【テクニカルスコンカーMOD】HCIGAR VT Inbox MOD v3 レビュー

この記事は 約9分で読めます。

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

HCIGAR「エイチシガー」のVAPEテクニカルスコンカーMOD、VT Inbox MOD v3 「ブイティーインボックス」のレビューです。

このVT inboxという製品、テクニカルボトムフィーダーMODの先駆けとも言える製品で、evoolv DNA75搭載。現在は既に後継機カラー版のDNA75Cがリリースされており、最新製品とは言えない製品。当ブログでも1年以上前に一度レビュー済みですが、今回レビューするのはバージョン3となり、アップデートされています。

一体どこがアップデートされたのか?というと、以前のプラボトルから、汎用性が高く、実用性も向上したスコンカーボトルがシリコン製へ変更されています。

それでは早速レビューしていきます。

商品提供:GearBest

 

 

スポンサーリンク
べプログショップべプログショップ

HCIGAR/VT Inbox MOD v3 のパッケージと内容品

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

パッケージは以前の製品と変わらないデザイン。以前レビューしたのはキットでしたが、今回はMOD単体でご提供いただいています。

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

背面には簡単な製品説明とともに、中華オーセン製品ではお馴染みの偽造対策ステッカー、スクラッチ式コードが入ったシールが貼られています。

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

内容品一覧

  • HCIGAR/VT Inbox テクニカルMOD
  • 充電用microUSBケーブル
  • プラスチックボトル
  • 予備シリコンチューブ
  • ユーザーマニュアル、ワランティーカード

付属品はテクニカルスコンカーMOD本体と付属品、充電用ケーブルに携帯用ボトルに予備のチューブ、そしてマニュアル類が収納されています。

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

マニュアルなどの書類は全て英語で記載。マニュアルは汎用機版DNA75搭載機ですが、事細かく使い方が書かれています。しかし、残念ながら英語のみの記載で、日本語は一切用いられていません。

 

 

HCIGAR/VT Inbox MOD v3 の詳細

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

中国深センのVAPEブランド、HCIGARはハンドメイドなど高額な「ハイエンド」と呼ばれる製品にも採用されている、アメリカEvolv社のDNA汎用機版を使用した製品を多数リリースしており、今回の製品もDNA75を使用。VAPE黎明期からアップデートされ続け、実績ある性能を搭載する基板を、マスプロダクツの安定した品質と価格で使用することができる優れた基板がDNAシリーズです。

HcigarでリリースされたDNA基板搭載MODのレビューは下記よりご覧いただけます。

【テクニカルMOD】VT75 COLOR「ブイティー75 カラー」 (HCigar/エイチシガー) レビュー
HCigar(エイチシガー) のベイプテクニカルMOD、VT75 COLOR「ブイティー75 カラー」のレビューです。 中国深センの電子タバコ関連製品をラインナップするメーカー。 以前よりオリジナル設計のアトマイザーにも定評...
【テクニカルMOD】VT75 NANO Box Mod(Hcigar)レビュー
evolvのDNA基板といえばハイエンドMODに搭載されている基板です。 自分がVAPEをはじめた時には既にDNA40基板が出ており、Vapor SharkのSNA40が始めたばかりの自分にはかなり高額なお値段で売っていて、「...

今回のVT inboxは、1年以上前にリリースされた製品で、最新機種ではありませんが、最大ワッテージが75Wと18650バッテリーの性能限界ほどを出力すること。そして他のDNAシリーズ同様に専用PCソフトescribeを使った設定が可能であることから、後継機種DNA75Cと比較すると液晶がモノクロ、ボタン数が少ないなど操作面では劣るものの、実用性は最新機種に匹敵します。

VT inboxの詳細は、以前のレビュー記事にも記載してありますので合わせてお読みください。

【スターターキット】VT Inbox MOD Kit (HCIGAR) レビュー
アトマイザーの下に専用のボトルが付いており、ボトルを押すことでリキッドがアトマイザーに供給される"ボトムフィーダー(BF)" マスプロダクツではまだ数が少なく、Pico Squeeze with Coral(Eleaf)、Dr...

 

HCIGAR/VT Inbox MODスペック

サイズH 83×W54×D25mm
重量153.4g(実測値)
搭載基板Evolv DNA75 chip
ワット数範囲1– 75W
温度範囲200 – 600F/ 100 – 300℃
モードVW /BYPASS/VPC/温度-Ti系/温度-Ni系/温度-SS
抵抗値範囲VW 0.25Ω~
TC 0.15Ω~
スレッド510
充電ポートmicroUSB(DV5v 1A)
バッテリー18650シングルバッテリー

HCigar公式サイトより

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

今回の製品はそのバージョン3となり、マイナーアップデートバージョンになります。アップデート箇所はスコンカーボトルで、以前のプラボトルから、使い勝手が良く、交換も容易なシリコンボトルへと変更されました。そして汎用品も使用可能なことから長く愛用できる仕様変更です。

 

 

VT Inbox MOD v3のアトマイザー取付部

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

アトマイザー取り付け部には、汎用機格となった510スレッドを採用し、多くのアトマイザーに対応。コンタクトピンの中央には、リキッドをスコンカーボトルからアトマイザーに供給するための穴が空いています。

コンタクトはスプリング式ではありません。強く押すと多少コンタクトは上下するのですが、おそらくはOリングなどのパーツが押しつぶされている程度で、スプリング式のようにスムーズには上下しないため、スレッドやポジティブピンの長さ次第で搭載できない、もしくはMODとの間に隙間ができてしまうアトマイザーもあると思われます。

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

アトマイザーの取り付け面はフラット。MODの厚みはスペック上25mmですが、エッジがラウンドしているため、22mm以上ははみ出してしまいますが、物理的には大きさを選ばず搭載することができます。

 

VT Inbox MOD v3のボタンとディスプレイ

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

ボタンは全部で3つ。メインボタンとなるパフボタン、そしてディスプレイ、サブボタンを2つを前面パネルに備えています。このパネルには充電及びPC接続用のmicroUSB端子も備えています。

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

パフボタンにはLEDランプを2つ搭載。パフ時などに点灯するインジケーターです。このLEDの点灯の仕様などはPC専用ソフトescribeで設定が可能です。

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

パフボタンと同じく、メッキが施されたスクエア型のサブボタンを2つ搭載。このボタンを使用してワッテージや温度設定の増減を操作します。

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

液晶画面はモノクロ。バッテリー残量インジケーターの他に4項目を表示でき、必要な情報を確認することができます。

 

 

VT Inbox MOD v3のベントホール

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

MOD底面には基板冷却用のベントホールを装備。バッテリー収納部とは繋がっていないため、基板冷却用のホール。バッテリーからガス噴出した場合はパネルがまず吹き飛ぶもしくは隙間から漏れ出す構造なので内圧が高まることはなく、安全性は担保されています。

その横には、VT inbox 製品ロゴがエングレービングされたエンブレムが配されています。

 

VT Inbox MOD v3のドアパネル

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

バッテリーや、スコンカーボトルへのアクセスにはパネルを外して行います。パネルはMOD底部の継ぎ目より爪などを挿入して簡単に着脱できます。

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

マグネット式のパネルは外すのも、取り付けるのも簡単。

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー 【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

両面2舞のパネルを取り外し可能。このパネル、別デザインパーツも別売りで用意されているので着せ替え可能。また、個人の作家さんによるワンオフパネルや、パネルを自作される方もいらっしゃるので、カスタマイズする楽しみ方も可能です。

背面パネルはバッテリー着脱の際のホールにアクセスする実用性を兼ねた仕様です。

 

 

VT Inbox MOD v3のバッテリー収納部

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

バッテリーは18650サイズを1本使用します。収納面はプラスチックが用いられ、バッテリーシュリンク破れなどでの不意の通電を防止する仕様ですが、事故防止のためにバッテリー状態のチェックは常に怠らないことをオススメします。収納方向が記載されているので間違えないよう収納します。

 

 

VT Inbox MOD v3のスコンカーボトル

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

バッテリー収納部の横には、スコンカーボトル収納部。付属のボトルはシリコン製。スコンカーMODがマイナーな頃にリリースされた旧バージョンでは、本体側にリキッドが通るチューブが取り付けられ、プラスチックボトルが用いられていました。このように以前の仕様だとボトル交換の際にMOD内側にリキッドが垂れてしまったり、ボトルの押し心地が悪いなど使い勝手に多少難がありました。

今回のv3では、ハイエンド製品や他のマスプロダクツにも多く採用されているサイジングのシリコンボトルが採用されており、専用ボトルが廃盤になっても、汎用品に交換すれば使い続けられるので、使い勝手の向上はもちろんのこと、長く愛用できる仕様変更だと言えます。

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

シリコンボトルは4ピース構造で完全分解が可能。リキッドのフレーバーを変更する際などに完全洗浄が容易に行えます。

 

 

HCIGAR/VT Inbox MOD v3 の使い方と操作方法

VT Inbox MOD v3にバッテリーをセットする

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

それでは使っていきます。まず、VT inboxテクニカルMODに、別途用意した18650バッテリー1本を、パネルを取り外して収納します。収納方向は内側に書かれている通り、写真のようにプラスを上側にセットします。

このバッテリーを外す場合には、背面パネルを取り外し、反対側ホールからバッテリーを押し出してやることで簡単に外すことができます。

 

VT Inbox MOD v3で充電する

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

内蔵したバッテリーの充電はMOD本体で可能です。DV5V 1AのUSB給電可能なパソコンやコンセントアダプター、モバイルバッテリーなどにmicroUSBケーブルを接続し、そのケーブルを本体端子に挿入して収納したバッテリーを充電します。

 

 

VT Inbox MOD v3のBFボトルにリキッドをチャージする

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

バッテリーの充電が完了したら次にスコンカーボトルを準備します。通常の方法では、ボトルを取り外した上で、キャップを取り外し、ボトルにリキッドを注いでいきます。

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

そして、この手間が煩わしいと感じるユーザー向けに簡単にリキッドチャージできる製品もリリースされています。スコンカーボトルを都度取り外すのが面倒な場合は、FLASK LIQUID DISPENSERなどのリフィルボトルが便利なので導入がおすすめです。

【リフィルボトル】FLASK LIQUID DISPENSER 「フラスコ・リキッド・ディスペンサー」 / Geek Vape ギークベイプ レビュー
Geek Vape 「ギークベイプ」のVAPEアトマイザー、FLASK LIQUID DISPENSER 「フラスコ・リキッド・ディスペンサー」のレビューです。 メカニカルスコンカー、プラスコなどのボトムフィーダー対応MODが...

 

 

VT Inbox MOD v3の操作方法

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

以下には主な使用方法を製品マニュアルの記載に基づいて記載します。
DNA75基板搭載MODにつき、詳細はevolvのサイトを参照。


  • 電源のOn… パフボタンを5回押す(5クリック)
  • ロック/ロック解除…パフボタンを5回押す(5クリック)

  •  モード変更… 電源ON時に+-ボタン同時長押し。その後、+ボタン2回クリック。モード変更は+-ボタンで変更、パフボタンで確定。

  • 温度設定…TCモード時にTEMP LOCK解除(+-ボタン同時長押し)、+-ボタンで変更します。
  • TC時のワット数設定…ロック状態時に+-ボタン同時長押し、+-ボタンで変更します。
  • 抵抗値ロック...ロック状態時にパフボタンと+ボタン長押し。
  • 華氏/摂氏変更…TCモード時にTEMP LOCK解除(+-ボタン同時長押し)、-ボタンを長押しで変更。
  • TCモード時にTC機能を停止…TCモード時にTEMP LOCK解除(+-ボタン同時長押し)、+ボタンでOFFに設定
  • します。

  • ステルスモード:
    ロック状態時にパフボタンと-ボタン長押しでON/OFF。

その他より詳細な設定(スクリーン反転やボタン反転、そして温度管理ワイヤーやボタンのLEDオフなど)はPCと接続して、専用ソフトEScribeで設定します。

 

 

 

HCIGAR/VT Inbox MOD v3 にアトマイザーを載せてみました

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

https://vape-circuit.com/atomizer/rda/digiflavor_mesh-pro-rda/

 

 

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

【アトマイザー】Mad Dog RDA v2「マッドドッグ アールディーエー バージョン2」 / Desire Design デザイア デザイン レビュー
Desire Design「デザイア デザイン」のVAPEアトマイザー、Mad Dog RDA v2「マッドドッグ アールディーエー バージョン2」のレビューです。 名前の通り、MAD DOG RDAのバージョン2としてリリー...

 

 

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

【アトマイザー】Vapefly Galaxies MTL RDA「ギャラクシーズ 」 徹底レビュー!
Vapefly「ベイプフライ」のVAPEアトマイザー、Galaxies MTL RDA「ギャラクシーズ エムティーエル 」のレビューです。 MTLに特化したRDAって少ないよね? 高価格帯のハイエンド製品では一般的なMTLドリ...

 

 

 

VAPEテクニカルMOD HCIGAR/VT Inbox MOD v3 のまとめ

【テクニカルスコンカーMOD】VT Inbox MOD 「ブイティーインボックス」 / HCIGAR エイチシガー レビュー

古さを感じないデザインと実用性。テクニカルスコンカーの定番商品!!

リフィルボトルを使えば以前の製品でも実用性は十分ですが、やはり押し心地などの「快適性」も求めるとv3のアップデートはユーザー目線で行われた改良であり、長く使い続けられるのも嬉しいポイント。未だにコンスタントに売れ続ける定番製品であるからこその仕様変更だと言えるでしょう。

それだけに残念なのは、スプリングコンタクトが採用されていない点で、メカニカルスコンカーの流行からBF MODガメジャーになり、それと同時にスプリング式コンタクトも定番的な仕様になったと言えますが、限定的なマイナーアップデートではこれは搭載されていません。

完全にこれらを満たすために是非メーカーにはDNA75C搭載の VT inbox Cをリリースしてもらいたいと思いますが、このv3でも十分実用に耐えうる性能と利便性を持った優れた製品であると感じました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で