー数も多くはないので操作を覚えるのも割と早くできるのではと筆者は感じました。

サイズ感が若干大きいと感じるものの、バッテリーサイズとボトルサイズからすれば許容できるサイジング。これらのスペックに魅力を感じるユーザーはチェックしてみては如何でしょうか。

こちらから通販できます!!

その他販売店情報




↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村