スポンサーリンク
べプログショップ

ZQ Vapor TRIO RTA レビュー|今までにない独立トリプルエアーフローシステム!22mmタンク!

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

ZQ Vapor(ゼットキューベイパー)のVAPEアトマイザー、TRIO RTA「トリオタンク」のレビューです。

3つのエアーフロー(ボトム・サイド・トップ)が独立して調整できる!
今までにない画期的な構造のタンクアトマイザーです。

22mmサイズでミドルハイトのコンパクトボディーも魅力!

詳細をレビューしていきます。

商品提供:healthcabin

スポンサーリンク
べプログショップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ZQ Vapor TRIO RTAとは?

 

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

ZQ Vaporのタンクアトマイザー、TRIO RTA「トリオタンク」です。

ZQ Vaporといえば、昨年2020年に大ヒットしたPODデバイス「ZQ XTAL」で一躍有名になった新興メーカーがデバイスだけでなくアトマイザーまでも製品化しました。

このTRIO RTAには他のアトマイザーにはない特徴を備えています。

製品名にもなっている『TRIO(三重奏・三つ組)』というネーミングに現れている通り、3種類の独立したエアフローを備えているという画期的なものです。

ZQ Vapor TRIO RTAの特徴

  • 22mmサイズのタンクアトマイザー
  • 独立した3エアフローシステム!
  • シングルコイルに特化したデッキデザイン
  • 素晴らしいデザイン!?

それでは、TRIO RTAの概要を確認していきましょう。

独立した3エアフローシステム!

出典:ZQ VAPOR

TRIO RTAのエアーフローバリエーションは本当に多彩で、3種類の独立したエアーフローを搭載した今までにないアトマイザーとなっています。

TRIO RTAのエアーフローバリエーション
  • デッキ ボトムエアフロー
  • デッキ サイドエアフロー
  • トップエアフロー

今までには、ボトムとサイドを備えているアトマイザーはありましたが、それぞれに独立したAFCを搭載。3種類のエアーホールすべてにAFCを備えているので、それぞれ独立してドロー調整できるのが特徴です。

 

シングルコイルに特化したデッキデザイン

出典:ZQ VAPOR

TRIO RTAのデッキは独自性に溢れたデザインではありませんが、今までにリリースされてきたアトマイザーを参考にビルドしやすく味に優れたデッキデザインを追求したものです。

ビルドが簡単にできるシングルコイル仕様なので、運用性も抜群です。

素晴らしいデザイン!?

出典:ZQ VAPOR

メーカー自らが「Great Design」と言い放ってしまう自画自賛っぷり。

ロゴの主張があるので、好き嫌いがはっきり分かれそうではありますが、なかなかかっこいいルックスであることは間違いありません。

カラーバリエーション

出典:ZQ VAPOR

3種類の色展開です。

ZQ Vapor TRIO RTAのカラーバリエーション

  • BLACK ブラック
  • SS ステンレススチール
  • Gunmetalガンメタル

 

スペック

出典:ZQ VAPOR

リキッド容量2ml
直径22mm
全長54mm
ネジタイプ510
ドリップチップ510DT
コイルシングルコイル
リキッドチャージトップフィル
エアフローボトム&サイド&トップエアーフロー(ドロー調整可能)
素材ステンレススチール

パッケージ・内容品

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

内容品一覧

  • ZQ Vapor TRIO RTA アトマイザー本体
  • エクストラドリップチップ
  • 予備パーツ(Oリング・デッキネジ)
  • ビルドパーツ(コイル・コットン)
  • ツール(マウナスドライバー)
  • ユーザーマニュアル(英語)

TRIO RTAの詳細

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

ルックスが良いだけでなく、クオリティー(品質)が良いのがTRIO RTAです。

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

XTALは製造をaspire系の工場が担当していたこともあって、新興メーカーなのにハイクオリティーでしたが、このTRIO RTAもかなり高品質です。

ディティールの仕上がりが素晴らしい!

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

ビルドが簡単にできるシングルコイル仕様のデッキデザイン。

出典:ZQ VAPOR

パーツ点数はRTAとしては標準的、ですがAFCが3箇所あるので若干多めではあります。

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

細かく分解できるのですが、構造的に分解不可なパーツもあります。詳しくは後述します。

ドリップチップ

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

ルックスもスペックも違う2種類のドリップチップが付属、510DT仕様。

510DTとは

ドリップチップの汎用規格に近いもの。
取り付け部分のサイズが共通なので、さまさまな種類に付け替えが可能です。

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

どちらも内径は若干細めで、スペック的にはMTL〜RDL用といった印象です。

左:内径4mm
右:内径5.5mm

 

タンク

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

スクリュー式トップキャップ側面には、模様と滑り止めを兼用の加工入り。
リキッドチャージホールは大きく、リフィルが簡単にできます。

使い勝手に考慮した仕様です。

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

タンクはトップエアフローのAFC含めて、全てのパーツが分解可能です。

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

チャンバーはきれいなドーム型、この形の特徴としてはミストが厳選されて細かくふわっとする印象になります。

チムニー直径:4mm

 

エアホール

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

独立した3箇所のエアホールにはそれぞれAFCを装備しているので、すべての箇所でドロー調整が可能。もちろん、全閉にしてその箇所のエアーフローを殺すこともできます。

出典:ZQ VAPOR

エアーフローの詳細はこのアニメーションがわかりやすいです。

デッキにはボトムとサイド2種類のエアホールがあり、さらにドリップチップにつながるチムニー部分からもエアーを取り入れることができます。

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

ボトムエアーフローのAFCは分解可能ですが、サイドエアーフローのAFCは分解不可です。

デッキ

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

シングルコイルに特化した2ポスト2スレッドデザイン。

デッキサイズ:直径14.5mm

ユニーク(独自性)があるデッキデザインではなく、個人的には「Digiflavor Siren2」などを思い起こすような伝統的というか、スタンダード(定番)的なポスト形状です。

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

しかし、ポスト部分には独自の工夫もあって、ワイヤーがクランプしやすいようにステップ式の切削や、ワイヤーガイドが設けられているなどビルドしやすさに配慮されています。

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

デッキには2種類のエアーフロー(ボトム・サイド)があります。

エアーホールのスペックはどちらも大きめで、スペック的にはRDL〜DL向きに思えます。

ボトムエアホールサイズ:直径1.4mm

 

ポジティブピン

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

クリアロマイザーに近い構造のポジティブピンは非分解式、デッキ部分もかんたんには分解できないようです。出っ張り具合は問題ない程度です。

TRIO RTAのビルド

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

さて、ビルドですが、定番的なポストデザインのシングルコイル仕様なので何も迷うことはありません。デッキの写真を撮っている段階では「ネジ頭がちょっと小さいかな?」とも感じましたが、エアホールなどのスペックで考えれば、RDL〜DL向けにデザインされているようなので、ちょっぴり太めのワイヤーでビルドすれば問題はありません(写真は26ゲージ)

また、写真のようにコイルレッグを巻きつけるようにビルドすれば細線でも問題なくクランプできますので、デッキ的にワイヤー対応幅は広いと感じました。

ポスト間隔にも余裕があるので、3.0mm軸で巻いてもこの通り余裕があります。

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

コイルレッグをリターンさせたのは、そのまま外でカットするとチャンバーに触れてショートしそうだったのと、クランプ似若干の不安があったからです。

リターンさせても手間はほぼ変わらないので、この方法が良いと思います。

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

サイドエアフローも使うことを考えてコイルは若干高めにセットしました。
こういうエアーフローが面白いアトマイザーは、ビルドを工夫する余地が残されているので面白いですよね!ビルドを楽しみたいユーザーにぴったりだと思います。

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

コットンを通して、若干長めにカットしました。
というのも、ジュースチャンネルが若干大きめなので埋めなくてはならないためです。

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

コットンレッグでジュースチャンネルを埋めれば完成です。
ビルドは非常にかんたんで、ストレスも全くありませんでした。

アトマイザーのマッチング・使用例

感想とまとめ

ZQ Vapor TRIO RTA(ゼットキューベイパー トリオタンク)レビュー

ビルドを工夫する楽しみ!余地が残されているRDL〜DL向けタンク!

ドロー的にはMTLも行けるんですが、デッキエアフローのスペック的にもあまり向いているとは思えませんでした。ドロー自体は絞れるんですが、味的にはイマイチです。

悪くはないんですけど、MTLユースならもっと良いアトマイザーがあります。

デッキを見てもらえば分かる通り、RDL~DLが一番美味しいのかな、と感じました。
とはいえ、コイル冷却に関係するのはボトムとサイドだけですので、操作はこの2つで良いと思います。トップエアフローは完全に「話題性狙い」で追加されたに過ぎないでしょう。

ドリチを口から離して、隙間から空気を取り入れても同じことですから。
といっても、「味を若干薄くしたい」というニーズもなくはないですから、アリかもです。

太めの単線で巻いて、2つのエアフローを操作すれば中々美味しいです。

なによりこの背の高さ&22mmサイズですから、RDL~DL派には重宝するのは間違いありません。

コメント

年齢認証

あなたは20歳以上ですか?