【初心者向け】お金がなくても電子たばこは楽しめる!! 電子たばこ初心者におすすめのスターターキット!!

スポンサーリンク
べプログショップ
この記事は 約3分で読めます。

【初心者向け】お金がなくても電子たばこは楽しめる!!

次々新商品や話題の商品を紹介し、高いアトマイザーや高機能MODを紹介していますが、最初のモチベーションとして、健康的な部分[過去の記事を参照] もありますが、コスト的な部分、タバコより安く済むのではないか?という思いもありました。

もちろん、VAPEにハマればハマるほど、色々な機材やリキッドを試してみたくなり、次々に入手し始めると、加速度的に散財する訳ですが、最近、様々にレビュー品提供を受けることができて思うのは

スターターキットの完成度の高さ

お世辞でも提灯記事でもなくて本当に思うんですよ。

そして、コストパフォーマンスに優れたキッドも数多く、尚且つ、楽で味も良いスターターが数多くあります。

今回はコストに重きをおいて、スターターキッド、リキッドなどを紹介していこうと思います。

 

タバコ,iQOS,Ploom Tech,電子たばこのコスト

タバコ、アイコス、プルームテックを吸った場合のコストを考えてみます。

ここでは医療費などは考えず、ただ単純コストを算出してみます。

電子たばこは、初期投資がピンきりなので、どうしようか悩んだのですが、今回は特に人気の高いスターター3種類でコスト算出してみようと思います。

 

タバコのコスト算出方法

タバコの場合は単純です。一箱に20本入って、440円で売られていますので、一日10本(半箱)なら1ヶ月に15箱、20本(一箱)なら30箱の金額です。

除外コスト:ライター

 

iQOS(アイコス)のコスト算出方法

iQOSは人気のため、現在入手が困難となっていますが、定価で本体を買えた場合、初期コストが9,980円です。

ランニングコストはタバコと同様ですので、単純に初期コスト分タバコより高くなります。

そして、この本体やヒートスティックは永遠に使えるわけではありませんので、寿命が来たら再度コストがかかります。

 

Ploom Tech(プルームテック)のコスト算出方法

PloomTechも現在人気のため入手困難です。こちらも定価で買えた場合、初期コストは4,000円です。

ランニングコストは難しいのですが、タバコ一箱相当のカプセルは5個で、1つで50パフできます。

現在運用されてる方にも聞き、コストを算出しました。

そして、この本体やヒートスティックは永遠に使えるわけではありませんので、寿命が来たら再度コストがかかります。

 

VAPE(電子たばこ)のコスト算出方法

VAPEには本体が様々あり、リキッドも様々あります。

単純にいくらかかりますということが言えないのですが、本体は人気の3種類を選んでみました。

そして、海外から買うと更に安く買うことができますが、今回は楽天市場の実勢価格で算出してみます。

もちろん、ここより安いところはあるのですが、汎用性、利便性などを考慮し、

iQOSやPloomTechと比べて有利になり過ぎないよう、楽天市場を採用しました。

 

なお、コイルの交換頻度の算出は

・10本/日 で 2週間に1回
・20本/日 で 1週間に1回

 

そして、リキッドはHiLIQを採用しました。国内販売リキッドの方が入手難度は低いのですが、ニコチンが入っていないことから、

ニコチン入りリキッドでの比較のほうがフェアだと思い採用しています。

 

消費量は

・10本/日 で 60ml (ニコチン濃度3mg) 送料込みで2,528円 (2016/09/14現在) 桁上げて3,000円とします。
・20本/日 で 120ml (ニコチン濃度3mg)  送料込みで3,556円 (2016/09/14現在) 桁上げて4,000円とします。

とかなり多めに見積もっています。

 

 

 

・iCare(Eleaf) [レビュー記事] 今Vaperに話題の本体。小型軽量で安い。

本体 2,980円(送料込) コイル980円(送料込)

 

 

 

・Arcus(VapeOnly) [レビュー記事] スティック型のオシャレなスターター。味にも定評あり。

本体 3,980円(送料込) コイル1,250円(送料込)

 

 

 

・iStick Pico (Eleaf) [レビュー記事] 高機能のBOX型MODのスターターキッド

本体 7,884円(送料込) コイル2,160円(送料込)

 

 

 

コストを算出してみる

さて、ざっくり計算してみました。

タバコiQOSPloom TechVAPE(iCare)VAPE(Arcus)VAPE(iStick Pico)
初期コスト09,9804,0002,9803,9807,884
ランニングコスト(10本/日) 1ヶ月6,6006,6006,9003,4903,6254,080
ランニングコスト(20本/日) 1ヶ月13,20013,20013,8004,9805,2506,180
ランニングコスト(10本/日) 年79,20089,18086,80044,86047,48056,844
ランニングコスト(20本/日) 年158,400168,380169,69062,74066,98082,044

かなり、VAPE(電子たばこ)にはコスト的メリットが有ることがわかります。

そして、これは、すんなりVAPEに移行できたらの話です。VAPEをはじめたけど、タバコも吸っている方もいますし、

iQOSと併用している方もいます。

そうすると、コスト計算は複雑になりますよね。

 

もちろん、VAPEもいろいろな機材を買ったら、それなりにコストはかかります。

美味しいリキッドをガバガバ吸っていたら、タバコ以上にコストが掛かってしまうこともあります。

 

そして、コストだけではない楽しさもVAPEにはあるので、

節約したいという方も、楽しそうだなという方も、これを材料にしていただけたらと思います。

 

 

スターターキッドはどうなのか?

初心者向けと思われているスターターキットはどうなのか?

それは、高いほうが高機能です。そして、金属の質感なども高く、所有欲も満たされます。

 

しかし、スターターキットにも利点はあります。

それは、高いアトマイザーなどは基本的に自分でコイルをワイヤーから作って、自分でビルドするRBAということ。

 

対して、初心者向けスターターキットについてくるアトマイザーはクリアロマイザーと呼ばれるもので、コイルは交換式です。

プリメイドコイルと言われるコイルをワンタッチで買えるだけで楽しめるし、今のスターターキットはレベルが高い。

 

美味しいものが多いです。

 

かというボクもiStick Picoは現役で毎日持ち歩いていますし、iCareはいつもポケットに入っています。

小型軽量、利便性においては本当にiCareは重宝します。

 

スターターキットにも利点はあるんです。

 

おまけ

ボクも普通の子持ちパパVaperです。

育ち盛りの男の子2人を養うごく普通のおじさんですので、お小遣いを切り盛りして、VAPEを楽しんでいます。

ですが、高いアトマよく買えるね?お金あるね。と言われたこともあります。

 

そして自分、お金無いですw

多分年齢別の平均収入より稼いでません(汗)

ボクは、お金って使い方だと思うんですよね、どう楽しむかは人それぞれな訳で。

 

ボクは平日ガソリン代以外1円も使いません。コンビニも利用しませんし、好きなお酒も飲みません。

電車通勤よりコストの安い、スクーター通勤で、通勤費を浮かせていたりします(汗)

そうやって電子たばこなどの趣味にお金をつかっているんですね。

 

あとブログに関しても、アフィリエイトリンク貼っていたりしてますが、正直赤字です(滝汗)

サーバーやドメイン代もそうですし、平日は大体4−5時間ブログにかけてますが、好きで趣味でやっているから続いてます。

 

ボクはそれを苦だと思ったこともないです。むしろ楽しんでいます。

 

何が言いたいかって言うと… 楽しみ方は人それぞれ!!

 

たばこや電子たばこのコストを極力抑えて、その範囲内で楽しみ、他のことにお金をかけるのもまたいいですしね。

要は、楽しくやろう!!ってことです。

 

Engoy Life!!

 

 

 

コメント

  1. VAPEJP より:

    やっぱ安くてなんぼですよねー…
    コスパ最高!!

    でも高いのもたまには。。。笑

    安くても電子タバコ(VAPE)は楽しめる!間違いないです

    • Hiro より:

      こんにちは。

      楽しみ方は人それぞれですが、コストは気になる所だと思います。
      SNSなどやりだしてしまうと危険性は上がりますよね(汗)