RIPE VAPES VCT SWEET ALMOND レビュー|アーモンドとタバコ感を強調したVCT

RIPE VAPES VCT SWEET ALMOND レビュー

RIPE VAPES(ライプベイプス)のVAPEリキッド、VCT SWEET ALMOND「ブイシーティー・スイート・アーモンド」のレビューです。

世界的に有名なVCT(バニラカスタードタバコ)のバリエーションシリーズ

強めのアーモンドとタバコ感を増したリキッドです。

RIPE VAPES VCT SWEET ALMONDの特徴

  • アーモンドとタバコを強調したバニラカスタード

詳細をレビューしていきます。

商品提供:ベプログshop

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク

RIPE VAPES VCT SWEET ALMONDの詳細

超有名リキッドVCTをベースに、バリエーションを楽しめるフレーバーとしてリリースされたのがVCT SWEET ALMOND「ブイシーティー・スイート・アーモンド」です。

名前の通り、RIPE VAPESの看板商品でもあるVCTが基本になっています。

定番のVCT(バニラカスタードタバコ)にアーモンドを強めよりタバコ感が増しました。

  • VCTの独特の香りをふんだんに残しつつプラスアルファのフレーバーを楽しめちゃいます!
  • アーモンドを強めたことによりタバコ感が増しているのでシガー系好きにもおすすめです
  • 甘すぎないのでチェーンしやすい仕上がりに♪

ベプログshopより抜粋

VCTのユニークな味わいはそのままに、アーモンドとタバコを強調したフレーバーです。

RIPE VAPES VCTとは?

USAリキッドの中で、日本でも抜群の知名度を誇るRIPE VAPES

ライプベイプスといえば、独自の味わいのVCT(バニラカスタードタバコ)が有名です

VCTの特徴

  • バニラカスタードにタバコをブレンドしたスイートタバコ系フレーバー
  • ただ甘いだけでなく、タバコをブレンドすることで味わい深さがアップ
  • 他のバニラカスタード系にはない、良い意味での『クセ』が特徴

圧倒的な知名度を誇る人気のフレーバーです。そのフレーバーは、フレッシュさを感じるバニラと、濃厚でクリーミーなカスタードをミックスした甘さ溢れるフレーバーに、ローストアーモンドを感じさせる香ばしさをプラスする事で、タバコのようなニュアンスを演出したリキッド。

一世を風靡するほどの「ブーム」となったリキッドで、VAPE好きにはおなじみのリキッド
VAPEユーザーであれば知らない人はいないぐらいメジャーなフレーバーです。

そのバリエーションとしてRIPE VAPESが力を入れているのが、VCT Limited Series (VCTリミッテッドシリーズ)です。

VCT Limited Series (VCTリミッテッドシリーズ)とは?

VCTのバリエーションとしてリリースされたのが、VCT Limited Series (VCTリミットシリーズ)です。

今回のフレーバーの他にも、4種類のフレーバーがリリースされています。

RIPE VAPES(ライプベイプス)の他の味・フレーバーはこちらから!

スペック

生産国made in USA
内容量60ml
VG/PGPG 19 % / VG 57 % / 香料 24 %
ニコチン0MG ノンニコチン
主成分植物性グリセリン/プロピレングリコール/香料
ボトルチャイルドプルーフ機能付きユニコーンボトル

RIPE VAPES VCT SWEET ALMOND レビュー

使い勝手に配慮した60MLユニコーンボトルパッケージ。

今までのリキッドにはなかった、リキッドキャップ部にホログラムシールが追加。

シールを切らずに開封するのは困難なので、未開封であることの証明となっています。

RIPE VAPES VCT SWEET ALMOND レビュー

ラベルにはロットやバッチナンバー、製造された年月などがプリントされているのも特徴。製造管理がしっかり行われているのを表すものとなっています。

RIPE VAPES VCT SWEET ALMONDの感想レビュー

RIPE VAPES VCT SWEET ALMOND レビュー

レビュー環境

今回のレビュー環境はこちらの2種類です。

スイートタバコ系フレーバーなので、個人的には高抵抗MTLがマッチすると感じました。

低抵抗だと、より甘さとバニラカスタードフレーバーが強調される印象です。

香り

バニカス系リキッドの甘く濃厚な香り。

オリジナルのVCTと同じく、ちょっぴり癖のある香り。

VCTとしかいえないユニークな香りです。

オリジナルと比べると、若干甘い香りが強調されているような気もしますが、特にナッツやタバコっぽさが強調されているようには感じません。

濃厚なバニラカスタードタバコフレーバー!!VCT独特のクセ!!

まさにVCT!としか言えない、独特のクセは健在です。

バニラカスタードの濃厚なフレーバーに、アーモンドナッツ、そしてスパイスのようなユニークなクセ、若干の塩味のように感じる感覚はレギュラーフレーバーと一緒です。

レギュラーと同じく、タバコ葉のフレーバーを感じる、というよりは、ミストを吐き出す時にスモーキーさを何じるぐらいのタバコ感が心地よいです。

甘みは若干あっさりしていて、甘みの強さはおなじぐらいなのですが、甘味料が違うのかかなりあっさりに感じます。

バニカスのフレーバーは濃厚ですが、甘すぎないすっきりした仕上がりです。

アーモンドがすごく強調されているのか?と言えばそうではなくて、もちろんアーモンドの香ばしいナッツフレーバーは感じられますが、VCTとミックスされて違和感のない仕上がりに。

VCTシリーズって、バニラカスタードという「濃厚甘々なフレーバー」を使いながらも、不思議と上品で嫌味のない味わいが楽しめますが、このフレーバーもその部分は一緒です。

シリーズというだけあって、ベース部分というか軸は全く同じで、その中でのバリエーションが楽しめるリキッドとなっています。

まとめ

RIPE VAPES VCT SWEET ALMOND レビュー

VCTのユニークな味わいはもちろん楽しめながらも、レギュラーフレーバーとはまた一味違った味わいを楽しむことができるリキッドです。

どちらが美味しい!ということではなく、レギュラーもリミテッドも両方とも違った魅力のあるリキッドです。

VCTマニアはもちろん、スイートタバコ系リキッド好きなら一度試してみては?

コメント