【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

スポンサーリンク
べプログショップ
この記事は 約6分で読めます。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

Sigelei「シゲレイ」のVAPEテクニカルBF MOD、FUCHAI SQUONK 213のレビューです。

未だバリエーションの少ないテクニカルBF MODに新たな製品がリリースされました。
21700/20700/18650と3つのバッテリーに対応したシンプルなデザインのスコンカーMODです。

それでは詳細をレビューしていきます。

商品提供:GearBest

 

 

VAPEテクニカルMOD Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 のパッケージと内容品

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

どことなく中華製品っぽさを感じるパッケージデザイン。シンプルです。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

側面にはホログラム入りのスクラッチ式セキュリティーコードが入ったステッカーが貼られています。

背面には製品スペックや内容品などのインフォメーションが書かれています。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

内容品一覧

  • FUCHAI SQUONK 213 テクニカルMOD本体
  • 本体カバー(スコンカーボトルを押すための穴が空いていないもの)
  • microUSBケーブル
  • ユーザーマニュアル、セキュリティーコード説明書、ワランティーカード、合格証

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

マニュアルは英語など各国の言語で書かれていますが、残念ながら日本語は用いられていません。

 

 

 

VAPEテクニカルMOD  Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 の詳細

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

Sigelei(シゲレイ)がリリースするテクニカルMOD、FUCHAI SQUONK 213は本体内にBFボトルを収納し、ポジティブピンを通してリキッドを供給することができるスコンカー対応、21700/20700/18650の複数種類のバッテリーに対応したシングルバッテリーMODです。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

飾り気のないシンプルな外見。余計な装飾など排除したヘビーデューティーなテクニカルスコンカーMODです。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

そこそこの重量感、そして厚みが31mmとボリューミー。大きさもほどほどに感じる筐体です。コンパクトでもなく、大きくもない中間ぐらいのサイジング。

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213のスペック

サイズH 88.5 ×W45 ×D31 mm
重量181.1g(実測)
電圧範囲1.0 – 7.5V
ワット数範囲10 – 150W
温度範囲212 – 572F/ 100 – 300℃
抵抗値0.1-3.0ohm
モードVW/温度-Ti系/温度-Ni系/温度-SS(304,316,317)
スレッド510(スプリングコンタクト)
充電ポートmicroUSB (DC5V/2.5A)
バッテリー21700/20700/18650(別売り)
保護機能・低抵抗値保護(0.1ohm以下)
・短絡保護
・バッテリー残量保護
・バッテリー電圧保護
・過充電圧保護(2.5A以上)
・基板高温保護

Sigelei公式サイト より

 

 

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 のアトマイザー取り付け部

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

アトマイザー取り付け部分は510スレッドを採用し、多くのアトマイザーに対応しています。近年リリースされるアトマイザーはほぼ全て510スレッドを採用しています。

コンタクトには金メッキ加工を施し、耐腐食性・通電性を向上しています。スプリングコンタクトなので、アトマイザーのスレッド・ポジティブピン長を吸収できる仕様です。

アトマイザー取り付け部の幅は約30mmで、このサイズまでのアトマイザーであればはみ出さずに収納することができます。

 

 

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 のボタン類

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

操作系統はパネル周囲に配置されています。 そして液晶パネル側面には充電用のmicroUSB端子を設けています。【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

本体サイトに大きく押しやすそうなメインボタンとなるパフボタン、そしてパネルサイドにサブボタンを2つ備えています。3ボタンのテクニカルMODです。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

ディスプレイはカラー液晶 0.96inch TFT Color screen です。

 

 

 

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 のスコンカーボトル

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

スコンカーボトル収納部は本体側面に設けられています。そのままスコンカーボトルを押せるように使い勝手を考えたカバーが付属します。

 

このカバーはマグネット式で簡単に着脱可能。付属品として、押す部分が完全にカバーされたタイプも付属します。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

持ち運び時にボトルを不意に押してしまうのを防止するのにはこのタイプを使うのが良さそうです。好きな方をセレクトできます。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

付属品としてスコンカーボトルが1本付属します。テクニカルMODに収納された形で付属。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

ハイエンドMODなどにも利用されるシリコン性のボトル本体と、ステンレス製のキャップ部分。使い勝手を配慮した仕様で、柔らかい押し心地のボトルです。

 

 

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 のバッテリー収納部

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

バッテリー収納部は本体底部分にあります。このバッテリーカバーにはベントホールを備え、安全性に配慮しています。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

バタフライ式に開くバッテリーカバーを開けるとバッテリー収納部が設けられています。バッテリーカバー内側にはバッテリー収納方向の記載がされています。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

今まで主流であった18650バッテリーにだけではなく、新たな規格である21700/20700バッテリーにも対応しているのはこの部分。21700対応の収納部にゴム製の18650アダプターが収納されており、21700/20700バッテリーを収納する際にはこのアダプターを取り出して使用します。

 

 

VAPEテクニカルMOD  Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 の使い方と操作方法

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 にバッテリーをセットする

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

別途用意したバッテリーを収納します。対応のバッテリーは21700/20700/18650です。今回は18650を収納しています。

 

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 のバッテリーを充電する

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

収納したバッテリーは本体で充電可能です。DC5V電源接続したmicroUSBケーブルを本体端子に接続して収納したバッテリーの充電を行います。

 

 

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 のスコンカーボトルにリキッドをチャージする

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

スコンカーボトルにリキッドをチャージします。最近よく売られているチャージ用のボトルを利用するのも簡単手間いらずで良いと思います。お持ちでない方はシンプルにキャップを外してリキッドをボトルに注ぎます。

 

 

Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 の操作方法

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

使い方、操作方法の簡単なチュートリアルを記載します。詳細な操作方法は上記項目のマニュアル直訳に記載してありますので合わせて確認して、参考になさってください。

  • 電源のOn/Off … パフボタンを2秒以内に5回押す(5クリック)

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

  • モード変更… 電源ON時にパフボタンを3クリックしてメニュー表示。POWER / TIL / Ni200 / 304/316/317が表示される。”+”または ” – “ボタンを押してモードを選択し、パフボタンを押してモードを決定します。
  • 抵抗値ロック … 温度管理モード時のみ。”+”ボタンと” – “ボタン同時長押しで[Read]表示になったのち、パフボタンをクリック。

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

  • プリヒート設定 … 電源ON時に最初に “+”ボタンを押してから、パフボタンを3クリックしてメニュー表示。予熱を調整するには “+”または ” – “ボタンを押してから、火災ボタンを押して時刻に切り替えてください。予熱時間を調整するには「+」または「 – 」を押し、もう一度「パフボタンを押してインターフェイスの予熱を終了します。
  • ロック/アンロック…” – “ボタンを押し、 “Fire”ボタンを約2秒間押してロックすると、画面に “Button Locked”と表示されます。ロックを解除する必要がある場合は、最初に「 – 」ボタンを押し、「Fire」ボタンを約2秒間押すと、”Button Unlocked”と表示されます。
  • 工場設定を復元する… ” – “ボタンを押して電池を入れ、電池カバーを閉じると、画面に “RESTORE DEFAULTS”と表示され、リセットされる

 

 

 

VAPEテクニカルMOD Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 にアトマイザーを載せてみました

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

【スコンカーMODスターターキット】LUXOTIC BF BOX with Tobhino BF RDA / Wismec ウィスメック レビュー
Wismec「ウィスメック」のメカニカルスコンカーMODスターターキット、LUXOTIC BF BOX with Tobhino BF RDA のレビューです。 メカニカルと記載していますが、分解すると「基板が入っています。」...

 

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

【アトマイザー】Wotofo NUDGE RDA 24mm 「ナッジ」 レビュー
Wotofo「ウォトフォ」のVAPEアトマイザー、NUDGE RDA 「ナッジ アールディーエー」のレビューです。 NUDGE RDA 24mmはデュアルコイル前提のリブルタブル・ドリッピング・アトマイザーです。RDA製品とな...

 

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

【アトマイザー】Mesh RDA「メッシュ アールディーエー」 / VANDY VAPE「バンディーベイプ」 レビュー
VANDY VAPE「バンディーベイプ」のVAPEアトマイザー、Mesh RDA「メッシュ アールディーエー」のレビューです。 ネーミングのMESH/メッシュ はコイルに金属メッシュを使用するからです。 VAPEではかな...

 

 

 

VAPEテクニカルMOD Sigelei/FUCHAI SQUONK 213 のまとめ

【テクニカルBF MOD】FUCHAI SQUONK 213 / Sigelei「シゲレイ」レビュー

21700/20700に対応したテクニカルBF MOD

テクニカルスコンカーMOD自体の選択肢が少ない中、21700/20700バッテリーに対応したものの選択肢はかなり限られている中、コストパフォーマンスを重視した製品は希少です。

機能的にはプリヒートを搭載しているものの、温度管理のマニュアルTCR値には対応していないなど「全部入り」とはいかないものの、保護機能やワッテージ調整できるだけでもありがたいとすら思えてしまいます。操作も直感的にわかるもので、階層やメニュー数も多くはないので操作を覚えるのも割と早くできるのではと筆者は感じました。

サイズ感が若干大きいと感じるものの、バッテリーサイズとボトルサイズからすれば許容できるサイジング。これらのスペックに魅力を感じるユーザーはチェックしてみては如何でしょうか。

 

コメント